« ゴロウ・デラックス 4月26日(#294) | トップページ | 3月4月ノート »

2018年5月 1日 (火)

雑誌3月・4月

book「クソ野郎と美しき世界」オフィシャルブック(吾郎・剛・慎吾)
たくさんの情報と写真が詰まったお宝のような1冊。
吾郎ファンとしては読みたくない記事もありましたが、そのおかげで園子温監督には本当に感謝の気持ちが増大、児玉監督も大好きです(顔の好みも同じみたいですし)。
たくさんの写真を見ると、是非是非メイキングで未公開映像など見せてもらいたくなります。

bookFIGARO japon5月号(吾郎・剛・慎吾)
FIGAROとELLEは大好きな雑誌なので、ここに登場したのが嬉しい。
モノクロで3人が寄り添ってると、後ろに見える集合住宅がイタリア映画みたい。
少し光沢のある素材のカーキのたっぷりしたコートがちょっといつもの吾郎と違ってみえて嬉しい。
内容は映画「クソ野郎と美しき世界」について。

bookGQ JAPAN5月号(吾郎・剛・慎吾)
2018年春夏最新ルックのスペシャルシューティングに登場。
それぞれ、らしい服を着用。吾郎さんのコート・スーツ・ジャケットなと衣装と共にそれぞれの表情も最高。GQの衣装選びのセンスがすごく好き。

bookGLOW5月号(吾郎・剛・慎吾)
それぞれ少しずつ違うスーツとジャケット。
ふとした素の表情を捉えたような写真がとても好き。
映画の事、今の気持ちなどを語っています。

book25ans5月号(吾郎・剛・慎吾)
3人が表紙の別冊 find a NEW WAY ~新しい道のはじまり
独立してから何かスタイリストさんが自由に着せたいのを着せてくれる感じが嬉しい。上手く言い表せないけれど。スタイル抜群の吾郎さんにいろいろなものを着せて楽しんでる感じが伝わってきます。プラダもロエベも素敵。

book文藝春秋5月号(吾郎・剛・慎吾)
ホンネ座談会「僕たちの「新しい地図」を語ろう
「クソ野郎と美しき世界」の撮影裏話が面白い。
各監督の拘りなど・・・なるほど、だから仕上がりが~と納得(笑)。
他に、もちろん「新しい地図」となってからの活動についてなど、普通に淡々と話しているのがとても良かった。

bookHERS5月号(吾郎)
<気になる体・気になる女>
今が一番かっこいい。10代から見続けているトップアイドルを前に、私たちは色めきたつのではなく、その色気に静かに、じっくりと魅了されていく。
・・・この前書きのようなものが示すように、大人の魅力に溢れたインタビュー&写真でした。
50代女性をターゲットにした雑誌に相応しい内容のインタビューが素晴らしい。思慮深さと優しさと聡明さと色気と。
写真のシチュエーションなどもいちいちファンが嬉しいものばかり。

bookJUNON6月号(吾郎)
こちらは若者向けアイドル誌。
剛くんと慎吾くんだけだと思っていたら吾郎さんにも順番が(笑)。
<”好き”に理屈なんてない>
プライベートに細かく迫ったインタビュー。
”生きてる限りはぼーっとしていられない”
貪欲にアンテナを張り、好きなもの新しいものを求めていく。
大好きなゴルフとか人との付き合い方とかブログのことなど。
内容のボリュームや写真のクオリティはアイドル誌と軽くみてはいけません!

bell来月からGLOWで吾郎さんの連載が始まりますsign03
5月28日発売GLOW7月号より新連載スタート!
稲垣吾郎の「大人男子ライフ」

clipmadameFIGARO・jp→稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾、清々しくカッコいいクソ野郎たち!

clipGQ→稲垣吾郎「正解がわからないから楽しい」ー安住の地を離れ、道なき道の充実を語る

|

« ゴロウ・デラックス 4月26日(#294) | トップページ | 3月4月ノート »

ネット記事」カテゴリの記事

新しい地図」カテゴリの記事

雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(^_^)サイトーさんの雑誌の記事のまとめは、毎回見やすく、わかりやすく、楽しいです。発売中の雑誌だと語れる事も限られてくると思いますが、それでも吾郎の魅力が伝わってきますし。後から読み返しても、資料として一目瞭然ですよね。見習いたいです(笑)

投稿: アセロラ | 2018年5月 2日 (水) 12時25分

bookアセロラさま
コメントありがとうございます。
最近は、ブログがメモと資料置き場のようになっています(笑)。
PCが壊れても、ここだけは無事なんですものね。
掲載雑誌が続々と出てくる事にあまり慣れていないので、結構オロオロしています。
でも雑誌は嬉しいです。

投稿: サイトー | 2018年5月 2日 (水) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴロウ・デラックス 4月26日(#294) | トップページ | 3月4月ノート »