« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月23日 (水)

ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017

最初の怖い話が終わって、みんなと一緒になった途端涙が出ちゃった女の子に
「ごめんね、何か・・泣かすつもりなかったんだけど」と、吾郎さん。
何か、似合ってる言葉だったわ。
「女の嫉妬」について説明するおませな女の子には「そうですか!」と大人扱いを。

今年は心霊研究家下ヨシ子先生の心霊写真鑑定も復活、嬉しかったです。

「ほんとにあった怖い話」は、やみくもに怖い話で驚かすのではなく、「霊」についての説明を受ける事によって亡くなった人や先祖に対して敬う気持ちに気づかせたり、さりげなく大切な事を教えてくれます。
また一人でテレビを見るのではなく、吾郎さんや子供たちと一緒になって「キャーキャー」見る楽しみも味わう事ができるのではないでしょうか。

pencil書き留めておきたい記事があったので、貼っておきます。

もはや、しっかりと「夏の風物詩」となった「ほん怖」、
出演者が発表されるとインタビューでは必ず「小さい時から毎年楽しみに見ていました」というような言葉がありましたが、今やスタッフさんも「ほん怖をいつもみていた」という方々に。
こちらの制作チームの方のFacebookに書かれています。

*Facebook→https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1539666699405430&set=a.227527407286039.58595.100000863458969&type=3&theater

*「ほん怖」が18年愛され続ける理由とはフジ後藤博幸Pが明かすアナログへのこだわり

clip視聴率も良かったようです。「ほん怖」を初回から作り上げてきた鶴田法男監督もTwitterで喜んでいらっしゃいました。
今時、これはかなりの数字! 関係者の皆さん、ご苦労様でした!」と。
私も素直に喜びたいと思いました。

来年も「はい、吾郎さん♪」楽しみにしています。

| | コメント (3)

2017年8月22日 (火)

クイズ金の正解!銀の正解!

「ほんとにあった怖い話」の番宣で出演。
舞台「No.9」で共演した片桐仁さんが「神様の声」をしているクイズ番組なので、楽しみが二重だったのですが・・・実際に見たら二重なんてものではなく560倍くらいでしたね。

最初っから、片桐さんに
「稲垣くん、緊張してるんじゃないの?」と言われていました。
小手調べ、ウォーミングアップの問題をみんなにわいわい言われながら考える吾郎。
で始まりで終わる言葉=朝の牛乳ゴックン!という答えは最高でした。正解ではなかったけど、これはダイヤモンドshineの正解だわ。
両脇をいとうあさこさんと黒沢かずこさんに挟まれ、何となく心強いかも。
スタジオの方たちがみんな優しいheart04

chairイス取二択
「僕、子供の頃、椅子取りゲームすごい苦手だったんですよ。争うの苦手だったんでと吾郎。
しかしゲームが始まったとたん張り切る張り切る。
「あんなに争うのが嫌いって言ってたのに、一番争ってますよ」「こんな吾郎ちゃん初めて見た」と言われる始末。

tulip暗号から花の名前あてクイズ
苦戦している吾郎に片桐さんから優しいヒントが。
片桐:「この(銀)お花は吾郎さん大好きですよ。お家にいっぱいあるんじゃないかなぁ。行った事ないけど。頑なに入れてもらえないけど。」
吾郎:「家、来ようとしてますよね、片桐さん。」
片桐:「片桐さんじゃない、神様です!」
・・・これについては、舞台「No.9」の共演者の方たちの集まりで、片桐さんが「次は吾郎さんの家で!」と言うそうで~JONTEさんがブログに書いていらっしゃいました。
・・・JONTEさんブログ
是非、次は吾郎さんの家に集まって、インスタに写真などupしてほしいです。
そしてもちろん、再演も!

restaurant金のスプーン銀のスプーン
【第1問】ローストビーフ
100g 481円、5400円、54000円のローストビーフを食べ比べ。
言われた通りの順番で食べる、指定されたもの以外の香りを嗅いだりする事もいけないみたいで、どうしても香りを比べたくなってしまう吾郎が、片桐さんと闘っている様子が最高に面白い。
片桐:「触るな!触るなっつってんの!」
吾郎:「分かった、片桐さん」
片桐:「片桐って言うな!」
*吾郎の決め手:肉の柔らかさ・とろけ具合。味付けがシンプル
6人中5人が正解だったので、
「でも人数が多いですね。少数で勝ちたいですね」と口を滑らせ、次へのプレッシャーを自ら作る吾郎。

【第2問】麻婆豆腐
レトルト食品293円 ファミレス539円 陳健一2495円
スタート前からスプーンを手に取って眺める吾郎。
「触らない!まだ触らない!さ・わ・ら・な・い!聞こえてますよね!」と叫ぶ神様に「あ、ごめんごめん」と笑う吾郎。
食べ終わってからも、空になった蓮華の香りを必死に嗅ぐ吾郎(笑)。
「やめろそれ!もう嗅ぐな!ねぇ、聞こえてる!?」
*吾郎の決め手:香りに甘みがある。味がシンプルで上品。豆腐が大きかった。
独りだけ解答が違った吾郎が正解だと知った時の喜び方が最高に可愛かった。
神様も「有言実行しましたね!」
ぴょんぴょん跳ねる吾郎。腰の細さが目立ちました。

独りだけ解答が違い、更に多数解答の人たちの「間違えようがないですね。絡みに品があった」「バランスがよくて高級なお味」などというコメントに少し不安になり「青にしようかな・・・」と自信がなくなった吾郎、一人正解だと分かった瞬間「さっきのはカットしておいて!」とは(笑)。

ここまでで、吾郎の得点は吉村さんとともにトップ。

clover7つで1組のものを見つけるクイズ
4個の文字の組み合わせに他の言葉を見つける。
横にしたり英語にしてみたり、これはクイズに慣れている人が有利ですね。
何度か出てきた吾郎の「この番組っぽい!」という言葉からは予習している様子がうかがえましたが~

吾郎は番組対抗のクイズとかスマスマのコーナーなどでも、この10年くらいに限っては「どちらが高級か」を当てるクイズは全勝ですよね。
いつも、すごく集中して理論的に答えを引き出しています。
ビストロで高価なハラミを当てるクイズでも、「好き嫌いではなくて、値段が高いのはどちらか」に絞って正解を出していました。
こういう頭の良さにしびれます!

bell吾郎の感想「この番組のファンになりましたheart

これは番組にとっては嬉しい言葉ですね。
8か月ぶりにゴールデンタイムの全国放送に出てきて、お髭も落としてすっきり爽やか、更に少し細くなって美しくて可愛くて・・・
とっても嬉しい登場でした。
ゴロウ・デラックスで毎週欠かさず吾郎を見ていますが、それでも久しぶりに吾郎の他の一面を見られて嬉しかったです。
片桐さんとも気の置けない関係のようで。
再演待ってます!

chick片桐さんのTwitter
片桐仁なう @JinKatagiri_now吾郎無双でした!

| | コメント (2)

2017年8月20日 (日)

ゴロウ・デラックス 8月17日(#261)

shadow特別企画「日本の文豪の素顔に触れる」08172

今週のゲストは、岩下尚史さん。
岩下さんは三島由紀夫に関する本「直面(ヒタメン)三島由紀夫若き日の恋 (文春文庫)」、そして今回の本の帯も書いていらっしゃいます。
ゴロウ・デラックスではおなじみの方で、久しぶりですが全然お変わりなくにこやかでお元気そうで。
水曜日に放送されたTBSラジオのたまむすびで、ゴロウ・デラックスを紹介されていましたが、「久しぶりに吾郎さんに会って、一層ハンサムだった」みたいなことをおっしゃっていました。
吾郎は、相変わらずハンサムでした。Photo

book今週の課題図書:告白 三島由紀夫未公開インタビュー

2017年1月:三島由紀夫の対談を録音した1本の未公開テープがTBSテレビ局内で発見された。
テープが録音されたのは1970年2月、割腹自殺を行った9か月前だった。
ちょうど「豊饒の海」の第三部「暁の寺」を書き上げた時のインタビュー。
このテープの声が本当に三島由紀夫なのか、それを確認するまでの事などもこの「告白」の中に綴られています。

ゴロウ・デラックスではこの倉庫から発見された貴重なテープを再生、三島由紀夫の肉声を聞きながら話が進みました。贅沢!

「女は35歳まで 男は45歳まで」とは、三島がよく言ったり書いたりしていたこと。
吾郎:「武士みたいだね。行きながらにして死に方を探している~みたいな。武士道精神」
岩下:「美学でしょうね。天才と美につかえる一生」

chair三島由紀夫
1925年:新宿に生まれる。
体が弱かったので本ばかり読んでいた。
「肉体より先にまず言葉があった」

1941年:16歳で処女作「花ざかりの森」
1944年:学習院高等科を首席で卒業、東京大学法学部に入学
1947年:大蔵省へ入省するが1年足らずで退職、小説家への道へ。
1949年:初めての書き下ろしの長編「仮面の告白」が大ヒット。その後30代前半くらいまでに「金閣寺」「永すぎた春」「潮騒」などを書いた。三島由紀夫の中で一番本が売れた時期。

1952年:世界一周旅行で、ギリシャエーゲ海の太陽・彫刻の体の美しさに心を奪われた。
「外形の美しさ」に目が開き、知性だけに偏らず体への関心も大きくなった。
1955年:ボディビルを始める。虚弱体質だった自分の肉体改造。
「人生の扉を一つずつ開ける」・・・自己改造することにより運命を変えていった。

これ以降文体や作風も変化していった。
そして、本は以前ほど売れなくなっていったが「でも(作品は)いいんですよ、午後の曳航とか」と岩下さん。

午後の曳航 (新潮文庫)』を「これ、いいんですよ。吾郎さん、泣きますよ。40過ぎたら。切実よ」と勧める岩下さん。
「ゴロウさん、独身ですよね?」と外山さんに確認してから
岩下:「帰ったら家で泣いてるでしょ?砂を噛むようですよね、四十過ぎた男は」
吾郎:「四十過ぎて男で独りだと・・家帰って泣いてますね。みんなそうですよね」
岩下:「私なんて16年泣いてるんだから」
・・・ここの「家帰って泣いてます」がやたら記事の見出しにされていますが、ここは岩下さんとの言葉のやり取りの遊びなのではないでしょうか。
こういう遊びが上手なのも、会話が面白くきける一つだと思います。

night三島由紀夫死生観(テープの肉声より)
「死が自分の中に完全にフィックスしたのは、自分に肉体ができてからだと思うんですよ。それは『太陽と鉄』の中にはっきりと書いてある。その前は自分に肉体というものがなかった時代は、死というものが外側にあったんです。そして、自分の中にその死が入ってくることがなかったんですね。だけど、肉体ができたら、この肉体の中に死がちゃんと座る場所をみつけた。僕の文学的テーマの中では、死がそういう形で変わってきている。僕の小説は初めから終わりまでずーっと死と関係がある。ですけど、死の位置が肉体の外から中へ入ってきたような気がする。非常に曖昧な言い方かもしれませんけどね」

そして三島由紀夫は「死の真相」について晩年の随筆「太陽と鉄」に書いている。
*「告白 三島由紀夫未公開インタビュー」の後半に「太陽と鉄」は収められている。
”浪漫主義的な悲壮な死”が三島が描いていた自分の死で、これを遂げるためには強い彫刻的な筋肉が不可欠だった。
三島の小説はすべて「死」がテーマ。

吾郎:「どうしましょうか、僕たちは」
岩下:「男が年を重ねるのはなかなかキツイ」
吾郎:「いや、僕最近ちょっと思いますよ。
年取ったらもっと簡単に生きられたり・・・子供の頃描いていた40代なんてすべて理解して悟って余裕があって、生き方も分かってて人にやさしくて、そうやって生きていけるもんだと思ってたら、どんどん幼くなってきちゃう。どんどん頼りない自分自身が。最近気づくんですけど・・ホント、ここ最近、1年くらいですよ」

(岩下さん、何度も「分かる!」って相槌打ってました)
岩下:「それは行動しなきゃダメ!行動する以外ないです。三島由紀夫はこうやって行動した。吾郎さんは勇気をもってどう行動するか・・ですよ」
吾郎:「それ探してくださいよ」
岩下:「何であたしがあんたの行動を探すのよ!」
吾郎:「ほんと、強靭な心と肉体になってくると思ってたんですよね、40代ってね」
岩下:「何でも修行・お稽古が大事なんです。自己改造・・・」
吾郎:「僕の自己改造は自分で・・・?」
岩下:「いくらあんたがあたしのところに夜這いに来て教えてくださいって言っても(笑)・・」
吾郎:「いかない、行かない(笑)」
岩下:「あたしは唇は許しませんけど。耳たぶは許す。右側がより感じる(笑)・・」

とんでもない展開になりましたけど、この「唇は許さない」という言葉も「告白」のインタビューの中にあるんですよね。そういう終わり方がいいなと思いました。
独身男の話に無理やり入り込まず、ニコニコ聞いている外山アナ、賢い人なんだなと思います。
自ら死を選ぶ、しかも自分の理想とする浪漫主義的な悲劇的な死を。
このことをことさら煽らずに番組を終えるのがゴロウ・デラックスらしいと思いました。

しかし、この歴史的な発見を記した本をゴロウ・デラックスで扱ったという事についての感謝の大きさは上手く言い表せませんが、ますます番組を大切にしていこう応援していこうという思いを新たにしました。

book「告白 三島由紀夫未公開インタビュー」
・未公開インタビューの書き起こし
・随筆「太陽と鉄」 三島由紀夫
・あとがき 発見のことー燦爛へ 小島英人
・・・この3部から成っているので、自分なりに読者なりに三島由紀夫を知ることについて大変親切で読みでがあります。
三島由紀夫にとってどんなに「言葉」が大切であったか~という事をまず理解するのも大切だと思いました。
文学的素養の全くない私にも、これは何度も読んで発見があるという本になりそうです。

clipゴロウ・デラックスへの   
ご意見・ご感想そして次週予告はこちら
番組存続へのお願いは
〒107-8066 東京都港区赤坂5-3-6   TBS『制作・編成』御中

New! 視聴者センターで受けたものは社内に回り、偉いさん達も見るそうなので、番組宛て・編成宛ての他に、視聴者サービス部宛のメッセージも大切だそうです。
TBS視聴者サービス部宛メッセージフォーム

tv民放公式テレビポータル TVer
お問合せ項目に「リクエスト」があるので、こちらから「ゴロウ・デラックス」のリクエストもお願いします⇛
民放公式テレビポータル TVerお問合せ
TBS FREE by TBSオンデマンド (下のお問合せから)

今回、このテープを発見、インタビューをまとめたTBSの小島英人さんがゴロウ・デラックスを応援してくださっていて、TVerについても問い合わせてくださるような事をTwitterでおっしゃっていました。
私たちも、これを機会に更にお問い合わせから「ゴロウ・デラックスをTVerで扱ってもらえるよう」リクエストするのも後押しになるのではないでしょうか。
どうぞ、よろしくお願いします。

search今週のBook Bang テレビ・ラジオで取り上げられた本
三島由紀夫の未公開インタビューに触れた稲垣吾郎が衝撃の告白[ゴロウ・デラックス]

Yahoo!ニュース記事
三島由紀夫の未公開インタビューに触れた稲垣吾郎が衝撃の告白[ゴロウ・デラックス]

 *Yahoo!の嬉しい記事には一言でもコメントを入れて、賑やかにしましょう!
とても手軽にできる応援の方法です。コメント少なすぎです。どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (2)

2017年8月18日 (金)

めざましTV 8月18日

「ほん怖」特別インタビュー(稲垣吾郎x軽部真一)

movie1991年オムニバスドラマとして始まった「ほんとにあった怖い話」について
今では吾郎も霊について詳しくなったとのこと。
「あ、これ浮遊霊ですよね。あ、霊道を使ってやってきた。これは地縛霊ですよ、とか」
霊の話になったから、といかにもめざましTV的な仕掛けで、
「ちょっと待ってください」と明かりを暗くさせられ、「これで話しやすくなったと思うんですよ」という軽部さんに「逆に話の腰を折られた感じ」と返す吾郎。
こういうふうに切り返しておいて、直ぐに普通に楽しく話し始める・・この話術はさり気ないけれど高度で素晴らしい。

”見えなくても感じなくても、どのような形をしているか分からなくても、エネルギーのような形で霊は存在する”
・・・18年「ほん怖」を続けてきた吾郎のこのシンプルな言葉はとても説得力があった。

「ほん怖」についてより、次からの質問がファンにとっての本題だったと思う。

karaoke今回の転機について「なにがしかの変化としてご自身で受け止めていらっしゃるのですか?」
「何も変わらないよって澄ました顔して言ってはいけない事だと思うんですけど、ただもちろん、今ある現実は現実なので、それを受け止めながら前向きに、でも仕事欲は尽きる事はないので、役者の仕事は大好きなので、ずっとやってきていることですし。
役者の仕事ってその人のドキュメンタリーみたいなものじゃないですか。ちゃんと内面が出る仕事なので、その人の”魅力”というか”人となり”というか、いい人間になっていかないといい仕事もできないですし、自分をずっと磨きながら、いい俳優になっていくことができれば、と思っていますけれども。漠然とした言い方ですけれども」

karaoke「大きな変化に対して稲垣吾郎さんのファンは心配すると思うんですよ」
(大きく頷いて)「それはもちろん一番感じていることなので・・心配をかけるという事は非常に申し訳ないことなので、心苦しいですけれど。
でもやっぱりこれはもう・・・自分で決めたことですし、その現実というものは受け止めてもらわないといけないなと思いますし、でもその心配に答えられるように、皆さんの中で欠けてしまっているものとか、ロスしているというか、それをまた満たしていかないといけないなとはもちろん思いますし、こやって本音を語らせてもらうことによって、そういうのが伝わってもらえればいいかなとは思います。」

軽部さん「稲垣吾郎さんの内に秘めた思いというか"炎”みたいなものをちょっと感じました」

「昔からずっと見てきてくださって、このタイミングで軽部さんにインタビューしていただける事がすごくありがたいなと思いますし、僕も言いたい事が言えたというか嬉しいですね」
と軽部さんと握手で別れる吾郎。

今日のインタビュー8分の中に大切なことがたくさん詰まっていて、私はめざましTVに感謝しています。
真っ直ぐにカメラの方を見つめしっかり話す姿には誠意が溢れていたと思います。
吾郎はいつも、端的にシンプルな言葉で大切な事を伝えてくれますよね。
人によって解釈はそれぞれだと思いますが、私は、「解散」「独立」という現実をしっかりと受け止めて、でもこれからも”尽きる事のない仕事欲”を満たすべく活躍してくれる吾郎を楽しみに応援していきたいと思います。

お髭無し、眼鏡有り、パンツの裾を折って綺麗な足首見放題、ありがとうございました。
久しぶりに見たお髭無しの吾郎の美しい事!
内面が表に出るとはこういうことを言うのだ・・・と思いますね。

*17日ゴロウ・デラックスについては、今日明日とちょっと忙しいので、後ほどゆっくりと書かせていただきます。

【追記】23日山田美保子さんの記事が嬉しかったので、貼っておきます。
久々の吾郎ちゃんスマイル!(ジャニ担)→朝日新聞デジタル

| | コメント (4)

編集長 稲垣吾郎 8月16日

8月16日号【目次】
clip今週
【GORO's Search】真夏の夜のリクエスト特集!
*
BANG! BANG! バカンス! /SMAP
*
Smooth Criminal/ Michael Jackson
*
Dramatic Starlight/稲垣吾郎
*
水着女子と浴衣女子
*怖い話 

*
We Found Love/Rihanna
*Buddy/小沢健二・・・渋谷系の思い出

稲垣吾郎です。
僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、
今週はどんなネタがが届いているのでしょうか。
それでは編集会議を始めよう!

【GORO's Column】 
コラムメールをご紹介します。愛知県にお住まいのがっぴちゃんさんです。
loveletter
海やプール、花火大会の季節という事で、水着女子、浴衣女子を見かける機会も増えています。いつも紳士的な吾郎さんなので、あまり語るイメージはないのですが、ぶっちゃけ水着女子と浴衣女子、どっちに目が行ってしまいますか?
いや、これはどっちとも目が行ってしまうんじゃないでしょうかね。男性・・男ですからね、どっちも目が行ってしまうと思うんですけれども、う~ん・・・でもいつも思うんですけれども、女性の方はホント水着でプールとか海とかよく行けるなって。だってやっぱり露出する部分は下着の時と変わらないわけじゃないですか。ま、ビキニに関してですけど。ねぇ、でも何かそこも自分で解放させて太陽の下、水着姿になるというのは、何かきっとすごく解放されて気持ちいいんじゃないかなって、男がもう普通に水着とかになるのと全く違うんじゃないのかな~って思ったりもしますけれどもね・・・海は行ってないな。
春先はね・・・ちょこちょこドライブに海に行ったりしたんですけど、さすがにこの季節になるとね、もう暑くてとろけちゃいそうなので、うん・・・僕はちょっと・・・日本の熱い海は苦手なんですけれども。
花火大会はでもちょっと行って見たいかなぁ。
僕の友だちの花火が大好きな、テレビでも紹介したしのぶくんがいるので・・・行きたいなと思っているんですけどね。まだ今年行ってないんですね、終わっちゃいますよね、あのデカい花火大会なね。
せっかくだったらちょっと」地方都市の方に行きたいんですよね。全国どこでもやっているみたいなのでね。
行ってみようかな・・・浴衣はちょっと僕は・・こないだも話しましたけど、浴衣着て帽子被ったり、浴衣着てサングラスしたりする訳にはいかないので、なかなか浴衣を着るタイミングはないかもしれないですけどね。女性の浴衣を見ながら、花火を見るっていうのはいいかもしれないですね。以上、ゴローズコラムでした。

penこうなったら来年は、花火大会の花火がよく見える場所に浴衣姿の吾郎さまをお招きして花火を愛でる・・・という番組を是非。

musicWe Found Love/Rihanna

【GORO's Search】
さあ、今週のゴローズサーチはですね、スペシャル企画として”真夏の夜のリクエスト特集”をお送りしたいと思います。皆さんから寄せられたリクエストをご紹介して音楽をかけたいと思います。
東京都品川区にお住まいのヒロエさんです。
loveletter
編集長、こんばんは。私は、今、夏休みでベトナムのハノイに滞在しています。夏と言えば海、という事で、休みの後半はダナン、ホイアンに移動して、海で何もしない贅沢をしようと思います。吾郎さんは夏の旅行計画はありますか?リクエストはSMAPさんのBANG!BANG!バカンス!です。
うん、いいですね・・ベトナム。ベトナム、行ってないなあ。ずっと気になってるんですよね。やっぱり、こう・・フランスの文化が混ざってて、ま、料理なんかもねフレンチとかワインなんかもね結構豊富でしたし、何かね凄く僕は好きだったんですけど。
いいですね、何もしない贅沢。ダナン・ホイアン・・バンバンバカンスって感じではないですけどね。ベトナムのこの・・ヒロエさんの旅行は・・・でもバカンスを楽しんできてもらいたいなと思います。
それでは聞いてください。SMAPでBANG!BANG!バカンス!


musicBANG! BANG! バカンス! /SMAP

続いて秋田県にお住まいのラジオネーム・アイスティーを・・って感じでさんです。
loveletter
私は幼い頃、マイケル・ジャクソンさんが大好きで、妹と二人ダンスの真似っこをしてばかりでした。共演された事のある吾郎さん、是非その時の印象を語っていただけたらと思います。
ほう!マイケルねぇ。でも亡くなって・・・10年は経ってないのかな。
お会いした時はとにかくビックリしたっていうか偽物なんじゃないかってみんなも言ってましたけど・・・印象的だったのと。あと何か楽屋にフライドチキンと7upを入れといてくれってスタッフの方に言ったみたいで、で何か・・フライドチキンは手に入るじゃないですか、食べ物ね。で、7upが無いと。あのアメリカのサイダーですよね、スプライトとか。サイダーみたいな・・日本にも確かあると思うんですけど、なかなか7upがなくて、スタッフが何か慌てて何か東京中探し回ったみたいな・・・ね、後から聞きましたけどね。
まぁ、でもホントに凄く・・あんなパワフルなパフォーマンスをする方とは思えないくらいに何かガラス細工のような凄く繊細な、声もすごく小さいですし、何かすごく繊細な感じの・・オーラと言うか雰囲気が伝わってきましたね。実際に歌ったりパフォーマンスをしてるっていうのを近くで見たりとか、歌で共演をした訳ではないので、まぁね、それはちょっと・・夢は果たせなかったですけど。
うん・・・だからデッカいステージで見れるマイケル・ジャクソンとは違って、何かホントに線の細~い感じの印象がありましたね。でも凄い優しい方でしたし、お会いできて良かったなと思うし、ツーショットで撮った写真っていうのは今でも僕は宝物ですけどね。
それでは聞いてください。
 Michael Jackson Smooth Criminal

musicSmooth Criminal/ Michael Jackson

続いて、東京都ラジオネーム人知れずゆみこさん。
loveletter
編集長、いつもお世話になっております。私がリクエストしたい曲は吾郎編集長のソロ曲、DramaticStarlightです。初めてアルバムで聴いた時、アニメの主題歌のようにかっこよくって、ライブでパフォーマンスする編集長も、今までのイメージを覆す吾郎さまを堪能できて大好きな曲になりました。
ありがとうございます。
何か、あの~ジャズっぽいものが多かったりとか、まぁちょっとしっとりしたナンバーが多かったので、この年はちょっとこういう・・わりかし何か少し派手な感じにしたかったんですね。うん・・そう、懐かしいですね。衣装なんかも結構・・千鳥格子のナポレオンジャケットみたいなのを着て。
それでは聞いてください、SMAPでDramaticStarlight。

musicDramatic Starlight/稲垣吾郎

凛として時雨さんか・・ね、僕のiPhoneの中に何曲か入ってるし好きですよ、僕は。少し激しいんですけど、まぁでも何か暗さというか退廃的なというか、そういうとこも結構好きですしね。

続きを読む "編集長 稲垣吾郎 8月16日"

| | コメント (2)

2017年8月10日 (木)

編集長 稲垣吾郎 8月9日

8月9日号【目次】
clip今週
【GORO's Search】特集ネタ編集会議[シードル・自然体感型農園・暗闇ご飯・ロカボ]
*
ケーキを食べるとき!
*手帳

*
Power of a Woman / Eternal
*Mermaid/SMAP・・・マーメイドプリンス吾郎
*ともだちでいようよ/桜井幸子・・・高校時代の思い出

稲垣吾郎です。
僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、
今週はどんなネタがが届いているのでしょうか。
それでは編集会議を始めましょう!

【GORO's Column】 
コラムメールをご紹介いたします。千葉県にお住まいのラジオネームピーナッツバターさん。
loveletter
こないだショート-ケーキを食べていた際に、ふとこんな事を考えてしまいました。編集長はフィルムを外した際の、そこの付着した生クリームを見て見ぬふりをして捨てるのか、フォークですくい取るのか、はたまた舐めてしまうのか、こっそり教えてください。
(笑)いやいやいや、どうでしょう、ショートケーキ自体をあまり食べないんじゃないんですかねぇ。何かあのう・・・小分けして売ってるケーキってあんまり口にする事ないのかもしれないね。誕生日とかでお祝いでケーキをいただいたりとか、人の誕生日とかでお祝いしたりとかで、まぁそれをちょっとカットしてくれたりしたのを食べたりとかはしますけどね。まぁ、その際にはもちろんフィルム付いてないんでね。
う~ん・・・要するにあまり僕は甘い物を・・・和菓子とかはね、ちょっと最近・・チョコレートとかも好きだって話、最近あったと思うんですけど、ケーキはね、さすがに・・・はい。
ちょっと・・・フィルムを舐めてますよ♪って言いたいところだったんですけど、ねぇ・・・はい。
以上、ゴローズコラムでした。


musicPower of a Woman / Eternal

【GORO's Search】
さぁ、皆さんから寄せられたゴローズサーチの特集ネタを元にですね、編集会議ですね。
まずはですね、埼玉県にお住まいのラジオネームのどかさんです。

loveletter
りんごのお酒シードルが静かなブームになっているそうです。低アルコールで気軽に飲めてSNS映えもするお洒落なところも女性に人気なんだとか。最近では輸入モノの他、日本のリンゴ農園さんがオリジナルのシードルを開発、発売でじわじわと需要が伸びてるそうです。これは是非メイドインジャパンのシードルの布教活動を薦めている専門の方にお話を聞きながら、甘いものも好きになってきた吾郎さんにいろいろと試飲していただきたいです。シードルと言えば、某メーカーさんのCM、若かりし頃の吾郎さんが汗ばんだ半裸でお酒の瓶に口を付けていると、横から女性の脚が現れるというセクシーなCMがくっきりと脳裏に残っています。大人になった吾郎さんバージョンであんなCMを拝みたいものです。
はい!りんごのお酒ね・・・シードル、昔からありますよね。確かに某メーカーさんのは有名で。僕も昔一度コマーシャルやらせてもらったの憶えてますね、はい。ちょっとセクシーな感じの。何だったんでしょうね、あの、あの・・(笑)シチュエーション、何でしょう(笑)。何で裸で・・ああ、女性が現れるって・・・あ、そうか、そういうシチュエーション・・って事ですよね、うん。まあまあまあ大人になった・・・ねぇ、吾郎さんバージョンでも・・そういうリクエストがあれば是非・・・やりたいですけどね(笑)。うん・・・
でも何かお酒のコマーシャルは初めてだったので、すごく印象・・・でしたね。うん、何か憶えてますけど。
何かね、モノクロームのポスターとかが結構酒屋さんに貼ってあってね、何か結構それが気に入ってたんですね。モノクロで自分の写真でって、この頃ってあんまり無いんでね。何かちょっと渋めの写真で、自分でもお気に入りだった記憶がありますけれども。
まぁ、でもホント、いいと思います。シードルって。何か、今っぽいかもしれないですね。確かに。何か、この後にワインブームが訪れたりして。何か最近ハイボールとか、炭酸でお酒を割るっていうのも多いですから、何かちょっと見落としがちだったのかもしれない、昔からあるだけに。シードルっていうものがね。
まぁ、静かなブームになっているみたいなんですけれども。
いいと思いますよ、すごく飲みやすしし・・・ちょっと僕もいろいろと気にしてみます。
ま、ハイボールとか、ちょっと炭酸系のものも僕は結構好きで、たとえば米の焼酎をソーダで割るとかも意外と好きだったりもするので。
あとほら、最近日本酒でちょっと炭酸が利いたのとかも若者の間で流行ってますよね。何か、コマーシャルやってるよね。いいんじゃないですかね、うん。

pen大人になった吾郎さんバージョンで是非、お酒のコマーシャルを!
リクエストします。

続いて、中野区にお住まいのあやこさんです。
loveletter
編集長、こんばんは。私は今、川崎にある自然体感型農園ソルソファームが気になっています。そこは誰でも中に入れる農園で、お気に入りの花や植物があれば購入することもできるそうです。是非、植物好きの吾郎さんにも行ってもらいたいと思いました。
ふ~~ん・・・ほうほうほうほう、何かあのぅ・・・カフェとかで、バーとかカフェとかでそのまま植物が置いてあって、それを買えるみたいな店が前あって、何回か行った事がありましたけれども。
うん・・・これでも計算して買っていかないと、やっぱり植物ってホントに・・僕も、花が好きなんですけど、いわゆるこういう観葉植物・・・サボテンとかもあるんですけれども、計算して買っていかないと何か・・最初は綺麗なんですけどね、やっぱり何となく枯れてきたりとか、形が変わってきたりとか、すごく生い茂ってきたりとか、先の事を予想しながら買わないと後から大変な事になるっていうイメージがあるんで、ねぇ、皆さんも気をつけてもらいたいんですけれども。
ん~~~あ・・でもいろいろとガーデングッズ以外にもハイキングアイテムとか小物とか鉢とかもいろいろ売られているそうですよ。ふ~~~ん・・・・・・
あ~でも綺麗ですね!そこの写真があるんですけれども、うんうん!
ねぇ、ちょっと行ってみたいですねぇ。かわいいかもしれないですねぇ。うん。
でもまぁ、とても癒やされますし、植物っていうのは、無いと生活・・・していけません、僕は。
   *ソルソファームの公式HP→SOLSO FARM

 *まだまだ続きます・・・
 

続きを読む "編集長 稲垣吾郎 8月9日"

| | コメント (2)

2017年8月 8日 (火)

『告白 三島由紀夫未公開インタビュー』

次回のゴロウ・デラックスは8月17日、課題図書は「告白 三島由紀夫未公開インタビュー」ゲストは岩下尚史さん。

株式会社講談社は本日、8/8(火)に、単行本『告白 三島由紀夫未公開インタビュー』を刊行することを発表した。本書は8/17放送のTBS「ゴロウデラックス」で大特集されるという。(※放送は8/17(木)深夜0:58~)・・・【カモシカワークス公式Web】より

単行本『告白 三島由紀夫未公開インタビュー』に収められているインタビュー音源は、 TBS局内で「放送禁止扱い」とされていた一群の音源の中から発見されたもので、この度初の全文公開となったそうです。

*カモシカワークス公式Webより記事はこちら→ Kamoshika Works

*告白 三島由紀夫未公開インタビュー について→講談社BOOK倶楽部

*Music jp.ニュース 書籍ニュース→「ゴロウ・デラックスで大特集!”放送禁止扱い”の問題作「告白 三島由紀夫未公開インタビュー」発売

*時事ドットコムニュース→8/17ゴロウ・デラックスで大特集!「告白 三島由紀夫未公開インタビュー」本日8月8日刊行

*TBS小島英人さんのFacebookより→8月3日
  "天才か、狂気か。あの頃、三島由紀夫が本当にいいたかったことは何か。ハイ ボール片手に上機嫌の文豪。生と死のあわいにたゆたい無邪気な幼年期を 夢が たりする。一転、激しい挑発と問い掛け。魂を揺るがす言葉。8月8日「告白」 発売。”(引用)
   
*一部音源も聞けます

TBSの小島さんは、吾郎の「No.9-不滅の旋律」の時にいろいろと嬉しい言葉を書いてくださいました。

Newsign01明日9日7時からのTBS「あさチャン!」で、取り上げられるようです。

penこのような貴重な記録を紹介する機会をゴロウ・デラックスにて設けてくれた事、ネット記事で紹介された事がとても嬉しいです。
7年続けて得た信頼の大きさ・・・一人のゲストを迎えて本を紹介する~という基本的姿勢を一切崩さずに少しずつ信頼を得てここまでに育った感じがします。
スタッフとMCのチームワークの勝利でしょうか。
大切にしなくては・・・と思います。

久しぶりの岩下尚史さんも楽しみです。
帯も書いていらっしゃるのですね。

そして、”三島ファンもそうでない方も、ぜひ「素顔の三島由紀夫」に触れてほしいという願いから本放送と書誌の発表となった”そうなので、これを読んで素顔の三島由紀夫に触れた吾郎さんによって、三島由紀夫その人を演じてもらいたいという欲望が。
年齢もぴったりですし、舞台でも映画でも。

[追記]
8/15 TBSホット情報にもお知らせがup・・・TBSホット情報

| | コメント (2)

2017年8月 6日 (日)

ゴロウ・デラックス 8月3日(#260)

ゲストは2年ぶり、2度目のご出演東山彰良さん。
前回は直木賞受賞でのご出演、芥川賞受賞の又吉直樹さん、羽田圭介さんと一緒だったので、あまりお話を聞けず・・・
吾郎さん曰く「他のお二人がアクが濃くて・・・あまりお話が聞けなくて(笑)

2016年、第11回中央公論文芸賞受賞式の際に羽田さんとは会ったそうで・・・
東山さんの息子さん二人(大学4年高校2年)は羽田さんの大ファン、一緒に撮った写真も。
息子さんたちはお父さんの本は読まなくて、特に次男さんの方は父親の受賞も
「お父さんの俳句が新聞に載った」くらいのノリだったそうで(笑)、この例えがすごく気に入りました。

book流 (講談社文庫)Photo
前回聞けなかった「流」のお話。
1970年代の台湾に暮らす若者が主人公。
かつて中国大陸で戦争を戦い抜いた祖父の人生を辿る青春物語。
実は主人公のモデルは東山さんのお父さま、そして祖父のモデルは東山さんのお祖父さまがモデル。
お祖父さんをモデルに描きたかったけど、その時代の壮大な物語を書く自信が無くて、お父さんをモデルに描いたそうだ。

山東省出身のため、そこからペンネームを「東山」とした。
エンターテインメント性のある作品を書きたかったので、日本人風のペンネームにした。

台湾で生まれた東山さん、5歳の時日本に来て広島に。
その時、保育園に放り込まれ自然に日本語を覚えた。
その後、9歳で福岡に移り住んだ。
日常会話の中国語は不自由しないが、細かい感情を表さなければならないので自身の作品を中国語に翻訳するなどは無理だそうです。

book今週の課題図書:僕が殺した人と僕を殺した人Photo
1984年の台湾で友情をはぐくむ少年達、彼らの一人が30年後全米を震撼させた連続殺人鬼として逮捕される・・・誰が何故?という青春ミステリー
”匂いとか湿度も伝わってくるような作品”
物語の中では「観光」では知る事のできない「リアルな台湾の文化や情景」がたくさん出てくる。

物語の舞台は、東山さんご自身の故郷でもある、台北の廣州街。
東山さんが取材に行った時の写真を見ながら台湾の話を伺う・・・
取材に行くというよりも、自分の記憶が正しかったかどうか確認にいく感じだったそうです。
「別冊文藝春秋編集部」さんアカウントの呟きによると、
超重要なアイテムとして台湾の地元料理がふんだんに出てくるのです”だそうで、興味津々です。

【台湾の屋台文化】
*牛肉麺 牛肉の入った麺、五香・醤油を使った味付け

吾郎:僕、火鍋とか好きですよ。08031
東山:そうそう、それに近いです
吾郎:いろいろ薬膳が入ってますよね。
外山:吾郎さん、何かそういうの好きそう。あっはははは・・・(楽しそうに笑う)
吾郎:なに笑ってるの(笑)!?だって薬膳身体にいいじゃん、汗かきたいんだよ!

・・・このやり取り、屈託なく楽しそうに笑う外山さん、MC二人の仲の良い関係が伝わってきて、こちらまで楽しくなりました。

街も「外省人」が住むエリア、台湾人が住むエリアに別れていたそうで、そういった事も物語の少年達の関係に結びついてくるのでしょうか。

*猪脚線麺08032
猪とは豚の事、豚足が入った麺、しっかり煮込んでとろとろしたスープ。

吾郎:コラーゲンたっぷりでいいんじゃないの?
物語の中で、少年達がケンカの後仲直りの証として一緒に食べるシーンがあったが、これは「厄払い」の意味で食べるものでもあった。

*揚げパンと熱い豆乳
朝食は子供達も学校に行く前に屋台で買って食べる子が多い。08033
外国から来た方にわざわざ薦めるようなものではないが、ソウルフードとして思い入れがある東山さん。
実際にスタジオに用意されて試食。
長い揚げパンを温かい豆乳(少し甘い)に浸して食べる。
出てくる前は「俺、牛肉麺がよかった」とか言いながらも一口食べたら「懐かしい味がする。僕、好きですよ」と吾郎。

shadow東山さんが最初に思い浮かべて描いたもの
少年達がお寺で、ある重大な計画を実行するにあたり、神仏にお伺いをたてるシーン。
この時、彼らが使ったのがポエ。台湾の信仰。08034
二つの赤い木片を投げて、裏と表に別れたらお伺いが通ったという事になる。
小説の中の少年たちは「世の中のことも大人のことも信じていない」でも、ポエは信じる。
現代の若者もスマホ文化ではあるけれど、その一方お寺とかではポエを投げてお伺いをたてているそうだ。

そこで、番組収録を終えてよいかお伺いをたてることに。
一発でOKが出て、収録終了。

前回出演された時、吾郎と話しとか温度が合いそうな気がしたので、今回たっぷりとお話が聞けて嬉しかった。
写真を見ながら台湾のお話を聞いていたら、どんな観光案内よりも台湾に行きたい!と思いました。やはり映像とか写真というのは、想像だけでは届かない現実の姿を見せてくれますものね。そして、そういう生活の中から生まれた少年たちのドラマ・・・「僕が殺した人と僕を殺した人」を読みたくなりました。
この収録の一番の盛り上がりは「テキーラ」の話だったそうで、是非未公開映像なども久しぶりに見たいです。
番外編として場所を変えて飲みながら~というのも楽しそう。
そういえば、作家さんってお酒が好きな方がとても多いようなイメージがあります。

【追記】別冊文藝春秋編集部の方のFacebookより・・8月4日ゴロウ・デラックス放送終了

 テキーラが何か引っかかったので2015年の放送を見返してみたら、直木賞受賞の報告待ちも六本木のバーでテキーラを飲んでいたとか(笑)。
 

clipゴロウ・デラックスへの   
ご意見・ご感想そして次週予告はこちら
番組存続へのお願いは
〒107-8066 東京都港区赤坂5-3-6   TBS『制作・編成』御中

New! 視聴者センターで受けたものは社内に回り、偉いさん達も見るそうなので、番組宛て・編成宛ての他に、視聴者サービス部宛のメッセージも大切だそうです。
TBS視聴者サービス部宛メッセージフォーム

tv民放公式テレビポータル TVer
お問合せ項目に「リクエスト」があるので、こちらから「ゴロウ・デラックス」のリクエストもお願いします⇛
民放公式テレビポータル TVerお問合せ
TBS FREE by TBSオンデマンド (下のお問合せから)

search今週のBook Bang テレビ・ラジオで取り上げられた本
台湾出身の直木賞作家・東山彰良が紹介する「リアルな台湾」[ゴロウ・デラックス]

Yahoo!ニュース記事
台湾出身の直木賞作家・東山彰良が紹介する「リアルな台湾」[ゴロウ・デラックス]

 *Yahoo!の嬉しい記事には一言でもコメントを入れて、賑やかにしましょう!
とても手軽にできる応援の方法です。コメント少なすぎです。どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (3)

2017年8月 4日 (金)

編集長 稲垣吾郎 8月2日

8月2日号【目次】
clip今週
【GORO's Search】コーヒーの美味しい入れ方~浅草のSPLENDOR COFFEE清水店長に聞く
*
お父様は甘酒造りとご飯係!なお便り
*ワインのコルクを上手に開けるコツ

*
Dream Come True/The Brand New Heavies
*はじめての夏/SMAP
*さよならは言わない/小田和正・・・ドラマ「トライアングル」の思い出

稲垣吾郎です。
僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、
今週はどんなネタがが届いているのでしょうか。
それでは編集会議を始めましょう!

【GORO's Column】 
コラムメールをご紹介します。ラジオネームころスマゴロウさんです。
loveletter
私の実家の父は最近甘酒造りに凝っていて、健康のために飲んでいます。料理にも使えるんだよ、とこの番組のHPに紹介してくださるレシピを教えたら飲む以外知らなかったそうで喜んでました。ありがとうございます。退職後、実家の家事は父が全て担っていて、ご飯が出来たら「お~い、ご飯できたぞ!」と、母を呼んでくれるそうです。
いや、いいですね~お父さん~~~
(嬉しそうな声で)
ご飯係りなんですね。何か気持ち分かるなぁ、退職したら。一つの楽しみになりますよね、料理って。多分、今までも料理やられてたのかなぁ・・・でも楽しいですよね、きっとね。
ふぅ~~ん・・・何か幸せそうな・・食卓が・・想像できますけれども。
う~ん、いいですね。
でも何か男の人の料理って凝り性ですからね、また、今までにない食卓になっていくんじゃないでしょうかね。う~ん・・・何かほっこりしていて凄い温かいメールでした。
以上、ゴローズコラムでした。


musicDream Come True/The Brand New Heavies

【GORO's Search】

さぁ、この前の放送でですね、最近コーヒーに興味があると言ったところですね、たくさんの方からコーヒー情報を頂きました。
今日のですね、ゴローズサーチはですね、コーヒーの美味しい入れ方を伝授していただきます。教えてくださるのは浅草にあるSPLENDOR COFFEEの
清水英貴店長です。

[吾郎]もしもし~
[清水]あ、もしもし。
あ、はじめまして、稲垣吾郎と申します。
はじめまして、スプレンダーコーヒーの清水と申します。
よろしくお願いします。(お願いします!)スプレンダーコーヒーさんは・・・これは・・浅草でやっていらっしゃるんですか?(そうですね)すごいお洒落な名前で。これ、どういうネーミングの由来なんですか?
こちらはですね・・・スプレンダーコーヒーは、お店がブルックリンをイメージしたカフェになりまして、ブルックリンで働く人っていうのが自覚を持って一人一人が行動してる方が多くてですね、テイストや香りで自分を取り戻す~みたいな・・(ふぅ~~ん・・・)ブルックリンのカフェのあり方が明確なんです。
ブルックリンなんですね、コーヒーって。カフェ。
そうですね・・・うちで目指しているのはブルックリンのスタイルです。
僕、全然詳しくない・・・むしろ最近までコーヒーが飲めなかったような感じで、(ああ~そうなんですか)なんか美味しいコーヒーに出会った事が多分なかったと思うんです、ずっと・・・若い時っていうか。でも何か普通にちゃんと入れて頂いて美味しいカフェでコーヒーを飲んだ時にすごく美味しいなと思って。(はいはい)なんか・・僕はもちろんお酒とかも勿論好きでワインとかも好きなんですけど。何かそういうものにもすごく通ずるものがあるんじゃないのかなと思って。やっぱり香りであったりとか、何をブレンドするであったりとか、何かその嗜好の奥深さというのかな、すごくワインとかお酒とかと似てるなと思って。(そうですね)最近、ちょっと興味が出てきたのでいろいろ教えて頂こうかなと思いまして。
分かりました。
何か豆もいっぱいあって分かんないんです(笑)単純に。
(笑)そうですよね。
何か、どういう風に・・何か自分の頭の中でカテゴライズしとけばいいのかな・・何かほら、キリマンジャロとかモカとか、ねぇ、グアテマラとか漠然とは分かるんだけど、ブルーマウンテンがすごく高級で高い豆だよとか、そういうのは分かるんですけど、まずどうやって豆を選んだらいいんですか?
   
*まだまだ続きます

続きを読む "編集長 稲垣吾郎 8月2日"

| | コメント (5)

« 2017年7月 | トップページ