« 編集長 稲垣吾郎 5月3日 | トップページ | ゴロウ・デラックス 5月4日(#247) »

2017年5月 6日 (土)

2017年5月6日

100年に1度の1756の日!
Twitterでは   #吾郎さんを貼ろう  #100年に一度の1756の日 などのタグを付けて、本当はいけないんですけど(笑)、画像や映像を貼りまくってお祭りしています。
お祭りを盛り上げようと、改めて吾郎のお仕事をずっと追ってみました。

1989年 NHK連続テレビ小説「青春家族」 SMAP全員でオーディションを受けて合格。この作品でお芝居の面白さを知る。
1990年 映画「さらば愛しのやくざ」で映画デビュー、ヤク中の少年で物語の鍵を握るとも言える大切な役を演じました。共演していた俳優さんから「ホンモノのヤク中なのではないか」と思われたほど。

1992年 月9「二十歳の約束」で主演。
92年はフジテレビがそれまでより若い世代に向けてドラマを作り始めた年、アイドルの一員が恋愛ドラマに出るというアイドル史上、画期的な事だったとも言われている。「ヒューヒューだよ」ばかり話題になりますが、若さ故の悩める切ない物語、大好きです。

1993年 大河ドラマ「炎立つ」

「嘘でもいいから(1993年)」では年上の女性との恋、「東京大学物語(1994)」「最高の恋人(1995)」は若い人向けのドラマ、そして「彼(1997)」では再び年上の女性に愛される役・・・主演も相手役もいろいろな立ち位置を演じてきました。

1997年 「踊る大捜査線歳末特別警戒スペシャル」吾郎演じるヤク中の殺人犯が素晴らしく、この回は特に大きな話題になりました。しかもかっこよかったです。

1998年 「ソムリエ」吾郎が演じて説得力を持たせた変わり者のソムリエ。ワインと出会うきっかけになったドラマ。吾郎の独特な変わり者感はこのドラマでできあがったような感じがします。
星監督とのコンビも出来、テレビドラマ「金田一シリーズ」や映画「笑の大学」へ繋がります。

この辺りから舞台の影響もとても大きかったと思います。
昨年が単独舞台を始めてちょうど20年だったので、Twitterの方で吾郎の舞台について一つずつツイートしたのをまとめていただいたのがあります。
動画と画像・記事などでまとめてありますので、良かったらお時間のある時にご覧になっていただけると嬉しいです。
clip稲垣吾郎舞台History

映画のようなクオリティを持った「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」も素晴らしかった。
そして2010年の映画「十三人の刺客」で、また吾郎は更に飛躍しました。
舞台も毎回、私たちの期待を遙か超えたものを見せてくれます。
吾郎はいつも新しい仕事から何かを学んで更に新たな顔を私たちに見せ続けてきました。

昨年でSMAPは解散。
これからどのような形で仕事を続けていくのか分かりませんが、「家庭画報」の記事を思いながら、待ちたいと思います。
できる限りの応援を続けながら。

【追記】5月14日
ネタりか記事(5/10)→稲垣吾郎の「56の日」、関係各所がSMAP&お祝いムード一色に

Yahoo!記事(5/8)→SMAP「世界に一つだけの花」6日付けデイリー4位に

*Twitterまとめ
100年に一度の1756の日記念!稲垣吾郎アーカイブス
#100年に一度の1756の日 #稲垣吾郎 #吾郎さんを貼ろう  

|

« 編集長 稲垣吾郎 5月3日 | トップページ | ゴロウ・デラックス 5月4日(#247) »

Goro」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。 100年に一度。この言葉に惹かれてコメントします。

今は充電期間と知っていながらゴロデラ、編集長の熟成ぶりに「早く露出して!」と悶絶しております。

日本の俳優が大人として演ずる時に色気を含んで魅せてくれる素晴らしい前例になって欲しい。
今その時だと思っております。
もう待てません。俳優稲垣吾郎を今日のみなさまの素晴らしい秘蔵映像を拝見しながら一層思っております。

投稿: 司 | 2017年5月 6日 (土) 23時18分

crown司さま
コメントありがとうございます。
100年に1度・・・凄いですね。
そして吾郎さんは毎年、12月8日と5月6日にお祝いされるのですね、私たち民に。
1年に2度、お祝いできる喜びを噛みしめながら、毎年準備が足りない・・・と悔やんでいます。
舞台「No.9」で素晴らしいものを堪能させてもらい、またテレビドラマやレギュラー番組でもその知性や美しさを感じさせてもらい・・・やはり、年齢的にもこの素晴らしい時期に少しでも無駄に時間が過ぎていくのは、焦りますね。
もう少しあと少し・・・と思いながら、少しずつ溜まった映像の編集などをして過ごす毎日です。
また劇場でお会いするのを楽しみにしています。

投稿: サイトー | 2017年5月 7日 (日) 00時33分

1756・・何かと思ったら、稲垣吾郎さんなんですね。こうしてみると、ドラマや映画では脇ではあるけど、物語の鍵を握る存在だったり、主演は特殊な職業や、不良青年等変わった役だったりして面白いですよね。舞台では、その声はどこから出てるのか不思議に思ったり、まだ3本しか観たことないけど、こんな役を舞台で?って思ったこともありました。今年から、一人の俳優として再出発した吾郎さん。きっとテレビでもキラキラしているのかな、と思います。ゴロウデラックス、続けられるように私も頑張って意見を送っています。私の地域の放送局でテレビ審議会の視聴者からの意見にゴロウデラックスが57件寄せられました。吾郎さんが自分の記憶から薄れないように、ラジオもテレビも応援頑張りましょうね。取り敢えずは、2017年5月6日の記事を編集長に報告することですね。

投稿: ルー | 2017年5月 7日 (日) 00時37分

本当に100年に一度の貴重な日ですよね!それに関連して年代順に吾郎さんのお仕事を上げていただきありがとうございます。若い頃からアンニュイで独特の色気を醸し出していた吾郎さんが、素敵な年の重ね方をし、若い頃のガラス細工の様な繊細で壊れそうな雰囲気は影を潜め落ち着いた大人の色気を持つ品の良い紳士に変貌したことは素晴らしいですね。

あの頃の月9、あの頃の「踊る捜査線」は脚本も演出も、演じる人達も良かったのにと想いを馳せています。ドラマも映画も質が高かったですね。お金をきちんとかけて映画らしい作品、ドラマも手を抜かず見応えのある作品が多かった様な気がします。吾郎さんの映画、ドラマは今観みても色あせる事無く、その映像美と共に感動を与えてくれます。

SMAPの解散は残念なことだけれど、ここでSMAP内でのキャラ、立ち位置に関係なく本来吾郎さんが持っている才能を今後は思う存分、舞台に、その他の役者業に発揮してほしいと思っています。新しい事に常に挑戦し続けてきた人です(ファンで知らない人、多いですよね(苦笑))吾郎さんなら出来る!!期待して次の作品を待ちたいですね。

投稿: あや | 2017年5月 7日 (日) 19時49分

 サイトーさん貴重な画像や動画をたくさんありがとうございました。吾郎さんは語呂合わせはあまり・・・と言っていましたが、ファンで楽しむのでいいのです(笑)いろいろなタイプの役を早いタイミングで演じてきているのですよね。43歳熟成されてきた今役者のお仕事がないのが残念ですが、「anan」「編集長稲垣吾郎」「ゴロウデラックス」はすべて新しい出会いのあるお仕事。きっと吾郎さんの中で熟考して、発揮してくれると思っています。これからが楽しみです!

投稿: 柊 | 2017年5月 7日 (日) 22時09分

crownルーさま
コメントありがとうございます。
毎年、5月6日と12月8日は、Twitterでは吾郎ファンのお祭りです。
吾郎さんのお仕事を振り返ると本当にいろいろな役であり立ち位置であり・・・バラエティに富んでいて、私たちを楽しませてきてくれたんだなと思います。
そして、いつも吾郎さんがお芝居を大好きな事が伝わってくるので、それがファンにとっても幸せです。
>私の地域の放送局でテレビ審議会の視聴者からの意見にゴロウデラックスが57件寄せられました
・・・これ、素晴らしいですね。
ゴロウ・デラックスと編集長稲垣吾郎は大切にしたいです。
新しく動き始める吾郎さんが楽しみです。

crownあやさま
コメントありがとうございます。
100年に1度のお祭り、Twitterでもこの日だけは吾郎ファンも遠慮せずに盛り上がり他メンファンの方たちも一緒に楽しんでくださって、素敵な一日でした。
改めてお仕事を振り返ってみると、本当に多岐にわたっていて、しかも吾郎さんはいつも何かを学んで何年後かにふとそれを見せてくれたりする・・・素敵ですよね。
いつの間にか、ものすごく素敵な大人の男性に。
>吾郎さんの映画、ドラマは今観みても色あせる事無く、その映像美と共に感動を与えてくれます。
・・・そうですよね、吾郎さんの出た作品はそのときの流行を追いかけていないので数字的にはあまり振るわなかったりして、数字だけを評価の基準にしてきた業界や視聴者からはあまり褒めて貰えませんでしたが~何年経って見ても古くささを感じさせず色褪せる事がないですね。
SMAPは大好きでしたが、転機を迎え新たに歩み始める吾郎が今は楽しみでしかありません。

crown柊さま
コメントありがとうございます。
楽しかったですね\(^O^)/100年に一度の1756の日。
グループ内での立ち位置の関係上なのでしょうか、あまり言われる事はありませんでしたが、吾郎さんはいつも少し先を行ってました。
何しろ、映画デビューが「ヤク中の少年」ですものね。
でも、そんな事はどうでも良いのかもしれません、吾郎さんには大好きなお芝居の道を思い切り貪欲に進んで欲しいです。
その中にはもちろんミュージカルも(笑)!
これからが楽しみですね。

投稿: サイトー | 2017年5月 8日 (月) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 編集長 稲垣吾郎 5月3日 | トップページ | ゴロウ・デラックス 5月4日(#247) »