« TBSラジオ主催 三島由紀夫を語る~私たちの告白~ | トップページ | 祝 新たなるスタート »

2017年9月 7日 (木)

編集長 稲垣吾郎 9月6日

9月6日号【目次】
clip今週
【GORO's Search】特派員報告~全国のコーヒー事情
*季節のお便り
かき氷と花火
*めざましTVインタビュー~”皆さんに気持ちを伝えられたかな”

*
What You Won't Do For Love/BOBBY CALDWELL
*あの夏の花火/Dreams Come True
*記憶の空へ/canna

稲垣吾郎です。
僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、
今週はどんなネタがが届いているのでしょうか。
さあ編集会議を始めよう!

【GORO's Column】 
コラムメールをご紹介いたします。神奈川県藤沢市のゆうき&マミさん。
loveletter
吾郎編集長、私たちは今年の夏はゴローズサーチの影響を受けていろいろなかき氷を食べました。地元のケーキ屋さんが提供するかき氷、かき氷の中にケーキが入っているもの、編集長がバレンタインデーの時に紹介してくれた梅酒が入ったWhite生チョコを販売していた鎌倉が本店のca ca o(カカオ)さんのカカオシェイブアイスをいただいてきました。カキゴオリストさんのように写真を撮るのも楽しかったです。
ほう!行かれたんですね。紹介して行って頂けると嬉しいですね。僕は行ってないんですけど(笑)。そっかそっか・・・かき氷。あ~でも結局行ってないですね、お店ね。
へぇ~~~いろいろ行かれたんですね。結構食べ物とかね・・飲食に関しては紹介させていただいているので、う~ん・・結局僕、羽田空港にも行ってないんですよね。羽田はこの番組で紹介してからず~~っと気にはなっているんですけどね。
「行きますね!」必ず言うよね。でもね、ゲストの人にね。結局あんまりまだ行けてないっていう・・・コーヒー屋さんもまだ行けてないっていう・・・
でも行かないとね、実際にね。そっか。鎌倉。
こないだ鎌倉の先の熱海までは行きましたけどね。熱海の・・・花火!
あの・・・ほら、第2のヒロくんって言ってた僕のお友達の・・番組でも紹介したしのぶさん・・しのぶくんが花火が大好きで、まあこの番組を聴いてる方は分かると思うんですけど、二人で線香花火している仲むつまじい映像が出たりしたこともあったんですけど。
まあもちろん鎌倉の花火大会などもすごく有名でね、素晴らしいんですけど、関東周辺で言うと、まぁちょっと遠いんですけど熱海も素晴らしいと聞いたので、ちょっと何人かの友だちと行ってきたんですけどね。いやぁ~素敵でしたね。やっぱり。
とにかく熱海の場合は、花火のプロフェッショナルな彼に言わせると、とにかく近いんだそうですね。防波堤から打ち上げられて、浜からも見えますしね、熱海はね大きいんですよね。で、案外穴場みたいなんですね。そんなに人がいない。そこまで。
鎌倉とは比じゃ無いくらいに。意外と地元の方が多いみたいで、何かそんなに東京みたいに開催される花火大会と違って、勿論見るスペースなんかも確保できるし、何か僕なんか行ってもさり気な~く見て帰ってこれましたし、何かこれは穴場なのかなぁと思いながら。
何か1ヶ月に2~3回はこの季節はやっているみたいですけどね。
ちょっとこれ、お薦めですね。熱海。
まあまあ車で行くとまあ2時間・・東京からだとね、2時間近くかかるので距離ありますけどね、新幹線とかで「行きたい!」っていう方とかだと結構お薦めですね。
以上、ゴローズコラムでした。
   *
ca ca o→公式HP
   *シェイブアイス→ カカオシェイブアイス
   *熱海花火→熱海海上花火大会公式

pen鎌倉のかき氷の話題から熱海の花火まで飛び出した!しのぶくん付きで。
吾郎のラジオはさり気なく日常の出来事も織り込んでくれる優しさ、ファンは嬉しいし熱海の花火の宣伝にもなってます。素晴らしい。

musicWhat You Won't Do For Love/BOBBY CALDWELL

【GORO's Search】
コーヒー特集をしたところですね、全国のリスナー記者のみなさんから美味しいコーヒーの情報が寄せられました。そこで今回のゴローズサーチでは全国のコーヒー情報を紹介します。あ~有り難いですね。
まずはですね、東京下町地区特派員さん、しぇりさん。
loveletter
編集長、こんばんは。先日の放送で編集長が紹介されたスプレンダーコーヒーさんを早速訪問してきました。気さくな店長さんにラジオを聴いた事をお伝えし、コーヒーとシフォンケーキをいただきました。美味しかったのはもちろんですが、お店の雰囲気もとても良くて、きっと編集長もお気に召すのではないかと思いました。店長さんも編集長がお忍びで訪れてくれるのを楽しみにしてました。(ふふっ)また店長さんから伺ったのですが、秋にユーロスペースで公開する映画「74歳のペリカンはパンを売る」でもお店の事が取り上げられるようです。編集長も映画がお好きでコラム連載もされているんですよとお伝えしたら、「是非、映画の話もしたいなぁ」とおっしゃっていました。素敵なお店と美味しいコーヒーと映画、これぞ編集長稲垣吾郎にぴったりの世界ではないでしょうか。
はい、ありがとうございます。行ってないんですよね~
待ってるんですね、僕のこと、ね。(笑)絶対行く!みたいな雰囲気出してましたものね。
行きますよ、いずれ行きますけどね(笑)はい、僕もね、ホントにこれはお世辞抜きで興味ある事ですし。ねっ、浅草の方なん・・墨田区の方なんですね。そっかそっかそっか・・うん・・・行かないとなぁ、先越されて・・特派員記者さんに先を越されてしまいましたね。
すごいですね、これ。ユーロスペースで公開される映画、これ邦画なのかな「74歳のペリカンはパンを売る」映画で。うう~~ん・・・なるほどっ!行きます行きます。スプレンダーコーヒーね。映画の話してきますよ。
 
*SPLENDOR COFFEE  →公式HP 
   *74歳のペリカンはパンを売る→公式HP

続いて東京都豊島区にお住まいのみわさんです。
loveletter
是非紹介させていただきたいお店があってメールします。コーヒーストーリー・ニシナ屋というお店です。カジュアルな豆から本当に稀少な100gウン万円の豆まで、いろんな豆を生の状態で取りそろえています。注文が入ってから購入者の好みに合わせて焙煎をし、碾いてくれます。こちらでは店舗をネットでの販売の他にも、コーヒーを美味しくいただくためのコーヒーを楽しむ講座も定期的に開催しています。妻のケイコさんはコーヒーマイスターの資格を持っていて、豆の事にはとても詳しいです。
本人からのお便りじゃないですか?いやっ、違うか(笑)。
へぇ~自分の好みで焙煎って・・好みを言うのが難しいよね。でもどこどこで飲んだこんなような味って言うのも何か申し訳ないじゃん、違うお店の名前出したりさぁ。ちょっとスタバみたいな感じとかって言いづらいじゃん、例えば(笑)。いや、何か分かんないですけど、専門店ですから・・・思っちゃうんですけどね。まぁでも何か、こういうのをやられてる方ってホントにとても親切に対応してくださる方だと思うのでね。へぇ、広島!?まぁそこまではね、僕もあれですけど。う~ん・・・100gウン万円なんて置いてあるんだ。一番高くてもさ、100g2~3千円くらい?っていうイメージがありましたけどね。
   *
コーヒーストーリー・ニシナ屋→公式HP

続いて、茨城県にお住まいのトクトクママさんです。
loveletterが住んでいる茨城県ひたちなか市が本店のサザコーヒーというお店の徳川将軍コーヒー。江戸幕末のフランス風コーヒー、インドネシア産の深煎り、ベルベットのようなワイン、濃厚できめ細やかな甘さは最後まで続きます。
ふぅぅぅ~ん・・・徳川の慶喜さんの・・最後の将軍の。国家の威信をかけてフランス人の料理人を雇って欧米の公使をもてなしたそうです。
その時から続いているんですかね。こういうものが・・ね。それが江戸幕末にできたような、このコーヒーの文化なんでしょうか。それを継承しているお店なんでしょうか。ふぅ~ん・・なるほど。
   
*SAZA COFFEE→公式HP

続いて大阪市にお住まいのエリンギさん。
loveletter
コーヒー初心者にもコーヒー玄人にもお薦めのお店があります。コーヒー豆専門店、コーヒー豆屋さん。家で飲むコーヒーの質を上げる、がポリシーだというオーナーさん。入れ方飲み方好みなど、コーヒーカウンセリングをしてくれるそうです。きっと吾郎さんにぴったりの「世界に一つだけの豆」を選んでくれる気がします。
ああ~これは東京の渋谷区表参道。
KOFFEE MAMEYA
ふぅぅぅ~ん・・・お洒落ですね。コーヒーのスペルがKOFFEEでコーフィー、Cじゃないんですね、Kなんですね。
う~ん・・・表参道。どこなんだろうね、表参道。まあ調べれば出てくるんでしょうね。
コーヒー豆屋さん。アルファベットでKOFFEE MAMEYA、ここはちょっと行けそうです。
あ、でもコーヒー豆屋の前にね、スプレンダーコーヒーに行かないと、店長が嫉妬してしまいそうですよね(笑)。
   
*KOFFEE MAMEYA→記事

という事でですね、本日はですね、全国の編集部員から寄せられた美味しいコーヒーの情報をご紹介いたしました。以上、ゴローズサーチでした。

【Goro's Break Time】
ペンネームトマトさんからのリクエストメールです。
loveletter
この曲を聴くと誰かと花火を見たくなったり、誰かと見た思い出を思い出したくなります。大好きな曲です。Dreams Come Trueで「あの夏の花火」よろしくお願いします。
うぅ~ん、まさに僕もしのぶくんと花火に行ったばっかりだったんですけど。
いや~ほんとに良かったなぁ。音は凄いよね。彼はホントに花火の準備とかの仕事をしてるんですよ。そういう仕事もしてて。花火職人ではないんですけど、何でしょう、イベントの・・花火のイベンターなんですよね。花火打ち上げる時の準備とか、いろいろ企画とか、そういうものをやりつつ、まあお店もやってるという感じなんですよね。昔から花火がすごい好きみたいで。だって、もう熱海の花火大会なんて何百回行ったって言ってましたけどね。全国行ってるんですよ。花火、だいたい。でもほんと花火って多いみたい、全国。
いくつかお薦めのとこ聞いたんですけどね。まあでも近場だったらやっぱり熱海が彼の中ではお薦めだと言う・・・ね。諏訪湖とかもね、テレビとかでもやってましたけどね。諏訪湖の花火大会って有名ですよね。全国的には長岡とか新潟も有名ですし、有名なとこ他にももちろんいっぱいあると思うんですけど。何かこれは嵌まっちゃったんでね・・・熱海は気に入り・・まだね9月にもやるんでね、花火。ちょっとまた行きたいななんて・・はい、思ってますけれども。
それでは聞いてください、
Dreams Come Trueで「あの夏の花火」

musicあの夏の花火/Dreams Come True

【Goro's Essay】
北海道にお住まいのみちこさんです。
loveletter
めざましTVの「ザ軽部真一特別編~稲垣吾郎インタビュー」を見ました。久しぶりのインタビューで吾郎さんを見て感激しました。吾郎さんが自分の言葉で私たちファンに伝えてくださったので前向きな新たな気持ちで吾郎さんを応援していきたいと思いました。いつも真っ直ぐ真摯に私たちに声を届けてくださって本当にありがとうございます。吾郎さんのファンで良かった、今まで何度も何度も思いました。
ありがとうございます。
はい、これ、軽部さんね。まぁ、あのほん怖ね、そうそう「ほんとにあった怖い話」のオンエアはもう終わってしまったんですけど、毎年やらせてもらってる「ほん怖」の番組宣伝にもなりますし、まぁ何かそういうインタビューだったんですけどね。
まぁでも軽部さん・・ねぇ、とても信頼してる方で、昔からよくインタビューもしてくださってますし僕も大好きなんで、まぁ何を聞かれても素直に自分の言葉で答えることができたらいいなと思ってたので、何か逆にそういうインタビューって最近ではなかったので多分観てる方も新鮮に映ったと思うんですけれども、まぁそういった中で軽部さんで良かったなというか。うん・・何か軽部さんだったら凄くリラックスして、そしてあの~本音でお話する事ができるなって。まぁ、あの凄い仲いいとか(笑)そういう事じゃないんですけど。何か昔から、何だろうねぇ、何か軽部さんの安心感ってありません?(笑)
で、何か、朝めざましテレビの生放送とかに行くと軽部さんに癒やされてしまう感じが・・あったりとかね。
あと映画の試写会での司会とかやってくださったり~みたいな事も今まであったりとかして。
まぁ、あまり最近ね自分の言葉でそういう事を話してなかった・・・ま、この番組ではかなり本音でああだこうだ言わせていただいてますけれども、テレビの画面を通じてというのは、まあ久々だったと思うので。はい。
ちょっと緊張もしたんですけど、何を聞かれるから何を答えようかなって考えてた言葉でもなんでもなかったので・・・多分きっとホントにその時素直に思っている事、本音で話すことが出来たんじゃないかなって思って。皆さんに対する思いとか気持ちみたいなもの・・やっぱりラジオだけでは伝わらないものとか、まあ画面を通じて姿を見せながら何か皆さんに伝える事ができて、いい機会だったなと・・思っておりますね。
「ほん怖」の方も・・どうだったんでしょうかね。すご~い・・今年、怖くなかったですか?何かもう・・10年以上やってるんですけど、子供と一緒にホントに怯えてしまったような今年のほん怖だったんですけど。
で、あの~子供達も、ねぇ・・何か・・・昔はそこまであんまり思わなかったんですけれども、年々すごく可愛く感じるんですよね。昔思わなかったの!?っていう話なんですけどね。やっぱり30歳くらいの時って、やっぱり「凄い子供好きです」みたいな感じのキャラクターではないので、あの・・何だろうな苦手意識というか、何か子供とどう接したらいいか分からない~みたいな自分が結構居たのでちょっと得意な方ではなかったんですけど。
今でも得意ではないんですけど、やっぱり何かこの年になって何かすごい可愛いなって・・何か今更すごく思ってきたんですよね。
何か、だって・・・宝石みたいですよね。何だろう、う~ん。
何か自分の中の父性みたいなものがね、人間やっぱり誰でもありますからね。自分には子供がいないんですけれども、ちょっとそういう・・歳と共にそういう気持ちの変化っていうのも出てくるんでしょうかね。
ま、この番組も是非、「ほん怖」も毎年毎年やらせていただきたいのでね、年に一回なんですけれども、これからも続けていくことが出来ればなと思っておりますね。はい。
以上、ゴローズエッセイでした。

penめざましインタビューに引き続き、しっかりと気持ちを伝えてくれて本当に嬉しいです。
今Wikipediaを見てきたら軽部さんは94年からめざましTVの芸能コーナーを担当しているのですね。まだ生放送が慣れていない頃からSMAPは軽部さんとのお付き合いがあったのかな~と思うと、吾郎が安心する気持ちが分かります。
また、テレビで見せる顔は普段のその人と同じとは限らないですよね(あまりに軽部さんへの攻撃が凄くて・・・)。
あのインタビューは、吾郎の本当の気持ちだと思ったし改めてラジオでまたこのハガキを取り上げて話してくれた事が嬉しい。
吾郎はいつも相手の良い所を見ている人ですが、同時に媚びる事なく言うべき事はシンプルにしっかり伝える・・・本当に強くて優しい人だと思います。
お便りの方と全く一緒、本当に吾郎さんのファンで良かった、何回も何回も思いました。

私的コメントを付け加えてしまうと、”ラジオでは伝わらないもの、テレビの画面を通じて”・・・これはもう、あの透明感のある内面からにじみ出る美しさと生まれつきの造形美が合わさって、テレビの画面から伝わってくるものは凄かったですheart02

「ほん怖」についても、子供の事を「宝石みたいですよね」って、素晴らしい表現ですね。ごちゃごちゃと理屈を並べる必要などなく、何故吾郎ってこういう風にシンプルで素敵な言葉が出てくるのでしょうか。
「ほん怖」これからも続けられますように。ほん怖は「吾郎さん」じゃないとダメです!

【GORO's Music Library】
ミュージックライブラリーに届いたメールをご紹介いたします。世田谷区ラジオネームななみさんからです。
loveletter
吾郎編集長、cannaの「記憶の空へ」をリクエストします。NHKで放送された吾郎さん主演の「陰陽師」の主題歌です。今までいろいろな人が演じてきましたが、知的で冷静で独特な雰囲気が吾郎さんにぴったりで、このドラマ以来、私の中の安倍晴明は吾郎さんです。大立ち回りをするわけではないのですが、説得力のある言葉と態度は安倍晴明はホントにこんな人だったんではないかなと思ってしまうくらいです。この話を見ると本当に怖いのは幽霊などではなく人間の方なんだなと感じました。また、今の吾郎さんで今の年代の安倍晴明の話を見てみたいです。
懐かしいですね。2001年・・・
それでは1曲お聴き下さい。
cannaで「記憶の空へ」

music記憶の空へ/canna

安倍晴明ブームが始まった頃ですものね、「陰陽師」の。映画とかもやられましたよね。
凄い寒かった・・んだよね、ロケ。何か凄いそれを思い出しますけれども。
でもこの安倍晴明の格好、陰陽師の格好って要するにお公家さんの格好なんですね、平安時代の。中に着込める着込める。すっごい・・・何着てもバレないの。何枚着ても。
防寒対策はとってたんですが撮影はすごい寒かった印象と。
あと杉本哲太さんがね、すごく物静かな方なんですけども、お芝居でやっぱり何だろうな、情熱的になるところなんかが、やっぱり凄く・・素晴らしい俳優さんなんだななんて思いながら・・杉本さんが涙を流すシーンがあったんですけれども、その時にその燃焼の仕方、感情の燃やし方というのが一気に沸点に達する感じというのが・・・その力が俳優として素晴らしいなって思った記憶がありますね。
本上まなみさんも非常に美しかったですし。

pen「陰陽師」良いドラマでしたね、大好きです。
安倍晴明に吾郎をキャスティングした人、凄いです。
NHKドラマ版「陰陽師」は縁側で酒を酌み交わしながらの静かな時間がすごく良かったですし、原作の小説から受ける雰囲気にとてもよく合っていました。
蘆屋道満を演じた寺尾聰さんも、ビストロに来店された時「吾郎の安倍晴明が一番好き」とおっしゃっていましたね。
是非、今の吾郎で再び安倍晴明を見たいです。

はい、エンディングです。
ここでですね・・・何か誤報があったみたいですね。
(リスナー ドキドキドキ)
これ、何か(笑)・・・岐阜県にお住まいのねこぶたさんからなんですけれども。
loveletter
編集長、大変です!桜井幸子さんと稲垣吾郎さんが共演した「僕は旅をする」という作品は「世にも奇妙な物語」のSMAP特別編としてDVD化されています。
あ~~DVDになってるわ。誤報は良くないのでね。気付いてくださってありがとうございます。失礼いたしました。

という事で、皆さんからのメッセージ、お待ちしております。
季節感のある話やちょっと僕に聞いてみたい事がある方は、
Goro'sColumn
特集コーナーに取り上げて欲しい事があれば、
Goro'sSearch
リクエストは、
Goro'sBreakTimeへ
お仕事やプライベートな話題は
Goro'sEssay
メールのアドレスは、
goro@joqr.net 、葉書の方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。
それでは、また来週!バイバ~イ♪

penエンディングの音楽がかかったところで、「ここでですね・・・」と言われたら、ドキドキしますよね。何と言っても、今週でジャニーズ事務所所属としては最後の放送ですし、番組の存続はまだ発表されていませんし、ラジオの前のリスナーは一斉にドキドキしたに違いありません。
誤報・・・DVD発売されてますよ!という事で。
やっちゃいました~な吾郎さんが可愛かったです。

で、ジャニーズ事務所所属タレントとして最後の放送(しつこいw)は「誤報」の謝罪と訂正で終わりました。吾郎らしくて、いいやんheart
来週からが一層楽しみです。

clip編集後記、メールの宛先などは、こちらから⇛編集長 稲垣吾郎

 *「編集長 稲垣吾郎」番組存続のお願いは
   〒 105-8002 文化放送「制作・編成」宛て

clipデイリーラジオランキング~ついラン調べ
2017年9月6日 1位:編集長稲垣吾郎

|

« TBSラジオ主催 三島由紀夫を語る~私たちの告白~ | トップページ | 祝 新たなるスタート »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

きてしまいました。ジャニーズとして最後の放送。
今回は編集会議で取り上げた内容を中心に話題が広がりましたね。羽田空港、かき氷、そして珈琲。編集部員さんからの情報も豊富で、珈琲情報をたくさん手に入れました。私もチェックしていってみたいです。という私も、編集長ではありませんが、全く行けていませんw
そして、花火の話。そういえば、しのぶさんと花火してるなんて話、テレビでしていましたね。とても懐かしいです。「熱海」を連呼していた時、熱海を身近に感じる私としては、ドキドキしっぱなしです。吾郎さんの言う通り、熱海は静岡県の中でもいい所ですよ。広くもなく狭くもない街なので、花火を見るのにもちょうどいい場所が確保できるかと思います。吾郎さんの言う通り、新幹線だと近いですが、在来線で行くのも乙なものです。グリーン席に乗って、景色を楽しむのも一つの楽しみです。熱海から東京に帰るときなんかは、だんだんホームが増えていったり、街になっていくのをみるのも面白いです。
そんな吾郎さんのめざましテレビのコメント。インタビューした時の気持ちを聴くことができてとても感激しました。ほん怖での子供達との交流の話や、お話の怖さを伝えた時の思いを聴いて納得していました。ほん怖は移籍しても続けてほしいと思います。

私も、「お知らせです」にドキドキでしたよ。最後の放送日の告知?それとも継続?と心臓の鼓動が早くなりました。
DVDの話でしたね。思ったことは「もぉ~吾郎さん!!」

来週から、第1回の放送日だと思って、楽しみにしています。

投稿: ルー | 2017年9月 7日 (木) 22時15分

いつもと同じようにそして久しぶりのインタビューについて話してくれて・・・本当にラジオを聞いていてうるっとしました。
きっとこれからも素晴らしい仕事を、ファンが待っているものを見せてくれると思います。
だって私とサイトーさんが惚れた男だもん!!!(笑)
詳しいレポいつも本当にありがとうございます^^

投稿: YUE | 2017年9月 7日 (木) 22時23分

musicルーさま
コメントありがとうございます。
かき氷や花火・・・終わり行く夏を惜しむかのような内容でしたね。
熱海は子供の頃、毎年夏になると行っていたので懐かしい場所です。
熱海の花火は冬が格別に綺麗と聞きました。
空気が澄んでいるので、とても綺麗だそうですね。
その話を思い出して、行ってみたくなりました。
行きはのんびり景色を楽しみながら、帰りは新幹線というのも面白そう。
めざましテレビのインタビューについて、また語ってくれたのはとても嬉しいです。ちゃんと吾郎さんの気持ちだった事をはっきりと伝えてくれて・・・本当に強くて優しい人ですね。
「ほん怖」は是非続いて欲しいです。
そして、やっぱり「ドキドキ」から「もぉ~吾郎さん」になったのですね。
新たなるスタート、楽しみです。

musicYUEさま
コメントありがとうございます。
吾郎さんはいつもさり気ないんですよね。
さりげなさの中に、優しさがたくさん詰まっていて・・・
気付かれにくいのかもしれませんが、ファンは知ってます。
本当に素敵な男ですよね。
顔だけで好きになったのに、こんなにも人間的にも惚れてしまうなんて。
これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: サイトー | 2017年9月 7日 (木) 23時19分

退所の日の朝に飛び込んできた「編集長稲垣吾郎」継続のニュース!それも吾郎さん自身が番組内で発表するらしい。ananのシネマナビもそうだけれど、何時もさりげなくファンに寄り添い、きちんと自分の想いを自ら発信してくれますね。だからファンは彼の言葉を信じ、現実を見て、妄想や憶測に振り回されず、何時も冷静に物事を判断できるのだと思います。

今回の放送も楽しい夏の一時を過ごされたようで良かったなぁと思いました。良い友人に恵まれていていいですね!熱海の花火は本当に素晴らしいです。海岸から丘陵地帯に広がるホテルとマンション、別荘は殆どが海を一望出来るように建てられているので、外で観る人は少ないのかも知れません。人の目を気にする事無く、花火を堪能できたのでしょうね。花火といえば、桐の箱に入った線香花火に興じる吾郎さんの話を思い出しました。往く夏を惜しむ吾郎さんの感性→この美意識と気持ちの余裕は羨ましい。

様々なリスナーからのお便りに丁寧に応え、いつも通りの自然体の吾郎さんがいることに安心し、清々しい気持ちで番組を聞く事が出来ます。これからも要望、感想を届けて応援して行きましょう。

ひとまず、祝 継続!ですね。

投稿: あや | 2017年9月 8日 (金) 10時09分

まずは『編集長 稲垣吾郎』継続、本当におめでとうございます(^-^)新たな旅立ちもありつつ、こうして安心出来る場所が残ってくれるのは素晴らしいですね。

めざましテレビのインタビュー、吾郎は美しいモノを愛する人ですが、人の美しい部分にも敏感で光を照らせられるんですね^^
(軽部さんについては、わたしもサイトーさんのご意見に共感しました。Wikiで調べてくるサイトーさんも素敵です♪)

花火の話、今年初めて長岡の花火大会の模様をBSで観られたので、吾郎のこの夏の感動がイメージしやすかったです(^-^)

あと、吾郎版陰陽師は大好きで、あの原作の鉄板とも言える(笑)飲みながらの語らいも良かったですね。もし、今の吾郎でまたやってくれるなら、原作に登場する南蛮の酒(要はワインですね^^)を飲むシーンを見てみたいです!

投稿: アセロラ | 2017年9月 8日 (金) 23時01分

musicあやさま
コメントありがとうございます。
静かでゆったりと楽しそうな吾郎さんの夏の休日・・・思い描くだけで自然に微笑んでしまいます。
熱海の花火、時間もそんなに長くないのも良いですね。
行ってみたくなりました。
編集長の元にはいつも素敵なお便りが届いて、吾郎さんが更に話を広げて楽しいものにしていく・・・毎回書き起こしていて、無駄の無い話しぶりと話題の広げ方に驚きます。
編集長稲垣吾郎は全国放送でもないですし時間もちょっと早めにもかかわらず、ツイート数も多くついラン調べで連続1位になっています、
これからも楽しく応援していけたら~と思います。

musicアセロラさま
コメントありがとうございます。
返信が遅くなってしまってる間に、ラジオ継続についてまた変なネット記事が出ていましたが、とにかく応援していくのみだと思っています。
(軽部さんについての共感、ありがとうございます。恨んで全方位叩いても、彼らに良いことはないのに・・・と、思います)
吾郎陰陽師、好きと言っていただいて嬉しいです。
何番の酒を飲む吾郎晴明、是非見たいです。

投稿: サイトー | 2017年9月10日 (日) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TBSラジオ主催 三島由紀夫を語る~私たちの告白~ | トップページ | 祝 新たなるスタート »