« 編集長 稲垣吾郎 5月31日 | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 6月7日 »

2017年6月 5日 (月)

ゴロウ・デラックス 5月31日(#251)

今週のゲストは教育学者・明治大学教授齋藤孝さん。
2002年「声に出して読みたい日本語」は260万部を超える大ヒット。
   *文庫本はこちら:「文庫 声に出して読みたい日本語 1 (草思社文庫)
日本語ブームの火付け役になり日本語にまつわる本を数多く出版。
吾郎も外山さんも当時読んでいたそうです。
「声を出して読んでいた。ほんと気持ちよかったんですよ~」
人の前で話すという仕事上、本紹介の番組をしていなくてもちゃんと読んでいたんですね。元々、本に対する敬意がある二人だからこそ、このような番組に育ったのだと改めて思いました。

永六輔さんが「声に出して読みたい日本語」を大絶賛、ラジオにゲストで出演された事があるそうで、齋藤さんとは外山さんは2回目。吾郎は初めて。
「言葉のチョイス、緊張しちゃいますね。」と言う吾郎に対して、
「生徒に対しては常にポジティブ。困った時にはファンタスティック!」だそうです。

book今週の課題図書:漱石を電子辞書で読む Photo
何となく知っていると見逃してしまう単語を電子辞書で調べる事によって語彙力を上げる~という新しい齋藤メソッド。
6冊以上、漱石にまつわる本を出しているというほどの漱石ファンの齊藤先生、
今夜は、晩年没後100年生誕150年という記念すべき年に、漱石の本にしばしば登場する面白い単語を電子辞書で調べて楽しく語彙力をアップする方法を教えてくださいます。

現代の日本語を作ったのは漱石。漱石が使った日本語がスタンダードになっていった。

pencil特別授業:漱石を電子辞書で読む
先生がいつも使っている電子辞書EX-wordを使う。
教壇に立つ齋藤先生の前に机を並べる二人、楽しい授業が始まりました。

*電子辞書・・・多数の日本語の辞書を搭載、言葉に広がりが出る。

「坊っちゃん」
・坊っちゃんが同僚の教師にあだ名を付ける場面を朗読。
まず「うらなり」「唐茄子」を辞書でひいてみる。
外山さんの方がちょっと辞書をひくのが早かったと先生に言われ、ここから吾郎の追い上げが始まる。次に先生が尋ねそうな語を先に検索して早く答えようとする吾郎・・・教室にこういう子、いましたよね(笑)。
・冒頭の部分を朗読。
「無鉄砲」の意味を調べる。冒頭に出てきた「無鉄砲」という一言が「坊っちゃん」全体を貫いているところが漱石のすごいところだそうです。

*電子辞書・・・ジャンプ機能を駆使する事で新しい単語を覚えられる。

「こころ」
・吾郎が先生と主人公「私」の重要なやり取りを朗読。
読み終えて齋藤先生
「いいですね。朗読CDとして売りたいですね。気品がありますね、吾郎さんの声にはね。」
この部分のキーワードとなる「真面目」という言葉を調べてみる。
現代よりも漱石の時代は「真面目」という言葉の意味が重かった。
「こころ」を読み解く3つのキーワードは「真面目」「血潮」「襖」

「こころ」は随分前から是非吾郎に演じてもらいたい作品の一つでした。
若い頃は主人公「私」、そして今は「先生」。
この世界に吾郎は何の違和感もなく存在します。
今日の朗読を聞いたら、その思いがますます強くなりました。
やっぱり映画がいいなぁ。規模は大きくなくて良いので思いっきり文学臭の強いヤツで。

*電子辞書・・・ひけばひくほど楽しくなる。

「坊ちゃん」と「心」を読んでいくのに大切なキーワードを含む箇所を朗読、電子辞書をひきながら読み進めていく楽しさを教わる~という興味深い回でした。
同じ日本語でも時代が変わるにつれてその意味合いも少しずつ変化、そのような事を踏まえると小説の中の言葉が当時の背景を想像しながらますます生き生きと意味を持つように感じました。
本をただ紹介したり作家さんにお決まりのようなインタビューをするよりも、このような形式で紹介されると、とても興味が湧きます。
ゴロウ・デラックスは「作家さんを招き著書を紹介する」という基本を崩さず、ロケをしたりMCが授業や実践に参加したり面白いボードを作ったり・・・とスタッフさんのいろいろな企画・アイディアが番組をますます面白く興味深いものにしていると思います。

今週の吾郎、眼鏡のフレームが銀色の極細なので顔の邪魔をしないせいか、いつもより更に美しかったです。そしてベージュのスーツの似合う事!
こんなに優雅にスーツを着こなす人、滅多にいません。
文豪役はもちろんですが、大学教授役なども見たくなりました。

clipゴロウ・デラックスへの   
ご意見・ご感想そして次週予告はこちら
番組存続へのお願いは
〒107-8066 東京都港区赤坂5-3-6   TBS『制作・編成』御中

tv民放公式テレビポータル TVer
お問合せ項目に「リクエスト」があるので、こちらから「ゴロウ・デラックス」のリクエストもお願いします⇛
民放公式テレビポータル TVerお問合せ
TBS FREE by TBSオンデマンド (下のお問合せから)

search今週のBook Bang テレビ・ラジオで取り上げられた本
「うらなり」の意味がわかりますか?
齋藤孝が教える電子辞書の使い方に稲垣吾郎も納得

chair三省堂書店池袋本店にゴロウ・デラックスのコーナーがあると教えていただき連れていってもらいました。S_2
入って左側レジの手前の棚にゴロウ・デラックスのコーナーです!
入り口とレジの間ですし人の目にも付きやすく、いろいろなジャンルの本を紹介するゴロウ・デラックスですので、このようになっているととても買いやすいですね。

こまめに入れ替わりがあるそうで、関連図書が一緒に並んでいたり次週のゴロウ・デラックスの課題図書も並んでいて予習もできます!
今週は現代の日本語を作った漱石を扱った本~という事でなのでしょうか、更に下の平置きのところには日本語に関する本が並んでいました。

素晴らしいです。
近所の書店にもリクエストだしているのですが、なかなか実現されません、いっそのことポップを作って毎週並べに行きたいくらい。
私の家からだと池袋は渋谷・新宿の先になるのでちょっと遠いのですが、この素晴らしいセッティング・品揃えにたまには少し足を伸ばして池袋でゴロウ・デラックスコーナーをニヤニヤと眺めて、課題図書を購入しようかと思うくらいに嬉しかったです。

|

« 編集長 稲垣吾郎 5月31日 | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 6月7日 »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 編集長 稲垣吾郎 5月31日 | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 6月7日 »