« ゴロウ・デラックス 7月6日(#256) | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 7月12日 »

2017年7月 9日 (日)

まだまだ出てくる「十三人の刺客」!

pc雑誌サライ公式サイトの記事より
【時代劇、勝手に応援し隊 第八夜】
稲垣吾郎の悪役ぶりがスゴイ!『十三人の刺客』と”切り捨て御免”の真実(2017/7/9)
記事はこちら

2012年3月1日にゴロウ・デラックスに出演された「TOKUGAWA15」の著者、堀口茉純さんが記事を書いていらっしゃいます。

7年経っても、まだまだ突然出てくる「十三人の刺客」の話題。
あの素晴らしい殿を演じきったという事について吾郎ファンとしてはそれほど驚かないのですが、あの作品に出会えた事は本当に良かったです。

ファンのくせに偉そうですみません、疑問に思った方は「さらば愛しのやくざ(1990年)」をご覧になっていただきたいです。吾郎の初映画出演作品、高校へ通いながら独りで撮影所に通ったという・・この作品で、ヤク中の少年を演じています。共演の大竹まことさんが後に「本当のヤク中なのかと思った」と話したくらい、悲しい高梨隆役を見事に演じています。吾郎の映画デビューは、普通に思い描かれるアイドルの映画出演とは全く違いました。

今までの積み重ねがあったからこそのオファーだと思うのですが、どんな素晴らしいオファーが来ても、いろいろなジャンルの仕事をしていれば、無かったことにされてしまったりどうしても降板せざるをえなかったり・・いろいろな事情があると思います。
これからは思い切り自分のスケジュールで動けるといいなぁと思います。

堀口茉純さん、ゴロウ・デラックス出演時の記事はこちら
(何かちょっと偉そうな事書いていて、今読むと恥ずかしいです)

堀口茉純さんのブログ”ほーりーのお江戸へGO!”
ゴロデラ後日談と、堀口のどうでもいい話(2012/3/2)

NEWsign01ヤフーニュースにもあがりました。(7/11追記)
稲垣吾郎の悪役ぶりがスゴイ!『十三人の刺客』と”切り捨て御免”の真実【時代劇、勝手に応援し隊 】

*嬉しい記事には、一言でも良いのでコメントをよろしくお願いします。

|

« ゴロウ・デラックス 7月6日(#256) | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 7月12日 »

ネット記事」カテゴリの記事

吾郎映画」カテゴリの記事

コメント

堀口さんのサライの記事教えていただき嬉しいです。早速読んできました。「十三人の刺客」は後世に語り継がれる名作ですよね。出演者全員が甲乙つけがたい演技力で物語を引っ張っていましたね。一番若い窪田くんの上手さも印象的でしたし、松方さんの華麗な太刀さばきも見ものでした。その時代劇を知り尽くした松方さんが吾郎さんの演技を褒めてくださり、ビストロゲストで出演された西田敏行さんも褒めてくださっていました。特に西田さんは三国連太郎さんの悪役の演技を観てこの世界に入ろうと思ったという説明付きで吾郎さんの演技を評価していたのを今でも覚えています。

よく、主役が出来なくなり脇に降りた等と言っている何も知らない人達がいますが、吾郎さんは若い頃から自分がやりたい役ならば主、脇に拘らずに演じていましたよね。それに名脇役として活躍していられる俳優さんにも失礼な話ですよね。脇役は確かな演技力がないと務まらないし、「十三人の刺客」が何故今でも語られるのかは、脇を務めた方達の凄い演技力のおかげでずっと輝いて話題に上っている。吾郎さんの演技が良い例です。

今まではSMAPの行事が最優先で映画のオファーが流れたという事も度々聞いた事もあります。今後は、舞台は一年に一度と言わず、どんどん出て欲しいし、映画、ドラマも新しい役に挑戦していって欲しいですね。それだけの実力を持った人ですから。

投稿: あや | 2017年7月10日 (月) 11時38分

horseあやさま
コメントありがとうございます。
7年経っても、まだ語られる、嬉しいです。
時々BSなどで「十三人の刺客」が放送されると、必ず絶賛ツイートがあがってきます。
この作品は誰一人、他の俳優さんは考えられないくらい、それぞれが役に嵌まっていましたね。それぞれの見せ場をちゃんと三池監督が作ってくださっていて、自分の役割を皆がきちんと果たしていたように思います。
素晴らしい作品を作っているんだという気持ちが全編伝わってきました。
だれもが主役であり互いを引き立てる脇役のようでした。
素晴らしい作品と出会えて本当に良かった。
そして、これからは自分のために動いて欲しいです。
映画・舞台・ドラマ・・・自由にたっぷり「活動できますように。

投稿: サイトー | 2017年7月10日 (月) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴロウ・デラックス 7月6日(#256) | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 7月12日 »