« ゴロウ・デラックス 5月24日(#298) | トップページ | 新連載GLOW 稲垣吾郎の大人男子ライフ »

2018年5月28日 (月)

再放送:ミュージックinドラマ「ホシに願いを」

ミュージックinドラマ「ホシに願いを」
5月26日土曜日午後1時半から
西城秀樹さん、大杉漣さんに追悼の意を込めて再放送されました。
これは2004年にBSハイビジョンで放送されたドラマ。
作は鈴木聡さん、ミュージカルドラマという思い切った企画。
Yahoo!の記事によると、NHKの木田総局長がプロデューサーとして制作した作品だそうです。
 
【作】鈴木聡,
【出演】稲垣吾郎,大杉漣,西城秀樹,木の実ナナ,長山洋子,石井一孝,ソニン,中島啓江,パパイヤ鈴木,
【音楽】本多俊之,【演出】吉川邦夫

警視庁の若手科学捜査官・岡本(稲垣吾郎)は、歌恋温泉を訪れる。管轄する歌恋署に科学捜査の講義をするためだ。署のベテランでコーラス部長でもある村田(大杉漣)は、ちょうど公演中のミュージカルに岡本を誘う。だが劇場に行ってみると大騒ぎ。劇団のトップスター・星野(西城秀樹)と若手スター・谷(石井一孝)が開演直前まで姿を見せないのだ。やがて星野が現れ、座長(木の実ナナ)は開幕を決断するが…。2004年放送。

歌を口ずさみながら出勤する岡本捜査官のシーンはとてもかっこいいし、旅館で劇団員の歌と踊りはまさにミュージカル、恋を打ち明けるのも自分の気持ちを吐露するのも全部歌。
海外のヒット曲のメロディーにセリフを乗せて歌い継いでいくのも凄い。
個人的に大好きなGoodbye Yellow Brick Road/Elton Johnのメロディーに乗せて西城秀樹さんが歌いながら光の向こうに消えていく演出が現実と重なって寂しかった。

鈴木聡さんらしい人間と音楽への愛が溢れたドラマ、そしてその音楽への愛、人間への愛を最大限に表現してくださった西城秀樹さん、大杉漣さん、そしてキャストの方々・・・
西条さんの訃報に対して”2004年のNHKミュージカルドラマ「ホシに願いを」(吉川邦夫さん演出)で共演させてもらったことは一生の思い出。”と再放送が決まる前にTwitterで呟いていた石井一孝さん、放送前日もこのような事を呟いていらっしゃいました。

chick一孝です。今でも忘れられないのは、演出の吉川邦夫さんの熱のこもったディレクションだ。映像でミュージカルを作りたい。この大胆な着想をスタッフ・役者全員が一丸となって取り組んだ番組が「ホシに願いを」。一生の宝物だ。明日13:30〜。西城秀樹さん、大杉 漣さん、中島啓江さんに届きますように。

今こそ、日本でも海外のミュージカル映画が次々に大ヒットしていますが、当時はものすごく珍しい企画でしたが、やはり「大胆な着想」だったのですね。
そういうドラマで主演していた事はとても嬉しいですし、西城秀樹さん、大杉漣さんという素晴らしい方々と共演していたこのドラマは宝物の一つです。
改めて西城秀樹さん大杉漣さんのご冥福をお祈りします。
吾郎さんがこのドラマが始まる直前にupしたブログの「今週のお花」の一つ、アストランティアの花言葉は「星に願いを」。 Photo
いつも控えめにさりげない吾郎さんの美しい心遣いに心を打たれます。
   *稲垣吾郎オフィシャルブログ→5月26日 僕の小さな悩み
 
吾郎さん演じる警視庁若手捜査官、当時金田一耕助シリーズのため、ちょっと長髪の吾郎さん。
白衣あり、ヘッドホン装着、サングラスでオープンカー、温泉、浴衣、ギター・・・・・・
実は、萌え要素満載のドラマでもありました。

|

« ゴロウ・デラックス 5月24日(#298) | トップページ | 新連載GLOW 稲垣吾郎の大人男子ライフ »

吾郎ドラマ」カテゴリの記事

コメント

私も見てました

西城秀樹さんはスターでキング 大杉漣さんは主役じゃないけれどいないと場面が成り立たない人でした

今でも吾郎さんの瞳は影を背負う必要がないなら澄み切った瞳をしていますけれど 14年も前になるのに澄み切った瞳をしていました

まだ30くらいだっただろうな…な吾郎さんだけど 西城秀樹さん大杉漣さんといった大御所さんと同じ場面に立っていても変に緊張を見せていない吾郎さんに改めてすごいと思いました

西城秀樹さん大杉漣さんに改めて追悼の気持ちを捧げます

投稿: yuppy | 2018年5月29日 (火) 17時44分

night yuppyさま
コメントありがとうございます。
素晴らしい試みのドラマでしたね。
今でこそ、ミュージカル映画も随分身近になりましたけど、当時はちょっと戸惑ったかもしれないです。
大杉さん、西城さんを先頭ににたくさんの方が楽しそうに作り上げた作品だというのが観ているこちらにも伝わってきました。
確かに、吾郎さんはまだ30になったばかりの頃、若いんですね。
懐かしいです。
本当に美しい澄んだ瞳をしていますね。
いつも真っ直ぐな視線に芯の強さ、潔さを感じます。
これからどんな面を見せてくれるのか、楽しみです。

投稿: サイトー | 2018年5月29日 (火) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴロウ・デラックス 5月24日(#298) | トップページ | 新連載GLOW 稲垣吾郎の大人男子ライフ »