« 編集長稲垣吾郎スペシャル〈後半〉 6月16日 | トップページ | ゴロウ・デラックス 6月21日(#302) »

2018年6月21日 (木)

編集長 稲垣吾郎 6月20日

6月20日号【目次】
clip今週の
【GORO's Search】編集会議~フォションがホテルをオープン・デニムソフトクリーム・チョコレートの新色ルビーカカオ・魅力的な駅・大人の習い事
*レインブーツのおしゃれ♡

*映画「半世界」

*Pretty Girl/Maggie Lindemann
*
共感覚おばけ/ササノマリイ
*
見ざる聞かざる言わざる/水曜日のカンパネラ

稲垣吾郎です。
僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、
今週はどんなネタが届いているのでしょうか。
それでは編集会議を始めよう!

【GORO's Column】 
コラムメールをご紹介します。ラジオネームもいさん。

loveletter雨の日が多く外出する度に足元がびちょびちょになる梅雨の時期になりました。少しでも雨の日を楽しく過ごせないかなとスニーカー型のレインブーツを買ってみました。カワイイレインブーツが多くて探すのが楽しかったです。男性用のオシャレなレインブーツもたくさんあるようですが、吾郎さんはレインブーツをお持ちですか?
う~ん・・持ってない!ねぇ・・レインブーツ持ってないなぁ。さすがに。履く機会もないですね。
ロケとかでさぁ、足場の悪い所とかでね、履く時とかはありますけれども、雪とかね。なかなかないよね。
まぁでも女性のレインブーツはカワイイのが多いですよね。やっぱりこう・・少し丈の長いというかああいうブーツ型のものって女性が合わせやすいですよね、ファッションでもね。
男だとね、なかなかブーツインするファッションなんかも結構ありますけどね、男でブーツインすると、まぁまぁまぁ結構お洒落してますよ~みたいな感じになっちゃうしね。あとまぁ被しちゃうって事ですよね、草彅くんとかですよね、ウェスタンブーツとか履いてますけれども。
女性はね結構ブーツ見せながら履くって事がレインブーツに限らず・・僕も結構好きですけどね、女性のブーツ姿っていうのが。
以上、ゴローズコラムでした。
 
   .
musicPretty Girl/Maggie Lindemann
   .
【GORO's Search】
今週はですね、編集会議です。リスナー記者の皆さんから寄せられた情報をご紹介いたします。ラジオネーム、くうさん。
loveletter
紅茶のフォションが初のホテルをオープンしたと知り紅茶好きとしてはとても気になったのでご紹介メールをしました。と言ってもパリには取材に行ってはいません。そこで編集長に慎吾くんのルーブルの個展の取材の時に是非泊まって取材をしてきて欲しいなと思ったのですが、いかがでしょうか。
ルーブル個展に行くって僕が行くってまだ決まってないんじゃないですか?まぁでも行きたいですけどね、もちろん。いやいや行きたいですよ、パリなんていつでも行きたいですよ、暮らしたいくらい。
すごいですよね、ルーブル美術館で個展て。9月か。僕も8月舞台なんで。終わって行けるんじゃないのかなと思って。はい、行きたいです。その際にですよね、この・・くーさんが気になるホテル、フォション、紅茶のフォション・・・かっこいいなぁ、このホテル。お洒落ですね。
パリ8区のセンター、マドレーヌ広場に建設中みたいですよ。ど真ん中ですよね。
是非、行ってみたい。きっといろんな紅茶に合わせたいろんなスイーツとか、あるんですよね・・ホントにうっとりするような空間なんでしょうね。
ねぇ、パリに帰る方、誰か行った方・・まだこれからか。これからオープンという事なんで。
これリスナーの方で先に行って来た!なんて方いたらまた紹介してもらいたいですよね。
   
*フォション初のホテルがパリにオープン
   .
続いて梅ちゃん先生です。
loveletter
編集長はデニムソフトクリームってご存じですか?草彅さんが大好きなデニムの街、岡山県倉敷市にはデニムのような濃紺の色をしたソフトクリームがあるらしいです。他にもデニムまん、デニムバーガーなどあるようですが、食べ物にはあまり使われない濃い青色がとてもインパクトがあって、是非一度食べてみたいなと思っています。
なにこれ!?
写真があるんですけど・・・青いよ!凄いすね・・・
これ、草彅さん興味あるんじゃないですか?デニムだから・・・無さそうですね、「ふ~ん」とか言いそうですね。
(ちょっとほにゃほにゃした方の剛くんの真似で)あ、僕ね、デニム好きだけど・・・ふ~ん・・あ、そんなのあるんだ、ふ~ん・・」、みたいな。
似てます(笑)。吾郎さん何気にメンバーの真似上手です。
多分、これスルーされますよ。このハガキ草彅くんに送っても。
まぁでもね、クソショップ、クソ野郎と美しき世界のクソショップでも、あのベーグルが・・・とんでもない色だったじゃないですか。
だからこう以外とインパクトのある色でも食べると何か全然その色から想像つかないような美味しい味わいとかだと、何か面白いですね、それはそれで。申し訳ないんですけどね、決して美味しそうには見えないからね。まぁでもあのベーグルもそうでしたものね。
なるほど・・・多分草彅くんは興味ないんじゃないかな、残念ながら。
  *倉敷つーしん→デニムソフトクリーム
   .
続いて、みさっちさんです。
loveletter
編集長、80年ぶりにチョコレートに新色が出たのをご存じでしょうか?これまでにチョコレートと言えばビター、ミルク、ホワイトというのが常識だったんですが、今回新色として開発されたのはピンク色、その名もルビーチョコレートというそうです。着色料や果汁など一切使っていないのに美しい天然のピンク色でベリーの風味がするそうです。赤色のカカオ、ルビーカカオをスイスのチョコレートメーカーが10年以上の歳月をかけてチョコレートとして開発したのだとか。
へぇぇぇ~え!?無かったんだ!凄い事なんですね、これ。赤いチョコレートはあるんですか?あ、あれ着色してるのか。天然って凄いですね。へぇ、天然のピンク色!チョコレート!へえ~
写真がありますけれども・・・ルビーカカオってあるんだ・・・
ね、こないだ、ホラ、アマゾンの料理人でゴロウ・デラックスで特集した時に、カカオをね、ゲストの方が持って来てくれて、天然のカカオ、カカオ、そのまま削って食べると美味しいんですよ。あれの赤いのがあるんですね。
ねぇ、ちょっとこれ今度用意してくださいよ(笑)スタジオに。もう発売してるって事かな。
(スタッフさんの声・・期間限定・・・)期間限定なんだ。高いんだろうね。どうなんだろうね・・・
まぁチョコレートは好きなので。甘いものとか好きじゃないとかよく言いますけど、チョコレートはやっぱり、それこそお酒とかウィスキーとかワインとかにも合いますしね、何かやっぱりおつまみ感覚で食べたりもするし、あと日中とかお腹空いてちょっと糖分が足りなくなってきたなとか、頭が回転しないな~という時とか、チョコをね、チョコをちょこっとかじる事もありますけどね。
ちょっと・・・今度試食してみたいです。
   .
pen吾郎編集長が話題に出したので・・・
ゴロウ・デラックスでゲストに出演されたアマゾンの料理人太田哲雄さんのお店、nativoに先日行って来ました。S_8149221438750
三軒茶屋の駅周辺の賑やかさから少し外れた所にあるとても素敵なレストラン。
こちらはイタリアの郷土料理を出してくださるのですが、さすが素材に拘るだけあって、食材の多くはイタリアから空輸。
野菜を使った料理が多く、とても優しい味が印象的でした。
デザートはもちろんカカオを使ったグラッセにカカオのかたまりをすりおろしたものをふんだんにふりかけ香りもお味も素晴らしかったです。
   *ヒトサラ→三軒茶屋nativo
   .
・写真は(空輸された)イタリア野菜のサラダ、初めての野菜がたくさん!美しく美味しかったです。
他にもたくさんいただいたのですが、写真がキレイに撮れなくて~

 

続いて、ラジオネームつなさん。
loveletter長崎県の千綿(ちわた)駅という所にいってきました。海岸線にある小さな無人駅の素朴な駅舎やホームから見える海の景色が人気の駅です。私は電車には全く興味がなかったのですが、とても気持ちのいい場所でしたし下手なりに電車の写真を撮るのも楽しかったです。駅舎の中には小さなカフェも併設されていて、ゆっくり過ごす事もできました。この駅以外にも鉄道ファンならずとも行きたくなるような魅力的な駅があるのではないかと思いましたので、特集して欲しくてメールしました。
ね、何かゴロウ・デラックスで一緒にずっ~っとやってる外山さんも、よく何か無人の駅とかね、一人旅とか好きみたいで、何かそういう話たまにされてますけれども。女性の方やっぱりこいうの好きな人多いですよね。
ああ~いいですね!ホームのすぐ目の前が海で、何かホームから海がくっついているみたいで、リゾートホテルとかでプールから海がくっついているみたいな・・あるじゃないですか。プールと海がくっついて見えるみたいな・・ちょっと表現変ですけど。あんな感じですね、これ。
ここはキレイだな・・・凄い、風情があって。へぇ~~~長崎県もいいとこいっぱいあるんでしょうね。長崎は随分行ってないな。いいですね。

あ、魅力的な駅とか、ちょっと募集したいな。いっぱいあるでしょうね。撮影に使われるでしょうね・・・でも中にもカフェがあるって言うから観光地としても有名なのかもしれないですし、ねぇ特集していきましょうか、これから。
 *海の見える駅→千綿駅
   .
 
さぁ、最後、神奈川県鎌倉市にお住まいのラジオネームみぞれさんです。
loveletter
特集のテーマに大人の習い事を提案します。習い事と言うと子供がピアノやスイミングなどに通うイメージですが、最近多くの方が習い事をされているようなんです。子供の習い事とはどう違うのか興味があります。
ん、大人の習い事ね。何でしょうね。ま、いろいろありますよね。僕は何か・・まだ結局やってないんだけど生け花とかやりたいなんて言ってましたしね、まだやってないんですけど。ピアノも習いたいなんて言ってましたけれども。何があるんだろうね。でも、いっぱいありますよね・・・ボーカル教室が流行ってる・・・いやぁ、ボーカル教室、歌上手くなりたい・・でも僕も結構思いますよ。ボーカル教室とか行った方がいいんじゃないかなとか。ボイストレーニング行った方がいいんじゃないかなとか。あんまり人生で経験した事ないんでね。
でも一度香取くんがやったって言ってたんですよね、剛くんもやったんですか?香取くん、ミュージカルの前にやったって言ってて、凄いいいって言ってたんですよね。何かすごくいい先生がいらっしゃるみたいで、多分この世界、歌手の方とか皆さんボイトレってされてると思うんですけれども、僕は今まであんまりやった事がなかったので、ミュージカルの時なんかは真飛さんとかもう本当にその道のプロの方に発声練習とかを教えてもらってたりとか、そういう事はしていたんですけれども。いわゆる通って習って歌を~っていう事はなかったので、8月にミュージカルもあるしね、いいかもしれないですね。
年齢と共に声量とかも小さくなってきますよね。多分。
でも面白いですよね、皆さんボイトレって歌手の方だけでなくてカラオケでちょっといいとこ見せたい!とか、自分で目標を掲げてやるのも面白いと思うし。
ダンスとか習ってるっていっぱいありますものね、ヒップホップとかもね。
いいですね、習い事。
以上、ゴローズサーチでした。
   .
【Goro's Break Time】
愛知県ラジオネームきょうさんからのリクエストメールです。
loveletter
ササノマリイさんの共感覚おばけをリクエストします。僕りりくんを以前から注目していた吾郎さんなら知っているかもしれませんが、僕りりくんにも楽曲によるコラボレーションをした事のあるアーティストで、今一番好きなミュージシャンで吾郎さんに聴いて欲しいなと思ってリクエストします。
へぇ~知らない。ササノマリイさん。聴いてみたいなぁ、そうなんだ。”僕リリさんを注目している吾郎さんなら知ってる・・”って、そうなんですね。
きょうさんお薦めの共感覚おばけって言うんですね。聴いてみたいと思います。
   .
共感覚おばけ/ササノマリイ  official youtube
   .
 
かっこいいですね。ミュージックビデオも凄くお洒落ですし。
ヴォーカルはちょっとRADWIMPSの野田さんみたいで、優しい感じで。凄い今っぽいですよね。確かにね、曲調も。ちょっとこの後僕もアレクサにかけさせますよ。
   .
【Goro's Essay】
神奈川県横浜市のまんまるさん。
loveletter
AERAを読みました。まず第一に飛び込んできたのは、炭焼職人紘さんの横顔でした。今まで見たことのない職人気質で気難しそうな中年のおじさん。いつもの爽やかで素敵な吾郎さんは少しもいませんでした。でもそんな吾郎さんにも新たな魅力を感じます。映画館で紘さんを見るのが楽しみです。
はい。あ、AERAさんにね、特集していただいて、ありがとうございます。
気難しそうな中年のおじさん・・・褒め言葉ですね、これは。
そうなんですよね、風貌が普段の僕と全然違うので、何か・・・結構ビックリしますよね、皆さん。髭も凄く生やしてますし、役柄もそうですし世界観もそうですし、全てが何か新しい稲垣吾郎ですね。うん・・・
実はもうこの映画完成されまして、先日試写というか完成したものをスタッフの方とみんなで観たんですけれども、すごい・・ホント素晴らしい作品に仕上がっていまして、僕としてもホントに大満足の仕上がりで・・・何かね、いやぁ・・感慨深いというか感動的でしたね。
何か作品にも感動するんですけれども、やっぱり1ヶ月間スタッフの皆さんと阪本組として一丸となって撮影してきたものが完成していくっていうのを観るのは感動的でしたし、その作品自体もすごく・・・何ていうのかな可愛らしく思えたというか、子供の様に思えたと言うか・・ね、みんなの子供ですけどね。
で、あのう・・画面でスクリーンに映るこの炭焼職人の気難しそうなおじさんは全く自分にも思えなくて不思議な感覚でしたね。もう、僕じゃないですよね。あの・・もちろん演じてるからね、そりゃそうなんですけど、でも凄くその手応えも良かったというか、自分が全く見えなかったので、ちゃんと役を演じられたんだなと思って、それはやっぱり共演の方とかスタッフの方の力によって
紘さんという炭焼職人の役が誕生してスクリーンの中で生きているわけですから。ホント、そういう一人一人の力でこうやって作られていくっていうのが、映画っていいなぁってホントに思いましたし、楽しみですね。これまだ来年でちょっと細かい公開日とか発表してないんですけれども・・皆さんホントに楽しみにしててください。
いい感じに仕上がっておりました。
以上、ゴローズエッセイでした。
   .
pen映画「半世界」完成したんですね。
1ヶ月、三重県の山の中でじっくりと映画を作るという経験・・・吾郎さんにとっては今まではなかなか出来なかった体験だったんですね。
感動して「子供のようなもの」と表現している事から、どれだけ嬉しかったか素晴らしい体験だったかが伝わってきて、こちらも感動しました。
じっくりと1ヶ月・・・なんですけど、その間に「クソ野郎と美しき世界」ですごいスピード感のある撮影、役も真逆なピアニスト・・・を演じていたんですね。
本当に楽しみです!
   .
【GORO's Music Library】
さぁ、ミュージックライブラリー、今日はですね・・・ほら、先日「ななにー」で、コムアイさんにゲストで来ていただいて凄く楽しかったんですけれども、元々ね初めて共演した時から「ああ、何だ、このアーティストは・・!」という感じで僕もずっと注目してて、コムアイさんも凄い素敵ですけれども、やっぱり作り出す世界観と音楽。比較的僕普段聴くような・・・電子音楽とかそこまで聴かないんですけれども、でも耳に心地が良いと言うか・・そうなんですよね、それから結構聴いてるんですよね。
今月また新しいアルバムがリリースされているという事なんで、その中から猿を肩に乗っけて一緒に歌った曲を紹介させていただきたいなと思います。
   .
見ざる聞かざる言わざる/水曜日のカンパネラ  youtube
   .
皆さんからのメッセージをお待ちしております。
Goro'sColumn
へは身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください。

興味のある話題を特集する
Goro'sSearch、リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしております。

リクエスト
は、Goro'sBreakTimeへ、お便りはGoro'sEssay
そしてGORO's Music Libraryでは僕の音楽ライブラリーから今の気分に相応しい曲をご紹介します。

メールのアドレスは、
goro@joqr.net お葉書の方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。

お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。

それでは、また来週!バイバ~イ♪

clip編集後記、メールの宛先などは、こちらから⇛編集長 稲垣吾郎

 *「編集長 稲垣吾郎」番組存続のお願いは
   〒 105-8002 文化放送「制作・編成」宛て

clipデイリーラジオランキング~ついラン調べ
2018年6月20日→3位編集長稲垣吾郎   

 

|

« 編集長稲垣吾郎スペシャル〈後半〉 6月16日 | トップページ | ゴロウ・デラックス 6月21日(#302) »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

いつもながらの素晴らしいレポ、ありがとうございます。今回も内容が充実していて、あっという間の30分でした。サイトーさんのレポを拝読し、「そうそう」と思い返すのも楽しみの一つです。写真を添付してのリスナーの方達の優秀さに驚いたり、間に入る曲やスタッフの声にまで癒されています。

「半世界」、試写会で手応えがあったようで楽しみです。吾郎さんが持つ独特の華やかなオーラと雰囲気を消して一般人になりきるということは、相当な演技力が必要とされますものね。過去の映画「少女」等々、何気ない市井の人を見事に演じ切っていました。喜怒哀楽を表に出さず、淡々としていて、それでも存在感を出す演技!「半世界」も期待大ですね。

今回、アマゾン料理の太田さんのお店を紹介してくださり、お料理の写真と具体的なお話に機会があったら行ってみたいと思いました。ありがとうございました。

投稿: あや | 2018年6月22日 (金) 11時11分

restaurantあやさま
コメントありがとうございます。
レポするために聴いてみるとTwitterで実況しながら聞いていて気がつかなかった所を見つけたり新しい発見があり楽しいです。
スタッフさんのヒソヒソも良いですね。大好きです。
別に普通の声でお話しても良いと思うのですが、あくまでスタッフという気持ちもまた素敵だなって思ってしまいます。吾郎さんのラジオらしい・・・
「半世界」の撮影はじっくりと打ち込める事が出来て、そういう興奮というかやりきった高揚感と試写を観ての満足感が伝わってきて、公開がますます楽しみです。
「nativo」は、三軒茶屋の駅から結構近いので、是非是非いらしてみてください。

投稿: サイトー | 2018年6月24日 (日) 14時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 編集長稲垣吾郎スペシャル〈後半〉 6月16日 | トップページ | ゴロウ・デラックス 6月21日(#302) »