« 3月4月ノート | トップページ | ゴロウ・デラックス 5月3日(#295) »

2018年5月 5日 (土)

編集長 稲垣吾郎 5月2日

5月2日号【目次】
clip今週の
【GORO's Search】映画「クソ野郎と美しき世界」の感想をゴローズサーチ
*オリンピックを控え外国人観光客にもインフラ整備で快適な旅を!

*愉快な仲間達との蒲田ぶらり旅報告

*Starving/Hailee Steinfeld 
*
KISS is my life/SingTuyo
*My Funny Valentine/Chet Baker

稲垣吾郎です。
僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、
今週はどんなネタが届いているのでしょうか。
それでは編集会議を始めよう!

【GORO's Column】 
コラムメールをご紹介します。京都市のエミリーさん。
loveletter
先日家族旅行で日本三景の一つ、広島の宮島に行ってきました。びっくりしたのは外国人観光客の多さです。ランチで入ったお店のテーブル席で牡蠣フライを食べていたら外国人観光客が入ってきました。座敷席しか空いていなかったのですが、欧米人にとって座敷席はしんどいようでした。席を替わりましょうか?と申し出たら凄く喜ばれて、何とお礼に私たちの分もお会計したいと言われ快くお願いしてしまいました。地方のお食事処ではまだまだ座敷席や和式トイレが多いのでしょうか。東京オリンピック・パラリンピックを控え外国人の方に快適に観光をしていただけるインフラ整備は大事かなと思っています。
あ~日本三景・・・行った事ないかもしれないですねぇ。
まぁねぇ、伊勢志摩で仕事1ヶ月してて伊勢神宮に行かなかった人間ですからね。まぁ映画なんでね、あれはちょっと行けなかったんですけど。
何か結構都道府県・・ありとあらゆる所に行ってそうですけど、何か観光名所に行ったなかったりする場合があるのでね。都市とかは行っててもさ、いろんな興行とかでね。
そっかそっか・・まぁ、和式トイレとか座敷席とか僕もやっぱり・・どっちかと言うと苦手ですね。あのね体固いので(笑)。股関節とか足首も固いのでね。結構苦手なんですよね。
ねぇ、まぁそうですね、パラリンピックを控えて・・そういうのをもちろん皆さん意識してると思うんですけどね、インフラ整備も踏まえて。
なるほど・・エミリーさん、ちゃっかりしていますね。お会計したいというので快くお願いしてしまいました~でもね、いいことしたからね、お返ししてもらったので、その分また誰かにねしてあげないといけないですね。以上、ゴローズコラムでした。

music
Starving/Hailee Steinfeld

【GORO's Search】
今週はですね映画「クソ野郎と美しき世界」の感想をゴローズサーチします。
東京都のちづるさんですね。・・・いっぱい来てますね。
loveletter
「クソ野郎と美しき世界」いきなり吾郎さんのシャワーシーン、背中の筋肉にドキっとしてしまいました。3つのストーリーが4話目で繋がってスッキリ。映画終了後、思わず拍手したくなりました。そしてエンドロールにNAKAMAの文字を見つけ嬉しくなりました。「新しい地図」とNAKAMAが協力して宣伝・制作・共演・完成した作品なんですね。NAKAMAをエンドロールに載せてもらえるなんて本当にNAKAMAの事を大切に思ってくれてるんですね。ありがとうございます。
はい。こちらこそありがとうございました。
ねぇ!ホントに4月の6日から4月19日2週間限定で動員数が28万21人という・・事を記録しまして・・ね、そして第2弾も制作決定したという事で、ホントにありがとうございました。
すごい・・当初はね15万人っていうものを目標にやっていたんですけれども。
ねぇ!そうなんですよ、ホントに僕も・・1週間であっという間でしたね、ほんとにね。何か、もうちょっとやっても良かったんじゃないのかなって感じも(笑)終わってみるとありますけれども、まぁこの2週間の間にね、それでなくても皆さんが・・何度も見てくださる方がいたり、ホントに全国的な大きな盛り上がりを見せてもらえたので、これはもうホントに皆さんの強い思いと優しさのおかげかなと・・・うん!思っておりますし、第2弾はどうなるんでしょうかね。
これね、タイトルとか「クソ野郎」はずっと続けるんでしょうかね。まだ全然決まってはいないんですけど、ただまぁね、このスタッフで、この仲間で第2弾を制作する事が決定したという事は嬉しく思っておりますね。

続いて神奈川県にお住まいのエリペカシーさん。
loveletter
全部面白かったです。吾郎さんのシーンでは、「富士山」「不死身」でフジコを思い出すゴロウさんに大笑いしました。フジコさん、スタイル良くて素敵な方ですね。ゴロウさんが忘れられないのも納得です。胸はやっぱり大きい方がいいですか?何といってもゴロウさんのピアノの演奏がかっこよかったし美しかったです。
ふ~ん。僕も好きですよ。「富士山?」「不死身?」「フジコ!」ってところ(笑)。
そんなバカバカしい事ないだろうって。ここ二つありましたよね。確かね。このフジコを思い出すところね。台本だと3つくらいあったのかな。結構ね、最初にできあがってきた台本と変わってる部分とかもあったりして。ホントに、園監督のライブ感というかね、そのノリで急に新しいアイディアが生まれたりとかね。そういう撮影ではあったんですけど。
ゴロウさん、やっぱり胸が大きい方がいいですか?ふっふふ(笑)ねぇ!これはまぁ・・ご想像にお任せしますけれども。
まぁでもホントにねぇフジコさん、美しかったですよね。何かとにかく馬場ふみかさんって、シーンとかファッション、いろいろなスタイルによって全然違って見える。エピソード1とエピソード4とでは全然違う別人に見えるし、やっぱり表情によっても全然・・表情豊かなんでしょうかね。すごく女優さんとして面白いキャラクターだなと思って、今後要注目ですね。
エピソード4で全然ガラッと変わって、ヘアスタイルからファッションから雰囲気から佇まいから全て変わったフジコさんが登場してくる時とかドキッとしましたし、そしてまた最後エピソード4でエンディング曲が流れる中で、またエピソード1の時のあの・・ロックスタイルっていうのかな、あのファッションに戻ってるフジコっていうのもまた全然違う感じに見えたし、ね、その辺もすごく面白いなと思って観させていただいたんですけれども。
嬉しいですね。はい。

どんどん来てます。神奈川県横浜市のですね、まんまるさん。
loveletter
「クソ野郎と美しき世界」動員数28万21人そして第2弾おめでとうございます。クソシリーズの今後が楽しみです。
(笑)クソシリーズなのかな、ちょっとハガキの途中で申し訳ないですけど。何とかと美しき世界シリーズでもいいんじゃないですか?どうなんでしょうね。ま、何か「クソシリーズ」になりそうですけどね。

ところで舞台挨拶は20回されたんですよね。お疲れ様でした。その時のお洋服は全部自前だったとか。毎回NAKAMAの事の方々がSNSで情報を上げてくださるので、舞台挨拶上でのゴロウさんの様子が伝わってくるので楽しかったです。特に私はボーダーニットにスリッポンスタイルが好きでした。
そうですか、ありがとうございます。
まぁまぁまぁ舞台挨拶なのでね。毎回毎回衣装出してもらってたら大変だな~とも思うし、まぁ、楽な時もありますしね、私服の方が。そのまま着替えないで帰れますからね。ははは(笑)。あんまりね、スーツとかかっちりタキシードって感じでもないですからね。
みんなTシャツとかでもやられてましたからね。

続いて、ラジオネームふきよせさん。
loveletter
映画の舞台挨拶でお花見にワインを持参されたとの事でしたが、どんなワインをお持ちになったのでしょうか。(個別の銘柄ではなく、国・地域・村名でも構いません)私もワインが好きなので、ワインに精通している吾郎さんがどんなチョイスをなさるのか、気になっております。この季節に合うカジュアルなワインがありましたら是非教えてください。よろしくお願いいたします。
うん、そうなんですよね。これ・・日比谷で舞台挨拶した時かな。夜からだったのでね。恒例のゴロウ・デラックスで知り合った作家先生たちとの集まりのお花見会に行ってきたんですけど。まあでも夜に舞台挨拶もあるし、あんまりお酒を飲み過ぎて・・まぁ、ちょっと舞台挨拶だし、ちょっと酔っててもいいんじゃないかっていうホンネはそんな感じもあったんですけど、まぁ別に僕酔ってても別に変わらないので、ただまぁ人として(笑)人として・・まぁもちろんお酒はね全然悪い訳ではないんですけれども、まぁだからワインは持参したんですけれども、ほとんど僕はオールフリーを飲んでいた・・ね、強調させていただきますけれども。
はい、もちろんホントにね、これリアルにワインと一緒にオールフリーも持参させていただいて皆さんに喜んでいただいたんですけれども。まぁね、ちょっとワイン好きの僕としては、もちろんワインもちょっと嗜む程度に飲んでしまったんですが。
そうですね、この時に持参したものは・・・うん、まぁちょっとオールフリーは強調しときますが、ワインはね、カリフォルニアのワインだったかな。うん。
何かね、以前僕のお友達がコラボレ-ションしている日本のワインがあるんですけれども、そのワインを持ってったら凄く・・まぁ、それって持ってった時のすごくエピソードがあるじゃないですか。僕のお友達が何かそのワイナリーさんと一緒に作っているワインなんだと言うと一つのお話になるから、作家の皆さんとかそういうドラマがきっとお好きかなぁと思って、ただ何か有名なワインを持っていくよりも、そういう風にしたんですよ。でも何かそれが恒例になって、次の吾郎さんワインは何なんだろうって感じに結構ハードルが上がってきちゃって・・・でも何かね、ちょっとこうお高いワインを持っていくとか有名なワインを持って行くだけじゃ面白くないし、どうしようかなぁといろいろ考えて。
でも今年は何かコスパも良くみんなでわいわい飲めるような真似してその銘柄を買ってもいいようなそういうテーマに自分で強引に持っていって(笑)。
ちょっとカリフォルニアのワインを持参したんですけれども。ナパバレーのいわゆるカリフォルニアのワインで。個別の銘柄ではなくて国・地域・村名でも構いません~のこの括弧の文章が凄くこの方の優しさと誠実な感じが・・・これじゃふきよせさんの参考にならないのかな。なりますか?大丈夫ですか?
でもね、この季節にお花見に持参するワインとしてぴったりなものではなかったかも。何か結構・・・今思えばね。まぁフルボディでしっかりしたワインなので。
そういった意味でこの季節に合うと言ったら、やっぱりそうだな・・・最近僕好きなのはニュージーランドの赤だったら、まぁピノノワールがいいですね。すごくお手軽で。2~3千円でも非常に美味しいワインがいっぱいありますし。あと白が好きな方だったら、どっちかと言うとニュージーランドだったらシャルドネではなくてソーヴィニヨン・ブランとか。ちょっとスッキリした感じが、何か特にこの春の昼間とかに、ちょっとお庭とかで飲んじゃえって時には、何か意外と(笑)このスッキリ系のニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランとか非常にお薦めかなと。ザブザブ飲めるので。そういう時は少し冷やしめでいいと思いますしね。
ニュージーランドワイン、いいですよ。ホントに。お薦めです。
以上、ゴローズサーチでした。

映画「クソ野郎と美しき世界」の感想はたくさん届いたのでしょうね。
私も何回出したか分からない位・・・いえ、読んでもらえなかったからと僻んでいるわけではありませんよ 笑笑。
ニュージーランドワインと言えば、以前「おはスマ」でしたっけ、ラジオでお薦めしていましたよね、大沢ワインズ。
フランスに拘らず、アンテナを広げいろいろな国のワインを試してコスパ共に美味しいワインを知っている吾郎さん、音楽などの追究でもそうですよね。いつも思考が柔軟で素敵だなと思います。
これからもいろいろなワインを教えて欲しいです。
やはり、せっかくなので「72」でワインコーナーを設けてはいかがでしょうか!

【Goro's Break Time】
小春さんからのリクエスト。
loveletter
SingTuyoKISS is my lifeをリクエストします。くるみちゃんが女優デビューしたキャノンのCMソングでとうとうしんつよのお二人がユニットとして新曲を配信する事になりました。吾郎さんもクソ野郎と美しき世界の楽曲では「あるピアニストのテーマ」を歌われたり「地球最後の日」では剛くんとも歌われていてとても嬉しかったです。
そうなんですよね、これユニット。新鮮ですよね。しんつよって元々二人ユニット感はありますけれど(笑)。でも曲は初めてだもんね。ぼくりりさんですよね、曲。かっこいい曲ですよね。これでもまた凄いよね。このキャノンさんのCMで。くるみちゃんがデビューっていうの。
あのもう何か草彅剛のわんちゃんだからっていうのではないね、くるみちゃんっていう一つのタレント犬ですよね。
これでも何か竹内結子さんがホントにいい表情されてますよね。くるちゃんに対してのリアクションがね、コマーシャルの中で。きっとでもあの撮影している竹内さんとくるちゃんの手前というか後ろには心配そうな草彅パパが見守ってたんでしょうね。

それでは聞いてください。SingTuyoKISS is my life

musicKISS is my life/SingTuyo

penしんつよに向ける目が本当に優しくて。
吾郎さんを見習いたいと思います。

【Goro's Essay】
神奈川県のユミさん
(ほんとうは埼玉県です(笑))
loveletter
先日、愉快な仲間たちと蒲田ぶらり旅に行ってきました。ずうずうしくも馬淵ダンススタジオさんを見学したり旭屋酒店さんではソムリエさんを呼び出したり、どこに行っても大歓迎されて蒲田の人達の温かさに触れて、蒲田の街が大好きになりました。そして皆さんが、吾郎さんがイイ男だった、吾郎さんは優しかった、吾郎さんは王子様みたいだったと口々に語るので我々のテンションが更にアップ。吾郎さんのファンの方々はいい人ばっかりなので大歓迎ですなんて言われて、ちょっぴり胸を張りたくなりました。
わぁ~嬉しいですね。
これ、言いましたっけ。僕もこの後、蒲田行って来ましたからね。番組終わってプライベートで。ここ行って来ましたよ蒲田。
雑色商店街。いろいろ買い物をしましたよ。番組で触れた場所で。
まぁダンススタジオには行かなかったですけれども。でも駅前にあるんでね、あ、あそこだった!なんて思いながら前を通り過ぎたんですけれども。
これ何?馬淵ダンススタジオさん見学したのか・・さすがに踊らないか。そっかそっか・・でもいいんじゃないですか?社交ダンスとか凄く楽しそうでしたし。
何か嬉しいですね、こういうのね。
以上、ゴローズエッセイでした。

pen楽しそうな賑やかぶらり旅を想像してこちらまで楽しくなりました。
吾郎さんがイイ男なのも優しいのも王子様なのも知っていますが、ファンでない方から聞くと嬉しさ56倍です。
それにしても吾郎さんもあの後、また蒲田に行っていたとは!
お友達と行ったのでしょうか、どうしても想像がつかなくて・・・
無理にいろいろ想像してみるのも楽しいです。
まずは今度行ってみよう・・・

【GORO's Music Library】
今日はスマホに入ってる曲の中から・・・そうだなぁ、何かムーディーな感じで行きましょうかね。吾郎さん、好きそう~みたいな(笑)。でもホントに好きなんで(笑)。
有名な曲なので知ってる方多いと思いますが、ちょっとムードに浸ってみてください。

Chet BakerでMy Funny Valentine♪

musicMy Funny Valentine/Chet Baker

さぁ、エンディングですが5月の6日に「72」がまた生放送されるので、5月6日巷では吾郎の日と言われてますけれども、放送中は「ゴローの日だよ」とか言いそうですけれどもね、ホンネはこんな感じですけれども。ま、でもね嬉しいですね、そうやって言っていただけるのもね(笑)。僕の日でも何でもないんですけれども。
皆さん、楽しみにしていてください。

penいよいよ明日、「72」第2回目放送、今回は「56の日」。
コント、ブロガー訪問(キッチンゴロー)でエプロン吾郎さんなどちゃんと吾郎のコーナーもあるようなので楽しみです。
予告映像はこちらから→AbemaTV「72 新しい別の窓」放送直前見どころSP

皆さまからのメッセージをお待ちしておりま~す。
Goro'sColumn
へは身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください。

興味のある話題を特集する
Goro'sSearch、リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしております。

リクエスト
は、Goro'sBreakTimeお便りはGoro'sEssayへ
そしてGORO's Music Libraryでは僕の音楽ライブラリーから今の気分に相応しい曲を選曲します。

メールのアドレスは、
goro@joqr.net 葉書の方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。

お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。

それでは、また来週!バイバ~イ♪

clip編集後記、メールの宛先などは、こちらから⇛編集長 稲垣吾郎

 *「編集長 稲垣吾郎」番組存続のお願いは
   〒 105-8002 文化放送「制作・編成」宛て

clipデイリーラジオランキング~ついラン調べ
2018年5月2日→1位編集長稲垣吾郎   

|

« 3月4月ノート | トップページ | ゴロウ・デラックス 5月3日(#295) »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月4月ノート | トップページ | ゴロウ・デラックス 5月3日(#295) »