« 7月8月ノート | トップページ | ゴロウ・デラックス 9月28日(#267) »

2017年9月28日 (木)

編集長 稲垣吾郎 9月27日

9月27日号【目次】
clip今週
【GORO's Search】今、話題の台湾!について
*
新しい地図開設にあたって、吾郎さんからのメッセージ
*ゴロウ・デラックス~うんこ漢字ドリルと三島由紀夫

*
Closer / The Chainsmokers
*肌/星野源
*
Seven Deadly Sins/MAN WITH A MISSION

稲垣吾郎です。
僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、
今週はどんなネタがが届いているのでしょうか。
さあ編集会議を始めよう!

【GORO's Column】 
コラムメールをご紹介いたします。さなえさん。
loveletter
吾郎さん、こんばんは。新しい地図の開設、久しぶりのビッグニュースで嬉しいです。もちろん入会させていただきました。イラストの中には吾郎さんの文字もありますね。3人でわちゃわちゃしながら書いたんですか?何か話せるエピソードがあれば教えてください。
という事で、皆さんお待たせしました、と言うかおめでとうございま・・・おめでとうございます?ちょっとおかしいか。あの~ね、この新しい地図というかコミュニティと言うか、ファンサイトと言うか、新しく開設させていただきました!
はい、ありがとうございます。あの・・・ね、かなり皆さん、だって入会して・・ジョインね、JOINしてくださってる方もたくさんいるという事で、ホント嬉しく思ってますね。感謝でいっぱいです。はい、ありがとうございます。おめでとうございます。おめでとうございます・・はちょっとおかしいか。いいんですよね・・・
だいたいさぁ、こういう時に僕、独りだよね。だってさ、香取くんと草彅くんは一緒にラジオやってんじゃん?「ねぇ、つよぽん!」「なぁ、慎吾!頑張ろうな」とかさ。そういう感じでしょ?スタジオで。ザキヤマさんが入って来たんだって?ねぇ、何か・・・
僕、スタジオあれですよ、おじさんスタッフが3人くらいいるだけですよ、ここに。(笑)ね、まぁまぁまぁ・・・まぁ、でも僕には皆さんがいますから!ね!聞いてくださっている皆さんと繋がってますからね、はい。
担当・・・(笑)それでですね、はい。担当がブロガーって書いてあるんですけど(笑)・・・
まぁ、11月2日の夜9時からですね、AbemaTVで「ホンネテレビ」というのをやらせていただくんですけれども。まぁ細かい打ち合わせというか、ほんとこれからの事が多いので、お話できる事がまだ限られているんですけれども。まぁ、72時間番組をやるという事でね、いや楽しみですね。
Amebaさんともこういうお仕事初めてですしね、そもそもがSNSっていうのが今までやってなかったので、その中での僕の担当が何かブロガーになっているんですけれども。何かシャラっと決まっちゃった感じで(笑)、う~ん・・香取くんはね、いろんな美術的なセンスがあったりとか写真撮ったりとか、草彅くんはまぁ・・ね、最近はギタリストですし、ま、何か映像撮るのとかも好きですしね、まぁ動きを見たい人間じゃないですか。
何故か僕が・・・じゃ、吾郎さんはブロガーでもっていう感じで何か(笑)・・・いや、いいんですよ、うん、僕がいやいや引き受けたみたいな感じの噂、皆さん流さないでくださいよ。そういう事じゃなくて、いや有り難いですよ、うん。
元々、文章は・・まぁ本も出版させていただいたりもしてますし、連載とかもあるので、はい。
とにかく3人
で力を合わせて担当を決めながら頑張って、頑張って~と言うか・・・やっぱりSNS通じると本当に今までよりも簡単にホント皆さんと繋がっていけるし、より深い繋がりを持っていく事もできるのでね、すごく・・ずっとやりたかった事でもあったので。
もちろん僕もInstagramとか、僕もYouTubeもやらせていただきたいと思うし(笑)。
みんなでその時の雰囲気でやっていけば楽しい事ができるんじゃないかなって・・思いますし、この新しい地図っていうのもホントにいいネーミングで。メッセージの方の動画とかももう流れてて、もう・・かっこいいですよね!ホントに。すごい素敵なものに仕上がってて。今の僕らの・・ぴったりな気持ち、と言うか思いみたいなのが、あの映像で多分伝わるんじゃないかなと思いますし、第2弾・第3弾とどんどん・・ね、これからも続いていくと思うし、とにかく、もうホント、これからなんでね。ホントに・・・スマステーションの最終回で香取くんも「まだ、その地図はまっさらで~」とおっしゃってましたけど、ホントに皆さんとこの地図を描いていく、うん、いろんな夢をそこの地図に描いていきたいなと思っておりますので、はい・・ホント、これからスタートなんでね、皆さんも一緒に「Join!」して楽しんで素敵な未来を一緒に作り上げていきましょう。
これからもよろしくお願いします。以上、ゴローズコラムでした。

pen吾郎の口からまず最初に出た言葉「おめでとうございます」は、ファンの気持ちを思って思わず出てしまったのではないかなと思いました。騒動直後2016年2月(もう5年くらい前のような気がします)からの舞台で毎日ファンと直に接したくさんの手紙を受け取ったのをはじめとして、ずっとラジオを通じてのファンとのやり取り。
直接ラジオで言う事はできませんが、今年の3月家庭画報に登場して「僕はお芝居が大好き、ずっとやっていきたい」とファンに語りかけ、夏にはわざわざ週刊誌の記者に「頑張ってます」と伝えて、と言った吾郎。
プライベートでサービス過剰にしなくても、いつもファンの事を思ってくれている。
その「おめでとうございます」がとっても嬉しかったheart
コミュニティという言葉も、まるで同じ目線でファンと繋がっているような・・・そんな表現が優しくて温かいなって思いました。
そしてさり気なく、慎吾くんのスマステ最終回、「新しい地図」開設して初めてのパワスプの事も伝えてくれて。
新しい地図の手書き文字、3人でそれぞれ書いたそうですが、「図」は吾郎だそう。そういえば「Join!」の「・」が「図」と同じ・・・吾郎がラジオでジョインジョイン言うので、きっと「Join!」も吾郎が書いたのではないでしょうか!
それぞれの担当について・・剛への「動きを見たい人間じゃないですか」って、素敵な言い方。「僕が嫌々引き受けたみたいな噂、流さないでくださいよ」と適当なネット記事に対する牽制?素晴らしいです。ファンへの伝言には記者さんを利用しておいて(笑)。

みんなで一緒に繋がって「新しい地図」にいろんな夢を描いていきたい、一緒にJoinして素敵な未来を一緒に作り上げていきましょうsign03
新たなスタートに力強い嬉しい言葉でした。

musicCloser / The Chainsmokers

【GORO's Search】
さて全国のリスナー記者の皆さんからですね、台湾を取り上げて欲しいというメールが寄せられているんですね。台湾!最近はね、雑誌ブルータスの特集なんかでも話題になったり、ゴロウ・デラックスでもね東山彰良さんが出演されたりとかして、僕も凄い気になっているんですよね。あの薬膳鍋とか大好きですしね。汗かきながら結構僕、火鍋とか食べたりするんですけどね、嵌まってて。
実際、台湾行ったことないんですよ。興味はあるんですけど。かなり今、僕、一番行きたい所ナンバーワンなんじゃないかなと思う。台湾なんですけれども。
という事で今日のゴローズサーチはですね、台湾旅行!を取り上げたいと思います。お電話に出ていただくのはですね、All About台湾ガイドの
保谷早優玲(ほうやさおり)さんです。

[吾郎]もしもし~はじめまして。
[保谷]もしもし、はじめまして。保谷です。
稲垣吾郎です、よろしくお願いいたします。
よろしくお願いしま~す。
保谷さん、あの~今、あれですか?何か台湾の・・何かを執筆されているんですか?いつも。
はい、ウェブでのご紹介が多いんですけど、あの美味しいものとか、あそこ泊まったらいいよ、とかそういう事をお知らせしています。
台湾は・・じゃぁ、きっかけはあったんですね。
そうなんです。最初の訪問からまさに胃袋を掴まれてしまいまして。(うん)台湾は安いのに美味しい料理がたくっさんあるんですよ。(はははは(笑))その美味しさが忘れられなくて、何度も通っているうちに、今ではお気に入りのカフェに行く感覚で台湾に、台北に行ってます。
へぇ~~何か、料理って・・・何か、僕・・火鍋とか?あ、何でもあるか。薬膳料理?
あの、火鍋もそうですけど、一つ一つが小さい、ちょっとこう・・
小吃(シャオチー・・小さく食べるって書くんですけど、そういう一つ一つのポーションが小さい料理が多いので、店を食べ歩きするのが楽しいです。
へぇぇぇぇ・・・いやぁ行った事ないんですよ。
是非、一度足をお運びください。(行ってみたいんですよね~)きっと好きになっていただけると思います。(へぇぇぇ~)実は台北に行く時はほとんど一人旅なんです。
いいですよね、一人で気ままにね。
そうなんです。一人旅って自分のペースで寄り道したりのんびりしたり、そんな旅に台北はちょうどいいんですよね。
ふぅぅぅ~ん・・じゃ、ちょっとその台湾の一人旅のお薦めについて、いろいろ聞いて行きたいんですけど。何か、お薦めありますか?


今の時期のお薦めはずばり月餅なんです。
あ、あの・・お菓子ですか?
あの月の餅と書く、よく中華街などである・・(ああ!ある!)ありますよね、あの胡麻餡とかの・・で、あと今年だと中秋節が10月4日までの限定販売になるんですけれども。台湾にはさまざまな月餅が売られているんですけれども、台北の信義区という今一番旬なエリアにあるスタイリッシュなホテルでW台北というホテルがあるんですね。で、こちらの月餅が毎年かっこいいんですけど、今年はテーマが「jump」という事で、お洒落な縄跳びが付いているんです。
かっこいい月餅とか、あるんですか!
かっこいい月餅あるんです、そしてこちらの月餅は味もスコッチウィスキー味だったりして。
何かおまけが付いてるんですね、縄跳びが付いてたりとか。
そうなんです、とても人気があるんですね。(ふ~~ん・・)それから、パリのミシュラン三つ星シェフが監修しているレストランが台北にありまして、
STAY by Yannick Alléno っていう名前なんですけれども、そちらが出しているのはフランス式の月餅なんですね。
フランス式の月餅って・・何か、違うんですか?

はい。真っ赤なチョコレートコーティングに
Yannick Alléno のイニシャルAが描かれていて、見た目も中身もチョコレートケーキなんですけれども。
なるほど!ちょっとフランスの高級チョコレートメーカーみたいなイメージですね。
そうですそうです。で、お値段も8個入り1280元で日本円で4600円くらいでちょっとお高いんですけれども。
8個で4600円!?(はい)1個500円以上するって事ですよねぇ。
あっ、そうですね。あの、もう一つ、1個1500円弱くらいする月餅があるんですけれども、(すごいねぇ)これもお薦めなんです。あの、これが紅茶のブランドTWG・・(はい、好きです好きです、シンガポールのね!)はい、TWGの月餅、こちらが台湾、もちろんシンガポールでも売られているんですけど、台湾でも買えまして、今年はロータスセード(?)というスイレンの香りがする緑茶をイメージして作られているんです。
へぇ~なるほど。
ただ、買えるのはこの10月4日の、今年は10月4日までなんですね。あの日本では1年中売ってるイメージがあるんですけれども、台湾では中秋節の前の1ヶ月間しか発売しない、季節のお菓子なんです。
へ~え。何かさぁ、鍋とかの話ももうちょっと聞きたいんですけど。
あの~私イチオシのお鍋のお店がありまして、そこは一人でもみんなでも行けるお店なんですけれども、日本語読みだと「肉大人」って書くんですけれども、(かっこいいっすねぇ・・・にくおとな)(笑)ええ、英語だとMr.Neat
Mr.Neat!)こちら、ニューヨークタイムスで台湾で行くべきレストラン5店に選ばれた火鍋のお店なんです。こちらのその・・肉大人は、一人一つなんですよ、なので、普通鍋屋さんに行くと・・(ああ~~)人数が増えると鍋が大きくなるんですけど、
分かった分かった!焼き肉屋さんの何か最後スープ頼んだ時みたいな感じで、一人一人出てくるんですね。
一人一人・・結構大きめのこう・・お鍋が出てくるんで・・
ああ~分かります分かります、写真にもあるんですけど、はい。

あ、そうなんですね。一人一つずつ、1コンロあるような感じで・・
これ、日本にはないんですか?
日本にまだないんです。
まあ、これせっかくなんで、本場の台湾行った時に憶えといて僕行きたいなって・・肉大人してきます。
肉大人(笑)是非、行ってみてください。あの~名物鍋がありまして、そちらに酸蒜って言って酸っぱいニンニクって書くんですけれども、その酸蒜というにんにくを発酵させたものと、酸っぱい白菜の漬け物がスープの出汁として使われているんです。
じゃ、全然・・いわゆる火鍋の味とは違うんだね、あの白と赤でセパレートした・・
スパイシーとかいうのとはまた別の味わいというか旨味で作られていて、酸っぱい感じではないんですね。で、それがまた絶品なんです。
絶品なんだ、う~ん・・・でも、台湾料理屋さんって日本にあるけど、意外とこう・・何だろう、庶民的なというか、中華料理だったら少し高級な中華料理、四川とか広東とか北京料理だったら高級店あるけど、台湾料理っていうと本当に屋台みたいなノリ?のイメージしかないんですけど、今、増えてはいるんですか?日本でも。
今、増えてます。そういう・・麺線っていうやはり台湾の有名な麺料理なんですけど、麺線だけのお店とか・・・
あ、牛肉麺の店とか、牛肉麺専門の店もありましたよ!
そうなんですよね・・・やっと、こう日本の皆さんが台湾の美味しさに目覚めたというか・・(目覚めちゃった・・)スイーツもかなり進出していますねぇ。
なるほど。タピオカみたいなの有名ですよね。
そうです、かき氷とか。
あ、かき氷!台湾風のかき氷も有名なんだ。そうだそうだ。
最後に一つ、私、吾郎編集長にお教えしたい事があるんですけれども。
(笑)はいはい!(いいでしょうか?)どうぞどうぞ!
これ、私台北で一人旅をする時によく使うとっておきのキラキラワードなんですけれども、「か・お・ち」なんです。あの・・頭の文字が。(かおち!?)はい、それは、「か」は「かわいい」、「お」は「おいしい」、「ち」は「ちょっと待って」・・(うん) この3つを会話に混ぜていくとコミュニケーションが取れます。
あ、なるほどね。あ、でも「かわいい~」って日本語で言っても通じないでしょ?
あ、大丈夫です。ちょっと台湾風に言うとすれば「か~わ~い~い~」って少し伸ばし気味に言うと・・
あ、じゃ、日本語で入れちゃっていいって事なんですね。英語とか、そういう間にね。褒める時にね。
台湾人も知ってる日本語なので~
そういう事か。(そうなんです)かおち・かおちって言っても分からないですね(笑)。
(笑)はい(笑)「かおち」じゃ分からなくて。「かわいい!」とか・・(おいしいとか)おいしいとか、ちょっと待ってはちっちゃい「つ」を抜かして「ちょとまて」って言う方が・・
ふうん・・ちょとまて。(笑)
あ、小銭出してちょっともたもたしてる時とかに、こう「ちょとまて」って言うと、むこうが「あっ」って思ったり・・その一瞬が楽しくなります。
万国共通かもね、この言葉はね。台湾だけではなく。
是非。吾郎編集長も使ってみてください!
もう行ってきますよ、もうやられましたよ。言葉だけで胃袋掴まれちゃったんで。(はい)
ありがとうございました。
今日はありがとうございましたぁ♡
失礼いたします。はい、今日はですね、All About台湾ガイドの
保谷早優玲さんにお話を伺いました。ありがとうございました。以上、ゴローズサーチでした。
   
*All About旅行→台湾
   *小吃って?→台湾・夜市で食べよう、小吃あれこれ
   *お肉の殿堂にようこそ→肉大人

【Goro's Break Time】
岡山県さかえさんからのリクエストメールです。
loveletter星野源さんの「肌」をリクエストします。作詞される曲やエッセイの中など、言葉一つ一つに温かさがあるなぁと思って、編集長ともまたいろんな場面で共演していただきたいなと思いました。
はい。星野源さん、一度ゴロウ・デラックスに来て頂いた事があって、何か凄い爽やかな、モテるのが分かるなって。ねぇ、曲なんかもホントにマルチな才能があって、はい、さかえさんの言う通り、どっかでホントに共演とかさせて頂ければ嬉しいなと思っておりますけれども。
それでは聞いてください、星野源さんで「肌」。

music肌/星野源

pen吾郎の褒め方ってとても気持ちいい。何の気負いもなしに「モテるのが分かる」って。
だから、吾郎が好かれるのもすごく分かる!気がします。

【Goro's Essay】
芦屋市にお住まいのひろみさんです。
loveletter
先日のゴロウ・デラックス、うんこ漢字ドリルの回、おもしろかったです。その前の三島由紀夫とのギャップが大きすぎました。ドリルまで1冊の本として紹介するゴロウ・デラックスの発想の豊かさに感心いたします。本に限定したバラエティだからこその可能性を感じました。
ありがとうございます。三島由紀夫さんの回もすごく反響があって・・・ま、すごく謎めいた存在じゃないですか。で、やっぱり実際に三島由紀夫さんがご活躍されていた頃というか生前っていうのは僕は知らないですし、イメージばっかりが大きくなってしまって、作品もすごく大きなものなので、実際問題ホントにそのパーソナルな部分に触れる部分ていうのがあまり分からなかったので、非常に三島由紀夫さんの回は僕自身も勉強になりましたし、これから三島作品とか読むに当たって、変わってくるよね、イメージが。
はい、何かすごくいい回だったなと思いながら、今三島由紀夫さんの回を思い出しているんですけれども・・・このひろみさんはうんこ漢字ドリルの回を評価しているんですよね。
これは面白かったですよホントに、うんこ漢字ドリルって。だって、凄いでしょ!?だって、お子さんいる方とかみんな・・・凄い売れてるし、面白かったですけどね。
まあでも確かにこのひろみさんの言う通り、ホントに本に限定したバラエティ番組なんでね、ホントにこう・・バラエティに・・めちゃめちゃ富んでますよね。そういった意味では。
ちなみにこの三島由紀夫さんの回で、僕岩下さんに薦められたんだよね「午後の曳航」という三島作品の中で、40代になったらこれを読みなさい、男は~みたいな感じでハコちゃんに言われて(笑)。そのくだりってオンエアしてたのかな。
「午後の曳航」三島由紀夫さん、まあ最後の方の作品なんですけど、はい、読ませていただいて。いやぁ良かったですね、紹介してもらったんで、うん、ちょっとその辺のお話も今度させてください。
以上、ゴローズエッセイでした。

pen吾郎の口から「うんこうんこ」聞くのも楽しいけれど、三島由紀夫がとても気になる存在となっている事が嬉しい。「午後の曳航」の感想、心待ちにしています。(と言いながら、買うだけ買ってそのままになっていたのを慌てて読み出した私)
またハコちゃんとのお話も聞きたい。

【GORO's Music Library】
ミュージックライブラリーに届いたメールをご紹介いたします。札幌市にお住まいのこひみるさん。
loveletter
私がリクエストしたい曲はMAN WITH A MISSIONのSeven Deadly Sinsです。以前ミュージックステーションで共演されていた時に、頭はオオカミ、身体は人間というインパクトのある出で立ちでとても驚いたのですが、彼らの曲が流れるとめちゃくちゃかっこよくて次の日、CDを買いに、更にライブに行くほどファンになりました。よければ吾郎さんが、そのマンウィズを見た時の心境をお聞きしたいです。
ああ~思い出しました。何か、顔暑そうだなと思いながら・・・何かね、首筋から汗が流れててたよ。多分かぶってるの暑いんじゃないかな~って思いながら・・・ちょっとこう隙間から光るモノが見えましたけどね。そういう事言っちゃいけないのかな。う~ん・・・
でもかっこよかった。確か、音楽は。僕あんまり、ごめんなさい、そこまでマンウィズの事を詳しくないんですけれども。ねぇ、こひみるさんがここまで言うんですから、ちょっといろいろと聞いてみようかな。
それでは聞いてください、MAN WITH A MISSIONで
Seven Deadly Sins

musicSeven Deadly Sins/MAN WITH A MISSION

これなに?いまだにライブとかもずっとオオカミ被ってやってるんですか?(スタッフさんに聞いてる)ホントに!?暑いよねぇ。
やっぱさぁ、着ぐるみとかかぶり物に関しては僕もプロなのでぇ!まぁ僕よりプロの人もいますけれども(笑)これは暑いんじゃないかなぁ。しかも動物系でしょ。
だってあのセカイノオワリの彼もいっつも汗かいてるもんね。うん。でも見たら確かに忘れないインパクトが。でもこんな事言われたりするとは思うんですけど、何よりも音楽かっこいいし、曲もいいので、そのギャップがファンの方たまらないんじゃないのかなと思いますけれども。うん。

pen暑いのが苦手の吾郎らしい感想(笑)、何となく正直に言ってしまってから、「忘れられないインパクトがあり、そういう風に言われたりする事はあると思うけど、なによりも音楽がかっこよくて曲もいい」と断言するところが好き。
そして、ギャップ萌えもよく分かっていらっしゃる。
最高のギャップ萌えは吾郎さんheartですけれども。私にとって。

まず冒頭で新しいスタートについてのメッセージで私たちを感動させておいて、最後はかぶり物のプロのお話、いつも吾郎さん最高です。

皆さんからのメッセージ、お待ちしております。
季節感のある話やちょっと僕に聞いてみたい事がある方は、
Goro'sColumn
特集コーナーに取り上げて欲しい事があれば、
Goro'sSearch
リクエストは、
Goro'sBreakTimeへ
仕事やプライベートな話題は
Goro'sEssay
メールのアドレスは、
goro@joqr.net 、葉書の方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。
それでは、また来週!バイバ~イ♪

clip編集後記、メールの宛先などは、こちらから⇛編集長 稲垣吾郎

 *「編集長 稲垣吾郎」番組存続のお願いは
   〒 105-8002 文化放送「制作・編成」宛て

clipデイリーラジオランキング~ついラン調べ
2017年9月27日付け 1位:編集長稲垣吾郎

|

« 7月8月ノート | トップページ | ゴロウ・デラックス 9月28日(#267) »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

移籍後初めての放送でしたね。コラムメールのトーク素晴らしかったです。あの図は吾郎さんだったのですね。「図」を見たら人の顔に見えました。これも拘りなんでしょうね。「僕には皆さんがいる」と言っても、シンツヨラジオにザキヤマさんが来たのは私も羨ましかったです。トークを聴いてSNSがとても楽しみになってきました。
台湾の話も面白かったですね。HPに写真があがっていましたね。美味しそうです。台湾って高いけど、美味しいものばかりですが、それなりの価値はあるそうです。
曲もよかったです。まさか、星野源さんがかかるとは思いませんでした。あの曲は私も大好きな曲です。ゴロウデラックスに出演してくれましたが、S-Liveでも一緒に歌ったんですよね。あの時の吾郎さんの踊り方が大好きでした。もし、まだ活動していたら、メンバー全員と恋ダンスしたんだろうな、と切なく思います。
恋ダンスが流行っていた頃、源さん、ゴロウデラックスに出て、吾郎さんと恋ダンスしないかな、とずっと待っていましたがついぞありませんでした。残念です。ゴロウデラックスでは、作家として、S-Liveでは歌手として出演する人は彼くらいではないかと思います。それを「マルチな才能を持つ」と何気ない言葉で紹介してくれる吾郎さんも大好きです。

この前、東京新聞を取り寄せました。2面ー3面見てもなかったので、その記事だけ抜かれたのかと冷や冷やしましたが、見た瞬間、叫んでしまいました。掲載の仕方が凝ってますね。読者の方はペラッペラッとめくっていっていたら、「おおぉぉぉ~(@_@)」ってなったのかな?と思いました。

移籍後初の放送。ただでさえ嬉しいのに、星野源さんの曲が流れて、嬉しさ倍増。もう、幸せいっぱいです。

SNS始まったら、サイトーさん、レポに公式ツイに忙しくなりますねw。私は、SNSは読んで楽しむことにします。

投稿: ルー | 2017年9月29日 (金) 12時49分

サイトーさん

渾身のレポ、感謝です!読んでいてあの日の飛び切り明るい声の吾郎さんを思い出しています。開口一番の「おめでとうございます!!」に思わず「ありがとうございます!」と返したくなるような出来事ですものね。「編集長稲垣吾郎」や「ゴロウ・デラックス」でファンの想いは伝えられていても、今回の企画は「直に繋がれる」感が強いですものね。グループの立ち位置からの稲垣吾郎ではなく、素の稲垣吾郎を前面に出して活躍していってくれるだろうと期待しています。今回も話題豊富で、どの話題にも対応する吾郎さんの知識の豊富さ!リスナーを飽きさせず、一気に30分を駆け抜けるトーク力は凄いですね。短期間の間に「編集長稲垣吾郎」という独特の魅力ある内容に育てた吾郎さん、スタッフ、リスナーには頭が下がる想いです。

毎週感想や要望以外に、編集後記やスタッフのコメントを読む事もその努力に報いるための細やかな気持ちとして公式HPに足を運んでいます。

投稿: あや | 2017年9月30日 (土) 12時12分

fujiルーさま
コメントありがとうございます。
慎吾のスマステ、しんつよのパワスプを聞いた後の収録、普通に剛くん慎吾くんの話をして、ちょっと一番年上な感じのフォローも良かったです。
「図」はちょっとミッフィーの絵に似ているという事で、ツイッターの吾郎ファンの間では今密かにミッフィーもブームになっています(笑)。
カワイイですよね。
台湾の話、面白かったです。
吾郎さんのグラビア記事が載った家庭画報でも台湾の特集がありましたし、ゴロウ・デラックスで東山彰良さんの台湾の話に魅了されたばかりだったので、ますます興味が湧きました。
スマスマの星野源さんとのライブ、私も大好きです。
カラフルな世界が星野さんとSMAPにぴったりでした。
新聞での「新しい地図」ページ、凄かったですね。
シンプルなのでインパクトが大きかったです。

これからの展開が本当に楽しみです。

fujiあやさま
コメントありがとうございます。
吾郎さん、聞いていてこちらまでウキウキするような明るい声でしたね。
実はとてもファンの事を考えてくれている吾郎さんですから、SNSがどのような展開になっていくのか、楽しみです。
「編集長稲垣吾郎」思えば、今年から始まったんですね。ものすごく馴染んでいて、しっかりと一つの形を作り上げていて、素晴らしいです。
せめて数だけでも~と、せっせとハガキを送りHPへの訪問を頻繁に・・・
SNSが始まったらますます忙しくなりそうですが(嬉!)、ラジオやゴロウ・デラックス、anan連載の方も忘れずに応援していきたいですね。


投稿: サイトー | 2017年10月 1日 (日) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月8月ノート | トップページ | ゴロウ・デラックス 9月28日(#267) »