« 編集長 稲垣吾郎 4月4日 | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 4月11日 »

2018年4月10日 (火)

クソ野郎と美しき世界 舞台挨拶

今回はお友達に助けられて複数回の舞台挨拶に行く事ができました。
中途半端に遠いので毎日がちょっとした遠足、何故か慌てまくった3日間、おぼろげな記憶頼りです。
上映後の挨拶もあったので、ネタバレもあります。

drama4月6日宇都宮1回目・2回目
舞台挨拶のスタートは東北から~という事で最初の舞台挨拶は午前中に3人で盛岡。
その後、新幹線が遅れたそうで少し時間が過ぎてからの到着。
吾郎さんの肉声で始まった宇都宮1回目の舞台挨拶。
遅れて到着して直ぐに舞台に出され、マイクも渡されていなかったという(笑)・・・
良く通る吾郎さんの肉声、ラッキー。
Ep4最後の静止画は本当に静止して撮っている。慎吾くんは台の上に乗ってのポーズ、後でCGで消している。
ピアノは大好きなので、練習して弾けるようになりたい。
エンディング曲の歌詞を気をつけて聞いて。
昨日は慎吾くんと安比高原に宿泊。

LVで二子玉の舞台挨拶
3人と各監督も一緒にマスコミが入っての舞台挨拶。
ちゃんと各監督のお話を聞きたかったのに、太田さんが引っかき回して・・面白いつもりなのかもしれないけど少しも面白くなかった、残念でした。剛くんも大変。
そういうのは自分の仕事場でやって欲しい。
後ろで園監督と吾郎さんがなにやらいろいろお話している光景に救われました。
児玉監督がエンドロールの歌で2時間もの1本作りたいというお話、実現して欲しい。
最後またSNS用写真撮影!となって、控えめにしているシャイな園監督と小山監督をさり気なく引き寄せて気を配る吾郎さんが本当に素敵でした。

drama4月7日春日部1回目
珍しく黒に赤いプリントの入ったロックなTシャツにゆったりしたシルエットのパンツとカーディガン。
エゴサして写真をチェックしましたが、よく撮れていないのが多い、ちゃんと良い写真をあげるように~というお達しが(笑)。
舞台カーテンコールのドS吾郎さま再び。新しくファンになった方には驚きかも。
はじめ、吾郎さんと剛くんの役を逆に~という話もあったそうですが、最初はまずイメージに合ったものをという事になったそうです。
ピアノはもっと頑張りたかったけどベートーヴェンは無理だった。ep4のジャズ部分は結構自分で弾いている。
ep4はいろいろな解釈があり、現実ではない夢なのかもしれない・・・エンドロールで電話をかけている吾郎さんがふと自分の左手を見る仕草をするのですが、もしかしたら潰された手を見ているのかもしれない・・という解釈もできる。

4月7日板橋2回目
板橋という事もあって、ますますご機嫌でお喋りな吾郎さん。
撮影可なので、みんなが撮った写真が気になるテイで初日から攻めている吾郎さんですが、何と今回は最前列のファンの方のスマホで客席をバックに自撮りというサービスまで。
そのラッキーガールさんはTwitterに写真を上げてくださいましたが、吾郎さんの自撮りの上手さは師匠クラス!まあ元が良いし・・・
上映前の挨拶だったので、これからみんな観るんですよね!?僕は試写は小さなスクリーンだったので大きなスクリーンで見た事ないんだよね。観ていこうかな・・・なんて言い出すものですから、客席が「観て!」「観ようよ!」などと大盛り上がり。
結局「家に帰ってもやることたくさんあるんです」・・・という事で実現には至りませんでしたが。まあ、吾郎さんが居たら気になって映画どころではないですね。

drama4月8日池袋2回目
黒と白の太いボーダーのモヘアセーター。
他の会場からの情報ですが、これはピアノの鍵盤をイメージしたそうです。
経費節減で私服なんですって。でもそれがファンにとっては嬉しいんですよね。
印象的なシーンは文学少女とのデートシーン、熱帯植物園のようなところで本当に蝶が飛んでいるそう、私もあの蝶はCGだと思ってました。
そんな話をしていると浜松舞台挨拶の慎吾くんから電話。
離れた場所の舞台挨拶で電話中継とか斬新な。
(吾郎)僕も浜松行きたかったよ」「(慎吾)僕は浜松が良かった」「(吾郎)(優等生!)」などのやり取りが。
7日8日とMCを担当してくださったトムセン陽子さん。
とても素敵な方で吾郎さんとの息もぴったり。
今週の木曜日、トムセンさんのラジオに吾郎さん生出演です。
   *4月12日(木)InterFM897「HappyHour!」

4月12日(木)InterFM897「Happy Hour!」出演決定!

どの舞台挨拶もニコニコとお話し上手で、客席を沸かせてくれました。
そして必ず他の2人の話題も入れてみんなが楽しめるようにという気遣いが伝わってきました。
舞台の上の吾郎さんを観るのは恋と音楽FINAL以来でしたが、ファンにちょっぴりニヤニヤ毒舌なところと、相変わらず美しい姿とキラキラ輝く瞳~なぜあんなにキラキラするんでしょう~は変わらずで嬉しかったです。

写真をたくさん撮って宣伝して♥と言われましたが、結局遠い席だとスマホではなかなか綺麗な写真が撮れず、SMAP時代はいかに優秀な双眼鏡を探すことが課題だったのに、今度は高性能なデジカメも欲しくなりました。

吾郎さんのちゃんとした写真が撮れなかったので、スタンプ台のサイン画像だけ置いておきます。Img_5292

|

« 編集長 稲垣吾郎 4月4日 | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 4月11日 »

吾郎映画」カテゴリの記事

新しい地図」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 編集長 稲垣吾郎 4月4日 | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 4月11日 »