« ゴロウ・デラックス 6月8日(#252) | トップページ | ゴロウ・デラックス 6月15日(#253) »

2017年6月15日 (木)

編集長 稲垣吾郎 6月14日

6月14日号【目次】
clip今週
【GORO's Search】読者の美と健康のために甘酒をゴローズサーチ!
*季節便り~蛍
*
森くんとの思い出
*
A Cozy Place/Andrew Gold
*そっときゅっと/SMAP
*恋のつぼみ/倖田來未・・・ドラマ「ブスの瞳に恋してる」の思い出

僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタがが届いているんでしょうか。
それでは編集会議を始めましょう!

【GORO's Column】 
コラムメールをご紹介いたします。岡山県にお住まいのさかえさん。
loveletter
編集長こんばんは。家の前に小さい川が流れているのですが、今年も蛍が飛び始めました。この季節限定という事もあって、毎晩外に出て小さな光を見るのを楽しみにしています。
へ~え、羨ましいですね。岡山県の小さな小川には蛍がいるんですね。ふ~~ん・・・東京ではなかなか見れないですね。
昔ねぇ、僕の半同居人のひろくんに連れていってもらった八王子の山でも蛍が見えましたけどね。季節によっては。
懐かしいですけどね、またちょっと男二人で・・ちょっとご飯に行きたいなと思ってますけれども。
いいですね、季節限定で。とても風流で羨ましいです。
岡山県も最近なかなか行ってないので・・・いいですね、行ってみたいですね。昔、金田一耕助とかの撮影でよく行きましたけれども。
はい、以上、ゴローズコラムでした。


musicA Cozy Place/Andrew Gold

【GORO's Search】

今回はですね、飲む点滴と言われている甘酒、2011年のですね塩麹ブームって、皆さんあったの憶えてますか?まぁ今でもね、塩麹ってよく使われているんですけれども。その・・ですね、塩麹ブームから最近はそれが甘酒ブームとなっているんですね。
そこでですね、今回は美容や健康にもいいと言われている麹を・・ゴローズサーチしていきたいと思います。
お話を伺うのはですね、フードコーディネーター料理研究家の三島葉子さんです。

[吾郎]もしもし~
[三島]もしもし。
よろしくお願いします、稲垣です。
よろしくお願いします。
ね、以前あの草鍋の時に・・
そうなんです・・・たくさん、召し上がっていただきありがとうございました。
そうですね。ありがとうございます。今回はね、麹・・・(そうですね)甘酒も・・・麹なんですよね。塩麹も麹ですけれども。
そうですね。麹から・・・
発酵食品ですものね。(はい)そもそも麹というものはどういったものなんでしょうかね。改めてちょっと説明していただきたいな、と。
はい、少し難しいお話になるんですけれども、アステルギルスオリゼという良い働きをしてくれる日本の気候でしか育たないカビの種類があるんですね。そのカビを蒸したお米に種付けして米麹というものを作ります。それを一般的に皆さんが麹と呼んでいるんですけれども、その麹が発酵して、日本酒になったり、それから大豆と一緒になってお味噌になったり、それから甘酒になったりという事で日本特有の発酵の食文化の一つの元になるものになります。今回は今年に入ってから特に甘酒が注目されているので、甘酒のいろいろなお話をご準備してきたんですけれども(はい!)今年に入って甘酒が特に注目されている理由の一つとしては、肌の綺麗な女優さんが毎日飲んでいるという情報がいろんなところから発信されたという風に言われています。
昔からあるもので、甘酒というと・・・子供の頃なんかはお酒飲めなくても(そうですね!)ね、甘酒飲ませてくれて(はい!)なんか美味しかったなっていう記憶があって・・・
甘くて美味しかったですよね。
そうなんですよね~
そうなんです、昔からある食品の一つなんですけれども・・・(体にいいんですか?)あ、そうなんです。あの・・飲む点滴という風に言われていて、必須アミノ酸の量が点滴の中に含まれるアミノ酸の量とほぼ同量だと言われているくらい、栄養価が高い食品になります。
ふ~~ん・・・昔からあるのに見落としてしまっていたというか・・・
そうですね、すごく忘れ去られていたというところはあるんですけれども、(へぇ・・・・)今は化学的なものから栄養を摂るのではなくて、昔ながらの自然の食品の中から栄養が摂れるというのが人気の秘密なんじゃないかなという風に思います。
なるほどね、アミノ酸・・・(そうなんです)そのほかは麹としていろいろ入っているものはあるんですか?ビタミンB群とかですか?
そうですね、ビタミンB群たくさん入っていますし、あとはですね、肌をキレイにしてくれたり髪の毛をキレイにしてくれるビオチンという成分が入っていて、美容の効果も期待されていると言われていますのと、あとは脂質の燃焼ですね、代謝が・・脂肪の代謝が良くなるとも言われているので、ダイエットに利用される方も多いみたいです。あとはリラックス効果がありますので、寝る前に少し飲まれるとゆっくりとお休みが睡眠がとれると言われています。
甘酒って・・でも何か普通に売っていないですよね。
そう思われがちなんですが・・・
売ってるんですか?酒屋さんとかで見ない・・・という・・
最近は甘酒ブームで、近くのスーパーだったりとか製菓材料屋さんでも手に入れる事ができる食品になってきました。(そうなんだ・・・)なので、皆さん若い方でも毎日飲まれてますという女性の方もすごく増えているみたいです。
   
*まだまだ続きます

[吾郎]うん・・・まぁ美味しいし、嫌いな人いないですよね・・・思い起こせば。
[三島]そうですね、皆さん甘いのでお好きだと思うのですが、ただ甘酒の香りが少し苦手な方がいらっしゃいますので、今日は私・・あの・・稲垣編集長に是非飲んでいただきたいと思ってご用意したものがあるんですが。甘酒と豆乳、それからフルーツを合わせた甘酒のフルーツスムージーを2種類作ってまいりました。
へぇ、あ、楽しみですね。ね、以前も草鍋を・・・いいですね、スムージー・・グリーンスムージーとかね結構ね。
はい、お野菜の入ったスムージーもあるんですが、今回はちょっと彩りも良く、イチゴのスムージーと、それからマンゴーとオレンジの・・・オレンジ色の住む-自ー、お味見していただけたらと思います。
あ、じゃこのストロベリースムージーから。いただきまぁ~す。(どうぞ~)
はぁ~~   はいはいはい、甘すぎずに。
そうなんです!あの・・・お砂糖をいれてなくって、その代わりに甘酒を使っていますので、甘みがとてもさっぱりして爽やかと言うか・・・あの男性でも非常に飲みやすいお味になっていると思います。意外に甘酒もたくさん入っていて、1日にとる半分の量くらいは、甘酒がそれで取れます。
豆乳も入っているっておっしゃってましたっけ。
そうなんです!あの女性ホルモンに似た働きのイソフラボンが取れるという事で、豆乳もすごく注目されているんですけれども。
あ~ねぇ、今・・豆乳をコーヒーに入れてソイラテにしたりとか・・・
そうですね、今少し・・健康を (多いですね)気にされる方が多いですね。
お酒というか・・豆乳とストロベリーの味が強くて・・(はい)少しお酒も入っているんですよね。こちらもね。
甘酒だけになります。
はい、そしてマンゴーの方は・・・
マンゴーとオレンジで少し爽やかに仕上げています。
う~ん!こっちの方が飲みやすいかもしれませんね。
そうですね、2種類のフルーツを使っていますので・・・
よりフルーツ感が強くて、あの・・ほとんど豆乳とか甘酒のまったりした感じはあまりなくて、どっちかというとスッキリした感じで。
そうですね。毎日甘酒をとられる方はもちろんいらっしゃるんですけれども、少し飽きちゃうわ~という方はこういうアレンジをしていただいて、(そうですね)スムージーで飲んでいただくとフルーツのビタミンCと一緒に取れますので、非常にまた美容にいいという効果があります。
アルコール分はほとんど無いんですか?
はい、全く。
甘酒ってアルコール入ってないんでしたっけ(笑)。
入ってないんですよ~
そもそも甘酒って、アルコールは(笑)
そうなんですよ、米麹で作る甘酒は全くアルコールがございません。なので小さなお子様も飲んでいただきやすい食品になります。
あ・・・そっかそっかそっかそっか・・・ん~~~作り方はどうするんですか?スムージー自体の。
はい、あのマンゴーを・・・凍らせたマンゴーとかフルーツと、それから豆乳と甘酒を加えてバッとミキサーにかけるだけなので本当に手軽にできあがるという感じなんですね。
あ、じゃこれできますね、家でもね~
もう全然お家でも作っていただける一品になります。普段スムージー飲んでる方いらっしゃると思うんですけども、そこにホントに大さじ2杯ほど甘酒を加えるだけで、飲む点滴のスムージーができあがるという、非常に手軽な
なるほど、野菜のスムージーの中に甘酒を入れてもいいという・・・
それでも美味しくできあがります。
僕は甘さを入れるために少しオリゴ糖を入れるとかしてましたけど、(なるほど)でも甘酒の方が体に良さそうですね、更に。
そうなんです。あの甘酒の中にもオリゴ糖が含まれていますので、是非甘酒を入れてくださると~
はいはい、じゃ砂糖代わりに甘酒を結構使えるという・・・
そうなんです、他のビタミンも取れますし、是非使ってみてください。
ふぅぅぅ~ん、なるほど・・・さぁ、(あともうひとつ・・・)もうひとつあるんでしたっけ。
今度はお料理を作らせて頂いたんですけれども。食欲がちょっと落ちるような暑い日に是非スタミナたっぷりの豚肉の甘酒の生姜焼きを召し上がっていただきたいなと。
よく、塩麹だったらやりそうですよね。
はい、塩麹だと少し塩の辛みが強いんですけれども、甘酒ですとお砂糖を使わずに生姜焼きができるんですね。しかもですね、普通の生姜焼きはお酒とかみりんとかお砂糖とか、たくさんいろいろ調味料使うんですけど、甘酒の生姜焼きはですね、甘酒とお醤油と生姜だけなんです。(うう~~ん)それでこのお味ができます。
あ、じゃ、いただきます。砂糖を使わなくっていいんだったらねぇ。だいぶ違いますね。(もぐもぐ)・・・あ、ちゃんと生姜焼きですね。
あ、良かったです。あの~塩麹の効果と同じなんですけど、甘酒にも麹効果がありまして、(うん!)お肉がふっくらするという効果と(もぐもぐ)やはり健康のたくさんビタミンアミノ酸がとれるというところが凄いヘルシーな生姜焼きになっていると思います。
そうですね、さっぱりしてますね比較的。
そうなんです、やはりお砂糖を使わなくて甘酒の甘みだけで味付けしてますので、すっきりした味の生姜焼きになっていると思います。
そうですね、何かちょっと生姜が引き立つかな。こっちの方が。
ほんとですか。ありがとうございます。
砂糖が少ないと・・・
そうですね、甘酒と豚肉の組みあわせが非常に疲労の回復にいいという風に言われていますので、(は~い)是非、夏に暑い日に摂っていただきたいなと思います。
これ、じゃぁ甘酒は自分で作れるって事なんですか?どっちがお薦めですか?買うのと・・・
あの・・手軽に手に入れたい方はスーパーで手軽に買っていただいてもいいんですけれども、ホントですとご自分のご自宅で作って生の甘酒を飲んだりお料理に使ったりしていただくのが一番いいかなと思います。
はい・・・そうですね。
とても簡単なので是非チャレンジしていただけたらと思います。
ね、これ生姜焼き以外にもどんどんどんどんお料理のバリエーションが増やせそうですね。
そうですね、お砂糖の代わりとして使えますので、非常に使いやすい食品だと思います。(ふぅぅぅ~ん)はい、あのこちらのホームページにレシピなども載せさせていただきますので(あ~そうですか!)チェックしていただけると嬉しいです。
分かりました、ありがとうございました。
どうもありがとうございました。
失礼いたします。
失礼いたします。
はい、今日はですねフードコーディネーター料理研究家の三島葉子さんにお話を伺いました。ありがとうございました。以上、ゴローズサーチでした。

pen甘酒をちょっと検索してみると・・・絶対に試したくなるようなキーワードがいっぱい!これはもう、試すしかない!
アルコール含まないんですね。アルコールあると思ってましたし・・・甘酒について何も知りませんでした。「甘い」という言葉が付いているだけで敬遠していたみたいです。
吾郎のラジオでの食レポも、とても分かりやすくて良い!
お料理にも使ってみたいし、ゴローズサーチって興味が広がってすごく楽しい。

*三島葉子さんがご自身のブログ「フードコーディネーター三島葉子のたべごと・ひとりごと」で収録の様子を書いてくださっています。
6/14「編集長 稲垣吾郎」共演レポート&レシピ

【Goro's Break Time】
広島県ゆきぴょんさんからのリクエストメールです。
loveletter
6月は雨の季節です。そこでSMAPの「そっときゅっと」をリクエストします。ミディアムテンポの曲にもかかわらずガンガンに踊る振り付けも大好きです。
踊りは確かに凄いですよね、この曲ね。何か・・・クセのある独特なダンスなので僕なんかてんてこ舞いでしたけどね。
へぇ~~僕もでもこの曲大好きですよ。
はい、SMAPで「そっときゅっと」

musicそっときゅっと/SMAP

【Goro's Essay】
千葉県にお住まいの30才ちょびはげ男子さん。
loveletter
昔、森くんが出演していたラジオを聞き直していたら、当時森くんが舞台をやるという事でメンバーからのお祝いメッセージが紹介されていました。そこで吾郎さんもお祝いメッセージを紹介していたのですが、「ええ~何喋るの?森くんへ?まぁあの~体に気をつけて。いつになるか分かりませんけど見に行くからよろしく」とだけ。それに対して森くんは「これだけ?何でこんなに短いの?他のメンバーのコメントは10分以上あったのに。吾郎のコメントはたったの29秒(スタッフさん笑い)・・・20・・ふざけんなよ、吾郎」と話していました。吾郎さんは当時の事憶えてますか?
舞台に出る時のコメントで・・逆に10分以上って長くない?ええ~~何なんでしょうね。しかも29秒ってすごい・・ちゃんと測ったんでしょうかね。
へぇぇぇ~まぁ、こんな関係性だったんじゃないでしょうか(笑)。どうなんでしょう。
まぁ、あっさりした関係・・同い年だったのでね、何か・・もしかしたら一番気を遣わなくてすむ関係性だったのかもしれないですね。年上でもないし年下でもないし・・だから僕はすごくある意味・・甘えていたというか・・・まぁこんなに真面目に分析・・当時の事分析しなくてもいいと思うんですけどね。うん、まぁ同じ年としての何か・・甘えなのかな。お友達みたいに思っていたから(笑)身近だったのかな(笑)。
ちょっと言い訳になってないかもしれないですけど。
はい・・・当時の事は全く(笑)・・憶えてませんでしたけれども。
はい、ちょっと懐かしい・・ほっこりした気持ちにさせてくれてありがとうございました。
以上、ゴローズエッセイでした。

pen森くんの懐かしい思い出・・・こういう話題を普通に話す吾郎、大好き。
吾郎はいつも自分が甘えてたとかそういう言い方をするのですが、そういう謙遜な態度を全部丸ごとそのまま鵜呑みにする事はないのではないかな~って時々思います。
そこがまた吾郎の芸能人らしくない、いい所なんだと思いますが・・・
少なくともファンはもっと吾郎の良いところを褒めていきたい、これからは特に。
今回の「甘えてる」というのは、若い頃の森くんとの何か微笑ましい思い出だから良いんですけど、ちょっと思ったので。

【GORO's Music Library】
ミュージックライブラリーに届いたメールをご紹介いたします。兵庫県の胡蝶蘭子さんからのお便りです。
loveletter
ドラマ「ブスの瞳に恋してる」の主題歌、倖田來未さんの「恋のつぼみ」をリクエストさせてください。吾郎さん演じる放送作家さんおさむさんがとても素敵で、この頃から私は吾郎さんに一目惚れした思い出の作品です。実話を元にしたフィクション、ドラマ化されたのを中学生の頃、毎週楽しみに観ていたのを思い出します。森三中の村上さんがフィアンセのみゆきさん、モデルのエビちゃん、キレイで可愛くてあこがれの存在でした。こんな吾郎さんのラブストーリーがまた見たいです。よろしくお願いします。
ありがとうございます。
あの~ねぇ、懐かしいです。あの10年・・・ちょうど10年くらい経つんじゃないかな、10年以上になるのかなぁ、ねぇ、懐かしいです・・
まぁ、あのラブコメディは・・・やりたいですね。ま、「不機嫌な果実」もある意味ラブコメディみたいな(笑)もんなんですけど。うん、何かまたそういった機会があればまたやらせていただきたいと思いますし、ね、あの・・コメディも大好きなんで、うん・・・いいですね。
それでは皆さん、聞いてください。倖田來未さんで「恋のつぼみ」。

music恋のつぼみ/倖田來未

ねぇ、これ何か打ち上げで最後、倖田來未さんが実際に出てきてこの歌を歌って下さった記憶が・・・すごく思い出しますけど。
あの~全ての女性に元気と勇気を与えてくれるような、そんなドラマで・・・楽しかったですねぇ。でもあれですよね、鈴木おさむさん、結構これ後編とか書き続けてるよね。何かまた書いて欲しいですよね。「ブスの瞳」シリーズね。
その時は是非また僕におさむを演じさせてもたいたいなと思ってますけれども。

pen「ブスの瞳に恋してる」については、吾郎のビジュアルが最高にキュートだったんですけど、何か内容がグダグダだったりいろいろ残念なドラマでした。
でもキレイで可愛かったheart
美しい人こそ、時々ラブコメをやって欲しい。是非是非次の作品を待っています。
こっそり、日本のヒュー・グラント様と思ってますので~

皆さんからのメッセージをお待ちしております。
季節感のある話やちょっと僕に聞いてみたい事がある方は、
Goro'sColumnに。
特集コーナーに取り上げて欲しい事があれば、
Goro'sSearch
リクエストは、
Goro'sBreakTimeへ。
お仕事やプライベートな話題は
Goro'sEssayに。
メールのアドレスは、
goro@joqr.net 葉書の方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。
それでは、また来週!バイバ~イ♪

clip編集後記、メールの宛先などは、こちらから⇛編集長 稲垣吾郎

|

« ゴロウ・デラックス 6月8日(#252) | トップページ | ゴロウ・デラックス 6月15日(#253) »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

GORO'S Search は毎回いい所をついてきますね。甘酒いいですよねぇ~~。冬は温めて、夏は冷やして、我が家の常備薬のような存在です。ほのかな甘さも好きです。今回は色々な利用法を伝授してくださり、おまけにレシピまでと至れり尽くせりでしたね。食レポは上手いし、飲んだり、食べていても品良く、綺麗に食しているのが分かるのも吾郎さんならではですね。三島さんとのやり取りも分かりやすく良かったです。

森くんとのエピソードも懐かしそうに話す吾郎さん!舞台のお祝いメッセージで10分は長いでしょ(笑)吾郎さんはどんなコメントでも本筋を外さず、端的に瞬時にまとめて相手に伝える能力に長けていますね。若い時からそうで、持ち前の頭の良さと読書等で培われた豊富な語彙力と知識の賜物だろうと何時も感心しています。本当に何時も謙遜し過ぎですよね。相手を立てて時々自分を卑下するような事がありますが、ファンなら特に吾郎さんの真の姿を知っているはず!サイトーさんのおっしゃるように、マスコミの餌食になるようなマイナスイメージのコメントは控えていただきたいと思います。

今週も終始爽やかで十二分に楽しめる内容でした。時折聞こえるスタッフの笑い声も温かさが感じられ、紙を捲る音さえも癒しの効果音に聞こえました。

激動の中にいることなど微塵も感じさせない明るい声と話題!せめて応援メッセージでファンの気持ちを伝えたいと日夜頑張る毎日です。

投稿: あや | 2017年6月16日 (金) 20時26分

bottleあやさま
コメントありがとうございます。
あやさんのお宅では甘酒は常備品なんですね。
久しぶりに買ってきて冷やして飲んでみたら、ほんのり甘くて疲労回復にも良さそうだと思いました。
お料理に使えるのも良いですね。
本当に毎回、いいところをついてくるゴローズサーチ、話題の振り幅が大きくて楽しいです。
電話だけで楽しく有意義な話が発展していくのって凄いです。
森くんとのエピソードも良かったですね。
森くんと吾郎が二人でいると、SMAPとはまた違うまったりしたキラキラした雰囲気になっていたように思います。
二人のグラビアなんて、本当に脚が長いお人形みたいな二人でした。
懐かしいですね。
今週はスタッフさんの笑い声がいつもより多かったように思いました。
いろいろな噂が飛び交う今、振り回されずにとにかく応援をしていこうと改めて思いました。

投稿: サイトー | 2017年6月16日 (金) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴロウ・デラックス 6月8日(#252) | トップページ | ゴロウ・デラックス 6月15日(#253) »