« 編集長 稲垣吾郎 5月24日 | トップページ | 3月4月ノート »

2017年5月28日 (日)

ゴロウ・デラックス 5月25日(#250)

250回目のゲストは、ジェーン・スーさん。
4度目の登場、吾郎にも準レギュラーと言われてました。Photo_2

book今夜の課題図書:今夜もカネで解決だ
体と心の癒やしを求めてあまたあるマッサージ店に通いまくって書いたマッサージ放浪記。
女性版「孤独のグルメ~マッサージ編」

働いて疲れた体はお金を払ってほぐしてもらう。
労働 納税 消費・・・経済を回さなきゃ!

お金を払う事によって「気にかけてもらう立場」を得る。
お返しをしなくて良い~という意味だそうで、なるほど!

(._.)φ吾郎が通っている整体院は埼玉県
元は武道家だった方による「骨法」
骨の周りについている筋肉を動かしたり刺激する事によって、体の歪みとかを整え骨を正しい位置に持って行く。
わざわざ立ち上がってカメラにお尻を向けて、お尻のツボの場所を示してくれるサービス付きheart01
ファンが喜ぶツボをきちんと心得ていらっしゃる。

pencilマッサージジャンキージェーン・スーの症状別お薦めマッサージ
・洗髪する体力がない時・・・シャンプー店
・厳しい寒さに耐えられない時・・・よもぎ蒸し
・痩せて見えねばならない時・・・リンパドレナージュ

普通は女性しか受けないというよもぎ蒸しを何と体験済みの吾郎。
スーさんもびっくり。
体の穴が一つだの二つだのの話をしてしまう吾郎に、これまたおどろくスーさん。「こんな話していいんですか(笑)?」
いやいやいやいや、番組開始当初からもっと深夜番組的な事をたくさん♪ニヤニヤ...

結局みんなで「行きましょheart02行きましょ」ということに。

リンパドレナージュの話になって、スーさんが外山さんの首が凝ってると言いだしたら吾郎が立ち上がって「僕も触っていい?」
鎖骨に指を入れ、耳の下を抑えてリンパの流れを作る~という作業を外山さんにやってあげる吾郎、本当に当たり前のようにやってしまうのが吾郎なんですね。
何か兄と妹みたいで微笑ましい・・・猛烈に羨ましいですけど。

苦手なマッサージ師とは・・・イケメン
スー:(イケメンに施術してもらうなんて)申し訳ない!」
吾郎:「イケメンじゃなかったら、申し訳なくないの(笑)!?」
スー:「ぶっちゃけ、申し訳なくないです(笑)。イケメンじゃなきゃ、同じ村の人」
申し訳ない~と緊張して体がどんどん固まって・・・と外山さんと二人で意気投合、挙げ句の果てに「優しいイケメンなんて、いるわけないじゃん!」と、優しいイケメンを前に盛り上がる二人。

chair究極の癒やしアイテムを体験!0525
30万ちょっとするマッサージチェアを買ってしまったスーさん。
「乗った事ないですけど、多分ファーストクラスってこんな感じ」
スタジオで究極のマッサージチェアを体験することに。
椅子に座ってまず「あ、なんか普段乗ってる飛行機の椅子みたい!」と、お約束ネタではしゃぐ吾郎。
「あぁ~いいheart04
「あぁ~~キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 」
「こんな来るのか、お前!お前、こんな来るか!」
と大興奮。
ネット記事には「昇天」って書かれてました(笑)。

book「未中年」アラフォーの悲痛な叫びを代弁した新しい言葉Photo
この言葉をテーマにスーさんは漫画原作にも初挑戦・・・未中年 ~四十路から先、思い描いたことがなかったもので。~ (BUNCH COMICS)
中年だけど、まだ心は大人になりきれない「未中年」の葛藤を描く。

*未中年世代の3人*
吾郎:「自分が想像していた40代ではないよね。」
自分が想像していた40代と一番違うところは・・・?
吾郎:「すごく落ち着いていて言葉に重みがあって・・そういう存在だと思っていたけど、何にも変わっていない、20代と今」
外山:「とても40とは思えない、自分が。すぐ怒るし」
スー:「すぐ怒るしね。怒ってるわけじゃなくて、外山さんは許せない事を「許せない」って口に出さないと気が済まないんですね。怒ってるわけではないんです」
吾郎:「ただその正義感が強いとか、そういうのは変えなくていいんじゃない?」
スー:「私はちょっとみっともない嫉妬をしたりする時とかあって、自分と同じような仕事をしてる人がすごく褒められたりすると・・・」
吾郎:「(頷いて)嫉妬するよ」

*ジェーン・スー「自分の人生の舵を手放すな」
吾郎:「いい人ほどなっちゃうかも」
スー:「人の事を思いやれる人ほど損をしていくのはよくない」
吾郎:「これからじゃないですか。・・・結局慰め合ってる(笑)?」
スー:「互助会・・・」

吾郎:「今度、3人で行きましょう」

外山さんの「すぐ怒ってしまう」という事に対して、それは正義感だから、そういうところは変えなくていいんじゃない?と口々に言うスーさんと吾郎。
結構ズバズバ言う3人だけれど、こちらの2人も正しいものは正しいという正義感。
素敵な40代の会話を聞きながら、「損をしないように頑張って!」と心の中で応援してしまいました。
ゲストの話を瞬時に理解して次の話題へと繋げ広げていくMC、最高だと思います。

clipゴロウ・デラックスへの
ご意見・ご感想そして次週予告はこちら
番組存続へのお願いは
〒107-8066 東京都港区赤坂5-3-6   TBS『制作・編成』御中

tv民放公式テレビポータル TVer
お問合せ項目に「リクエスト」があるので、こちらから「ゴロウ・デラックス」のリクエストもお願いします⇛
民放公式テレビポータル TVerお問合せ
TBS FREE by TBSオンデマンド (下のお問合せから)

search今週のBook Bang テレビ・ラジオで取り上げられた本
稲垣吾郎も昇天 働く女は「カネで解決だ」大人気コラムニストが勧めるストレス解消法

|

« 編集長 稲垣吾郎 5月24日 | トップページ | 3月4月ノート »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 編集長 稲垣吾郎 5月24日 | トップページ | 3月4月ノート »