« カブドットコム証券さん、ありがとう | トップページ | ゴロウ・デラックス 3月30日(#244) »

2017年4月 1日 (土)

編集長 稲垣吾郎 3月30日

3月30日号【目次】
clip今週の
【GORO's Search】春から始める女子ゴルフ~女性にお薦めゴルフの魅力
*花暦・・・梅
*
学年終わりに教え子達に贈った「ありがとう♪」
*編集長のお料理事情

*
Green Light feat. Andre 3000/John Legend
*
ココカラ/SMAP 新生活のスタートに
*
僕が僕であるために/尾崎豊

稲垣吾郎です。
僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、
今週はどんなネタがが届いているんでしょうか。
さあ、それでは編集会議を始めよう!

【GORO's Column】 
さぁ、早速コラムメールをご紹介いたします。ラジオネーム、ななみさん。
loveletter
先日、湯河原梅園に行って参りました。天気も良く暖かくとても気持ちよかったです。梅の木はまだ満開ではなかったのですが、1本の木に赤と白の花が咲いている種類などもあり、なかなか楽しかったです。梅のソフトクリームはピンク色をしてて、ほんのり梅の味がしてて新鮮でした。桜もキレイで華やかですが、梅は1ヶ月くらい楽しめますし、なかなかいいですね。
はぁい、僕も好きですよ、梅の花。何かホントに桜の花と梅の花と桃の花っていうのはちょっと区別がつきにくいですよね。花の先っぽの形状とかね、良く見ると分かりますし、あと木の幹を見ると分かると思うんですけど。
う~ん、いいですね。春がやってくる、非常に楽しみです。お花が大好きな僕としては。
わくわく、ときめいてしまいます。

music
Green Light feat. Andre 3000/John Legend

【GORO's Search】

さぁ、春です。僕が好きなゴルフもそろそろいいシーズンになってまいりました。
番組でもね、何度かゴルフの話題取り上げているんですが、まぁ喋り始めたら僕も止まらないのでね、リスナーの方が着いてきてくれているのか心配だったんですけれども、そこで本日のゴローズサーチはですね、春から始める女子ゴルフという事で、ゴルフ・ダイジェスト・オンライン経営戦略本部ビジネスデザイン室の向井
康子さんに「女性にお薦めゴルフの魅力」について語っていただきます。
[吾郎]もしもし!
[向井]もしもし
はじめまして(はじめまして)稲垣と申します。
向井と申します、よろしくお願いします。
よろしくお願いします。僕はゴルフ大好きなんで、(はい、存じ上げております)リスナーの方は女性の方が多いので、まだゴルフには興味があってもなかなか何からやっていいか分からないとか、どうしたらいいか分からないという方多いじゃないですか。(はい)そういう方に、いろんなゴルフの魅力について向井さんと一緒に何か語る事ができればなと思いまして。
よろしくお願いします。
はぁい・・・ねぇ、もう春ですから、いい季節ですよね。
ほんっとに・・・やっぱり冬はゴルフは・・・寒いから・・女子は特にやっぱりいろいろ着込まないといけないし、この時期くらいから始めるのがやっぱり一番いいのかなと思うんですけれど。
なるほど~結構、こう・・始めにくいとかさ、ゴルフって。ゴルフ場会員じゃないといけないのか、とか会員さんと一緒じゃなきゃプレイできないとかっていうそういうイメージがあるんですけど、今はだいぶ変わってきたんですね。
そうなんです、実は私がこのゴルフ・ダイジェスト・オンラインで入ったのは16年くらい前なんですけど、その頃はですね多分皆さん電話で予約しかできなくて、後はその会員の方が知り合いじゃないと、一緒じゃないというような状況だったんですね。で、我々の会社がインターネットで取れるようにしたらもっとゴルファーが増えるんじゃないかって事でサービスを始めました。(う~ん!)はい。
問題はまず、アレですよね、ゴルフと言ったらお金がかかるんじゃないか、まず道具を揃えるだけでも・・・
はい、道具がないとゴルフできませんものね。
そうなんですよね、道具がまた、僕らホントにゴルフが好きな人達って、またそれを変える楽しさとかいろいろチューンナップするのに拘ったりとかね、(はい、そうですね) それはそれで、また・・もうホントにおもちゃのように (はいはい)楽しんじゃうんですけど。まず最初はどうしたらいいか分かんないですよね、女性の方。
そうですね、よく女性の方にも相談を受けるんですよね、何買ったらいいのかなとか、種類もたくさんありますし、そういった場合もですね、まぁ・・例えば最新のモデルじゃなければ (うん)結構お安く手に入れられたりとかですね、(はいはいはい)あとは中古クラブっていうのもありまして(うんうんうん)
あの~新しいクラブを買って前のクラブを売るというようなお店もあるので、そういった中古クラブ屋さんでみつけて買うとかなりお安く手に入れられます。
僕もね、全然・・最初始める方には中古クラブは・・・お薦めしますね。
そうですね、後はその・・14本クラブを持てるというルールがあるんですが、ただ14本必ず必要でもないので、数本買って、もっと欲しければ足すとかいう方法もあります。
そうですね、ハーフセットって言いますものね。
はい、そうなんです、そういったものをセットで売っているものもありますし、いきなり全部揃えなくても必要なものだけを買ってスタートでもいいんじゃないかなと思いますね。
う~ん・・・ホントに5本くらいで全然充分ですよね。
全然充分ですね。たまに私も全部持ってかないでプレイする時あるんですけど、(う~~ん・・)変わんなかったりしますね。
そう、実はね、僕らもアマチュアですから14本のクラブなんて絶対使えないんですよ。そもそも。(そうですね、はい(笑)そうなんです)意外と4本くらいしか使っていなかったり。(そうそう)ね!

*「続きを読む」へ続きます。

[吾郎]あと、ウエアだよね、女性で言うと。
[向井]ウェアがやっぱり楽しみの一つかなと思うんです。
いや~僕、ホントにそう思うんですよね、何かいくつになってもピンクとか黄色とか原色着たいじゃないですか。(着たいですね)でも何かちょっと会社行くのに着ていけないしさ(笑)、何か街中だったら、ちょっと気が引けちゃう方もいると思うんですけど、ゴルフ場だったら全身ピンクだって構わない訳だし。
はい、何でもありですね。
ね、しかも派手な方がグリーン上に映えると。
はい、あの柄物を気兼ねなく着る事ができますね。
そうですよね、男もそうですよね。
はい。あの毎年毎年ニューコレクションで新しいウェアも出ますし、そういったものから入るっていうのも有りかなと思いますね。
そうですよね、あとは自分でお持ちの私服・・というかゴルフウェアじゃないものでもコーディネイトしたりとか何でも自由ですからね。
はい、そうですね、いろいろやっぱりトレンドもあって、最近だとやっぱりスポーティーなウェアを取り入れたりしてるブランドとかも多くて、(かっこいいですよね)そうなんです、最近は今までゴルフウェア出していなかったニューバランスとかはいはいはい)そういったものがゴルフウェア出したりとかいうのもあって、(ふんふんふんふん・・)すごくそういうのもチェックして(なるほど)お店に行ったりとかしてみるのもいいのかなと思いますね。
ちょっと可愛すぎるものではなくて、ちょっとスタイリッシュでスポ-ティーなものもあったりとか。
そうですね、はい。そしてそのまま例えば・・あの・・帰れたりとか・・(はいはいはい)そのままジムに寄るとか・・(うーん!)なんかそういった事も、活動的な方はそのまま出来ちゃうとか、そういったウェアもあります。
そうですよね。僕も休みの日とか、ほぼほぼスパイクレスのスニーカー履いてますからね、そのまま練習も行けちゃうし~みたいな、ね。
はい、私もそういうタイプです。
うん・・ゴルフ好きな人はそうですよね。
そうですね、はい。
後はコースもきっと気持ちいいんじゃないかな、女性の方は。自然に囲まれて。(そうですね、やっぱり・・)花も咲いてきて、桜とかね。この季節だと。
そうなんですよね、普段仕事をしてるとあんまり空とか見ないですけど、ゴルフ場行くと上を見て空がキレイだなとか・・(そうですね)お花が咲いてるなとかホントに間近に見る事が出来てリラックスができますよね。
そうですよね、自然と・・・子供の頃思い出したりしちゃって。(いいですね~)僕なんて夏になると甥っ子によくカブトムシ持って帰りましたけどね。
あっははは(笑)そうですよね、それからタケノコが生えてたりとか。
タケノコwww・・・そうそうそう!できますよね、いろいろとね。
そうなんです、都会に住んでるとなかなか出来ないこと、出来ちゃったりしますね。
結構ね、あんな大きな大自然の中にね、ホントにプレイする方と数人で・・あんなとこを歩けるなんてなかなかないですね。(なかなか贅沢ですよね)贅沢ですね。あといろんな旅行・・観光地に行っても必ずゴルフ場ありますからね。
はい、そうですよね。あの~ちょっと遠出することにはなるんですけれど、行き帰りとかに立ち寄ってみたりとか、泊まって・・一泊して温泉に入ったりとかっていう楽しみもあるかと思います。
そうですよね、僕もよく観光地だと何か名産品を買って帰ったりとかねしますね、あと道の駅みたいな所で買っって(笑)・・よくありますよね。
ありますね、新鮮な野菜が買えますね。
そうそうそう、いろんな楽しみが出来ますね。
はい、あと何か・・軽井沢とかのコースに行ったら近くのパンケーキ屋に行くとか、あと御殿場とかだったらハムが美味しいとかいう話を聞いて買いに行ったりとか(へえ~~~)そういうゴルフ仲間の情報で(はい)持ち寄ったりとかも結構楽しいですよね。
ねぇ、ウチは・・僕が始めたきっかけっていうのは両親がやるからなんですけど、30の時始めて。両親は夫婦で今でも廻って、週に2回くらいコースに行ってるんですけど、70過ぎてて。まぁそれですごく夫婦楽しそうですし友だちが増えましたね。親見てると。(そうですよね~)うん、すっごい広がりましたね、交流が。
あと、ゴルフされてるから、いつまでも若い、お若いなって思いますね。
若いですね、何か喜んだり怒ったりね(笑)。
(笑)やっぱりプレイずっとしたいから、健康でいようって思うんじゃないかなって。
ねぇ、もう歩くだけでも健康ですからね。(はい)いいことづくしですね。
いいことづくしです、はい。
うん・・・これ、やっぱり聞いてるリスナーの方にも始めていただきたいですよね。女性としてもね。
そうですね、是非是非気軽に始めていただきたいです。
う~ん、お仕事にも役立ちそうですね。
そうですね、やっぱり長く一緒にいるスポーツなので、もし一緒に車で行ったりとかすれば車の中でもお話できますし、お昼一緒に食べてプレイもしてって事でずっと一緒にいるので、何か打ち解けられる・・(そうですね)・・な、と思いますね。やっぱお食事だと3~4時間くらいだと思うんですけど、もっともっと長くいられるので何かすごくいろんな話ができて、(そうですね)楽しいですね。
そう・・・いや、いいですね。僕まだ今年行けてないんでね、。
ええ~そうなんですか!
ま、春くらいからと思ってたんで。(はい)練習はちょこちょこ行っているんですけれども。
是非、いい季節なので。(そうですね・・・)そろそろですね。何か桜も・・ちょっとゴルフ場があるところって寒いので、都内で咲いた後に来ても桜が・・(あったりね)もう一回楽しめたりするので(ふんふんふんふん・・・)はい、お花見も兼ねて。
うん、そうですね。(はい)ちょっとこのオンラインで行くといいかもしれないですね、女性の方ね、ゴルフダイジェストさんのね。
はい、気軽に検索してもらえれば、いろんな情報が載っているので。(そうですね)見ていただければと思います。
分かりました。きっとこれを聞いて始められる方も多い事と思います。
そうですね、ホントにスタートして欲しいですね。はい。
そうですね。いや~もう、向井さんのこの・・ゴルフ大好きな感じがかなり伝わりましたので。
はっは(笑)ありがとうございます。
僕の(好きな)感じも伝わったと思うんで(笑)。
はい、ホントに伝わりました(笑)。嬉しいです。
ありがとうございました、いろいろお話をお伺いして・・(はい)またよろしくお願いします。
はい、ありがとうございました。
ありがとうございました。
失礼します。
失礼しま~す。
ゴルフダイジェストオンラインの向井康子さんにお話をうかがいました。
ありがとうございました。以上、ゴローズサーチでした。
  
*ゴルフ・ダイジェスト・オンラインの公式HPはこちら→GDO

pen大大大好きなゴルフの話題ということで、編集長は最初から親近感を持っていたのでしょうか、時々親しげな口調になるところや、相づちの入れ方も元気で、聞いていてより楽しかったです。
道具の揃え方など、ごく気軽に始められるようにのアドバイスから、ウェアや帰り道の楽しみ方までいろいろお話され、ゴルフってかなりいろいろな楽しみ方があるのではないかと興味を持った方も多そう。
相変わらず「押しつけがましくなくお薦めする」吾郎の話術にすっかり乗せられました。
ゴローズサーチは復興支援からゴルフやお茶まで、守備範囲の広い吾郎らしいコーナーになりました。 

【Goro's Break Time】
長野県かあさんさんからのリクエストメールです。
loveletter
SMAPの「ココカラ」をリクエストします。新生活のスタートと、その前のちょっとしたいろいろな別れも混ざって晴れ晴れとした寂しさを感じます。「ココカラ」はその寂しさを服飛ばしてくれるような明るい未来を感じる曲で大好きです。
それでは聞いてください、SMAPで「ココカラ」

musicココカラ/SMAP

【Goro's Essay】
ゴローズエッセイでは仕事の話やプライベートの話にお答えします。
loveletter
編集長はじめまして。私は小学校の教師をしています。今、4年生が担当していて、もうすぐ今1年が終わろうとしています。1年間の子供達の写真を繋げた動画を作り保護者懇親会の最後に流すことにしました。BGMをこの子たちが生まれた年に流行った曲にしようと思って、ちょうど10才なので10年前に流行った曲を調べるとSMAPの「ありがとう」がありました。懇親会で動画を流すと泣いているお母さんも何人かいてたくさんの保護者の方に喜んでいただけました。同じ動画を子供達にも見せたのですが、子供達も見終わってから「ありがとう」を口ずさんでいました。10年も前の曲なんだと驚きながら、いい曲はいつまでも色褪せないんだなと感じました。
大阪府にお住まいのかなへいさんからのエッセイメールだったんですけども・・・
ほう!ありがとうございます。これ何か前に・・・そうか27時間テレビのあれだったのかなぁ・・・何か一度僕が小学校に取材に行った時に、そこの教室でね、この「ありがとう」を子供達が歌っている・・・う~ん・・・そうそうそう!そうですね。番組の中のコーナーであったんですけど、それを僕が取材に行くっていうのがあって、小さな分校のような学校で、そこで何か子供達がこの曲を覚えて歌って披露するっていう・・・ね、そういうの一度やったことあったんですけど。そんな事を思い出したりもしたんですけれども。
やぁ、とてもいい話でした。ありがとうございます。

続いて編集部ネーム慎吾もっと太ってうちわさんです。
loveletter
の前おじゃマップで慎吾さんがふきのとう大好き、奥さんに天ぷらにしてもらう!と言ってふきのとうをたくさん購入していました。ザキヤマさんに「あなた奥さんいないでしょ」と突っ込まれてましたが、慎吾さんの事なので自分で美味しく天ぷらにして食べるんだろうなと拝見させていただきました。吾郎さんは家で天ぷらはされますか?お料理最近してますか?
いいですね、ふきのとう。
この季節かな、ま、天ぷらにするとすごく美味しいですし。
天ぷらはね・・・僕は・・・一応天ぷら鍋はあります。あの・・温度が測れるような、何て言うのかな、油が飛びにくいような。
天ぷら鍋あるんですけど、んん・・・2回くらいしかやったことないですね。
一つ問題なのは、天ぷらの場合は作ってる人間が一緒に食べれない。ね。何かもうずっとキッチンにいなきゃダメだから。ふはぁ(笑)おもてなしだよね。お鍋とかだったら一緒にできるじゃないですか。天ぷら・・・全部揚げてから・・でもいいけど、揚げたてが美味しいから。
やっぱり作ってる人と食べる人っていうのが、これはもう分けるしかないですね。家ではなかなかできない。う~ん、その問題がちょっとある・・・って感じ・・ですかね。
ま、料理自体は最近、ちょこちょこしてますね。
こないだ、初めてもつ鍋にチャレンジしましたよ。
モツってなかなか置いてるとこ少ないんですけども、韓国料理食材屋さんみたいな所が、たまに僕が行くちょっとマニアックな商店街の所にありまして、そこでモツを売ってるので。
で、あのまぁ・・・お掃除して、ある程度脂を取ったりとかして、それでまぁある程度・・煮込んで・・やっぱり柔らかくしなきゃいけないので・・・下処理がすごく大変ですね。
出汁を取って・・・まぁモツを2時間くらいかけて煮込んで柔らかくなって・・・まぁそれで鍋のスタートですよね。スープを張ってっていう・・・まぁ、キャベツとかニラをいっぱい入れて、お野菜もいっぱい食べれますし、う~ん・・・家でもつ鍋って初めてやりましたけれども、ね、はい、なかなか上手くいきましたよ。
もちろん、相手は高野さんと二人でやったんですけれども、ヒロくんさんと。
鍋レシピの中で、一つ増えた感じで、はい。
以上、ゴローズエッセイでした。

pen天ぷらは揚げたてが命だから、自分で作るとなるとひたすらキッチンで揚げる事になってしまう~「男の料理」だわ、素敵。
でもやっぱりお客様とはお喋りも食事の楽しさの一つですものね、吾郎さまは天ぷらを揚げなくていいです。
そして下処理から始めてもつ鍋を作る吾郎、凄い!
ヒロくんさん・・・ヒロくんはすっかりラジオネームのようになってしまいましたね。

【GORO's Music Library】
続いてミュージックライブラリーに届いたメールをご紹介します。ラジオネームのどかさん、12才小学校6年生からのリクエストです。
loveletter
は尾崎豊さんで、「僕が僕であるために」をリクエストします。「僕が僕であるために」と言えば、同じ名前のドラマで吾郎さんは医者志望の陸上部員の役をしていました。他のメンバーとのやり取りも素敵でした。私はこの曲は思い出の曲で大好きです。
それでは1曲お聴き下さい。

music僕が僕であるために/尾崎豊

えっ?”私もこの曲は思い出の曲”なんですか?12才なのに?
ま、去年再放送したんですよね。19年前のドラマなんで、のどかさん・・のどかちゃんにとっては去年の思い出って事なのかなぁ。まぁ、でももっとちっちゃい時に何かお母さんとかに見せてもらったのかなぁ。1997年のドラマなんでね。
いや、でもいい曲ですよね。尾崎豊さん・・・最近、息子さんもね、出られてますし、僕も好きな曲がいっぱいありますね。「シェリー」とかも好きですし、ねぇ。「僕が僕であるために」これもいい曲ですね。

さて、業務連絡です。
文化放送をお聴きの皆さま、来週4月から放送時間が変わります。
毎週水曜日の夜9時半からとなります。

次回は4月5日夜9時半からです、ご注意ください。
文化放送以外をお聴きの皆さまは時間変更はございません。
引き続きよろしくお願いいたします。

皆さんからのメッセージをお待ちしております。
季節感のある話や僕にちょっと聞いてみたい事がある方は、
Goro'sColumnへ。
特集コーナーに取り上げて欲しい事があれば、
Goro'sSearchへ
リクエストは、
Goro'sBreakTimeへ。
お仕事やプライベートな話題は
Goro'sEssayへ。
メールアドレスは、
goro@joqr.net 、葉書の方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。
それでは、また来週!バイバ~イ♪

clip編集後記、メールの宛先などは、こちらから⇛編集長 稲垣吾郎

pen番宣などなかったのに、去年12月にSMAPのドラマの再放送があったの知っているんですね。あの頃、どんな気持ちでその事を知ったのかと思ってしまいました。
でも今は新たに歩み始めているはず、これからの吾郎を精一杯応援していきます。
今週のバイバ~イはいつもより、より元気良かったように思いました。

|

« カブドットコム証券さん、ありがとう | トップページ | ゴロウ・デラックス 3月30日(#244) »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

今週も季節感漂うお便りからメンバーの話、感動的なSMAP「ありがとう」にまつわるお話まで多岐に亘っていましたが、どのお便りも良かったですね。選ぶスタッフと吾郎さんの信頼関係がしっかりと保たれているのでしょうね。
ゴルフの話はそれは楽しそうに話されていて、それこそ春から始めてみようかと思った人もいるのではないですか(笑)ご両親もされていて、確かに健康であれば年齢に関係なく出来るのがいいのかも知れません。吾郎さんもコースに出て自然の中で英気を養って欲しいと思いました。毎回、この放送を聞いていて、何事もない日常の大切さを教えられているような気がします。本当になんの気負いも無く自然に以前と同じようにSMAPの曲をかけ、メンバーに関するリスナーのお便りを読み、話を広げる。そこにはどんな事があっても揺るぎの無いしっかりとした信念を感じる事が出来て、ほっとすると同時に言い知れぬ感動に包まれます。以前の吾郎さんのコメントの一部「人の心は、人の心が救うと信じています」を実践してくれているようで、嬉しくなります。新しい歩をさわやかに自信を持って進めて行って欲しいですね。応援頑張りましょう。

投稿: あや | 2017年4月 1日 (土) 20時29分

golfあやさま
コメントありがとうございます。
いつも選ぶお便りの話題がバランスが取れていて良いですね。
バラエティに富んでいるけれど、季節的なものも盛り込んで何となく統一感があって、いつも楽しくあっという間に30分が終わります。
ゴルフのお話は本当に楽しそうでしたね。
吾郎がゴルフ好きな事も「存じ上げております」って(笑)。
でも芸能人がつるむゴルフではなく、ひたすらストイックに歩いて打つという吾郎のゴルフがホントに素敵だなぁと思います。
ご両親も楽しそう。
早く今年1回目のコースに出られますように!
ゴルフにしてもお料理にしても、毎日の時間を大切に過ごしているのが伝わってきて嬉しいです。
季節のお花の話題も嬉しいです。
ストスマより一層、各コーナーがしっかり分かれた上に、ゴローズサーチは一つの話題を深く掘り下げる事によって毎週の”会議”が特徴付けられ、面白い番組ができあがりましたね。
あとは、私たちが盛り上げ応援していく事ですね。
まずは次回から曜日を間違えないようにしないと!

投稿: サイトー | 2017年4月 2日 (日) 20時43分

オープニング「さぁ!編集会議をはじめよう!」になっていて親近感がわきました。
今回はゴルフのお話し。吾郎さんが自分の世界に入って話についていけるか不安でしたが、ウェアーや風景の話でとても楽しかったです。
桜の話やゴルフついでの旅のお話、ふきのとうのお話しで春を感じました。ヒロ君とのお食事のお話しを聞いて、ISOROを思い出しました。あれも春でしたものね。
リクエスト曲も懐かしかったですね。♪ココカラ♪が流れた時、「SMAPの稲垣吾郎です。まずはオープニングの呟きメッセージをご紹介いたします。○○県の・・・さん」という台詞が思いっきり頭を過りました。雑誌編集、がんばりましょうね。
もうずっと吾郎さんの姿を観ていませんが、吾郎さん、元気な顔してますか?

投稿: ルー | 2017年4月 3日 (月) 15時38分

golfルーさま
コメントありがとうございます。
そうなんですよね、オープニングとかエンディングとか、台本?をそのまま読むのではなく毎週どこかが違うので、書き起こしていてそこも楽しみの一つです。
吾郎さんのラジオは「さぁ、春です!」と宣言するのではなく、ごく自然に季節感を取り入れていて素敵だなぁと思います。
しかも選曲も統一感があって、そういうお便りを選んでいるんだな~といつも関心してしまいます。
このまま素敵な雑誌が作れそうですね。
引き続き、お便り頑張ります♪

投稿: サイトー | 2017年4月 5日 (水) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カブドットコム証券さん、ありがとう | トップページ | ゴロウ・デラックス 3月30日(#244) »