« 編集長 稲垣吾郎 1月24日 | トップページ | 72Hunもうちょっとテレビ »

2018年1月28日 (日)

ゴロウ・デラックス 1月25日(#282)

先週に引き続き、ゲストは樹林伸さん。ワイン会はまだまだこれからです。
book今週の課題図書:「東京ワイン会ピープル

book朗読「神の雫(1) (モーニングコミックス)」より、傑作ワイン「シャトー・ペトリュス」の表現を朗読。Photo

wineワイン会後半
1)ヴーヴ・クリコ・イエローラベル
手の届く値段で安定の味が楽しめる樹林さんお薦めのシャンパーニュ
吾郎:朝、海が見たくなって車を走らせて、ふと窓を開けた時の風に感じた爽快感。
樹林:風を感じるというのはシャンパンについて使われる表現。海の風にミネラル感を感じるというのは正しい。
外山:幼なじみに回し蹴りをしてクリーンヒットした時の爽快感。
樹林:ワインの持っている躍動感ですね。

2)シャトー・モン・ペラ 2001
神の雫で紹介され大ブームになった。
樹林:熟成香・・・ちょっとエッチな匂い。
吾郎:はいはい、分かります。少しムスクとか・・麝香の香りね。

吾郎:すごく力強い。44マグナムですよ、ダーティー・ハリー!力強い中にも哀愁が漂う。
樹林:懐かしさもあり、優しさも持っている力強さ。
外山:力強いけれど最後に優しさがくる、ピエール瀧さん。
樹林:ある種フレディ・マーキュリー

3)ドン・ペリニヨンロゼ 2004
課題図書では仮面舞踏会に例えられたシャンパーニュ。”意外性の塊”
樹林:これは吾郎くんに開けてもらおうかな。
音をさせずにキレイに開けた吾郎に「天使のため息!素晴らしい!!ため息きましたね~」と拍手をしてくださる。
これほどの品種のものならブルゴーニュグラスで香りを楽しむのが樹林流。
吾郎:優しい。絹のような泡・・・
しばし堪能していると山田くんが消しゴムハンコ作品を持って登場。
「僕も飲ませてくださいよ!」
樹林先生の提案で、カメラさん初めとしてスタッフ、出版社の方も集まって全員でワイン会。

4)DRC エシェゾー 20050125
「生まれてきてくれて、ありがとう。まだ100年生きられるのに、開けちゃったんだよ!・・・」等々興奮気味な吾郎。外山さんに「落ち着かないから座って頂いていい?」と言われる始末(笑)。

吾郎:舌から離れてくれない、ずーっと余韻が残っている。気難しかったり偉そうじゃなくて、実際に飲むと優しく寄り添ってくれる。
3人がうっとりとエシェゾーの余韻に浸っていてふと気がつくと・・・

吾郎:「まだ回ってたの?カメラ」
最後に樹林先生に「また、アシスタントで活躍しますので~」と次回のおねだりも忘れない吾郎。
本当に楽しかったし、見ているだけで美味しかった。
独特な外山さんの感想は、どんなものが出てくるのが楽しみでした。
スタッフさんや編集者さんも一緒になって乾杯している様子が少しだけ映りましたが、こんな素敵な事ってないですね。
ゴロウ・デラックスのチームがそういう自由で友好的な雰囲気を持っているんですね。
そして何と言っても樹林先生、大ヒット作をたくさんお持ちの大先生なのに、高価なワインを次々と開けてくださりニコニコと吾郎と外山さんの感想を聞きながらちょっとフォローしてくださってご自身ではあまり前に出て語らない。01252_3
何より、美味しいものはみんなで楽しもうよという気持ちが素敵でした。
開けたワインの瓶がズラッと並んでちょっと気怠い雰囲気のワイン会の終わり・・・
本当に素敵な時間をありがとうございました。

appleゴロウ・デラックス次週の予告映像→youtuboo

・・・何度も見て再生回数を増やしましょう。「高く評価」のクリックも忘れずに♪

clipゴロウ・デラックスへの   
ご意見・ご感想そして次週予告はこちら
番組存続へのお願いは
〒107-8066 東京都港区赤坂5-3-6   TBS『制作・編成』御中

clip視聴者センターで受けたものは社内に回り、偉いさん達も見るそうなので、番組宛て・編成宛ての他に、視聴者サービス部宛のメッセージも大切だそうです。
TBS視聴者サービス部宛メッセージフォーム

tv民放公式テレビポータル TVer
お問合せ項目に「リクエスト」があるので、こちらから「ゴロウ・デラックス」のリクエストもお願いします⇛
民放公式テレビポータル TVerお問合せ
TBS FREE by TBSオンデマンド (下のお問合せから)

search今週のBook Bang テレビ・ラジオで取り上げられた本
稲垣吾郎のテンションがヤバイ 『神の雫』原作者のワイン御殿で行われた「高級ワイン会」に大興奮![ゴロウ・デラックス]

Yahoo!ニュース記事
稲垣吾郎のテンションがヤバイ 『神の雫』原作者のワイン御殿で行われた「高級ワイン会」に大興奮![ゴロウ・デラックス]

・・・yahoo!記事へのコメントは、どれだけ関心が持たれているかの指標になるとの事なので、是非一言でも良いのでコメントをお願いします。切手もハガキも必要なく応援できますので。

pen唯一無二のブックバラエティという名に恥じないゴロウ・デラックス、本当に素晴らしい番組だと思います。
吾郎さんが事務所を辞めた今、存続が安泰とは言えないと思いますので、是非是非できる限りの応援をしていきたいです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

|

« 編集長 稲垣吾郎 1月24日 | トップページ | 72Hunもうちょっとテレビ »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

先週に引き続き「東京ワイン会ピープル」…もう神回でした。
吾郎さんからワインへの名言の数々。吾郎さんがワインを語れば私の頭の中はドラマ=城くん。先週からドラマ「ソムリエ」を観て過ごしています。
今回で実感したのは「ゴロウ・デラックス」は唯一無二のブックバラエティだと感じました。本の紹介だけではなくゲストの方のお人柄を知り得る事ができてその本の魅力を倍増させて読みたくなります。樹林先生とても優しくて良い方でした。先週「東京ワイン会ピープル」が在庫切れだったのですが、今日注文をお願いしていた本屋さんに取りに行って購入する事が出来ました。ソムリエ吾郎さんを想いながら読みます。
我が家にまたゴロウ・デラックスで紹介された本が本棚に増えました。
本を読む楽しさ素晴らしい本に出会えて時の喜びのお手伝いをしてくれるとても良い番組なので是非存続してもらいたいです。

投稿: ももここ | 2018年1月29日 (月) 23時46分

appleももここさま
コメントありがとうございます。
ゴロデラワイン会、最高でしたね。
樹林先生も吾郎さんもワインの知識をひけらかしたりせず、ひたすらワインに敬意を持ち尊重して大切に愛でる事が第一だったのが良かったです。
外山さんだって、きっと知識はたくさんあると思うけど、役割に徹してちょっと違った観点からの感想を(笑)・・・
ほんとうに美味しいんだろうな~という事が伝わってきました。
そして樹林先生のお人柄も。
だから、ゴロウ・デラックスって素晴らしい番組なんですよね。
ゲストのお人柄を知る事によって、作品にも敬意と愛着が湧きます。
今までは手にしなかったような本も読むようになりますし、素敵な番組です。
大切にしたいですね。

投稿: サイトー | 2018年1月30日 (火) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 編集長 稲垣吾郎 1月24日 | トップページ | 72Hunもうちょっとテレビ »