« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月23日 (日)

ゴロウ・デラックス 4月20日(#245)

今週のゲストはジャパネットたかた創業者の髙田明氏。
お馴染みの音楽で始まって、今週の課題図書「伝えることから始めよう」を遠慮がちに(笑)紹介する髙田さん。
30年近く通販の仕事をして「伝えること」の重要性を痛感して、この本を書いたそう。
「機会があったら是非手にとって見て欲しいと思います」という控えめな売り込みに戸惑うMC二人(笑)。
いつものテンションの高い説明は、伝えたい思いに込める情熱がそうさせるとのこと。

book今週の課題図書:「伝えることから始めよう」
~「伝え方」の極意、アイディアのルーツがまとめられた1冊。

「伝わるテレビショッピング」について
伝えることに一切手抜きをしない~という事でいくつかの例で説明。
*大型テレビ・・・商品の機能・性能よりも、生活がどう変わるかなどに注目。
*電子辞書・・・収録数の量が分かるようにその分だけの辞書を積み上げてみせる。
*カラオケセット・・・実際に髙田さんがカラオケをしてみせる。
・・・映像も流れましたが、確かに画面に引き込ます。

tv通販を始めたきっかけ
*長崎県で小さなカメラ店を経営してた髙田さん、41才の時に初めて経験したラジオ・ショッピングで驚くべき売り上げを上げたのがきっかけ。
目に見えるように分かりやすく具体的な例えでサイズや重さを伝えた。
*1994年、より多くの人に伝えたいとテレビショッピングを始めた。
総工費数十億円でテレビスタジオを建設。
スタジオを持つ事で早い時代の変化に対応
(外部で映像を作るとできあがるまでに2ヶ月かかる)

movieジャパネットたかた本社スタジオに潜入!
1フロアに洋室和室など7つの部屋のセット。
出演者・カメラマンなどのスタッフ全てが社員から成る。
自分の言葉で喋れるように台本やカンペは一切なし。
生放送のため、商品を紹介しながらスタジオを走り回って撮影。
スタジオにはリアルタイムで受注状況を表示するモニターがついている。
モニターの受注状況によりその都度判断して、視聴者の興味を判断しながら紹介の仕方を変えたりする。

appleゴロネットたかた
実際にボイスレコーダーを紹介。04201
ボタン一つで簡単操作。
次に軽さを伝えるのを吾郎がやってみるが「下手です」と却下(笑)。

でも、通販番組に対する吾郎の素質を聞かれたら
髙田:「すごく表情の中に心が出られる方ですから、ショッピングは100%向いてます」
吾郎:「あ、ホントですか(喜)!じゃ、お仕事に困った時にはよろしくお願いします

グループを解散したこの時期に、この微妙な返しをする吾郎が最高だ。
自分をネタに笑いを取る、でもきちんと信念を持ってお仕事をしているから少しも卑屈にならないし面白いです。外山さんも楽しそうに笑ってました。

crown髙田さんがゴロウ・デラックスに感じた共通点
「伝わってないものをどうやって伝えるかが僕のチャレンジだったんですよね、だからゴロウ・デラックスさんでは本の中の本当の魅力を掘り起こして伝えているっていうのは、僕が商品を紹介してきた30年間と一緒じゃないかと思ったんですよ。だからその本が何万人、何百万人の方に影響を与えるような番組だなという事を感じたましたので、すごくいい時間を過ごす事ができました。」

番組最後にこのようにおっしゃってくださり、山田くんのハンコにも感動して喜んでくださいました。
何となく通販の髙田さんしか頭になかったのですが、お話をうかがっているととっても穏やかな静かな方だけれど、一代で大きな仕事を成し遂げた方の奥深さとか思慮深さが伝わってきました。

bell7年目突入おめでとうございます!
「我々の仕事も伝えること」と言った吾郎の言葉が印象的でした。
2011年のNHK「プロフェッショナル」でも、「プロフェッショナルとは?」という質問に対して、
「敢えて人を否定することもなく、そして自分に与えられた仕事を責任を持って、その仕事の持っているメッセージを人に伝えていくこと」
と吾郎は答えているんですね。
常に「メッセージを伝えていく事」を意識しているのだと思い、髙田さんにもその姿勢が伝わったんですね。
素敵な7年目の始まりでした。

clipゴロウ・デラックスへの
ご意見・ご感想そして次週予告はこちら
番組存続へのお願いは
〒107-8066 東京都港区赤坂5-3-6   TBS『制作・編成』御中

tv民放公式テレビポータル TVer
お問合せ項目に「リクエスト」があるので、こちらから「ゴロウ・デラックス」のリクエストもお願いします⇛
民放公式テレビポータル TVerお問合せ
TBS FREE by TBSオンデマンド (下のお問合せから)

search今週のBook Bang テレビ・ラジオで取り上げられた本
・・・稲垣吾郎は通販番組に「100%向いてます!」ジャパネット元社長・髙田明が太鼓判

| | コメント (2)

2017年4月21日 (金)

編集長 稲垣吾郎 4月19日

4月19日号【目次】
clip今週の
【GORO's Search】地理女net代表の森さんと電話で熱く地理愛を語る!
*料理の味付けは計量派?目分量派?
*
編集長とクラシック音楽
*美しい日本語について

*
Maps/Maroon 5
*
This is Love/SMAP
*TRUE LOVE/藤井フミヤ・・・編集長の美しく甘~い青春の思い出

稲垣吾郎です。
僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、
今週はどんなネタがが届いているんでしょうか。
それでは編集会議を始めましょう!

【GORO's Column】 
コラムメールをご紹介いたします。栃木県のすず子さんです。
loveletter
編集長こんばんは。私は料理の際に目分量で味付けするという事ができません。結婚して10年近く経つのに、いまだに計量スプーンや計量カップをかならず使います。でも数字を覚えるのも苦手なのでしばらく作らずにいると忘れてしまい、また本を見るの繰り返しです。編集長は目分量派ですか計量派ですか?目分量派ならコツを教えてください。
ん~~ん、ま、すごい・・(笑)すず子さん、真面目ですね。
ああ~でも目分量じゃなくてちゃんと計量すれば間違いはないと思うので、全然いいと思うんですけどね。きっちりしていて。
まあ、でも僕に関してはこれ、料理の内容によりますよね。
なんだろうなぁ、きっちり計量しなきゃいけないものもやっぱりあると思うし・・ま、これ僕自分ではやんないですけど例えばお菓子作りとかね、ああいうものはちゃんと計量しないとできないと思うんですけど。
何かちょっとお塩で味つけるとか、お醤油で味を足すとか、味付けという意味ではある程度目分量でもいいし、その時自分のね、感覚とか舌とか体調とかにもよりますから、自分の好みの味に仕上げていっていいんじゃないのかなぁ。
はい、これは僕の的確な答えでした。はい(笑)・・・
以上、ゴローズコラムでした。

musicMaps/Maroon 5

【GORO's Search】
さぁ、編集会議でですね、あやさんからの企画提案があった地理女、地理女子・・地理女ですね。僕も学生時代に一番好きだった教科が地理だったりもしたんですけれども、それで非常に地理女が気になるという風にワタクシ、テンションが上がってしまったんですけれども。
それでちょっと調べたところですね、地理女が集まる組織があったんですよ。
という訳で今回は地理好きな女性をゴローズサーチしたいと思います。
地理女ネットを立ち上げた代表の森順子さんにお話を伺います。

[吾郎]もしもし~
[森]もしもし~
あ、はじめまして。(はじめまして~)
稲垣、と申します。
あ、はじめまして~お話できて嬉しいです。ありがとうございます~
ありがとうございます~(笑)何ですか、地理女ネットって(笑)?
(笑)その通り、地理好きな女子が集まる団体です。
へぇ~~~いや、僕もあのちょっとこの・・地理好きだったので。
あ~それが凄い嬉しいです。
何か・・・あの、森さんはそもそも・・あれですよね、アナウンサーされてたんですよね。
実はそうなんです、(ね~)岩手と北海道のテレビ局でアナウンサーしてまして。実は元々旅番組が好きで地理が好きになって、旅のリポーターに憧れてアナウンサーになったんです。
へぇ~~~やっぱりその頃から地理女なんですね。
そうなんです、中学生くらいから気付いたら地理女でした。
あ、そうですか・・・(そうなんです)
ま、多いですよね、隠れ地理女とか地理メンズとかって。
そうですね!結構、話すといますね。(う~~ん)地図好きです、とか地球儀これだけ持ってます、とか。
そうそうそう・・・何か理由はわかんないですけど、何かこう・・男の子的なロマンがあるというかね、(ええええ)地球儀とか地図に関してはね。何かいろんな思いを馳せたりとか、いろんな所に連れてってくれるじゃないですか、地図を見るだけで。(そうですね~)そういうのが凄いたまらなくて~(はい!)僕なんか、飛行機乗っても地図・・ずっと見てますね。その飛行機の経路。今この辺飛んでるんだ!(そうそうそうそう!)シベリアの上空なんだ、人はいないんだろうな、とか。
はい、それ考える事がホントにロマンですね。
ロマンありますよね。
ロマンありますね、ほんとに。おっしゃる通り。
そう、北欧とか行った事ないんですけど、フランスとか例えばイタリアとか行く時にちょっとこう・・北の方から行くから、要するに北欧の方から降りてくると思うんですよ、(はい)で、何かあのスカンジナビア半島とか見えたりとかして(ああ~いいですね)で、地図とこう・・照らし合わせたりしてね!
地図と地形が合ってると、あっここだ!と、ちょっとテンション上がりますね。
分かります分かります。(はい!)ホノルルから・・要するにオアフ島からハワイ島に行く時とかも結構島がはっきり見えるんですよ、マウイ島とかカウアイ島とか(あ、なるほど!はい)そういうの、たまらないですよね。
たまらないですね~島が?あの形で見えたりするとテンション上がりそうです(笑)。(笑)
(笑)ね~ホントは宇宙から見たりとかするともっと感動するんでしょうね。日本列島とかね。
そうですね~もしかしたら・・・
僕はそういうのが好きなタイプ
(抑えきれない地理好き、珍しく森さんの言葉に被せて話続ける吾郎ww)なんですけど。
なるほど!でもまさにそれは地理好きなポイントだと思います。
 
*まだまだお話は続きます

続きを読む "編集長 稲垣吾郎 4月19日"

| | コメント (4)

2017年4月18日 (火)

ラジオスペシャルウィーク!

bell今月のスペシャルウィークは4月17日~23日です!
・・・文化放送今月のスペシャルウィーク

ラジオ聴取率調査週間は、メールやFAXやハガキの枚数も数えて編成部に報告するそうなので、どんどん出して行きましょう。
パソコンやスマートフォンで無料でラジオがきけるサービスradikoを使って聴くなど、できる範囲の応援をしていきたいです。

お便りメールの宛先はこちらから→編集長 稲垣吾郎

| | コメント (0)

2017年4月13日 (木)

編集長 稲垣吾郎 4月12日

4月12日号【目次】
clip今週の
【GORO's Search】移動映画館キノ・イグルーの有坂さんと熱い映画トーク
*バイトの話から脱線してパン屋さんでパンを買うときの話まで。
*
読者からの質問コーナー~ゴルフ/難しいパーフォーの攻め方
*
Wild Wild Life/Talking Heads
*
TAKE OFF/SMAP
*福家警部補の挨拶エンディングテーマ/サウンドトラック

稲垣吾郎です。
僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、
今週はどんなネタがが届いているんでしょうか。
それでは編集会議を始めましょう!

【GORO's Column】 
コラムメールをご紹介します。神奈川県にお住まいのリサ子さん。
loveletter
編集長こんばんは。私は最近、某ケーキ屋さんでバイトを始めました。慣れない事も多く、作業もすごく大変だったりケーキの名前など覚えなくてはならなくて、毎日帰ってからもメモをして言われた事を復習するよう頑張っています。そこで質問なんですが、吾郎さんは今までバイトをしてみたいなと思った事ありますか?
う~~ん、頑張ってください!ケーキの名前。
大変ですよね、きっとね、覚えるの、ね。
横文字で難しいからね。パン屋とかも絶対無理だよね。
フランスのパン屋とかあるじゃないですか。僕も好きなお店があるんですけれども。
自分で言う時、困るもん。パン・デ・オ何とか・・とかさ、何か名前難しいじゃないですか。言うの恥ずかしいもん。だって普段言い慣れてないって感じが何か(笑)・・・見え見えだから。指さして、これとこれとこれ下さい~みたいな事、僕も言っちゃったり・・・するんですけどね。
パン屋とかも行くの意外と好きなんですけどね・・・たまに。
僕はね、バイトはしてみたいと思った事は・・まあ、別に(笑)ないし・・できないと思うんですよね。前、番組の企画でレジ打ちをやったじゃないですか、レジも全く打てなかったし、もうね、絶対無理だと思う。うん・・・
ただね、子供の頃、母親の新聞配達の手伝いでよくやっていましたけどね。団地なんで上から降りてくるんですよね。うん・・・懐かしい思い出ですけれども。
以上、ゴローズコラムでした。

pen頑張ってください~がとっても優しい声で、こんな事言われただけで頑張っちゃいますね。
バイトというと接客業だと思ってしまう吾郎・・・でもスマスマのレジ打ちとか、SMAPショップのレジ打ちもとっても可愛かったです。

music
Wild Wild Life/Talking Heads

【GORO's Search】

さて、編集会議でですね、大阪支社のえりんぎさんから企画提案された移動映画館、キノ・イグルー。映画好きの僕としては見逃せないで、ちょっと気になっていたんですね。
で、今日はですね、全国を旅する映画館、キノ・イグルー*をゴローズサーチしたいと思います。
代表の有坂塁さんに電話を繋ぎます。


[吾郎]もしもし!
[有坂]もしもし。
あ、初めまして、稲垣と申します。
初めまして、有坂です。
よろしくお願いします!(よろしくお願いします)
移動映画館ってものを全国各地でやられているんですよね。(そうですね)
どういうものなんですか?移動映画館っていうのは。
え~とですね、場所はホントに様々なんですけれども、カフェであったり、書店、パン屋さん、時には無人島とか。(むじんとう!?)いろいろな場所でですね、毎週のように、その場でしか体験できない映画の時間というものを作って、活動しております。
えええ~~、無人島やってるんですか!?
そうなんですよ。
日本国内の!?
そうですね、基本的には全国各地、北は北海道から南は九州までなんですけれども。
へぇぇ~何か移動映画館って・・・何か車で・・・昔のアメリカ映画とかに出てくるじゃないですか、車で何かデートしに行って、夜さ、(うんうんありますね)広い野原みたいな所でやる(笑)・・・ああいうイメージじゃないですかね、野外だと。
そうですね、ホントに場所によって体験から何から全部違うんですけれども、横須賀美術館っていう所で毎年やってる野外上映は、ちょうど海から山に向ける風の通り道にスクリーンを立てるので、スクリーンをちょっとメッシュみたいな素材で作らないと風を受けて巨大なスクリーンが倒壊してしまう危険性があるんですね。上映中にスクリーンの向こう側に船が通ると船の明かりが画面の中を移動していく(はふっ(笑)・・・ははは)んですね。ま、映画館では許されない行為なんですけれども、ま、そういう事があったりすると、ちょっと皆さん、あ、船の明かりが移動してるなって事でちょっと笑ったりだったりとか、あとは暴走族が通ったり(うん・・・暴走族が通ったらうるさいですね!)そうなんですね、暴走族も通り過ぎてくれればいいんですけど、スクリーン後ろから見えるので、「わ、映画やってる」みたいな感じで、それを聞いた皆さんが爆笑で・・みたいな事なので、ま、そういう事・・予期せぬ体験も含めて、いい思い出に残っていくんじゃないかなと。
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」という映画を野外でやってた時に、ちょうど電車がわぁ~んと来る所で流れ星が見えたりとか、それで会場がざわざわしたり・・そういう奇跡が起こったり(凄い・・)いろいろあるんですね。(う~~ん、まさにライブ)そうなんです!規模としてはホントに大小さまざまやってるんですけど、一番大きいイベントというのが上野にある東京国立博物館、(はい!)の野外上映、秋にやってる野外上映なんですけれども、昨年は新海誠監督の(うんうん)「秒速5センチメートル」(う~ん、うんうん)上映したところ、1日で6千人(はぁ~~)の方が観に来てくださって。
はい・・あっ、6千人同時に観たんだ!?
そうなんですよ。
はい!6千人の映画って無いよね~
そうなんですよ、世界的に見ても一番大きいのがイタリアの7千人の野外上映って言われてるんですね。(あ~そうなんですか)それくらいの規模で映画を体験する事がもうスペシャルな事で・・・・・
へぇぇぇ~やっぱり観る場所って大切ですよね、映画ってね。
う~ん、ホントそうだと思います。
僕なんかもやっぱり仕事柄いろいろ観させていただいているんですけど、やっぱりDVDとかで観る事も多いので、いっつも何か悪いな~って思うんですよね、作ってる人に。(はい、そうですね)自分だったらやだなぁと思っちゃうんですよね。
う~ん・・でもなかなか・・それでも映画と接する機会があるっていう事はすごく素敵な事だなと思っているんですけど、(はい)まぁその映画館にどうしてもハードルを感じてしまう方も(うん!)たくさんいらっしゃったりしますので、やっぱりいろんな場所で映画が見れて、自分のタイミングとかによって選べる環境とか作れる事が、やっぱり環境として豊かかなっていう事で、まあ僕たちは映画館と家とは違う間でいろんな体験をしていただきたいと。
は~あ。。いいなぁ。。。僕、行った事ないです、そういうの。(はい、是非)

*まだまだ続きます→「続きを読む」

続きを読む "編集長 稲垣吾郎 4月12日"

| | コメント (4)

2017年4月12日 (水)

メイキング オブ 「少女」

Photo   少女 Blu-ray特別版より
movie特典映像~メイキング オブ 「少女」                  
【2015年11月6日】
海で花火を見るシーン(花火は後で加工)
ロケとは別撮りのインタビューの吾郎がとんでもなく美しい。
ブルーのシャツに色白の肌と大きな黒い瞳が際立って・・・
(また、吾郎ちゃんカラコン入れてるの?って言われそうww)
高雄孝夫を演じるにあたって
「最初の打ち解けない孝夫がだんだん心が通い合っていく様子を丁寧に演じていきたい」

【11月8日】
敦子が孝夫のアパートで小説を読むシーン

【11月11日】
シルバー・シャトー、誕生会のシーン
吾郎の腕の筋肉見放題。映画本編とは違う角度から見られるのも嬉しい。
笑顔が素敵。
シーンについて監督と話し合ったり「鈍くさい孝夫」を演出するために小道具の工夫「トイレットペーパーの積み上げ方」をしたり、いろいろな吾郎が見られる。

【11月17日】
大学付属病院病室で、昴が父である孝夫をナイフで刺すシーン
父を刺してしまう気持ちを丁寧に説明する監督と説明を聞きながら同時に芝居に入って行く子役の中村瑠輝人くん、凄い。
刺された時の血の出し方のからくりまで見せてもらって、とてもていねいなメイキング。
一度の説明でどのようにスポンジに含ませた血を映像的にキレイに見せるかまで理解する吾郎。監督が拘ったという「血のにじみ方がキレイにでる生地」も良いお仕事ぶり。
しかも刺されて倒れた吾郎のくりんくりん巻き毛の襟足heartをたっぷり見せてもらえて眼福!
これは永久保存版・・・
吾郎と中村くん一騎打ちの刺されるシーンも一発でOK。中村くん素晴らしい。
これはNGとかあったら、服から着替え直しですよね、大変だなぁ。

湊かなえさんが見学。「少女」撮影現場見学はこの時が初めてだそう。
吾郎と楽しそうに記念撮影。
吾郎がソッと控えめに湊さんの肩を抱き、「あ~うれしい~heart04って喜んでいる湊さんがとっても素敵。

【11月20日】
キャベツ畑を自転車で行くシーン
午前中に別の場所で由紀と敦子のシーンがあったので、午後から。
晩秋の午後、みんなの影が長いのが印象的。本当は夏休みの頃なんだけど。
このシーンで吾郎さん、オールアップ。

10月19日に始まった映画の撮影自体は11月26日に水中シーンを撮って終了のようです。
どのシーンにも、まず丁寧に役を説明し話し合い、真剣な眼差しで撮影の指揮をとる妥協を許さない三島有紀子監督の姿がありました。
凜として美しい。

【舞台「No.9-不滅の旋律-」日程】
2015年10月10日~25日 赤坂ACTシアター
10月31日~11月3日   大阪 オリックス劇場
11月13日~15日      北九州芸術劇場大ホール

この映画を吾郎は舞台「No.9-不滅の旋律-」の公演の合間に撮影していた訳ですが、改めて日程を比べると、すごいスケジュールに驚きました。
何しろ、舞台「No.9」は2幕からなる正味2時間半を超える大作、そして出ずっぱりの吾郎の台詞の量はハンパなく多い。更に大暴れしたり指揮をしたり。
一度など、頑丈な椅子を叩きつける所で椅子の脚を1本折ってしまったのを目撃したほど、激しい舞台でした。
更にベートーヴェンの半生を描くのですから、精神的な消耗が凄い。
そんな舞台をやりながら、蒲郡市でのロケに参加・・・日程を見ると大阪と北九州公演の間と、北九州が終わった後にもまだ撮影は残っていたのですね。

あの激しい天才ベートーヴェンと同時期に、全てを赦しただ一人因果応報を断ち切り穏やかで静かな佇まいの高雄孝夫を演じていたとは。

でも実は舞台の準備期間の間にも、ベートーヴェンという人物の勉強をしながらフランスに飛んでボージョレーヌーヴォーの企画に携わったり連ドラ「HEAT」で若手社長を演じ、「特命指揮官郷間彩香」の國井哲也役を演じて、その後に舞台に臨んでいたんですけどね。
吾郎にはいつも集中力の素晴らしさにも驚かされています。

「少女」撮影の背景にはこんな事があったなぁ~というだけで、それとは関係なく「少女」は素敵な映画です。
インタビューで吾郎も「(「少女」という作品は)観る人が自分から作品の世界に入っていかないといけない」と言っていましたが、妥協の無い映像の美しさとか言葉を使わずに語ったり象徴として見せる映像を使ったりしているところが多かったりなど海外の映画に近いと感じました。
今、映画館で流れる予告映像、日本の映画は叫んだり怒鳴ったりばかりで・・・若いうちにこのような映画を観て、自分で感じ考えることも大切なのではないかと改めて思いました。

他にもインタビューや舞台挨拶の映像もあり、見応えのある特典映像でした。

| | コメント (2)

2017年4月 7日 (金)

編集長 稲垣吾郎 4月5日

4月5日号【目次】
clip今週の
【GORO's Search】特集ネタ編集会議~○○女子と編集長の共通点も!?
*編集長のお薦め本
*
新コーナーの提案
*[祝]えんぶちゃーと3位おめでとうございます!

*
Tomorrow /Avril Ramona Lavigne
*
Amazing Discovery/SMAP
*
Together Forever/Rick Astley

稲垣吾郎です。
僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、
今週はどんなネタがが届いているんでしょうか。
さあ、それでは編集会議を始めましょう!

【GORO's Column】 
コラムメールをご紹介します。埼玉県のめぐみらいさん。
loveletter
3月9日の放送を聞き、すぐにメールをしたくなりました。HMVさんの中居文庫ですが、渋谷のHMV&BOOKS TOKYOさんでも展開されています。しかも中居文庫だけではなく、吾郎さんや木村さんがお薦めされていた本も紹介されているんです。HMV&BOOKS TOKYOさんはSMAP衣装展で5人の衣装が集結した場所でもあります。最近立ち寄ったところ、SMAPの大展開はもちろんの事、中居文庫、稲垣文庫、木村文庫のコーナーも健在、ずっと変わらず応援してくださる事に嬉しくなりました。
おお~有り難いですね。写真が
(パラッとめくる音)ございます。
あ、凄いですねぇ。ええ~行って見ようかなぁ。
ふぅぅぅ~ん・・・中居文庫の中に、中居くんが藤沢辻堂ウォーカーの表紙をやってるのね、
(スタッフさん笑い声)これ、僕的にはツボですけれどもね(笑)。へぇ~~板橋ウォーカーやりたいなぁ。
ふぅぅぅ~ん・・・やぁやぁ有り難いですね、こういうのもねホントに手作り感が、ポップとかの写真もあって、かなり書店員さんたちの愛情というか・・・ねぇ!何かすごく・・そういう応援してくださる気持ちが伝わってきます。
これ、ちなみに僕の稲垣文庫の中でですね、紹介されてるのは「グレート・ギャツビー」フィッツジェラルド。ま、これはあの~村上春樹バージョンの「グレート・ギャツビー」を読んだっていう話を僕がしたって(笑)・・・ことなんですけどね。うん。ここのお薦めの中では(笑)違う方の訳になってますけど、ま、そういう細かいつっこみはアレとして。
あと宮下奈都さん、ありましたね。「スコーレNo4」。「羊と鋼の森」の宮下さんですね。宮下さん、すごい好きです。これは間違ってませんね。
あと「タイタンの妖女」、稲垣さんお薦めって書いてある。これ、そんなに・・僕お薦めした覚えはない・・・というか、これ太田さんが大ファンというかもうね感銘を受けた、ねぇ、爆笑問題の・・・だって会社の名前ですからね「タイタン」っていう。ね、太田さんにとっては偉大な小説なんでしょうけれども、それを・・太田さんにこの小説を頂いて、読んで、凄い良かったなって僕も。でも僕お薦めって言ったら申し訳ないじゃないですか。
あ、あと僕お薦めの中にこれもありましたね、これ、桜庭一樹さんの「ほんとうの花を見せにきた」これ、いいですねぇ。間違ってませんよぉ。
そうだな、あと最近では・・・そう、西加奈子さんの・・「サラバ」で一度番組来て頂いてから西さんの、僕、ファンになりまして、「i」新作の、うん、これ凄い良かったですね。
「i」もちょっと・・紹介していただきたいですね。
いいですね、ありがたい事ですね。
以上、ゴローズコラムでした。

penこの写真をTwitterで見た時に、何故「タイタンの妖女」?と思ったのですが、吾郎がちゃんと言ってくれて嬉しい。それにしても太田さんに本を貰っていたとは。そういう事もきちんと忘れずにこういう機会に言うのも良いですね。
更に出たばかりのお薦め本も教えてくれる~何て素敵なラジオなんでしょう!
西加奈子さんの「i」これは次に読みたい本になりました。i(アイ)
それにしても・・・教えていただいた事ですが、三省堂池袋店では「ゴロウ・デラックス」の棚が出来ていて、ちゃんとポップも作られ毎週きめ細やかな展開をしてくださっていて、そのお便りも届いているはずなんですけど~なかなかSMAP関係のお便りが強力なんでしょうか、いつかは紹介してもらいたいですね。
三省堂池袋店さま、ありがとうございますheartこれからもどうぞ「ゴロウ・デラックス」をよろしくお願いします。
それから・・・吾郎表紙の「板橋ウォーカー」も見たいっす!

musicTomorrow /Avril Ramona Lavigne

【GORO's Search】
さぁ、皆さんから寄せられたゴローズサーチの特集ネタを中心に編集会議を行います。
まずはですね、東京都のアーサンさんです。
loveletter
私は、ラガールです。ラグビーを観戦しラグビーを愛する女子です。私は父が昔ラガーマンだったので、35年近くラグビーを観戦しています。が、世間的にラグビーの引き金になったのはやはり2015年ラグビーワールドカップ杯での活躍だと思います。吾郎さんはラグビーをご覧になった事はありますか?面白いスポーツなので、是非一度。
ほぉぉ~僕、ラグビーね、子供の頃ちょこちょこ見てましたよ。あの~父親が明治大学なんで、やっぱり子供の頃よく応援してたんですよね。はい。観に行った事もあったなぁ。う~ん、学生のそういう試合、明治と早稲田の闘い、何て言いましたっけアレ、早明戦とか。
そう、テレビでも見てましたけどね。テレビでラグビーの試合ってやってましたよ、子供の頃。最近ね、少ないですよね。
と言っても!ルールは分からないです。
でもね、ちょっと・・・19年に向けて盛り上がるといいですよね、日本でやるんですからね。
ラガールさん・・・うん。

penくりくり巻き毛のちびごろーがパパと一緒にラグビー観戦・・・可愛いだろうなぁ。
吾郎って本当に意外とものすごく男の子なんですよね。子供の頃はパパと一緒にラグビーや野球、航空ショーを観に行き、戦闘機・モデルガン・ガンダム・・・その趣味は果てしなく男の子。それであの美貌なんだから・・・ギャップ萌え激しすぎます(*´艸`*)

続いてラジオネームあやさんです。
loveletter
私は地理女子です。地理女の特徴としては、飲み会の山手線ゲームのネタは世界の首都名などみんな必死に答えるので終わりがないのが、笑える思い出です。他の特徴は、カーナビは必ず北に設定する、飛行機に乗ったら今どの辺りを飛んでいるのか分かる~など。先日そんな地理女が集まる地理女ネットが開催され、第1回目のサロンには30人以上の地理女が集結しました。地図帳で有名な帝国書院の方にミニ講義もしていただき、とっても盛り上がりました。次回は東京タワー集合でそこからの景色を眺めながら語り合います。地理女の興味の幅は奥深いです。
ほうっ!僕も意外と地理メンズですよ。
はい。あの詳しくはないけど好きですよ。中学校の時地理の授業が一番好きで、地理が偏差値70くらいありましたから。地理だけ!何か、やったら地理だけ点数良かったんですよね。歴史はそうでもないんですけど。ま、中学生の(笑)テストですけどね。
だから何か地図見るのとか子供の頃から凄い好きですし、うん・・・気持ちわかるなぁ、飛行機乗ると・・・だから海外・・国際線とか乗るとかならずフライト地図とか出るじゃないですか。チャンネル回していくと。
Time to distance みたいな感じで。あれ、つけてますもん、ずっと。
ああぁ~今ちょうど・・・そっか、シベリア上空か、とかいろいろ考えながら。面白いですよね。
あの・・こないだ僕「LION」というインド映画を観てすごく感動して、またいろんなところで薦めてるんですけども。
これ、どういう映画かっていうと、インドが舞台なんですね。今度公開なんですけど。
あの~幼い時に迷子になった少年がいて・・それからその・・・里親に貰われて、白人のオーストラリアのタスマニアの方のね、裕福な家庭に育つんですけども、大人になってから当時はぐれてしまった実際の家族とか住んでた家とかを探したくて、Googleマップを使って、現代の科学を駆使して探し出すっていう・・・この映画がす~ごい良かったんですよ。
これ実話なんです、しかも。
当時その・・自分が迷子になってインドを横断したんですよ。その・・回送列車に間違えて乗ってしまって。ま、結局その電車に乗ってしまってインドを西から東まで横断しちゃうんですけど、でも何となく記憶を辿りながら、迷子になった駅には何があったとか、白い煙突が立っていたとか・・・・うん、そういう事からいろいろGoogleマップを使って探し出していくというね、非常に感動的な映画だったんですけど、ね。
これ、やっぱり僕も地理好きとしてやっぱり何か響いた部分もあったのかなって、今(笑)ふと思ったんですけどね。
まぁちょっと話は逸れてしまいましたけれども。
ねぇ!僕も意外と地理好きなんで、これ興味ありますね。

penち・ちりめん(笑)!?
「LION」を熱く語る吾郎・・・吾郎のラジオの面白さは時々話が他の方面にも展開して、新たな吾郎が見えたり興味深い情報が出てきたりするところ。
もちろん「LION」すぐにも観たくなりました。吾郎が地理が大好きなのも伝わってきました。
「ライオン~25年目のただいま」~公式  

続いて群馬県にお住まいの柊さん
loveletter
編集長、こんばんは。私は自衛隊女子です。でも自衛官ではありません。飛行機を見るのが好きで去年のブルーインパルスや吾郎さんの好きなファントム9機編成飛行も見てきました。自衛隊音楽隊の演奏を聞くのも好きなので各地の演奏会にも行っています。こんな自衛隊女子はどうでしょうか。
ほぉ~ぉ!そっか・・・自衛隊女子っても、みんな自衛官って訳ではないんですね。う~ん・・・しっかしこのファントムの9機編成飛行が気になりますね。これ、ファントム・・F14ファントムって・・・今でも飛んでいるんですかね。ちょっとあまりにも・・・僕、そこまで・・もう分からなくなってきてるので、昔の事なんで。ああそうか、F15イーグルだけではなくて、重戦闘機と言われているのも・・・やっぱりファントムもいまだに飛んでるんでしょうかね。うん・・・
ちなみに僕がファントムを好きになったきっかけというのは、まぁエリア88なんかを書いている新谷かおるさんの漫画「ファントム無頼」という・・・(笑)これを読んで非常に感動したんで。
新谷さん、来てくれないかなゴロウ・デラックスに。

penさすがに最新の情報にはついていけなくなったか編集長(笑)。
でも最後に新谷さんをゴロウ・デラックスに~とさり気なくお願い。
ゴロウ・デラックスへの愛情は果てしない・・・

続いて千葉県にお住まいのくまぷ(?)さん。
loveletter私は馬女です。くふっ(笑)
馬女とは、競馬を楽しむ競馬女子の事を言います。最近の競馬場はキレイでグルメスポットも多く、女性一人でもカップルでもご家族でも気軽に行けるレジャースポットなんです。私はガチの馬女なんで、レジャーよりがっつり競馬を楽しむ方ですが、一口に馬女と言っても様々なタイプに分かれていて、純粋に馬が好きな人、お気に入りのジョッキーを追いかける人、馬券の分析が好きな人、お洒落して仲間とワイワイ楽しむ人もいれば一人で好きなように競馬場を楽しむタイプの方もいます。私は馬女の中でも馬を見て写真や動画を撮りまくるカメラ女子です。馬のかっこよさや仕草を楽しみながら写真を撮るのが好きで、お気に入りの推し馬のベストショットを撮るべく連写や望遠レンズを駆使します。後で撮ったその写真を見て、その日の馬の姿やレースを振り返るのも楽しいです。
へ~~~え。これ、望遠レンズを駆使してるって、相当ですね。
僕も好きですよ、馬。
あの~競馬行ったりとか、乗馬をする訳でもないですが、ねぇ、一度ドラマでお仕事で馬を・・乗る機会が、19才くらいの時にあって、大河ドラマに初めて出させていただいた時なんですけれども、もうホントに撮影の1週間以上前から・・その・・馬がいる場所で訓練して、その撮影所に馬場があるんですよね。小屋があって。そこで役者さんが練習するんですよ。全く馬なんか乗った事もなかったんでね。練習して雪の中。
ねぇ!でもそのおかげで馬、乗れるようになりましたし、意外かもしれないですけど僕、結構馬、普通に走ったりできますからね。全速力でも。あれ、だって・・結構時速50キロ近くまで出るんじゃないかなぁ。それがきっかけだったんで、何かその後もお仕事で馬に乗る機会があった時に意外と・・何か自転車とかと一緒でね、一度乗れるようになると、まぁとりあえずは撮影で乗れるくらいは出来るようになったんで。うん、いい経験だったなぁと思うんですけれども。
また馬乗りたいですねぇ。乗馬やりたいなとずっと思ってるんですけどね。
どっちかというと僕は馬好きと言っても乗馬をしたい方かな、競馬というよりも。

pen馬に乗る吾郎は本当にかっこいいですからね!もう笑っちゃうくらい似合っていて。
「十三人の刺客」の時も、馬で駆け抜けていく吾郎を見てエキストラの人が驚いていましたっけ・・・
是非是非、また馬に乗る役を見たい。

はい、ま、いろいろありましたけれども(笑)・・はい、いやすごい皆さん何か・・人生楽しんでるな~という感じで(笑)いいですよ、いいですよ。
また、お待ちしております。
以上、ゴローズサーチでした。

pen人生を楽しんでいる~素敵な感想が嬉しいです。
まだまだ続きます→「続きを読む」

続きを読む "編集長 稲垣吾郎 4月5日"

| | コメント (3)

2017年4月 3日 (月)

ゴロウ・デラックス 3月30日(#244)

ゴロウappleデラックス 7年目突入特別企画
ー大御所漫画家スペシャルー

ゴロウ・デラックスの素晴らしいところ嬉しいところの一つは、総集編と言えども手抜きせずMC二人が当時の放送を振り返りながら感想を述べるところ。
更に、ちゃんと今発売中の作品も紹介されています。

shadowちばてつや先生「あしたのジョー」
その場でちば先生に「ジョー」を描いていただく企画「直筆ジョー大公開」
宛名とサインまでしていただいて、ちゃっかり原画を頂いて帰る吾郎。
*記事→2015年 ゴロウ・デラックス1月15日 

「すっごく良い方。テレビ局の人ってダメ元で頼むんですよ!」

bookちばてつや先生の自伝「屋根うらの絵本かき」発売中!

shadow藤子不二雄Ⓐ先生
「笑ゥせぇるすまん」を先生自ら熱く朗読!
*2015年 ゴロウ・デラックス 7月16日

book藤子不二雄Ⓐ先生「まんが道大解剖」発売中!

shadowさいとうたかを先生「ゴルゴ13」
締め切りの日にお邪魔して扉絵を描いているところを見せていただく。
更に銃の資料室に潜入、大興奮の吾郎。背中が美しい・・・
*2016年 ゴロウ・デラックス 7月21日

「銃とかを好きになるきっかけをあたえてくれた作品」

bookさいとうたかを先生連載中「ゴルゴ13第184巻」4月5日発売

03304_4 03306_2 03305_5

shadow秋本治先生「こちら葛飾区亀有公園前派出所」
「こち亀」連載終了直後のアトリエにお邪魔。
生で両さんを描いているところを見せていただく。
新連載「BLACK TIGER」に吾郎(銃を持って)を登場させてくださいとお願い。
*2016年 ゴロウ・デラックス 12月22日

book秋本治先生連載中!
「Black Tiger」グランドジャンプ
「いいゆ!だね」ウルトラジャンプ
「Mr.Clice」ジャンプSQ
「ファインダー」週刊ヤングジャンプ

03302_5   0330

shadow魔夜峰央先生「翔んで埼玉」
「翔んで埼玉」を朗読。何故「埼玉」だったのかのお話も伺う。03303
*2016年 ゴロウ・デラックス 3月31日

「魔夜先生のオーラも独特で」

pc翔ばして!埼玉」WEB ネットで連載中

ゴロウappleデラックスをこれからもよろしくお願いします!

次回のゴロウ・デラックスは4月20日(木)
ゲストはジャパネットたかたの高田 明さん。
珍しく予告も流れて楽しそう。

clipゴロウ・デラックスへの
ご意見・ご感想そして次週予告はこちら
番組存続へのお願いは
〒107-8066 東京都港区赤坂5-3-6   TBS『制作・編成』御中

tv民放公式テレビポータル TVer
お問合せ項目に「リクエスト」があるので、こちらから「ゴロウ・デラックス」のリクエストもお願いします⇛
民放公式テレビポータル TVerお問合せ
TBS FREE by TBSオンデマンド (下のお問合せから)

<4月5日追記>
chickTwitterより
春日太一@熊本を全力で応援します @tkasuga197
週刊ポストの取材で吉行和子さんにインタビューさせていただきました! チャーミングさの向こうに凄まじいマグマを感じられる、連載での女優登場第一号にふさわしい濃密な内容でした! 「このあいだゴロウデラックスに出てましたね。原稿もいつも読んでます」と、光栄なお言葉もいただきました!
・・・吉行和子さんもゴロウ・デラックスをご覧になっていたというのも嬉しいです。

searchダ・ヴィンチニュース
「ゴロウ・デラックス」大御所漫画家・総集編に反響続々「改めて並べると凄すぎてびびった・・・」
・・・今週はBookBangではなく、ダ・ヴィンチニュースから。
是非、本の雑誌「ダ・ヴィンチ」で、ゴロウ・デラックスの連載コーナーを設けて欲しいと改めて思いました。

| | コメント (2)

2017年4月 1日 (土)

編集長 稲垣吾郎 3月30日

3月30日号【目次】
clip今週の
【GORO's Search】春から始める女子ゴルフ~女性にお薦めゴルフの魅力
*花暦・・・梅
*
学年終わりに教え子達に贈った「ありがとう♪」
*編集長のお料理事情

*
Green Light feat. Andre 3000/John Legend
*
ココカラ/SMAP 新生活のスタートに
*
僕が僕であるために/尾崎豊

稲垣吾郎です。
僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、
今週はどんなネタがが届いているんでしょうか。
さあ、それでは編集会議を始めよう!

【GORO's Column】 
さぁ、早速コラムメールをご紹介いたします。ラジオネーム、ななみさん。
loveletter
先日、湯河原梅園に行って参りました。天気も良く暖かくとても気持ちよかったです。梅の木はまだ満開ではなかったのですが、1本の木に赤と白の花が咲いている種類などもあり、なかなか楽しかったです。梅のソフトクリームはピンク色をしてて、ほんのり梅の味がしてて新鮮でした。桜もキレイで華やかですが、梅は1ヶ月くらい楽しめますし、なかなかいいですね。
はぁい、僕も好きですよ、梅の花。何かホントに桜の花と梅の花と桃の花っていうのはちょっと区別がつきにくいですよね。花の先っぽの形状とかね、良く見ると分かりますし、あと木の幹を見ると分かると思うんですけど。
う~ん、いいですね。春がやってくる、非常に楽しみです。お花が大好きな僕としては。
わくわく、ときめいてしまいます。

music
Green Light feat. Andre 3000/John Legend

【GORO's Search】

さぁ、春です。僕が好きなゴルフもそろそろいいシーズンになってまいりました。
番組でもね、何度かゴルフの話題取り上げているんですが、まぁ喋り始めたら僕も止まらないのでね、リスナーの方が着いてきてくれているのか心配だったんですけれども、そこで本日のゴローズサーチはですね、春から始める女子ゴルフという事で、ゴルフ・ダイジェスト・オンライン経営戦略本部ビジネスデザイン室の向井
康子さんに「女性にお薦めゴルフの魅力」について語っていただきます。
[吾郎]もしもし!
[向井]もしもし
はじめまして(はじめまして)稲垣と申します。
向井と申します、よろしくお願いします。
よろしくお願いします。僕はゴルフ大好きなんで、(はい、存じ上げております)リスナーの方は女性の方が多いので、まだゴルフには興味があってもなかなか何からやっていいか分からないとか、どうしたらいいか分からないという方多いじゃないですか。(はい)そういう方に、いろんなゴルフの魅力について向井さんと一緒に何か語る事ができればなと思いまして。
よろしくお願いします。
はぁい・・・ねぇ、もう春ですから、いい季節ですよね。
ほんっとに・・・やっぱり冬はゴルフは・・・寒いから・・女子は特にやっぱりいろいろ着込まないといけないし、この時期くらいから始めるのがやっぱり一番いいのかなと思うんですけれど。
なるほど~結構、こう・・始めにくいとかさ、ゴルフって。ゴルフ場会員じゃないといけないのか、とか会員さんと一緒じゃなきゃプレイできないとかっていうそういうイメージがあるんですけど、今はだいぶ変わってきたんですね。
そうなんです、実は私がこのゴルフ・ダイジェスト・オンラインで入ったのは16年くらい前なんですけど、その頃はですね多分皆さん電話で予約しかできなくて、後はその会員の方が知り合いじゃないと、一緒じゃないというような状況だったんですね。で、我々の会社がインターネットで取れるようにしたらもっとゴルファーが増えるんじゃないかって事でサービスを始めました。(う~ん!)はい。
問題はまず、アレですよね、ゴルフと言ったらお金がかかるんじゃないか、まず道具を揃えるだけでも・・・
はい、道具がないとゴルフできませんものね。
そうなんですよね、道具がまた、僕らホントにゴルフが好きな人達って、またそれを変える楽しさとかいろいろチューンナップするのに拘ったりとかね、(はい、そうですね) それはそれで、また・・もうホントにおもちゃのように (はいはい)楽しんじゃうんですけど。まず最初はどうしたらいいか分かんないですよね、女性の方。
そうですね、よく女性の方にも相談を受けるんですよね、何買ったらいいのかなとか、種類もたくさんありますし、そういった場合もですね、まぁ・・例えば最新のモデルじゃなければ (うん)結構お安く手に入れられたりとかですね、(はいはいはい)あとは中古クラブっていうのもありまして(うんうんうん)
あの~新しいクラブを買って前のクラブを売るというようなお店もあるので、そういった中古クラブ屋さんでみつけて買うとかなりお安く手に入れられます。
僕もね、全然・・最初始める方には中古クラブは・・・お薦めしますね。
そうですね、後はその・・14本クラブを持てるというルールがあるんですが、ただ14本必ず必要でもないので、数本買って、もっと欲しければ足すとかいう方法もあります。
そうですね、ハーフセットって言いますものね。
はい、そうなんです、そういったものをセットで売っているものもありますし、いきなり全部揃えなくても必要なものだけを買ってスタートでもいいんじゃないかなと思いますね。
う~ん・・・ホントに5本くらいで全然充分ですよね。
全然充分ですね。たまに私も全部持ってかないでプレイする時あるんですけど、(う~~ん・・)変わんなかったりしますね。
そう、実はね、僕らもアマチュアですから14本のクラブなんて絶対使えないんですよ。そもそも。(そうですね、はい(笑)そうなんです)意外と4本くらいしか使っていなかったり。(そうそう)ね!

*「続きを読む」へ続きます。

続きを読む "編集長 稲垣吾郎 3月30日"

| | コメント (4)

« 2017年3月 | トップページ