« 雑誌3月・4月 | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 5月2日 »

2018年5月 2日 (水)

3月4月ノート

【ananシネマナビで扱った作品】
ticket花筐/HANAGATAMI【2017年12月20日】(2017年 日本)公式サイト
ticketさよなら、僕のマンハッタン【2018年4月15日】(2017年 アメリカ)公式サイト

tvフランス組曲【2016年1月13日】(2014年 イギリス/フランス/ベルギー)
tvアデライン~100年目の恋【2015年10月21日】(2015年 アメリカ)
tv王様のためのホログラム【2017年2月15日】(2016年アメリカ)
tvムーンライト【2017年4月19日】(2016年 アメリカ)
tvシークレット・オブ・モンスター【2016年12月7日】(2015年 イギリス/ハンガリー/フランス)
tvおとなの事情【2017年3月22日】(2016年 イタリア)

【その他】
ticket15時17分発、パリ行き(2018年 アメリカ)公式サイト
ticketシェイプ・オブ・ウォーター(2017年 アメリカ)公式サイト
ticketクソ野郎と美しき世界(2018年 日本)公式サイト
ticketハウス(1977年 日本)

tv沈黙(2016年 アメリカ)
tvある公爵夫人の生涯(2008年イギリス)
tvミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2016年 アメリカ)
tvファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年 イギリス)
tvヒッチコック/トリュフォー(2015年 フランス/アメリカ)
tv17歳の肖像(2009年イギリス)
tvバーフバリ伝説誕生(2015年インド)
tvライオット・クラブ(2014年 イギリス)
tv禁断のエチュード マルグリットとジュリアン(2015年 フランス)
tv未来を花束にして(2015年 イギリス)
tvアメリカン・バーニング(2016年 香港/アメリカ)

cdサンセット大通り(1950年 アメリカ)

「花筐/HANAGATAMI」「ハウス」は目黒シネマ大林監督スペシャルでの2本立て。
ちょうどゴロウ・デラックスで大林監督のお話を聞いて「ハウス」に興味を持ったので、大好きな
花筐/HANAGATAMI」と一緒に鑑賞。
大林監督の初監督作品「ハウス」はいろいろな意味で初めてづくしの映画。当時大ヒットだったそうですが観客は15歳以下ばかり、美少女たちが繰り広げるぶっ飛んだ映像・・・でも根底に流れていたのは戦争の理不尽さ悲しさでした。
ゴロウ・デラックスでは本だけでなく映画なども紹介されて随分観ました。すごい番組です。
   *大林宣彦監督ゲストのゴロウ・デラックスはこちら→2月22日

「さよなら、僕のマンハッタン」シネマナビで紹介され「(500)日のサマー」の監督というので観に行きましたが、好きな映画でした。みんなちょっとずつバカな事をしている登場人物たちがラストでは何か愛おしくなりました。NYの街もなんとなく温かみがあって美しく描かれていたように感じました。

「フランス組曲」「アデライン」はGLOWで吾郎さんのインタビューを読んで復習。両方とも大好きな映画なのでこれが選ばれて嬉しかったので。
「ムーンライト」は吾郎さんが文芸作品のよう~と語っていましたが、本当に淡々としていて、でも心を掴まれ引きこまれました。
シークレット・オブ・モンスター」は、とにかく男の子が美しい!
「おとなの事情」は舞台で観てみたい。

15時17分発、パリ行き」は文句なく面白かった。
クリント・イーストウッドは本当に心から映画が好きなんだな・・といつも思う。観客にも愛があって、どの作品を観ても引きこまれます。
事件があった当事者が出演しているっていうのも凄いし、それを謳い文句にするだけで終わらない素敵な作品でした。

シェイプ・オブ・ウォーター・・・私は断然「パンズ・ラビリンス」が好き。
「クソ野郎と美しき世界」はこちら→4月15日

「ライオット・クラブ」は英国の名門オックスフォード大学で数百年の歴史を持つ秘密の会員制クラブを舞台にした映画。イケメン達を眺めているのも嫌になるくらい後味の悪い話でした。でも見終わった後「時間を返せ」とは思わなかったので、そこが私にとって好き嫌いの境界線なのかも。
「禁断のエチュード マルグリットとジュリアン」も哀しくて救いようのないお話だったなぁ。

「サンセット大通り」
メイキング映像によると、当時は何てこんな映画を作るんだと言われたそうですが大評判に・・・面白かったです。
春日太一さんが、岩下志麻さんと吾郎さんのやり取りを観ていて「この二人で!」と閃いたそうですが、そのまま岩下さんと吾郎さんを当てはめて観ていました。
プライドばかり高くて実は落ちぶれた女優役も、ダメ男で仕事のない脚本家の役も、岩下さんと吾郎なら嬉々として演じそう。
是非是非見てみたいと思いました。
   *春日太一さん・岩下志麻さんゲストのゴロウ・デラックスはこちら→4月19日4月26日

|

« 雑誌3月・4月 | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 5月2日 »

映画一般 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑誌3月・4月 | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 5月2日 »