« ゴロウ・デラックス 3月29日(#291) | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 4月4日 »

2018年4月 5日 (木)

7,2 新しい別の窓 第1回 4月1日

【新しい別の窓#1】
 1オープニング~ゆず生ゲリラライブ
 2太鼓の達人・ゆず足湯ライブ
 3香取、気になるフォロワーに会いに行く
 4キャイ~ン天野とバス車内でSNSについて、トーク
 5ゲストとゲーム&#SNS花見
 6ライブ 「72」「雨あがりのステップ」「72かのナニかの何?」
 7ヒロミ&ユースケとホンネトーク
 8Youtuber草彅vs若手芸人
 9斉藤和義ライブ
 10江頭2:50が登場~エンディング

新しいレギュラー番組が”世界初のSNSバラエティー~スマホ片手に番組に参加しよう”という名目で始まりましたが、どうだったでしょうか。

[ゆず生ゲリラライブ~足湯ライブ]
*ゆず生ゲリラライブ
横浜大桟橋前、時折聞こえる汽笛、後ろには外国の豪華客船。
歌った曲は3曲。選曲の理由も話してくださいました。

夏色 絶対に一緒にやりたい。一回目は派手にやりたい
いつか 72の時に歌った曲なので一緒に歌いたいと思った
タッタ ゆずと3人のファンと一緒に踊ったりしたかった


踊るだけでなく歌詞も良いんですね
”たった一度きりの人生、何度でも幕は開けるよ、ヨーイドン!・・・”
きっとそういう意味もあって選んでくれたのかななんて思ってしまいました。
吾郎さん、声が良く出ていてゆずの曲に合っていました。

*横浜みなとみらい万葉倶楽部ゆずお薦めスポット)
ゲームコーナーで北川悠仁さんと吾郎が太鼓の達人対決
対決のつもりだったのが設定間違いで「相性のよいカップル判定」をしてしまったようで、ツイッターで勝敗予想を募ったのに
シンクロ率87%の「ベストカップル」という結果に(笑)。
   *北川悠仁さんのInstagram→4月1日

屋上で大観覧車などをバックに足湯に入って5人でのトーク。
ゆずのお二人が何故ゲストに来てくれたか・・・「新しい何かに挑む事が好き。72ホンネテレビの時はツアーで来られなかったので次に何かがあった時には行きたいと思った」そうで嬉しい言葉です。

・栄光の架け橋
新しい旅が始まる3人に歌のプレゼント~足湯に入ったままで生ライブ

ゆずのお二人には、第1回目の放送のオープニングにゲストに来て頂き本当にありがとうございました。歌は素晴らしかったし、さすが観客をのせたり煽ったりプロのお仕事で楽しいひとときでした。

[POP UP SHOP 紹介]
会見の後、深夜1時過ぎに収録したVTR。
これはまったりと楽しかったです。
1800円のコーヒーを飲み、虹色のベーグルを一人手でちぎりながら食べる吾郎さま。

[SNS花見 ゲストとゲーム]
パラリンピックメダリスト村岡桃佳さんが5つのメダルを下げて登場。
あんな大活躍された方ですが、とても可愛らしい方でした。
このコーナーでは平昌の様子、トレーニングの件などを質問する吾郎。
さすがゴロウ・デラックスで培ったものがある、落ち着いて的確に話を進めていくところが何気なくて素敵でした。

*ギリギリチャンピオン(順番にバランスボールに少しずつ空気を入れていってバランスボールを破裂させてしまった人の負け)
何周も回ってなかなか割れなかったボールが、吾郎さんがボールの前に立ってジャケットをちょっと直したところで何もしないのに爆発bomb
後ろの大きなバランスボールが壊れたのに後ろに倒れず持ちこたえる吾郎さんの体幹素晴らしい。それにしてもこういうゲームの時、吾郎が持っている運が凄いです。

[3人での生ライブ]
「72」「雨あがりのステップ」新曲「72かのナニかの何?」
久しぶりに踊ってる!!な新曲は「新しい別の窓」のテーマソング。

[ホンネでトーク]
ヒロミさんとユースケさんをゲストに迎えて視聴者の質問に答えていく形式。
バラエティ番組の最終回について~というお題で突然ユースケさんが
「ゴロウ・デラックス終わらないの?3人一緒にやめちゃえば」と。
別に揃える必要はないですし、番組に拘わっている人に対して冗談ではすまないと思える発言にビックリ。
すかさず「何で止めなくちゃいけないんですかっ!」
という吾郎さんの発言に救われました。
吾郎さんが話し出すとすぐ口を挟むし、何か炎上させたら面白いと思っているようなユースケさんに対して、ヒロミさんの気配りが嬉しかった。

本当に楽しめているか~という問いに対して、
吾郎さんは、生活のペースが変わったり戸惑ったこともあったがその分新しい事がやれたりして楽しんでいる。
そして剛くんは今舞台のお稽古に横浜まで東横線に乗って通っているそうで、それも新鮮で楽しいそうです。
何度も何度も吾郎の話が遮られたにも拘わらず、ドラマ「彼」の話もしてくださって、ヒロミさんありがとうございました。

[斉藤和義SPライブ]
剛くんが大好きな斉藤和義さんをお呼びして生ライブ。
これも剛くんのコーナーでしたね。
・歩いて帰ろう
・僕の見たビートルズはテレビの中

2曲目は剛くんと齋藤さん。ギターが好きになったきっかけを作ってくださった大杉漣さんの思い出を語る。
随分前から映画、ドラマ、舞台で共演していた吾郎さんですが、多くを語らず(剛と齋藤さんの歌を)漣さんが見守ってくださってたら嬉しいね」の言葉が印象的でした。

しんみり温かな思い出に浸っている所にユースケさん乱入。
斉藤和義さんにちゃんと挨拶する暇もなく前室に連れて行かれる。
そこにはみんなの予想通り江頭さんが。
吾郎の「お疲れ様」が気にくわないと頬を叩く、面白がって2回、3回と。
人の顔を叩き返す選択のない吾郎は「親にも叩かれたことないのに!」とガンダムネタで応える。
もう耳の辺りが赤い。
そして江頭さんに連れていかれたスタジオには600万円かけて作ったという傾斜を変えられる向かい合った滑り台のような大きな装置が。
その後「あっち向いてホイ」で何故か吾郎のこめかみの辺りをまた叩き、目に当たってビックリ。こうしてちょっとした騒ぎになったのですが、吾郎さんはもちろんプロ中のプロですから、直ぐにコンタクトを直して笑顔でエンディングを迎えました。

penオープニングがとっても良かった。
ゆずのお二人が明るくて温かくて・・・集まった500人のファンは新しい地図とゆずのファンが半々だったそう。
今回もお天気に恵まれて良かった。
汽笛が鳴る場所で門出のライブ、思い出深いものになりました。
今回は吾郎さんが中心となるコーナーがなかったので、次からは何か作って欲しいですね。

私はAbemaTVさんへメールで番組への要望とリクエストを送ってきました。
リクエストは、「仮面ライダーGを新しい別の窓で」「例えば宇多丸さんのように趣味の同じ方を呼んでオタクトーク」など。
メールの宛先はこちら→AbemaTVお問合せ
(ちゃんと読んでくださるようで返信が送られてきます)

tvこちらで視聴できます。
AbemaTV→7,2 新しい別の窓#1

いろいろ思った事はあるので「続きを読む」に隠します。
ネガティブな事ばかりになってしまいましたが個人的な意見なので書かせていただきました。ただ「続きを読む」って、スマホ画面では何の意味もないんですね。

残念だった事を書かせていただきます。

「新しい別の窓」という「新しい」はツイッターで視聴者が参加する番組という事だったんですね。でも「ホンネテレビ」でやってますし。

その他は「ぷっすま」からユースケさんと江頭さんゲスト、ゲームもぷっすまから~という何だったんだろう~という内容でした。
ぷっすまが嫌な訳ではないんです、幅広い可能性を秘めた新しい番組が始まる!という期待を裏切られてしまったこと。

見事に吾郎さんがメインのコーナーがありませんでした。
あちらこちらで紹介している香取くんの香港ウォールアートの紹介があるんだったら、吾郎さんと剛くんのお仕事近況などもやるべきではないかなって思います。
3人の映画のために福岡まで宣伝に行った事も吾郎さんのブログでしか知らされませんでした。この辺は「新しい地図」の管轄かとも思いますが。
第1回目の放送っていろいろ期待してしまうじゃないですか。しかも独立後初めての新しいレギュラー番組。
もう少し大切にして欲しかったです。

バラエティー番組の面白さ(ぷっすま的?)を追求するあまり一部のゲストの方に失礼な気がして、とても気になりました。
やたら大勢でやってくるゲストで村岡さんが置いてきぼりになってしまったり、せっかくゲストで歌ってくださった斉藤和義さんにちゃんとお礼を言う時間もなく(もちろん、裏ではあったでしょうけれど)置き去りにした結果になってしまったこと。

ラストの江頭さんとのくだり、もう一度ちゃんと見てみました。
前室のやり取りで吾郎は3回頬を叩かれています。
3回目の時に「親にも叩かれたことないのに!」と返しているので、そこで止めておけば良かったのに。個人的には少しも面白くありませんが。
その後スタジオに出てきて剛vs江頭のゲーム、先攻後攻を決める「あっち向いてホイ」を吾郎がやらせられる。
そして「あっち向いてホイ」なのに江頭さんが一歩前に踏み出し、何故かじゃんけんに勝った途端吾郎のこめかみの辺りを強く叩き、目に当たってコンタクトレンズが・・・という事態に。
何故、「あっち向いてホイ」で指ささずにこめかみを叩いたのか・・・謎です。全く違う行為ですよね、ぷっすまでは顔を叩くのが決まりなのかなとも思いましたが、剛くんには普通に指さししてました。
吾郎はカメラから外れてコンタクトレンズを直しに。
江頭さんに「僕のことは気にしないで」「大丈夫」と声をかける優しい吾郎。
ゲームが終わってエンディング。
にこやかに話しをしていたのに、慎吾くんの一言が余計でした。
「長い付き合いだから分かるけど、今の吾郎ちゃん怒ってる」
おじゃマップやホンネトークで吾郎ちゃんの事全然分からないって言ってませんでしたっけ。
この一言で、ツイッターなどでは「吾郎ちゃん、怒ってる」「イラチな吾郎さん」のオンパレード。
ちゃんと見てなくても人の言った事をそのまま信じてあたかも自分が見てきたように語る人が多いんですね、怖かったです。
もしも仮に怒っていたとしてもテレビ上ではにこやかにしていたら、その言葉を言うべきではないでしょう。少しも面白くないです。

更にAbemaTimesさんが、「稲垣吾郎、江頭2:50のマジビンタに激怒「何だコイツ!」」という記事にしてツイート。だから、吾郎さん怒ってないですったら。
江頭さんが叩くのがお仕事だったら、叩かれたことに対して「何だこいつ!」と怒ってみせるのも吾郎さんのお仕事。
今回、改めて江頭さんの人気に驚きました。私からしたらディーノさんと江頭さん、やってる事はたいして変わらないんですけど、徹底的に嫌われるディーノさんと吾郎を貶しても庇われる江頭さん。だから吾郎さん、もっと自分を大事にして。
このネット記事がばらまかれた事により、「バラエティを分かっていない稲垣吾郎」という展開へ。
更に更に1日経ってようやくいろいろなもやもやを何とか自分に納得させられたと思った頃、剛くんが「ゴロさんが一番面白かった!」と、ネット記事にあった”飛ばされる瞬間”の画像を貼り付けてツイートしました。笑いものにするネット記事の画像を転載するというのもいい大人のやる事ではないと思いますし。これに対して残念に思うと返信するファンが更に叩かれる。
そして新しい地図のアカウントがこのツイートに「いいね」とRT。
新しい地図としては、これからも「殴られて面白い吾郎」でいくという事ですか?
何も新しいことはないです。

誰かをみんなで弄って笑いものにする笑いは好きじゃないです。うるさいファン(吾郎ファン)がテレビをダメにするとか言っている人をツイッターなどでたくさん見かけましたが、人を弄って笑いものにするテレビ番組がそんなに大事なんでしょうかね。私から見たら古くさい笑い。
忖度だらけの芸能界である意味古い掟を破って独立、今何でもやらなければいけないという決意の元、頑張っているのなら応援します。
他にもいろいろ気になったことはありますが止めておきます、別に過保護にしろと言っている訳ではないのです。
ただ叩かなくていい所で顔をひっぱたく、吾郎=すぐ怒ると決めつけ怒っていないのに怒っていると言う、そこが気になるのです。
そして残念な画像を貼り付けた剛くんに対して「吾郎さんが怒るよ」と面白がるファンの方達・・・「よそのおばちゃんに怒られるから止めな!」って子供を叱るお母さんと論点が同じだ。
これは永遠平行線でわかり合えないみたいですけど。

コンタクトレンズを直して戻ってきた時の吾郎さんの笑顔。
こんな素敵な笑顔を何故怒っているって言うんでしょうか。
吾郎さんの笑顔、大好きですheart

04013 04012

|

« ゴロウ・デラックス 3月29日(#291) | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 4月4日 »

新しい地図」カテゴリの記事

コメント

初めまして。mokoと申します。
いつもブログを読ませて頂いてるのに、読み逃げですみません。
ブログの内容に激しく同意してしまい、思わず許可も頂かずTwitterに上げてしまいました。
すみません。
宜しかったでしょうか?
事後報告で本当に申し訳ございません。

投稿: moko | 2018年4月 5日 (木) 10時39分

はじめまして。
私も同じように感じました。
ずっとモヤモヤして悲しくて怒りに震えて心身ボロボロになりました。
そのくらいショックでした。
暴力で笑いを取ることも好きではないですが、頑張った吾郎さんにフォローもなく「怒ってる」と、吾郎さんが悪いみたいな扱いもガッカリしました。
正直慎吾君はいつも自分だけ安全圏にいて吾郎さんのせいにして終わりってことが多い気がします。
慎吾君に限らずあそこに居た全ての人に吾郎さんに対する愛は感じられなかったです。
その上誰であっても暴力は見たくないというファンの苦言も笑いが分かってない、過保護だと叩かれる始末で、叩かれた吾郎さんより叩いた江頭さんを庇うコメントが多いこともビックリ。
NAKAMAって何だったんだろう、都合のいい言葉で、吾郎さんも吾郎さんファンもそこには含まれていないのかと悲しくなりました。
誰もが笑って見れる誰も傷つけない番組を作ってほしかったです。
吾郎さん以外のすべてに失望しました。
映画は一応見に行きますが、今後少し距離を取ろうかとも思ってます。
長々と失礼しました。


投稿: Hikari | 2018年4月 5日 (木) 10時44分

サイトーさま
いつもありがとうございます。またいつも通り端正に言葉を紡いでくれてありがとうございます😊。
スマホで隠れていない部分そっくり同意です。今回はあまりにもひどいと新しい地図にもabemaにも1人の吾郎さんファンとして意思を表明しました。私の大好きな吾郎さんファンがまた傷つき新しい地図発信のエンタメから離れていき、ますます少数派と地図から扱われる悪循環は避けたいので。
それくらい吾郎さんは素敵で、成熟している、もし持っているという他の方のファンの方がいるなら、自担に、他人に身体を張らさなくても笑いを取れるよう精進するよう指導してくださいと言いたいです。
このままだと視聴者のメインの若い層から受け入れられない可能性がありますよ、なぜTVバラエティが衰退していったか、などなどお約束と暴力を擁護する方々に説教したい気分です。この次は大幅に修正してほしいですねー。

投稿: おとと | 2018年4月 5日 (木) 12時17分

私も本当に同じ気持ちです。
この先、どうなるのかな?と、ちょっとため息ついています。
村岡さんの事も、座って一緒に出来るゲームがあるはずだし、金取った映像もないし...。

不安材料がありますね。
桜の画像も、吾郎さんのブログの桜、出してほしかかったです。
7日、映画見て、心落ち着かせようと、おもいます☺️

投稿: カズゴロ | 2018年4月 5日 (木) 12時37分

「新しい別の窓」楽しい番組でしたね。ゆずさんとライブ、温泉、新曲、トーク。どれも観入ってしまって7時間もあっという間。
ゆずさん=静かなライブというイメージがありましたが、ものすごく賑やかなライブをされているのにびっくりです。温泉も楽しそうでしたね。
トークも緩やかでいい感じでした。剛君が舞台稽古に電車で通っているのも珍しい。たくさんイベントがあるのでそこまでスタッフを回せないようですね。でもそれだけ、事務所に活気があるというのはいいことですよね。剛君と慎吾君が盛り上がっていても、ヒロミさんが吾郎さんに話を振ってくれたのは私も嬉しかったです。ヒロミさんって1人で暴走する癖があるのでこのままだと吾郎さんがただの聞き役で終ってしまうと思っていたので。
斉藤和義さんの出演に♪マディウォーター♪の披露を期待していたのですが残念。剛君にはいい思い出になったと思います。
新曲もよかったですね。始まって15秒目にステップが…。「踊った!!!」私はとても感激しました。振りを一生懸命覚えているところです。あれ以来AbemaTVで再生しまくってます。そして今も。
ゆずさん⇒新曲⇒トーク。時間を忘れてしまいました。そして江頭さんが乱入。ダンスや絶対にできないだろうと思うこともやってしまうのは確かに笑ってしまうくらい面白い。
でも、彼の暴走はやりすぎ。いろんな番組でも暴走したりして「イッテー」という芸人さんもたくさんいましたが、ケガまではいっていませんでした。

(ここから下は私も怒りが収まらないのでちょっと暴走させてください。)
江頭さんのTwitterに「楽しい番組だな!」とありました。これが「((笑))」、「w」とかなら本気で言ってないのがわかりますが、「!」でした。しかも、吾郎さんが怒っている写真が載ってる記事をリツーイト。でも彼が書いたことに「やりすぎ!謝って!」という人がたくさんでしたが、中には「楽しんでくれてよかった。バイトまにあった?」という人もいました。私もしっかり観ていなかったのですが、コンタクトがずれたのですね。吾郎さんが物凄い勢いで怒ったので、ついにキレたかと思いました。江頭さんも顔を覘いて「勢いよすぎた?」とも言わない。眼が充血していたら、舞台挨拶は中止?眼帯?それとも手術?。吾郎さんは過去にもお休みしているので、また何か言われる可能性もあります。昔から怪我同然のコントをしたこともありました。まだ方針もない3人だけの場所なのに、こんなことまで引き継いでくるのかと思うと残念でなりません。

(もう一つすみません)
ヒロミさんやユースケさんはそれぞれの番組でずっと一緒にやってきたから、盛り上がるのもわかります。吾郎さんの番組は限定された地域での放送。不定期でしか観れないで悲しんでいる私は寂しいです。ラジオからも番組を楽しく進行している気持ちがわかります。それを「一緒にやめよう」と発言。でもヒロミさんが阻止してくれたので安心しました。
斉藤和義さんとの演奏も剛君、大感激。

あれ?吾郎さんの企画は?お話は?そうですよね。映画だって「ベートーベンの舞台以来福岡に行って楽しかった」とか「韓国に緊急訪問に剛が驚いてさぁ~」とか「半世界」のロケ話とか。1月の大雪の話とか。トークのプロなのに話を繋げることはできなかったのでしょうか。韓国なら3人共通の出来事だからそれに関連した企画ができたりしたのではないかと思います。
楽しい気持ちで7時間過ごしたいと思っていたのに、吾郎さんの話がなかったのは百歩譲りますが、暴力だけは譲れません。

来月は5月6日。吾郎さんの日ですよね。連休最終日じゃん!と今度は私が腹立ってますが、吾郎さんのためにそうしたのなら許しますw。
来月は吾郎さん中心というか3人が身体を張ることなく楽しめる企画がたくさんあるといいなと思います。

愚痴の方が長かったかな?ごめんなさい。終始楽しく語り合いたかったです。来月は楽しく語りえあると信じましょうね。

投稿: ルー | 2018年4月 5日 (木) 13時50分

楽しい番組だったのに、悲しい思いをされた方もいたのは、残念でしたね。新しい地図とは別に、「ぷっすま」ファンの、「ぷっすま」ロスの直後だったので、吾郎ちゃんファンのゴロデラスタッフへの感謝と同じ様に、「ぷっすま」で剛くんに色んな可能性を見せてくれた番組スタッフや江頭さんにまで批判がいくのは複雑です。ブログやゴロデラで、文化系な魅力を知った人にとっては、許せないことかもしれませんね。新しい地図はこの半年、色んなロスを埋めてくれたと個人的には思っています。映画公開後の来月は5月6日は吾郎ちゃんの日でしょう。生放送より、積み上げる事が好きだ言っていた吾郎ちゃん。

投稿: | 2018年4月 5日 (木) 14時05分

来月は、ゴローの日、期待して待ちたいと思います。私は、今までの彼らの財産も踏まえつつ、今月から新しい地図を描いていくのだと思ってます。

先程は失礼しました。

投稿: るる | 2018年4月 5日 (木) 14時22分

サイトーさん、こんにちは。
私の言いたい事もまさにそうです。芸能界や新しい地図のNAKAMAの皆さんには、いつも優雅な吾郎が怒ったり、イラッとしたり、貶められる姿を楽しいと思う層が一定数いるんでしょうね。
吾郎のブログをよんで吾郎のファンになってくれた方のツイートを読んだのですが、お花を飾る事を笑ったり、落とし芸の被害になるのを「吾郎、持ってる、面白い」と思う事が理解出来ない。との事でした。
せっかく新しい地図という場所で新しい事を始めるなら、そんな意見にも耳を傾けて欲しいです。
僕は男性だから、吾郎良くやった!
吾郎ファンは皆、過保護すぎる。それでは番組が成り立たない、という意見もあり、おとしどころが難しいですね。

投稿: | 2018年4月 5日 (木) 14時24分

何度もすいません。江頭さんのTwitterは偽物です

投稿: るる | 2018年4月 5日 (木) 14時28分

サイトーさん、こんにちは。みやっちです。
ごぶさたしています。

こんなことで久しぶりのコメントをするなんて悲しいですが、思いを伝えたくて。

とっても悲しいです。裏切られた思いです。新しい地図にもAbemaにも、二人にも。次回5月6日にも期待していません。Abemaに10分でいいから吾郎のコーナーを作ってくださいと要望出しました。10分で十分です。吾郎の誰も傷つけない世界を楽しみたいです。二人とはもう価値観が違うんだとあきらめました。吾郎とは違う。だれかを傷つけたって面白ければいいという人たちとは。

映画の公式本を読んで、映画にも期待することやめました。吾郎のプロモと思い、吾郎エピだけ楽しみます。宇都宮遠征で朝早いのでエピ1と4以外は寝てるかも。吾郎だけを理解し愛する人が集まる単独舞台挨拶嬉しいです。

あきらめてはいますが、言うべきことは言っています、しかるべきところに。

吾郎単独のお仕事またあればいいですね。
舞台の劇場でお会いする日がありますように。
毒吐いてすみませんでした。

   

投稿: みやっち | 2018年4月 5日 (木) 17時38分

先ほど名無しでコメントしてしまいました。申し訳ありません。

投稿: なお | 2018年4月 5日 (木) 18時59分

たびたびすみません。江頭さんのは偽だったんですね。よく見てませんでした。
もうなんて表現していいかわからないので「百歩譲る」といってしまいました。でも彼らに対して怒っている気持ちは変わりません。
ところどころ表現がおかしくてすみませんm(-O-)m。

投稿: ルー | 2018年4月 5日 (木) 19時05分

サイトーさん こんばんは。いつもブログをありがとうございます。全て見ています。何回か私のコメントにご丁寧に返信のコメントをして頂きありがとうございます。
今回の「新しい別の窓」の番組を観て私もabemaTVさんに感想と要望を送りました。
ちゃんと読んで頂き返信まで頂き感謝しています。

今回の番組…ゆずさんとのライブから始まりとても感動しました。前半が良かっただけにとても残念で仕方ありません。
「ホンネでトーク」でのユースケさんの「ゴロウ・デラックスは終わらないの?」の一言にはびっくりしショックでした。
私はゴロウ・デラックスが大好きで心から良い番組だと思っています。あまりにもあの言葉は、継続を決めて下さったTBSさんにも定例会で良い番組とコメントしてくださった方にも失礼な事と感じました。ヒロミさんにも感謝しています。

最後のコーナーでは「バラエティとはなんぞや!笑いとはなんぞや!」との思いでいっぱいでした。
申し訳ないけど全く面白くなかったです。誰か1人だけを何度も叩いて面白いのが笑いというものなのか…笑いとは誰かを傷つけたら笑いとは言えないものではないのでしょうか…
私は笑えない!それを見て笑っているユースケさん慎吾くん剛くんにもショックでした。吾郎さんの目に入った時にもしケガをしてしまっても笑えるのでしょうか…只々残念です。
剛くんのツイートの皆んなからの返信の内容も残念。。。読むかわからない剛くんへ私は返信しましたが…
サイトーさんがあげてくれた吾郎さんの笑顔が「真実」です!
本当に怒っている人がこんな笑顔はしません!
そして何よりも人を傷つけない吾郎さんが誇りです。
吾郎さんが大好きです♡


投稿: ももここ | 2018年4月 5日 (木) 19時39分

はじめまして。
ギリギリバランスボールはバルブはありますが空気の注入量は奥のボンベで調整できるから吾郎さんで爆発する事は決まっていたと思いますよ。
最後は足がつかないほどパンパンでしたから足がついててなおかつボールの前というあのタイミングは長年番組で扱ってきたからこそのタイミングです。
女性陣と男性陣と空気の注入の音が違ったから気付きました。
サントリ―のCM対決の風船が好評で、吾郎さんが苦手に挑戦して弾ける表情がファンに支持されると公式に思われてしまったのだと思います。
バランスビールでも見事にリアクションしてましたし、これから番組が続く限りこういう役回りは続くような気がします。
一番最悪なケースが江頭さんとの対峙でしたね。これもまた殴られた時のリアクションを笑いたい趣旨だったと思います。

江頭さんは5回もビンタしてました。「お世話になりました」と声をかけたあとに1回目。その後、前に乗り出してきた時に強烈な2回目、慎吾さんに軽めでと言われたのに強めに3回目
セットの前に移り、新しい地図に入りたいと言われたので吾郎さんが前に出た時に4回目、あっちむいてホイの時に5回目。
4回目のあとに江頭さんは後方の誰かに目配せしてましたから それが誰なのかという事が気になっています。そして慎吾さんの大笑い。
みんなかばうところか、4回目の時は吾郎さんの動きが悪いとか慣れてないからとか叩かれた吾郎さんをせめていて悲しくなりました。それからの5回目だったので本当に残酷なことです。
その経緯もスルーしてお笑いは体を張るものと言い張り、ショックをうけるファンを責める人達が信じられません。

私個人として一番びっくりしたのは慎吾さんが過去の事を蒸し返したことです。去年、話し合った時に聞いた話題が過去の出来事だというのも驚きました。何で今更関心をもつのかなと。
なぜすべてを把握してない状態なのに、何で今まで何度もテレビで振り返ったり、突如シリーズとして語り記憶を上書きしてきたのだろうと思いました。
SMAPはタレントですが、出来事には相手があること ご家族への配慮など色んな背景に思いも馳せず何度も蒸し返してきたグループとしての行為に呆れてしまいます。
何かが起こったことと、だからといって永遠に愚か者の烙印をつけ続けることは違うと思うんです。
慎吾さんですら知らないことがあったということは、他の人はもっと知らない人が多いとうことです。その最悪例がスマスマの最終回です。
繰り返し中途半端に蒸し返してきたことがファンにも軽蔑心を植え付けて、吾郎さんならばどう雑に扱われても仕方がないという下敷きをつくってると思うんですよ。
だから5発もビンタされた異常性にも気付かず心を寄せることもなく、笑えるし、また、反発するファンに対しても理解ができないのでしょう。
吾郎さんが愚か者ではなく、成熟した男性だと気付きたくないのだと思います。今まで通りの扱いで卑下して笑いたいのだと感じます。
そういった相手への無関心がすべての根源にあると思えて仕方がないのです。
これから吾郎さんが平穏に活躍される事だけを願っています。


投稿: あきこ | 2018年4月 5日 (木) 20時31分

誠実で愛のある、極めて良識的な見識だと、深く同感です。SMAPの時から、稲垣吾郎を応援してきた私には、吾郎さんのタレント性とアーティストでクリエイティブな上に、いつも優しさと良識を堅持していることを、メンバーのお二人も認識していることを心より願っています。ダサい江頭さんや、クセのあるユースケさんに番組を委ねる部分のプロデュースには、アベマに対して残念で、三流だなっと思ってしまいました。

投稿: yuubi | 2018年4月 5日 (木) 21時10分

ひとつだけ、決してこれからも同じ様なやり方を望んでる訳じゃないですよ。吾郎ちゃん好きだし、これからの大人なエンタメには、必要不可欠な人ですから。だから吾郎ちゃんにも具体的なやりたい事を公にファン以外にの発信して欲しいです。私のコメントの相応しくないのなら、削除ねがいます

投稿: るる | 2018年4月 5日 (木) 22時39分

shipmokoさま
コメントありがとうございます。
いつも読んでくださっているとの事、本当にありがとうございます。
とても励みになります。
誰でも読めるようにしてあるので、Twitterに上げる事は全く問題ないです。ありがとうございました。

ship Hikariさま
コメントありがとうございます。
人を弄って笑いを取る~というようなお笑いが好きかどうかで違ってくるのだと思うので、きっと永遠にわかり合えないんだろうなとは思います。
でも「怒ってる」と決めつける・・・これが悲しかったですね。
少しも面白くないのに。

shipおととさま
コメントありがとうございます。
プライベートの吾郎さん、仕事場の吾郎さんを知っている方はみんな「優しい。すっごく優しい」っておっしゃるようですね。
もしも長年の付き合いで「本当は怒っている」と知っているとしても、そんな事を出さない吾郎さんの隣で生放送中に言う事ではないですね。
しかも今まで何度あった事でしょう!
おととさんのお説教、横で資料持ってお手伝いしたい気分です(笑)。

shipカズゴロさま
コメントありがとうございます。
村岡さん、確かに!金メダルを取った時の映像は観たかったですね。
パラリンピックの宣伝にもなりますのに!
自分が苦手だからかもしれませんが、バラエティ慣れしていないゲストの方が置き去りになっていると結構気になってしまったりします。
それなのに始球式の時「雨あがりのステップ」を入場曲に使ってくださった村岡さん、素敵な方ですね。

ship ルーさま
コメントありがとうございます。
前半は楽しかったんです。
ゆずさんには本当に感謝しています。
歌も素晴らしかったし、お話も楽しく太鼓の達人も(笑)面白かったですし、足湯につかっての生歌、素晴らしかったですね。
だから、ラストがあんなになってしまって・・・
江頭さんがお仕事なのは分かっています(好き嫌いは別として)、でも吾郎さんがあの行為に対して怒るフリをしなかったらどうにも収集つかないじゃないですか。
そういう吾郎さんのプロ意識を無いことにされたのが悲しかったです。
江頭さんのTwitterが偽で良かったです(笑)。

shipるるさま
コメントありがとうございます。
独立後、初めての3人のレギュラー番組という事で期待し過ぎたのもあったのかもしれません。
でも3人の番組なので、1回目くらいは3人が主役の番組にして欲しかったのが正直な気持ちです。
元々がグループではなく個人個人が集まっての形と聞いていましたので、2回目からは「その時期に動ける人が活躍する」という形でも良いと思っています。まだ始まったばかりですから、いろいろ試行錯誤の上、素敵な番組になっていくと良いですね。

ship なおさま
コメントありがとうございます。
私もTwitterで見かけましたが、新たに吾郎さんのファンになったような方が驚いていらっしゃいました。
何で、こんな扱いになるのか・・・
そうなんです、新たなスタートなんですよね。
今までをひきずったようなキャラクター付けはもうお腹いっぱいです。

shipみやっちさま
コメントありがとうございます。
ご無沙汰しています!!!
すっごく分かります~”吾郎の誰も傷つけない世界”いいですね。
吾郎さんは価値観の違いを認めながらちゃんとつきあえる人だと思っています。だから自分はこうは思わないけれど、他人の意見・考え・嗜好もちゃんと認める。そうすると話が広がりますよね。
頭から認めない!と言われるとその先は何もないです。
でも吾郎さんの良さは無限大なので、これから更に楽しみですね。
宇都宮で探します(笑)。

shipももここさま
コメントありがとうございます。
何か、ももここさんのコメントを読んでいてとても胸が温かくなりました。
AbemaTVさんは、ちゃんとメールを読んでくださっている所が嬉しいですね。これから伸びていく所ですから、視聴者の声はきちんと把握しようとするのでしょうね。
>本当に怒っている人がこんな笑顔はしません!
そして何よりも人を傷つけない吾郎さんが誇りです。
・・・これが全てですね。
私も吾郎さんが大好きです。これからも暑苦しく語っていきます!

shipあきこさま
コメントありがとうございます。
そして冷静な分析もありがとうございます。
バランスボールの秘密・・・確かに、パンパンな状態で1曲歌った人の時、全く大丈夫だったのが何かおかしいな変だなと思っていました。
なるほど・・・そういう事ですね、全て納得いきました。
吾郎さんの素晴らしいリアクションが買われての事なのに、芸無しのように言われてしまう・・・本当に理不尽です。
我慢して書きませんでしたが、過去の事を蒸し返されたのには驚きました。冷静に応えていた吾郎さんが素晴らしく大人でした。
スマスマ最終回はわざわざ時間を取った事にも驚きました。視聴率が良かったからと言ったら公開処刑も扱わないとおかしいですし。
でも、あれはSMAPのスマスマだから・・・と思っていましたが、新しいスタートを強調する割に古いキャラクター分担をひきずっているところにも疑問を持っています。
まぁスタートして半年、これからの吾郎さんの活躍を楽しみにしたいと思います。

shipyuubi さま
コメントありがとうございます。
やはり新しい記念すべき3人のレギュラー番組の第1回目という事で期待しすぎたかもしれませんが、最後の滑り台に600万使うのならもっと他に使い道が・・・と思うのは庶民の考えかもしれませんが、やはり納得できなかったです。
abemaTVさんはメールには目を通してくださっているようなので、思いついたらリクエストを出し、これからに期待したいです。すこしずつでも。

投稿: サイトー | 2018年4月 5日 (木) 22時57分

shipるるさま
お気遣いさせてしまって申し訳ございませんでした。
全然大丈夫です!
吾郎さん、きっと言わないような気がして・・・
でも優しい一方では頑固だと思うので、絶対に嫌なことはきっとやりませんよね。
ただ、吾郎さんが怒っていると決めつけるのは嫌だな、と言いたかっただけです。
明日から映画公開!吾郎さんが、良い映画が出来た!とおっしゃっていたので素直に楽しみたいと思います。

投稿: サイトー | 2018年4月 5日 (木) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴロウ・デラックス 3月29日(#291) | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 4月4日 »