« 編集長 稲垣吾郎 6月28日 | トップページ | TBSラジオ「ウィークエンドシャッフル」より~ »

2017年7月 1日 (土)

ゴロウ・デラックス 6月29日(#255)

book先週に引き続き、ムロ本、

*交友関係
芸能界にもたくさんお友達のいるムロさんの交友関係を紹介。
まだ今はつい(お仕事的に)熱くなってしまうが、理想のお酒の飲み方としては後輩達とも大勢でわいわいと楽しくお酒を飲みたい。

2~3人とかで飲む方が好きな吾郎に対して、誰とでも仲良くなりたいムロさん。
人を知りたいので、好きだと思われてなくても誘い続け、相手が断るのが面倒になって「嫌う事を諦める瞬間」が好きだそう。
本人は謙遜してそうおっしゃるけれど、楽しくお酒を飲みながらのお話好き、お友達の多いのはムロさんのお人柄からなのでしょう。

*短編のシナリオに挑戦
役者であるムロさんが台本を書く理由
8年前に連載を始めた時、台本のありがたみや読み方を知るために何をしたらいいだろうと考え1話完結の台本を書いた。全22本。

chair特別朗読公演1
ムロさんが最も思い入れが深い1回目の台本「黒船」。
兄を吾郎、弟をムロさん、そしてナレーションとト書きの部分を外山さんが朗読。
4分半ほどの作品でしたが、まずはナレーションの外山さんがさすがアナウンサーで安定の素晴らしさ。
そして二人の俳優さんは、しっかりと兄と弟、それも久しぶりに会って最初はちょっとぎこちない感じから、最後はト書きの通りに2人が部屋を出て廊下を歩いて行く後ろ姿も見えたような気がしました。
朗読劇、素晴らしかったです。

2

[ムロツヨシX稲垣吾郎
業界関係者も必見です!]

のテロップに、番組スタッフの愛heartを感じました。

ムロ:「最初緊張したんだけど、何か嬉しくなっちゃった。(台本を)書いた時の事を急に思い出して『これ、あの稲垣吾郎(あえて呼び捨て)と朗読するんだぜ、しかもテレビの前でやるんだぜ』、最初のト書きを外山さんが読んでくれた時『プロが読んでる!』と嬉しくなっちゃって。この8年前の稚拙な文章達をプロが!これ、すげぇぞ!と過去の自分に話しかけていた」
吾郎:「それ後付けですよね(笑)」
ムロ:「後付けっぽく聞こえますね(笑)。でもちょっとはホントです」

吾郎はいつもゲストが使ったキーワードのようなものをきちんと憶えていて、後で出してきますよね。決して人を不快に弄ったり笑ったりせず、その頭の回転の良さからユーモアも交えての流れるような会話がとても楽しいです。

*ムロツヨシ・インタビュー
独身3人で結婚の話
結婚願望が無いとは言い切れないが、この歳になって失敗したくもないし~と意見が一致。「全く未知の世界である結婚を経験すると、またお芝居とかも・・・」と言う吾郎。
お芝居、好きですね。

*喜劇役者としての今後の目標
主演の代表作で、ムロツヨシの顔を見たらその作品が浮かんでくるような作品を作りたい。
「気になる喜劇役者は?」「好きな喜劇役者は?」と聞かれた時「ムロツヨシ」と答える人が一人でも多くなるように。
そのためには代表作を作らなきゃいけないし、もっとふざけなきゃいけないし、ふざけるために自分をわざと隠す場所をつくらなきゃいけない、こういうまじめに語っているところを意識つけさせようと思ったり・・・


ホントは「キュッとしたいのに」長く語りすぎて恥ずかしくなってくるムロさん(笑)。
優しく「大丈夫大丈夫」と笑う吾郎。何か本当に兄と弟みたい。

*消しゴムハンコ
普段のムロさんを知っている山田くんだからこその”メイクしてない時のムロさん”。
まだ出演が決まっていなかった頃、バッタリ会った時にゴロウ・デラックスの話になり、山田くんが「ハンコ知ってます?あれ、めんどくさいんですよ~前情報も何もなくて・・あのスタッフはちょっと頭おかしいですよ」と愚痴ったそうで、スタッフさんの大笑いの声が楽しかったです。
ムロさん、時々ゴロウ・デラックス見ていらっしゃるのね、これもまた嬉しいです。

最後に吾郎が「お芝居の方でも共演させていただきたいです」
さきほどの「結婚すれば、お芝居にも・・・」の言葉など、最近の吾郎からは特にお芝居への意欲の強さが感じられ、この時期にムロさんとたくさんお話できたのはとても良かったのではないかと思いました。
9月からの新しいスタート、良い方向に行きますように!

clipゴロウ・デラックスへの   
ご意見・ご感想そして次週予告はこちら
番組存続へのお願いは
〒107-8066 東京都港区赤坂5-3-6   TBS『制作・編成』御中

tv民放公式テレビポータル TVer
お問合せ項目に「リクエスト」があるので、こちらから「ゴロウ・デラックス」のリクエストもお願いします⇛
民放公式テレビポータル TVerお問合せ
TBS FREE by TBSオンデマンド (下のお問合せから)

|

« 編集長 稲垣吾郎 6月28日 | トップページ | TBSラジオ「ウィークエンドシャッフル」より~ »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

2週に続き見応え、聞き応え十分な内容でしたね。いつも感じる事ですが、吾郎さんは本当に聞き上手!ゲストの話にかぶせる事無く、十二分に語って貰うし、話を引き出す。それでいて内容は難くならずに面白いんですよね。それには外山さんのサポートも効いていますよね。

今週の朗読劇は見事でした。黒船という猫の死をきっかけに実家に帰った兄を迎える弟との心温まる内容をムロさんと吾郎さんが自然体で演じていて、映像が浮かび上がるような朗読に感動しました。何度か出てくる「お母さん」との関係。幼少期に母親と別れたムロさんの想いが詰まっていると想像しただけで胸に迫るものがありました。

朗読劇も上手い役者さんが取り組むといいですね!確かに「業界必見」の価値はありました。外山さんとの朗読の間の取り方も見事でしたし。

山田くんの消しゴムハンコはもっと評価されてもいいと思います。でも愚痴も明るく笑い飛ばせるスタッフ、出演者の関係性がいいですよね。

何はともあれ、本当に良いものを見せて貰ったというのが全てですが、こういう企画もゲストが役者でMCも役者(双方、舞台経験豊富)というなかなか無い組み合わせだったから実現できたのでしょうね。

ムロさんとの舞台共演が実をを結ぶといいですね。9月以降の吾郎さんの幅広い活躍に期待しています。

投稿: あや | 2017年7月 4日 (火) 10時00分

appleあやさま
コメントありがとうございます。
あやさんがおっしゃる通り、本当に吾郎さんは聞き上手、話させ上手ですね。たまにTVを観ていてゲストの方の話が中断されると、いたたまれない位申し訳なくなることがあるのですが、吾郎さんのMCでそういう事は絶対にないです。
吾郎さんと外山さんのコンビ、最高ですね。
どちらかが出る時は片方が引く・・・それが自然にできていて、とても心地が良いです。だからゲストの方も楽しくお話できるのですね。
朗読劇、素晴らしかったです!
白いバックなのに、情景が鮮やかに浮かんできて・・・
「業界必見」は本当に嬉しかったです。
ゴロウ・デラックスのスタッフさんの細やかな心遣いとか遊び心とか素晴らしいですね。
ムロさんとのバラエティ以外での共演、楽しみにしています。
そして、9月以降の吾郎さんの活躍もheart

投稿: サイトー | 2017年7月 4日 (火) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 編集長 稲垣吾郎 6月28日 | トップページ | TBSラジオ「ウィークエンドシャッフル」より~ »