« 編集長 稲垣吾郎 4月18日 | トップページ | 「クソ野郎と美しき世界」第2弾決定 »

2018年4月23日 (月)

ゴロウ・デラックス 4月19日(#293)

今週のゲストは2回目の出演、春日太一さん(前回は2017年2月2日)と深夜番組は初めてという岩下志麻さん。

book今夜の課題図書:「美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道Photo
何故、この本を書いたか・・・
前回の五社英雄監督の本を書くにあたって、岩下志麻さんにもインタビューをしたら五社監督だけでも面白いお話をたくさん聞くことができた。そこで他の監督のお話も伺いたくなり、本を書くに至った。

shadow岩下志麻さんについて~春日さん談
頭の中で演技のプランができあがっていて、それを言葉に出来る方。
演じる役は情念に生きるような役が多いが、理知的にロジカルに演技を組み立てていく。
外側の器を作ってから、内部に魂を入れ込んでいく2段階になっているので、役作りだけで一つの物語になっている。

そして、もう一人のゲスト岩下志麻さんご登場。美しい!
何気なく椅子を引く吾郎さんが紳士。春日さん緊張。
岩下さんはスマスマのビストロとコント「ホストマンブルース」に出演されていて、その話の時にかすかに流れるビストロの音楽・・・ゴロウ・デラックス好きです。

美しく狂気に満ちた女優道を徹底解明
*1977年「はなれ
瞽女おりん」篠田正浩監督
盲目の三味線弾きを演じた岩下さんは目を瞑って暗闇になれる事から練習。

春日太一さん分析~役者の役作りのタイプ
1)現場で即興的に演じていくのが得意なタイプ
2)徹底的に準備し、現場でもそのまま演じるタイプ

岩下さんは後者の最たるもの。で吾郎さんはどうですか?と聞かれて出てきたのが「笑の大学」の打ち上げの時に役所広司さんに注意を受けたというエピソード。
役所さんはスタートする前から役に入って準備しているのに、吾郎さんは「はい、スタート!」で役に入るタイプで本番直前まで下を向いていた。
「よ~い」で見つめ合っていないといけないのに、カチンと鳴った瞬間から切り替わるタイプだった
そこを役所さんが注意してくださってとても勉強になったというお話。
この話は初めて聞きましたが、こうやっていろいろな事をきちんと学んでいくんだなと嬉しくなりました。

*1974年「卑弥呼」篠田正浩監督
卑弥呼の役作りをして、実際に霊媒師の所に行き卑弥呼の霊を降ろしてもらった。事務所の人を二人連れて行ったところ、岩下さんではなく事務所の人の所に霊が降りてしまったので、その様子を見て役作りした。
また不思議な動きを付けるために前衛的な暗黒舞踏の方に教わり指の舞踏をやった。

*1978年「鬼畜」野村芳太郎監督
子供(夫が外で作ってきた)に怒り狂う非道な鬼嫁の役。
子役に優しい顔を見せずに押し通し、ずっと怖がられていたというエピソード。
「やる方が一番辛いですよね」と、よく分かっている吾郎さん。
「十三人の刺客」とか「流れ星」とか、怖がられる役嫌われる役もたくさんありましたものね。

春日太一さんがおっしゃるように岩下志麻さんのお話はとても分かりやすく面白かったです。そしていくつになってもお綺麗!
映画のお話の時、それぞれの映像が流れるのでとても分かりやすくて更に楽しめる・・・ゴロウ・デラックスのスタッフさんって素晴らしい。
来週も続きます!

appleゴロウ・デラックス次週の予告映像→youtuboo
来週は岩下志麻さんと春日太一さん。

・・・何度も見て再生回数を増やしましょう。「高く評価」のクリックも忘れずに♪

clipゴロウ・デラックスへの   
ご意見・ご感想そして次週予告はこちら
番組存続へのお願いは
〒107-8066 東京都港区赤坂5-3-6   TBS『制作・編成』御中

clip視聴者センターで受けたものは社内に回り、偉いさん達も見るそうなので、番組宛て・編成宛ての他に、視聴者サービス部宛のメッセージも大切だそうです。
TBS視聴者サービス部宛メッセージフォーム

tv民放公式テレビポータル TVer
お問合せ項目に「リクエスト」があるので、こちらから「ゴロウ・デラックス」のリクエストもお願いします⇛
民放公式テレビポータル TVerお問合せ
TBS FREE by TBSオンデマンド (下のお問合せから)

search今週のBook Bang テレビ・ラジオで取り上げられた本
稲垣吾郎も絶句 女優・岩下志麻の「狂気に満ちた」役の数々[ゴロウ・デラックス]

Yahoo!ニュース記事
稲垣吾郎も絶句 女優・岩下志麻の「狂気に満ちた」役の数々[ゴロウ・デラックス]

・・・yahoo!記事へのコメントは、どれだけ関心が持たれているかの指標になるとの事なので、是非一言でも良いのでコメントをお願いします。切手もハガキも必要なく応援できますので。

clip発売中の日経エンタテインメントの「テレビ証券」というコーナーの「テレビ証券推奨銘柄(2/12~3/11)」の表にゴロウ・デラックスについて『今や文壇とテレビを結ぶ貴重な番組』など嬉しい記述があります。最後の一文も嬉しいです。

|

« 編集長 稲垣吾郎 4月18日 | トップページ | 「クソ野郎と美しき世界」第2弾決定 »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

2回目のご出演の春日太一さんに特別ゲストの岩下志麻さん。
相変わらずの美しさと品の良さに大女優の風格に圧倒されました。何よりも初の深夜番組にゴロウ・デラックスに出演された事が嬉しく思いました。
吾郎さんの紳士的なエスコート…自然にできる吾郎さん素敵ですね。スマスマでのエピソードを話してくれた岩下志麻さんにその事を放映してくれたゴロウ・デラックス…
岩下志麻さんの役作りの話を真剣にキラキラした瞳で聞く演者としての吾郎さんがとても印象的でした。
笑いの大学での役所広司さんとのエピソードは吾郎さんはしっかりと受け止めてその後の役所広司さんとの共演の十三人の刺客での吾郎さんの素晴らしい演技にも繋がっていったのかなぁと…
来週も岩下志麻さん! 楽しみです。
上手く言えないのですがゴロウ・デラックスは本を観る番組…課題図書が読みたくなります。素敵な番組です^_^

投稿: ももここ | 2018年4月24日 (火) 23時51分

appleももここさま
コメントありがとうございます。
岩下志麻さん、お美しくて品格があって素敵でしたね。
そしてどんなゲストが出演されても、変わらない対応の吾郎さんと外山さんもとっても素敵ですね。
また、どんな話題もタブーにしないゴロデラ、素晴らしいです。
さりげなく吾郎さんの話題も入れてくれる優しさも。
来週も凄く楽しみです。
春日さんがTwitterで呟いてくださったあのエピソードは出るのかしら。。。

投稿: サイトー | 2018年4月25日 (水) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 編集長 稲垣吾郎 4月18日 | トップページ | 「クソ野郎と美しき世界」第2弾決定 »