« ゴロウ・デラックス 4月20日(#245) | トップページ | 21世紀に公開された映画ベスト1000 »

2017年4月27日 (木)

編集長 稲垣吾郎 4月26日

4月26日号【目次】
clip今週の
【GORO's Search】GWの予定は・・・?飛行機に乗らなくても楽しめる羽田空港!
*今年2017年5月6日は何の日!?
*
特派員レポ~豊洲に新しくできた劇場ステージアラウンド東京について
*
Jet Airliner / Steve Miller Band
*
Major/SMAP
*闇に目を凝らせば/GLIM SPANKY・・・映画「少女」のBlu-rayが発売になりました!

稲垣吾郎です。
僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、
今週はどんなネタがが届いているんでしょうか。
それでは編集会議を始めよう!

【GORO's Column】 
コラムメールをご紹介いたします。ラジオネームメギーマギーさん。
loveletter
編集長こんばんは。今年の2017年5月6日は、まさしく1756、稲垣吾郎の日ですね。ファンとして盛大にお祝いしようと思っています。
ありがとうございます。いや~そんなもの考えた事もなかったですね。ま、56とか数字にしやすいですものね、確かに。僕も自分でよくネタにしてたりもするんでね、あの~こう言って頂けるの嬉しいんですけど、僕としてはそんなに盛大にお祝いして頂かなくてもいいかな(笑)という・・・別に(笑)・・・ゴロ合わせって実はそんなに自分の中では(笑)ヒットしないんですよね、いつも。何かせっかくこう言って頂くのは嬉しいんですけども(笑)。
まあ、その日何となく覚えていたら、ちょっと皆さんの事を思い浮かべて(笑)みようかな~という(笑)・・感じですかね。はい。ありがとうございます。
以上、ゴローズコラムでした。

pen
ごろーさん、そんなに笑わなくても(笑)(笑)(笑)・・・
でも「皆さんのことを思い浮かべてみようかな」という編集長の優しさ、受け取りました♪
Twitterなどでも盛大にお祝いしたいと思います!

musicJet Airliner / Steve Miller Band

【GORO's Search】
さてゴールデンウィークですが、どこにも行く予定がないという方がいるかもしれません。そんな方にお薦めなのは、近くて実は楽しめる羽田空港!羽田空港・・・こないだ僕も利用させて頂きました。ちょっと地方の方に、一人旅に行ったんですけれども。ふっ(笑)・・何でしょうね(笑)。まぁ仕事でもね、使いますし。まぁホント、東京の玄関なのでね。その羽田空港なんですけども、実は飛行機に乗らなくても楽しめる観光スポットみたいなんですね。
ま、そこで今日のゴローズサーチはですね、羽田空港に詳しいライターの片山智香子さんにお話を伺います。
   
*片山智香子さん・・・朝時間jpパンマニア片山智香子のおいしいパン屋ガイド

[吾郎]もしもし~
[片山]もしもし。
あ、初めまして。稲垣と申します。
初めまして~片山です。
よろしくお願いします!あ、片山さんは・・・ライター・・ライターさんですか?羽田?羽田空港の広報の方ではないですよね?
(笑)あの広報の者でもないし、空港専門のライターでもなくてですね、あの~いつもは実は全然・・羽田空港に関係ない、あの~”パン屋さん巡りの会”というパン好きのコミュニティを運営していて(はぁ!)あの・・そちらのコラムなどを執筆しております。
そっちの方が興味あるんですけど、今日は。((笑)・・・)基本的に・・仕事で使う時は・・僕なんかは基本的に会社の方とかスタッフの方とかがチケット取って下さって利用させて頂くんですけど、(はい)こないだ普通にチケット取って普通に一人で・・予定があって九州の方に行ったんですね。(一人旅・・・?)はい、一人旅ですね。僕、何か恥ずかしいんですけど・・・バーコードでタッチ&ゴーが出来るって知らなかったんですよね。
ふふふふ(笑)・・・それ、結構とっくの昔から(笑)・・・
とっくの昔ですよね。(はい、そうです、そうです)あ、チケットなくていいんだ!確認されたらどうしよう、半券を見せろって言われたらどうしよう・・・ってビクビクしてたんですけど。(ええええええ)チケット渡されることはあるんですよ、行く時とかにね、スタッフの方に。持ってないといけないから。(ええええええ・・)自分の携帯電話にそれをさ、登録するって言うか、それ買うって事ないじゃないですか。(そうですよね~)だからホントに初めての買い物みたいな感じで・・(ふふふふふ(笑)・・・)快適な空の旅を過ごせたんですけどね。いや、面白かったですけどね。
それは凄い良かったですね。
聞いてる方も皆さん・・かなり唖然としてると思うんですけどね。(いえいえいえ・・)
そもそも何?片山さんは羽田空港に嵌まったのは何がきっかけだったんですか?
え~とですね、私、12才になる息子がいるんですね。(はい)で、彼が小さい頃によく羽田空港に行ってたんですよ。それが・・・ま、羽田空港って何か子供と一緒に行きやすい場所だったりするんですね。展望デッキとかがダダ広いじゃないですか。
はいはいはい、展望デッキって・・でも僕実際ドラマでしか見たことないんですけれども。((笑))行った事ない人多いんじゃない?デッキまでは。
稲垣さんが行っちゃうと、まぁ・・騒然となっちゃうかもしれないですけど、(いやいやいや)展望デッキすっごい楽しいんで、是非とも・・・今日話を聞いたら是非とも1回は行ってもらいたい、凄い空港楽しめる場所です、展望デッキは。
あ~そうですか。(はい)あの僕、基本的に飛行機好きなんですよ。
あっ、ホントですか!?
あの、子供の頃からどっちかっていうと軍用機とかいわゆる戦闘機とかさ、あの何かゼロ戦とか、まぁ現代の戦闘機とかもそうなんですけども、そういうのに一時嵌って・・・子供の頃すごい好きで、よく航空自衛隊のブルーインパルスのショー観に行ったりとか。(う~~ん、分かりますぅ)そういう感じだったんですけど、ただまぁ旅客機というものも子供の頃から凄く好きでプラモデル作ったりして、いまだに乗ると機種とか見ちゃいますけどね。あ、今日は何かボーイング767なんだ~とか。
私もそれはチェックします。777とか787とか。
そうですよね、何か意外と小さい飛行機とか乗ると逆に興奮しちゃいますよね、レアな・・・
ふふふ(笑)そうですね、小さい飛行機乗ると、後ろ振り向くともう後ろ見えますからね。(そう)このくらいの小ささなんだって(笑)。
(笑)たまにありますよね。
たまにあります。あっ、こんな感じなんだって(笑)。
そうそうたまにあるんですよね。ふ~ん・・だからね、いろいろと展望台とかで僕見るのも多分好きなんじゃないかなと思って。写真があるんですけど、きれいですね、富士山が見えたりして。
富士山が見えるのは、第1ターミナルのJAL側なんですけど、第1ターミナルは京浜工業地帯が見えるんですよ。(なるほど)ノスタルジックな気分になれるし、富士山が見えるのは、ただ・・今の時期は多分見えないんですよ。冬の空気が凄い澄んでる時期、第1ターミナルから前方に国際線ターミナルが見えるので、その裏っかわに富士山が見えて、それがすっっごいキレイなんですよ。(へぇ~え)第1ターミナルはそれがいい。
なるほどね、第2ターミナルは?どんな、何か・・・
第2ターミナルは、今度は逆に全然風景が変わって目の前が海なんですね。スカイツリーが見えるし、海で船とかもあるんですけど、タグボートが曳いてるところが見えたりとか・・・それが一番よく見えるのが第2ターミナルなので、私、基本的に羽田空港に行ったら全部のターミナルを廻るんですけれども、時間がない時は、この第2ターミナルには必ず行くようにしています。
ディズニーランドファンみたいですね。ふふふ(笑)行くとこ決まってて。でも僕、滑走路好きなんですよ。(あっ、ホントですか!?)やっぱりね、何かねあのLED見てるとね、何とも言えない気持ちになるんですよね。
興奮しますよね。
興奮する。あと国際ターミナルの・・?これもあるんですよね、展望台からの眺めっていうのが。
国際線の方は駐機してる飛行機が間近に見られるじゃないですか。(なるほど)昼間はアジア便が多いんですけど、国際線じゃないとこんなにたくさんは外国の飛行機は駐機してないので。
そうですね。(はい)僕は個人的には千歳空港とかで、(はいはい)ちょっと軍用機が飛び立っちゃうのとか見ると興奮しちゃいますね。(ああああ~)ええ~F15イーグルかよ!みたいな(笑)。((笑)・・・)ス・ステレス!?みたいな。ま、ステレルはいないですけど。ふふ(笑)、ま、羽田には軍用機はいないですからね。
そうですね、そうですね~
まぁ、ありますよね、それぞれの何かマニアな部分がね。
ちょっと今日嬉しいです(笑)。稲垣さんが軍用機に興奮するんだっていう事を知れてちょっと嬉しいです。
ホントですか!すごい好きですよ、僕は。でもなぁ、僕、展望台に昔行った記憶が・・・思い出してきた。子供の頃。何かね。(ホントですか!)お父さんに抱っこされながら見た記憶が今、急にフラッシュバックしてきました。((笑)・・・)で、お父さんに抱っこされてると、お父さんのベルトのバックルがね、自分の足に当たって痛かったんですよ。(ふふふ(笑)・・・)今、そんなことがね、フラッシュバックしてきましたよ。片山さんのおかげで。
あ、ありがとうございます。お役に立ててうれしいです。
   
*まだまだ続きます→「続きを読む」

[吾郎]さ、そして楽しみ方ほかにもいろいろあるんですよね。何か・・・施設があるのかな?
[片山]展望デッキで飛行機を見るっていうよりも、結構アミューズメント性が高いんですよね、羽田空港は。(へぇ~例えば?)国際線の方が一番アミューズメント性高くて、5階に喫茶店というかプロントがあるんですけれども、その中にプラネタリウムが入ってたり、(プラネタリウムなんてあるんだ!)あるんですよ。(へ~え)普通にプロントで飲食をすることもできるけど、その奥にプラネタリウムがあって、そこでホントに・・私見たことあるんですけど、本格的なプラネタリウムで。時間によって、こういうプログラムとかいうのがあって、それを楽しむことができたりします。
ふ~ん・・・これなんか、お子さんと一緒に行ったりとかね、できますもんね。
私、子供と行ったんですけども、あの~最初暗かったから分からなかったんですけど、明るくなってみてみたら周りカップルばっかりでしたね。
でしょうね(笑)!(ですね)プラネタリウム・・・僕、子供の頃、それこそまた父親の話ですけど親に連れていかれて、ずぅ~っと記憶に残ってますよ、それ、やっぱり。サンシャイン60でしたけどね、僕。
逆に小さい頃の事の方が覚えてますね。
うん、いいと思いますね、お子さんとかね。プラネタリウムなんて。へぇ~あとは美術館とかもあるんですか?
これは第2ターミナルなんですけども、あのそんなに大きくないんですけど、これ無料なんですね。結構穴場なんです。今はオリンピックのレガシー展やってます。じっくり見るっていうよりサラ~っていう感じですけど、ちょっとした時間つぶしに無料ですし楽しいですね。
そして、第1ターミナルには?これ・・神社もあるんですか?
神社があるんですよ、これ・・面白いところにありまして、関係者しか入れないんじゃないの?っていうところにあるんですけど~あの会議室みたいなところにあるんですけど、ちゃんと参拝する所があります。
何か、受験生に人気あるみたいですね。
落ちないという事で。
あ、なるほどね!う~~ん。
私、ここ必ず・・・羽田空港に行ったら必ずここを参拝してからぐるりと回ります。
(笑)決まってる・・・んですね、ルーティーンがね(笑)。(決まってます)へ~え。あとは何?江戸の街並みを再現した?江戸小道とか羽田日本橋とか、これは国際線にあるんですね。
これ、あの飲食店街というか・・これ全部中に入っているの飲食店で。
ああそうなんだ!これ、結構外国の方の層、狙ってますね。国際線ですしね。
これは、完全にそれ狙ってます。
うん~~~あと、やっぱりグルメも気になるんですけれども。レストランとかどうなんですか?これ。
空港に行ったからこそ、飛行機を見ながら食べたかったりするんですよ。
はいはいはい。飛行機好きですよね、やっぱりね。
やっぱり飛行機好きなんですよね。(はいはいはい)第1ターミナルも第2ターミナルもいいんですけれども、凄い飛行機が近くで見えて美味しいというところが、第2ターミナルのレストラン、グリル&バールというところと南国酒家というところが4階にあるんですけれども、目線が一緒なんですよ。(はいはいはい)運が良ければ機長さんと目が合うくらいの距離感なんですよ。
(笑)あの機長と目が合うと興奮しますよね、基本的に。(そうですね(笑)!)基本的に乗り込む時にちょっと小窓から見えたりするじゃないですか、あの廊下の。あん時にちょっと機長と目が合っちゃう時、ありますよね。(ふふふ(笑)・・)あの感じですよね!
そういう感じが、ご飯食べながら味わえる・・同時に羽田空港行ったならそういうところで食べたいなと思って・・・そういうところが自分的にはお薦めですね。
羽田限定のスイーツもあるんですか?お土産では。
そうなんです、そうなんです。え~っとねぇ、まず虎屋、虎屋の羊羹、え~と・・
虎屋の羊羹!僕、好きですよ、夜の梅とか。
(ゴソゴソ・・・音)あっホントだ!これ、お洒落じゃないですか。(あります?そちらに)あ!好き。これ、もらって帰ろう!
(笑)可愛くないですか?
カワイイ、これ!飛行機の絵がね、この箱に描いてあって中にいろんなちっちゃい羊羹が入っているんですけど、これ普通の虎屋で売ってないのが一つあるんですけど、「空の旅」っていう・・・
そうなんです、それが羽田と成田、限定なんですって。
これは知らなかった!
ホントですか!それは嬉しい、嬉しい・・
これは知らなかった、虎屋さん、やりますね。(やりますね)ちょっとコレ写真撮っちゃおう。ね~
(カシャ!)撮っちゃいました。
「空の旅」だけでも買う事ができるんですけど、その飛行機の箱がラジオなので、ちょっとどういう・・・
分かります分かります、飛行機の絵が描いてあって、「虎」って虎屋さんのマークが書いてあって、ちょっと新幹線っぽいですけどね、白とブルーのパッケージでね。
そうですそうです!何かカワイイ感じで。それは、化粧箱はまたちょっと別のお金がかかってしまうんですけれども、「空の旅」だけ買えばもうちょっと安かったりもするんですけど、お土産で買うんだったら絶対これ自分用にも私、買いますし、コレ非常にお薦めです。
羊羹、みんな好きですからね。
そんなにしつっこくなくて、これホントに美味しいんですよ。(う~~ん・・・)大きさもちょうどいいですよね。
大きさちょうどいいですよ。虎屋のこのミニチュアサイズのやつはね、基本的に。
いいですよね。(う~ん)これが羽田と成田限定のもので、あとニューヨークキャラメルサンドというのがあるんですけれども、(はい、これね!)このお菓子自体は羽田だけじゃないところでも売ってるんですけれども
(スタジオの方ではバシッとか、ガサゴソ音付きで)多分、今日稲垣さんのところにある大きさのやつが4個入りのヤツなんですけど(あ、4個入ってます、カワイイですよ、箱が)そのパッケージは羽田空港限定なんです。
へぇ~何か本みたいな、辞書みたいなパッケージで。
そうなんです、で、これすご~い人気で、自分が行くたんびに行列してますもん。
ん!美味しい!(美味しいですよね)これ、美味しい!
チョコレートがあのビターなんですけど、(あ、これ美味しい!)(笑)あの生キャラメル(笑)めちゃくちゃ美味しいですよね。
これ、美味しいですよ!
何が一番・・大きい大きさのヤツもあるんですけども、4個くらいで500円だったりするんですけど、これを結構何個も買ってるっていう人も結構いっぱいいましたね。買いに行ったりした時は。
ふぅぅぅ~ん・・・食べながらラジオやっちゃうっていう・・((笑)・・・)あと、これですね、あの~どら焼き。ふわもちどら焼き・・・食べちゃっていいですか?今。
食べちゃってください!

(ガサゴソガサゴソ・・)これねぇ、カワイイですね、ちょっと半分に折ってあって。うん、うんっ!うん、あ。美味しいです!(あ、ホントですか!?)あの、僕、甘いもんあんまり詳しくないんで(笑)、これがどうだって言いづらいんですけど、あのふわもちどら焼きって書いてある・・ホントにおもちのように表面の部分がしっとりしてて、ちょっと洋菓子っぽいですね。いいっすいいっす、これも。
羽田限定とかだったり・・
ふぅ~~ん・・なるほど!ちょっと僕、本当に・・ちょっと僕、展望台に行ってみますよ。
是非是非!第2ターミナルが一番のんびりできるので。
分かりました。じゃ普通に第2ターミナルから入ってって展望台に行けばいいんですね。
そうです、はい。
上に上がって行けばね?(そうなんです)行きますよ。ワタクシ、ちょっと(笑)・・夜の!ちょっとロマンチックな気分に浸りながら。
第2ターミナルのところはLEDが下に組み込まれているので、凄い・・そこも夜はカップルばっかりなんですけど、雰囲気がいいので是非是非。
なるほど!一人でいたら声かけてもいいですけど、ちょっと何か・・女性といたらそっとしといてくださいね。
(笑)りょ・りょ・りょ・了解しました(笑)。
いや、楽しかったです(笑)・・ホントに(笑)。多分行きたくなった人、多いと思うので。(あ、ホントですか!?)うん。
みんなに行ってもらいたいです。
はい、いろいろとお話ありがとうございました。
ありがとうございました。
はい、失礼いたします。
は~い、失礼しま~す。
はい、今日はですね、空港に詳しいライターの片山
智香子さんにお話を伺いました。
ありがとうございました。以上、ゴローズサーチでした。
   
*羽田空港ターミナル ポータルサイト
   *虎屋羽田空港セレクション
   *N.Y.キャラメルサンド羽田空港セレクション
   *ふわもちどら焼き「羽雲」

penいや~~楽しい楽しい!
結構長いですが、キーボード打ってて全く大変と思った事ないです。こんなにストレスのない楽しい会話って・・・!
吾郎は相手の話に入っていくのも上手いし、さりげなく話題を変えるのも凄く上手いと思う。
もちろん、相手の方もお話上手でとっても素敵なキャッチボールができているからなんですけど。片山さん、声が明るいし楽しそうな笑い声がとっても素敵でした。
またしてもラジオでの食レポ・・・美味しい事は十分に伝わりました。
電話の前半は、男の子全開で飛行機大好きではしゃぎ、後半は空港のお土産のお菓子のパッケージや形にカワイイ可愛いと喜ぶ吾郎。
長年のファンで分かっていても、そのギャップに改めて萌えますし、羽田空港行きたくなった方絶対にたくさんいらっしゃると思う!
一人で航空券買っての一人旅、半券見せろって言われたらどうしようって内心ちょっと心配している吾郎さんを想像して一人でカワイイとニヤニヤしています。

【Goro's Break Time】
埼玉県のゆきなつこさんからのリクエストメールです。
loveletter
元気になりたい曲はSMAPさんのメジャー、つい一緒に口ずさんでしまうメロディーも大好きです。吾郎さんも「シングルでもおかしくない曲」っておっしゃってました。是非よろしくお願いいたします。
それでは聞いてください、ゆきなつこさんからのリクエストでSMAPでMajor。

musicMajor/SMAP

【Goro's Essay】
さぁ、ゴローズエッセイではですね、仕事の話やプライベートのお話にお答えいたします。
埼玉県のなるなるさん。
loveletter
編集長、こんばんは。豊洲に新しくできた劇場、ステージアラウンド東京に行ってまいりました。客席が丸く配置されています。足を踏み入れると客席を180度カバーするスクリーンに圧倒されました。演目が始まるとこのスクリーンと客席が自在に動いて左右だけじゃなく前へ上下にも動いているみたいに感じるのです。雨が降ってきたり森林の中にいたりと、ぐっと引き込まれていきました。今年4つのシーズンに分けて、それぞれ違う役者さんで「髑髏城の七人」が上演されています。どこかで吾郎さんも体感できそうでしょうか。
これは知らなかったですね。全然違う・・・今までの劇場とは違うんですね。ふぅぅぅ~ん、へぇぇぇ~・・・これ客席が動くんで・・すかねぇ。椅子も動くってことですか?
これ「髑髏城の七人」は昔、劇団新感線さんの見させていただいた記憶がありますね。またこれ再演してるんでしょうね。俳優さん変わって。
へぇぇ~・・ちょっと楽しみですね。全く想像がつかないんで。
はい、ありがとうございます。以上、ゴローズエッセイでした。

【GORO's Music Library】
さぁ、ミュ-ジックライブラリーに届いたメールをご紹介いたします。埼玉県のややさん。
loveletter
私は映画「少女」の主題歌、GLIM SPANKYさんの「闇に眼を凝らせば」をリクエストします。映画のラストでこの曲が流れるといつもハッとしました。水墨画の世界に朝日が昇りやがて色鮮やかな色彩の渦に呑み込まれていくようで。「少女」のBlu-rayが届いたので、これから映画の世界に浸りたいと思います。
ええっ!あ、出たんですね。Blu-rayね。う~ん、でも凄く映像がキレイなので、この映画は、やはりBlu-rayで観ると更にくっきりと何かこう訴えかけるようなものが強くなるんじゃないのかなという・・気がしますけれども。
ま、もう劇場で見られた方は多いと思うんですけれども、ちょっとBlu-rayでも、もしまだ見られてない方とか、ねぇ!ちょっと見ていただけてもちょっと嬉しいかなと思いますけれども。僕も出演しております。
それでは聞いてください、GLIM SPANKYさんの「闇に目を凝らせば」。

music闇に目を凝らせば/GLIM SPANKY

皆さんからのメッセージをお待ちしております。
季節感のある話やちょっと僕に聞いてみたい事がある方は、
Goro'sColumnに。
特集コーナーに取り上げて欲しい事があれば、
Goro'sSearch
リクエストは、
Goro'sBreakTimeへ。
仕事やプライベートな話題は
Goro'sEssayへ。
メールのアドレスは、
goro@joqr.net 、葉書の方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。
それでは、また来週!バイバ~イ♪

clip編集後記、メールの宛先などは、こちらから⇛編集長 稲垣吾郎

pen「少女」のBlu-rayが出たのが知らなかったという編集長、何となく今の状況を思ったりして・・・いやいや吾郎が良いと思った決断についていくだけだし、どういう道を進もうとも今後の活躍を楽しみにしています。
最後のお知らせの部分、すごく飛ばしていて早口だったのが面白かったです。
今週も濃密で幸せな30分でした。

clip「編集長 稲垣吾郎」、4月からの継続は決まりましたが、何が起きるか分からない業界でもありますので、「ゴロウ・デラックス」と同様、安心せずに定期的に応援のハガキを送る事が大切なようです。
どんどんハガキやメール送りましょう!

|

« ゴロウ・デラックス 4月20日(#245) | トップページ | 21世紀に公開された映画ベスト1000 »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

5月6日、忘れてました(;´・ω・)誕生日はきちんと覚えてるのに。今年は連休真っ只中ですね。ファン同士の集まりも賑やかになりそうですね。来週の放送でまた話題になるようにもう一度メールを送らないといけないかもですねw。
もうGWですね。羽田空港、楽しそうです。吾郎さんの食レポ、とても美味しそうに聞こえました。ラジオまでお菓子を持ってくるなんて発想、そう思いつくものじゃないですよ。興味がわきました。リニューアルされてから空港はいったことないので、いつか行ってみたいと思います。
劇場のお話も素敵でした。吾郎さん、是非ここでお芝居を!叶うといいですね。「少女」も面白かったですね。DVDはまだ観ていません。一番印象に残っているのが、息子とベッドで横並びで座っているシーンです。息子が「痛くない?」と聞くと「全然」と答えるやりとりは今でも覚えています。
GORO's Searchのリンク付けありがとうございます。リンク先の感想欄に「編集長稲垣吾郎」で知りました、とメッセージを送れるので、吾郎さんのラジオの聴取率も上がりそうですよね。
番組改変期があるごとに冷や冷やします。私も、吾郎さんの冠番組を全力で応援します。そして「ゴロウデラックス」の全国放送も。ラジオで話に取り残されるのは寂しいですからね。
編集記事をどんどんあげていきましょうね。

投稿: ルー | 2017年4月28日 (金) 14時32分

片山さんとの羽田空港話はテンション高く楽しかったですねぇ。飛行機好きな吾郎さんなのでご自分も楽しんでのトークだとは思うのですが、彼のトークはどうして聞く人を幸せな気分にさせてくれるのだろうと何時も思います。食レポもその他の事も聞いていてその情景が目に浮かんでくるんですよね。虎屋の羊羹のパッケージも、お父様に抱かれてよく行ったという羽田空港の展望台の様子もあのトークで容易に想像ができるのが素晴らしいですね。相手の懐に入ってのトークの上手さは抜群ですよね。以前、雑誌の編集者が吾郎さんとは会話のキャッチボールが出来る。こちらの投げた球をしっかり受け止め、きちんと返してくれるのでいつまでも会話を続けていたい気分になると言っていたのを思い出しました。片山さんも嬉しそうでしたよね(笑)
旅行の話は気になりました。一人旅で九州?京都にはよく一人で歌舞伎を観に行かれると言っていましたよね。充電期間を有効に使っていられる様子が明るい声で感じられて良かったです。その他は何時もの様に選曲もトークも魅力たっぷりで満たされました。

吾郎さんのトークを聞いていると日頃つまらない事に振り回されている自分が情けなくなることがあります。大らかで、人を包み込む様な話し方と声!彼の生き方の素晴らしさ全てがそこに出ているような気がします。これからも「ゴロウ・デラックス」と共に応援し続けて行くつもりです。

投稿: あや | 2017年4月28日 (金) 19時58分

airplaneルーさま
コメントありがとうございます。
5月6日・・いつもギリギリになって思い出します。
今年はまだGWの最中ですね。
私も、新たに何通か「2017年5月6日」向けのお便りも出そうと思います!
楽しいですよね、語呂にはあまり・・・とかいいながらも、こんなにぴったり数字に当てはめられるのですから、どうしてもお祝いしちゃいます。
羽田空港はいつも使うだけでゆっくりと楽しんだ事がなかったので、一度是非行ってみようと思いました。
飛行機見ていたら、旅がしたくなりますね・・・
吾郎さんの舞台もそろそろ見たくなりました。
「少女」は特典映像もとても良く、そこも気に入っています。
ゴローズサーチでは、出てきた話題を更に調べてリンクを貼ったりすると、とっても雑誌っぽくなって面白いと思いました。
リンク先の感想のところに、ラジオの事を書くのは素敵なアイディアですね。真似させていただきます!
編集長の椅子を確保するために、私たちも頑張らなければ~ですね。

airplaneあやさま
コメントありがとうございます。
そうそう!吾郎さんの話はすごく情景が浮かびます。
色や空気感まで伝わってくるようで。
小さな頃の思い出の話、素敵ですね。
優しいご両親とお姉様に本当に愛されて育ったんだな~素敵なご家族だなといつも思います。
雑誌の編集者さんのお話ありがとうございます。
きちんと話を受け止め膨らませて返ってきますよね。会話の相手をきちんと尊重しているのも伝わってきます。
本当にいつまでも聞いていたいです♪
一人旅、ちょっと気になりますよね(笑)。
でもプライベートも充実していたら、一番嬉しいです。
「ゴロウ・デラックス」ではいつもゲストの方とお話していますが、ラジオでもそういう形式をとるコーナーができるとは!スタッフの方も吾郎さんの魅力をよく知っていらっしゃって、本当に素晴らしい構成だと思います。
できる限りの応援を続けます。

投稿: サイトー | 2017年4月28日 (金) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴロウ・デラックス 4月20日(#245) | トップページ | 21世紀に公開された映画ベスト1000 »