« ゴロウ・デラックス 6月15日(#253) | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 6月21日 »

2017年6月19日 (月)

新しいスタートを~ 6月19日

今日、ジャニーズ事務所が稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾との専属マネジメント契約を9月8日で終了すると発表しました。
     
*ジャニー喜多川社長からのコメント・・・毎日新聞

昨年8月の「解散発表」そして年内をもって解散。
その後、どうなるのか・・・何か気になる一言を拾っていろいろ邪推して心配したり希望的になったりの半年間でしたがようやく答が出ました。
昨年中は、28年グループで活躍してからの急な展開でしたので、まずはグループの活動をどうするか・・・25周年を楽しみにしているたくさんのファンの事を考えないはずはありません。彼らの苦悩はどれだけだったかと思います。自分の事だけではない、ファンの想いも背負っている、事務所の後輩達を率いる立場もある。
そんな中、グループのあり方に結論を出して、その後の個人の活動についても決定を下す。どれだけ大変な決断だったでしょうか。

40代前半という年齢で、新たなスタートを切る5人のメンバー。
芸能生活30年弱、今までのアイドルとは違う生き方を開拓していった5人は男5人組のグループができる可能性を片っ端から実現していったのではないでしょうか。
40代にして改めてスタートし直して、それぞれの違う道を歩んでみる・・・素晴らしい事だと思います。

吾郎は「家庭画報」のインタビューで「大好きな舞台はもちろん、映画やドラマ、雑誌などに出る機会を増やしていきたい」と言っていました。
こんな楽しみな事はありません。

吾郎は辛いとか苦労しているとかを言ったり匂わせたりしません、「今、幸せかと聞かれたら、意地でも幸せと言いたい」というくらい、ちょっと頑固で一筋です。
だからファンとして、これからの吾郎をひたすら楽しみにしていようと思います。

たくさんお世話になった事務所ですが、このまま事務所に留まるか独立するかの選択は、どれだけたくさんのレギュラーを持っているとかCMを持っているからという問題とも少し違うと私は思います。
みんなそれぞれの仕事が大切ですし苦楽を共にしたスタッフは大切です。
今後のそれぞれの仕事のやり方に合ったところで仕事をすればいい、どういう理由で残留だの誰の面倒を見るだの、憶測に伴うような事をファンが言う事ではないと思う。
今回の騒動でも分かったようにこの訳の分からない芸能界という所で、みんなしっかり地に足を付けて人何十倍も立派に仕事をしてきた人達です。
一人ずつ歩き始めた5人ですので、それぞれを精一杯応援していけばいいことだと思います。

独立と聞いて、まずは写真や映像の解禁!と思いました。
一人だけ顔写真がない、貴重な舞台の映像に主演なのに映っていない・・・などのストレスから解放されるんですね。
共演者のInstagramなどに写真が載っちゃったりするんでしょうか。
妄想は尽きません。

とりあえず、できる限り今のレギュラーは終わらせずに続けて欲しいので、メールやハガキなどの応援は今までより一層しっかりとしていかなければ。

ゴロウ・デラックス
〒107-8066
 東京都港区赤坂5-3-6   TBS『制作・編成』御中
https://cgi.tbs.co.jp/ppshw/goro-dx/2442/enquete.do

編集長 稲垣吾郎 
〒 105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」
goro@joqr.net 
〒205-8002 (港区浜松町1031)文化放送 放送事業部御中

ananシネマナビ
〒 104-8003 東京都中央区銀座3-13-10 株式会社マガジンハウスanan編集部稲垣吾郎シネマナビ

|

« ゴロウ・デラックス 6月15日(#253) | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 6月21日 »

Goro」カテゴリの記事

SMAP」カテゴリの記事

コメント

長い長い年月ファンとして過ごしてきた中で、いま、一番清とした気分でいます。
若いうちの苦労は買ってでもしろといいますが、40歳を過ぎて、自分のやりたいことがクリアになったときに、いろんな言い訳が成り立つ状況には目をくれず自らの道を選んでくれたこと、ファンとしてとてもうれしく、また、この発表の前に、家庭画報で自らが進みたい道を明らかにしてくれたことで、迷ったらこの記事を読み返したいなと思いました。
SMAPの一員として、素晴らしいことも、理不尽なこともいっぱい経験してきた吾郎さんが選択した道なら、それは吾郎さんにとって本当に正しいのだと思います。周りをあれだけ気遣うことのできる吾郎さんなら、いまいい加減に報道されているような作家(笑)などは論外として、少しずつ身辺整理をし、スタッフの方々とも意見を共有し今があると思います。あとは、そこら辺の信頼関係がわからない第三者に壊されないよう、ファンとしてより一層声を上げていくいい機会かなと。吾郎さんをどれだけ大事に思っているか、示す時期なのかなと思っています。
ファンのこれからの進むべき道は、これまではこれまでとして、今の現実を受け入れ、ファンとしても個として立つ時期に来ているのかもしれませんね。だれのためとか、彼のためとか、あくまでも勝手なマスメディアや誰ともわからない記者の推測の域を出ず、それを根拠として右往左往するのでは前と同じ。過去どの報道機関が、だれがどういういい加減な発言をし、どのような誘導の仕方だったか、もう十分わかるような経験をしたはずです。
個人としては冷静に過去を分析し、今は吾郎さんの言葉と姿を見て、清として良かれと思う応援の仕方を未来に向けて行っていきたいと思います。

投稿: おとと | 2017年6月20日 (火) 05時52分

退社、発表になりましたね。私個人としては吾郎さんの決断に良かった!と思いました(お叱りを受けるかもしれませんが)事務所には恩義があるでしょうが、その恩義に十分に尽くしてきたと思いますよ。自分達が身を挺して様々な分野を開拓し、後輩が同じ道を進むのに道を切り開いたのも彼等です。退社する人、残る人、各々の立場で考えて下した決断です。尊重したいですよね。個性が強い人達です。本当に誰が守るなどという事等無く、一人一人が新たに独自の道を切り開いていくものと信じています。

待ち受けているものは、茨の道のりになるかも知れませんが、アイドルとして40代までトップを維持し、解散後自分の好きな道を歩むことが出来たなら、後輩にとっても人生の指針となり目標にもなりますよね。きっと多くの人達が3人の動向を期待を込めて見守っていると思います。

吾郎さんには今まで出来なかった様々な事に新たに挑戦していって欲しいですね。中間管理職、本当にご苦労様でした。今後は作られたキャラや立ち位置を取っ払い、本来の吾郎さんの持ち味を全面に出していってくれることを願っています。

吾郎さんの活躍を期待するのなら、ファンが声を挙げていかなければなりませんね。これからはファンの行動力に全てがかかっていると言っても過言では無い気がします。諦めずに継続して応援すること!ですねっ。

投稿: あや | 2017年6月20日 (火) 06時11分

ニュースを見て、そうきたか、という感じです。ラジオでは舞台をやっていきたい、ということをよく言っていたので、そういう事務所が見つかったのかなとも考えました。そう考えたら、それはよかったのかな、とも思ったりしました。
スポーツの新聞をまだスクラップしてなかったので、CLIP SMAPを見ながら、解散発表から脱退までの記事をスクラップしていました。活き活きと歌ったり、コントをしたりしている吾郎さんを観て懐かしかったです。その笑顔が去年、一瞬にして奪われてしまうことなんて思いました。
新聞、雑誌で小説家だの、海外移住だと書かれてあるのをテレビで知りました。ゴロウデラックス=作家との対談⇒小説家、ワイン大好き⇒海外移住。目に見えるものだけで想像して記事にしないでほしかったです。吾郎さんの、舞台を中心としたお芝居をやりたい等という文字や声まで知った上で書いてほしかったです。少なくとも、私は今まで、ラジオで吾郎さんが舞台の話となったら、ワントーン声があがるのを聴いて、「あぁ、舞台が好きなんだな。」とか、ワインやクラシックが好きだから旅行したいんだな、ゴロウデラックスがあるから本が好きなんだ等と感じています。移住や小説家なんて話を聴いたことありません。芸能界に入ってからずっと、雑誌やテレビなどで「お芝居を続けていきたい」と話している吾郎さん。
退職されたマネージャーさんがメンバーの実力にあった仕事を提供していたと言われています。その方が、これまでと同様に吾郎さんをはじめ、剛君や慎吾君に自分らしくいられる場所を作ってあげてほしいと思っています。そして、新しい世界で演じる吾郎さんの舞台やドラマ等をたくさん見たいです。
吾郎さんのレギュラー番組だけはなくなってほしくないです。番組名を変えてもいいので、吾郎ワールドを目を見て感じさせてほしいです。
私ができることは、今の事務所にいる間に吾郎さんがメディアから消えないように、レギュラー番組を応援すること、ラジオで募集項目ができたら、たくさんメールすることです。そして舞台に関しては「チケットぴあ」や「ローチケ」でこまめに吾郎さんを検索することです。実は、「独立」をきいて一番に思ったことがこれですw。
いろいろあってラジオから離れていましたが、吾郎さんの独立のニュースをきいて、寂しいと思い、私は吾郎さんが大好きなんだな、と思いました。そんなことを思いながら、♪to be continued♪を聴きながら返信させていただきました。

投稿: ルー | 2017年6月20日 (火) 13時25分

サイトーさま、こんにちは
やっと発表になりましたね。
清々しい気持ちです。
吾郎ファンは総じて落ち着いた反応ですね。未来図も見えますしね。

吾郎さんは合理的で客観的な視点を持ったクレバーな人だから、昔ながらの家族経営会社より、上場会社とか、外資系とかのドライなビジネス系会社が合っていると思います。感情より理性で動くマネージメントに期待!!

今後も活動をアシストできるよう、各所への要望、提案に勤しみます。

ananで宇田丸さん対談、嬉しいです。ゴロデラにはリクエストを出しました。自分の要望が通っているかどうかはわかりませんが、これからのリクエストの励みにはなります!!ますます要望に勤しまなければ!

投稿: yurara | 2017年6月20日 (火) 19時18分

コメントありがとうございます。
皆さまのコメントが素晴らしくて~~
私が言いたくても文章にできなかった事を書いてくださっています。
ありがとうございます。
でも一言ずつでもお礼のコメントを。

bellおととさま
コメントありがとうございます。
本当に清々しい気分です。
今までに感じ取れた吾郎さんの性格からも、いろいろな発言からも、そして家庭画報のインタビューを読んでも、きっと独立するのだろう独自の道を歩むのだろうと思っていましたが、実現できて良かった。
もちろん、SMAPにはたくさんの萌えや笑いや幸せ・感動を貰いました。
でも40才を超えた今、ちょうど良い機会だったんだと思いました。
きっと今後も改めてくどくどと語る事もなく、仕事を通じて考えをファンに伝えてくれるのかなと思っています。
進む道は大変でも、これからが楽しみです。

bellあやさま
コメントありがとうございます。
いえいえ、私も「良かった!」と思いました。
前代未聞のアイドルの道を切り開いてきた彼らなら、解散した後の生き方もそれぞれが示してくれるはずですね。
それぞれの進み方が楽しみでもあります。
>今後は作られたキャラや立ち位置を取っ払い、本来の吾郎さんの持ち味を全面に出していってくれることを願っています。
・・・まさに、これですね!
どんな吾郎さんが見られるのか、今から楽しみです。

bellルーさま
コメントありがとうございます。
そういえば、私も雑誌の一部がまだそのままに・・・
スポーツ紙・ネット記事、WSなどは本当にいい加減ですね。
吾郎さんが、どんなに舞台を愛しているか~
何も知らないんですものね。
大好きな舞台がまたできますように、好きな映画にも出られますように。
ドラマも観たいですし、できればエッセイなども書いてもらいたい。
いろいろな事に挑戦していただきたいです。
そして、今のレギュラー番組は大切にしたいですね。
私もハガキやメールがんばります。

bellyuraraさま
コメントありがとうございます。
きっぱりとした決断が嬉しかったです。
ジャニーズ事務所退所の年齢は吾郎が最高齢というのにも笑いましたが~
吾郎さんはクレバーで合理的~~~まさにそうですね!
今まで学んだ事を無駄にはしない人ですから、その決断とこれからの道の選択には間違いないですよね、きっと。
楽しみです。

来週のanan、待ち遠しいです。

投稿: サイトー | 2017年6月20日 (火) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴロウ・デラックス 6月15日(#253) | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 6月21日 »