« 5月6月ノート | トップページ | ゴロウ・デラックス 7月27日(#259) »

2017年7月27日 (木)

編集長 稲垣吾郎 7月26日

7月26日号【目次】
clip今週
【GORO's Search】編集長もびっくり!リスナーさんのいろいろな○○女子
*
季節のお便り・・・梅酒
*anan宇多丸さんとの映画対談について

*
Cheap Thrills/Sia
*Relax/SMAP
*Love Somebody/織田裕二・・・ドラマ「踊る大捜査線」の思い出

稲垣吾郎です。
僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、
今週はどんなネタがが届いているんでしょうか。
それでは編集会議を始めましょう!

【GORO's Column】 
さぁ、コラムメールをご紹介いたします。富山県にお住まいのグッピーさんです。
loveletter
家の小さな梅の木になっていた梅を使って、今年は初めて梅酒を作ってみました。個人的には甘くないお酒の方が好きで、梅酒は甘くてほとんど飲まなかったのですが、たまたま見た雑誌に梅酒が疲労回復やアロマテラピー効果などがあると書いてあったので、おお!そんな効果が!と感動して作ってみることにしました。1年後が飲み頃らしいので、今からが楽しみです。
う~ん・・・梅酒ねぇ。よく昔、おばあちゃんちとか行くと作ってましたけどね。最近でももちろん作ってるご家庭も多いでしょうし、梅酒作るキットとかも普通にスーパーとかで売ってますものね。身体にいいし非常にいいんじゃないのかなと思うんですけどね。僕はあんまり飲まないですね。梅酒サワーとかですね、梅酒でちょっと何か割ったりとか、そのまんまでも飲めますけど、飲むと美味しいと思うんですけどね。
いろいろありますよね、梅酒だけでも最近のお店って何かもう種類が、居酒屋さんとかでも10種類・20種類くらいある店もありますよね。黒糖梅酒とかあらごし梅酒とかね、女性の方とか、う~ん、僕の周りでは、しのぶくんとか好きですよね。お酒飲まないので。第2のヒロくんである・・・ふっ(笑)。結構梅酒飲むんですけどね、彼は。はぁい、懐かしい名前が出てきましたけれども。
そうですね、あと・・・梅酒ではないけれども、何か僕は・・・それこそ第1のヒロくんだ、ヒロくんに昔、あの番組で長野県に男の二人旅で行ったじゃないですか。ISOROという番組で。
あの時、農家のお宅にお邪魔したんですね、箕輪さんという。僕、高麗人参のお酒をいただいて、たまに・・ちょっと風邪引いた時とか飲んでますけどね。結構グロテスクですよ、何かデカい試験管みたいなの・・透明なガラスの瓶にぶっとい高麗人参が入っていて、見た目かなりグロテスクなんですけど、う~ん・・・まぁ、お酒も付き合い方なので、いい付き合い方する分には、夏バテに対しても夏バテ解消にもなると思いますし、リラックスもできますし、いいんじゃないでしょうか。以上、ゴローズコラムでした。


musicCheap Thrills/Sia

【GORO's Search】
さぁ、今週のゴローズサーチはですね、何々女子を特集します。前回はですね、自衛隊女子や馬女、そして地理女などを取り上げましたが、ねぇ、その後地理女は更にリサーチをしたりもしたんですけど、今回はどんな何々女子が届いているんでしょうか。紹介していきましょう。
まずは東京都東村山市のなほさんです。
loveletter
私は重機女子です。ブルドーザーや油圧ショベルの営業をしてるのですが、資格を持ってるので操作ももちろんできます。ツナギを着て油まみれになる事もあります。年に3回、中古の重機のオークションをやっているんですが、アジアを中心に海外からもバイヤーさんが来て、4日間のオークションで千台以上が競りに掛けられ落札していく・・壮観です。
でしょうね。すっっごいですね、千台?以上売れていくんですね、4日間で。
でもこれ女子でさぁ、重機女子でブルドーザーとかの営業されてて、何でこの運転・・・操作もしないといけないんでしょうねぇ。やっぱ、動かしてあげなきゃ分かんないのかなぁ。
これ、凄いと思う。ブルドーザーとか運転する人。何かさぁ、山とか・・土をこんもり盛ってるじゃないですか、そこの上にブルドーザー乗って作業しません?30mくらいあるようなさ、ちょっとこう・・古墳のような土手のようなさ、土で固めた山を作ってそこの上にブルドーザーいるじゃん。あれ、どうやって登ってきたの?そこに。どうやって降りるの?思わない?いつも。
ゴルフとか行くと地方に結構あるじゃないですか(笑)。地方の国道沿いとかさ、そういう光景見るんだけど。だって、こんな山にブルドーザーちょこんと乗かってる姿、あれ凄いな~って見てるんですけどね。バランス崩したら落っこっちゃいますよね。
いやぁぁ・・・ちょっとでもこれね、気をつけてくださいね、熱中症とか。

続いて岡山県にお住まいのネコネコさん。
loveletter
私は高校野球が好きな甲子園女子です。春の選抜、夏の選手権大会、どちらも好きで、大会期間中は仕事もお休みしてずっと試合を見ていたいくらいなんです。1球にかける高校球児の姿からはホントに元気を貰えてますし感動します。野球の知識ゼロでしたが、今では投手が投げた球種も分かるようになりました。
すごいですね。こんだけ嵌まる事があって羨ましい。何となく甲子園の高校野球見てる時ってあるじゃないですか。お昼くらいとか。結構嵌まりますよね。どんどん引き込まれていくんですよ、その・・ね、ドラマに。気持ち分からなくはないですね。
へぇ~~・・・僕は昔堀越学園だったので、高校の時、堀越ってね野球もまぁまぁ強いじゃないですか。府中か調布の野球場に・・甲子園出る前ですけど、高校野球見に行きましたけどね。応援しに。甲子園はないなぁ。
これ、球種も分かるって凄いですね。ショートとかカーブとか以外にもナックルとかシンカーとかいろんな球投げるのかなぁ。やっぱり今はレベルが上がっているんでしょうね。ナックルボールとか。ふ~~ん・・・いや、いいんじゃないでしょうかね。

続いて、ラジオネームあややんファイブさんです。
loveletter
私は着物女子です。おばあちゃんが料亭の女将をしていたので、幼い頃から着物は身近なものでしたし、をれを凜と着こなすおばあちゃんに憧れて、私も二十歳を過ぎた時に着付けのお稽古へと足繁く通いました。普段の仕事は医療関係と全く違う事をしているので、常に着れる時間があるわけではないんですが、週末はどこにでも着物で行きます。映画や美術館などもそうですが、焼き肉や居酒屋に行く時も着物、あとはジャズバーやホテルバイキングなど、「えっ!そこも!?」っていうような所にも着物を着ていきます。
着物は帯を替えるだけでもがらりと印象が変わりますし、帯締めや帯揚げなど小物で遊べるのでバリエーションも豊富です。
少しでも着物人口が増えるといいなと思います。

ふぅぅぅ~ん・・・いやぁ、尊敬します、着物を自分で着れる人って。もう・・凄いんですよね、最初の頃何時間もかかるのに、5分10分で着れるようになっちゃうってね、おっしゃいますもんね。
いや、いいですよね、女性の着物て、素敵だなと思いますし、今のこの季節だったら浴衣とかもね綺麗ですし、男性とかも憧れちゃいますけど。
着物男子もね・・僕も着物着たい着たいってよく昔から言ってるんですけどね、だから僕も着物似合うんじゃないかって勝手に思ってるんですけど。でも何か・・着物着ると帽子被れないじゃん、髪の毛わざわざセットしなきゃいけないじゃん、外歩いたらバレるじゃん・・・だからもうちゃんと・・ちゃんともう・・「バレてますよぉ!稲垣吾郎ですよぉ!みんな見てください!」っていうような状況を作るしかないですよね。お忍びで着物着てどことか・・とかないですね。
まぁ、でも着物に帽子とか、いいのか。金田一耕助みたいな感じで(笑)昔の時代はありましたよね、その着物と洋服が混ざってた頃というか・ねぇ、書生さんとか。
・・・あ、着物に帽子かっこいいじゃないですか。ちょっと大正とか昭和の感じがして。う~ん・・・やってみようかな。
ジャズバーで着物着てる・・・見てみたいですね。その姿というのも。あややんファイブさん、ね、今度ジャズバーで着物着てる姿を写真を撮って送ってください。

京都府にお住まいのネオさんです。
loveletter
私は城女です。お城好きの甥っ子に影響を受けて、去年から日本100名城を回り始めました。全国にあるので、なかなか廻るのが大変ですが、普段は行かない地域に行けたりしてとても楽しいです。私は天守閣よりも特に石垣が好きで、天守閣がない城跡であってもかなり興奮します。きれいに積み直された石垣ではなく、昔からそのままの形で残る石垣に特に萌えます。どうやって積んだんだろう、この石はどうやって運んできたんだろう、何故崩れないんだろうとか、考えながら見るのが大好きです。日本100名城を制覇したのも、まだ日本中で2千人もいないようですが、お城の魅力をもっともっとたくさんの人に知ってもらえるといいなと思うので、日本100名城周りの魅力をサーチしていただけると嬉しいです。
これでもお城好きな人ってそうなんですよね。ホントに古墳みたいな雰囲気ですよね、どっちかっていうとね、城跡って言うんだね・・・。へぇ、それで興奮するって、城好きな人って、そこなんですね。でも2千人もいないっていうから、まずは100名城を廻るのをちょっと頑張って達成していただきたいなと思っております。そしたら、また報告してください。

続いて静岡県にお住まいのけいこさんです。
loveletter
編集長は最近、巷でこっそり流行しつつある褌女子をご存じでしょうか。その名の通り、女性が褌を身につけているんですが、最近の女性用褌はとてもお洒落で可愛らしいものも多く、以外にも付け心地がいいという事で、手作りされる方やネットショップでもかなり数が売れているらしいです。寝る時に着用するとゴムの締め付けなどが無いため安眠できるそうです。もちろん男性用のお洒落な褌パンツもあります。
「画像を添付します」という事なので・・・
(カサコソ・・・紙の音)これ、女性用の褌なんですか?
・・・すっごい!巾着袋みたい、ピンクとか紫みたいな感じで、紐に少し花柄があしらってあって、前と後ろはホントに四角いピンク。
へぇ~~~
(声裏返って)褌履くくらいだったら、履かなくてもいいんじゃないですか?
そういう問題じゃない? 
(スタッフさん、極小さな声でヒソヒソ)
履かない方が安眠できたり(笑)
(スタッフさん笑い)・・しちゃうんじゃないかなぁ。
女性の場合はどうなんだろうねぇ。あのぉ・・ズボンの中だったら収まりがいいけど、寝てる時もまぁいわゆるスカート・・ワンピースっぽいものとかネグリジェみたなものだと、ホント、どうなるんでしょうかねぇ。うん・・・パジャマにもよると思いますけど。
いやぁ!(笑)凄いですねぇ、褌女子(笑)。
僕が履く事は多分ないと思うので。今後も。う~ん・・・

という事で、本日は「何々女子」をゴローズサーチいたしました。

penゴローズサーチ○○女子、意外に面白いです。だって元のお便りはリスナーの方のお話ですよね、でもそれを吾郎が自分に関連づけて楽しく話を広げてくれる・・・ここが凄いなと思います。
吾郎さん、帽子被ってもマスクしてサングラスかけても、ひと目で分かりますよ(笑)!
だって背が高くてあのスタイルですし、ちょっと違うんですもの。
以前、人がたくさんいる所で吾郎に遭遇した事があるのですが、みんな吾郎が通り過ぎてから口々に小さな声で「吾郎ちゃん」「ごろちゃん」・・・とささやき合っていました。
やっぱり芸能人でも「声かけて」オーラを出して歩く人とそうでない人と、周りの反応も違うのではないでしょうか。
あれ?話逸れちゃいましたけど、どんどん着物着て歩いてください!

女性用の褌を「履くくらいなら、履かなくてもいいんじゃないですか?」って最高。
そういえば、吾郎の「例え」って結構面白くないですか?
以前、「笑っていいとも」で女性のパンツを畳んだ時の大きさの例えとして『大福』って言ってましたよね。今回は巾着袋みたい!って。案外和風なのがカワイイです。

【Goro's Break Time】
ラジオネームみぞれさんからのリクエストメールです。
loveletter
アルバム009の1曲目、大丈夫と何度も歌いかけてくれる少し切ない爽やかな何とも言えない雰囲気が好きです。ずっと洋楽やクラシックを聴いていましたが、SMAPは特別です。どの時代の曲も素敵で、今はSMAPばかり聞いています。
嬉しいですね、009だから結構・・・・前だよね~
へ~え、何でこの洋楽やクラシックが大好きなみぞれさんが「Relax」をリクエストしてきたのかが異常に気になるんですけど。う~ん・・・聞いてみましょう、SMAPでRelax♪

musicRelax/SMAP

【Goro's Essay】
ラジオネームおんぷさんです。
loveletter
anan宇多丸さんとの映画対談、とても興味深く読みました。お二人お薦めの映画、是非とも見てみます。お髭で眼鏡無しの吾郎さんがとってもセクシーで見とれてしまいました。吾郎さんも宇多丸さんも年間100本以上は映画を観ているだろうに、お薦めセレクトでお互い初めて知るものがあったり素敵な映画ってホントにたくさんあるんですね。お二人には遠く及ばないですが、私も素敵な映画を観ていきたいです。宇多丸さんもガンマニアだそうで、お話盛り上がったみたいですね。
ねぇ、あのう凄い・・・映画のスペシャリストですよ。もう凄~いんですよ、宇多丸さんビックリしました。一つの映画に対しても30分くらい喋れるんですよね。これ、取材では文章・・もちろん、これね、上手くライターさんにまとめて頂いているんですけれども・・・これだって・・・だって、もっとすんごい喋ってましたよ。ま、2頁の中に文章が書いてあるんですけれども、いや、そんだけ喋れるっていうのは才能というか・・尊敬しましたね。こういう方が映画を語るんだったらいいけど、僕なんかホントにちょっと趣味でやらせてもらっているような感じなので、申し訳ないなって感じがしちゃって。
うん・・でも非常に楽しかったですね。同じ趣味の人と長くお話ができるっていうのは。
で、何よりもね、ホントにガンマニアなんですよ、宇多丸さんも。僕も負けないくらいガンマニアなんですけれども(笑)ホントに詳しい。ビックリした。うん・・・向こうもそう思っていると思うんですけれども。今度、映画じゃなくてガンの話しようかなんて(笑)ananで取り扱えないですけれどね。まぁでも何か・・・楽しかったですけれども。
こういう対談っていうのも非常に。しかもこの時初めてお会いしたんでね、うん、ちょっと緊張感もあって、でも何かすごく楽しかったんで。ちょっとまた・・・
まぁanan自体のこの映画のコーナーっていうのは、ずぅ~っともう10年以上もやらせていただいているので、これからもずっとやっていきたいなと思ってますので、皆さん楽しみに、そして僕と一緒に映画を観ていきましょう。
以上、ゴローズエッセイでした。

pen吾郎がananシネマナビ連載についてはっきりと「これからもずっとやっていきたいと思っています。」と言ってくれました。そして、それに続く言葉が「僕と一緒に映画を観ていきましょう」・・・何て吾郎らしい言葉なのかととても嬉しくなりました。誰がどうしたとか匂わせるのではなく自分で責任を持って、僕と一緒に~って・・・だから吾郎が好きなのだheart

【GORO's Music Library】
千葉県のちょびはげ男子さん。
loveletter
吾郎さんが犯人役で出演したドラマ「踊る大捜査線」の主題歌「Love Somebody」をリクエストします。髪型を異常なまでに意識するという鏡恭一という役で、映画「踊る大捜査線THE MOVIE3」でも鏡恭一が再登場したのにはとても嬉しかったのを憶えています。主人公青島がかつて逮捕した犯人の一人で、映画版では服役中にキリスト教に入って更正した役でした。役名の鏡は、吾郎さん自身が鏡が好きだからという理由から付いています。
うん、懐かしいですね。もう20年くらい前ですね。聞いてください、織田裕二さんで「LOVE SOMEBODY♪

musicLove Somebody/織田裕二

そう・・・何か結構これ髪の毛気にする割には意外と無造作ヘアの役だったんですが、立てこもり犯で髪の毛きっちりセットしてるって感じのビジュアルでもなかったので・・・でも何か鏡を見るのが好きでヘアセットに時間をかけているって役だったので、そこに織田さんにつっこまれた記憶がありますね。「それってすごいヘアセットに拘った髪型かなぁ」って言われて、何も言えなくなってしまった自分がいたんですけど。織田さんは多分何も悪気はなく、多分ホントにまじめに素朴な疑問で僕に真顔で言ってくれたんですけど、「じゃ、もうちょっと何か七三分けとかした方がいいですか?」みたいな・・・そんな会話をした記憶もありますけれども。ねぇ、懐かしいですけれども。

pen20年前の織田さんとのやり取りも憶えている吾郎。
吾郎の頭の中は、いろいろな事がきっちりと整理されて記憶の引き出しに入っているんだろうな・・・っていつも思います。
今週ももりだくさんの楽しい30分でした。
そうそう!番組頭のGORO's Columnが、とっても季節感のあるコーナーになってきて素敵 

皆さんからのメッセージ、お待ちしております。
季節感のある話やちょっと僕に聞いてみたい事がある方は、
Goro'sColumnに。
特集コーナーに取り上げて欲しい事があれば、
Goro'sSearch
リクエストは、
Goro'sBreakTime
お仕事やプライベートな話題は
Goro'sEssayへ。
メールのアドレスは、
goro@joqr.net です。お葉書の方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。
それでは、また来週!バイバ~イ♪

clip編集後記、メールの宛先などは、こちらから⇛編集長 稲垣吾郎

 *「編集長 稲垣吾郎」番組存続のお願いは
   〒 105-8002 文化放送「制作・編成」宛て

 *ananシネマナビ存続のお知らせ・書籍化についてのお願いはこちら

〒104-8003 東京都中央区銀座3-13-10
株式会社マガジンハウス 「anan稲垣吾郎シネマナビ」御中

|

« 5月6月ノート | トップページ | ゴロウ・デラックス 7月27日(#259) »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

○○女子。私も考えているんですけど、思い浮かばないんですよね。ブルドーザー、着物、甲子園。着物はまぁ、女性ならパッパと着ますよね。
甲子園とかブルドーザーって男性というイメージしかないのですよね。男性である吾郎さんなら、パッとイメージが浮かぶので、語りやすいですけど、それを女性の立場から語るのは難しいと思います。
梅酒の話もよかったですよね。ISORO。ありましたね。箕輪さんのお宅で、お食事の上にたくさんお野菜を持って帰っていたのを思い出しました。あの時、「これ、食べたら眠れなくなっちゃうよw」なんてお野菜も貰っていましたね。本当にあの番組はありのままの吾郎さんを観ることができていい番組でした。「カミングアウト」なんてふざけた言い方をされていますが、見方を変えたら、吾郎さんのテレビやラジオで私生活を語るための話のタネの1つだったのでは、と思いました。おかげで今まで以上に話が面白いですよね。
シネマナビのお話もよかったです。宇多丸さんとお話しが盛り上がるなんて、吾郎さんとても楽しそうです。シネマナビ、そんなに続いているのですね。「これからも続けていきたい」という吾郎さんの言葉を聴いて安心しました。まだ、お勧めの映画を観れていませんが、時間を作って観に行こうかと思います。

歌のリクエストも懐かしいです。「踊る大捜査線」ありましたね。「鏡」という名前をスルーして観ていましたが、吾郎さん=髪の毛=鏡だったのですね。あの時、初めて知りました。
悪役といえば「十三人の刺客」と言われていますが、私は、この犯人の方が悪役っぽくて好きです。もちろん十三人もいい加減怖いですけどね。青島の「髪、乱れちゃったじゃない」という台詞大好きです。事情聴取の台詞は全部台本なんですかね。どこかでアドリブが入っていたら楽しいんですけどw。道具を蹴飛ばして、「早く持ってこい!!(#゚Д゚)y-~~イライラ」っていうところ好きでした。
そういえば、クライマックスのBGMが「喜びの歌」でしたね。踊る大捜査線のクライマックスのBGM=吾郎さんの舞台。こじつけすぎですかねw。
慎吾くんが「踊る大捜査線Final」に出演ということで、吾郎さんが告知した時、「僕も出演したことがある踊る大捜査線。兄弟だと思っている踊る大捜査線。でも皆さん、慎吾君の方が印象に残るんでしょうね。なんせFinalですもんね。」と言っていたのを思い出しました。ちょっとふてくされてるみたいで可愛かったです。

次回は8月。夏真っ盛りの編集会議にも注目ですね。

投稿: ルー | 2017年7月27日 (木) 23時25分

musicルーさま
コメントありがとうございます。
重機女子、かっこいいですね。○○女子は、自分の知らないいろいろな楽しみ方を教えてもらえるようで楽しいです。
私も箕輪さんのお宅でいろいろなお野菜を見せてもらっていたISOROの1シーンを思い出しました。立派な朝鮮人参がありましたね。
宇多丸さんとの対談の話から、「シネマナビをこれからも続けていきたい、僕と一緒に映画を楽しみましょう」という言葉は本当に力強くて嬉しかったです。
「踊る大捜査線歳末特別警戒スペシャル」は最高に面白くよく出来たドラマでしたね。いろいろな伏線がすべて回収され、歓喜の歌と共にラストを迎える所なんて何回見てもゾクゾクします。
吾郎さんは、要所要所で良い作品に巡り会え転換期を迎えているような気がします。
昨年12月(ものすごく遠い昔のような気がします)、TBS日曜ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿」で局を越えて織田裕二さんと20年ぶりの対決をしたのも嬉しかったです。
来週の放送はもう8月なんですね。

投稿: サイトー | 2017年7月29日 (土) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月6月ノート | トップページ | ゴロウ・デラックス 7月27日(#259) »