« 祝:再演「No.9-不滅の旋律」 | トップページ | simple style-オヒルノオト 6月12日 »

2018年6月 9日 (土)

ゴロウ・デラックス 6月7日(#300)

bell放送300回おめでとうございますsign03

第300回目のゲストは人気劇作家の鴻上尚史さん。

「あなたは組織から理不尽な命令を下されたらどうしますか?」Photo

book今週の課題図書:「不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか (講談社現代新書)
太平洋戦争末期、十死零生と言われた自爆攻撃の特別攻撃隊、戦死者はおよそ4000人と言われている。
そんな状況の中、9回出撃して9回生還した奇跡の特攻隊員がいた。
その生涯と生前のインタビューで綴った1冊。

佐々木友次さん。陸軍航空隊初の特攻隊にして唯一の生存者。
佐々木さんは北海道生まれ、夢はパイロットになり空を飛ぶこと。
やがて優秀なパイロットになったが・・・
九十九双軽を改造して作られた特効用戦闘機に乗る事になってしまった。

話を分かりやすくするために、プラモデルが持ち込まれる。
重い空気の中、突然吾郎さんが「僕、プラモデル好きなので分かります。一式陸攻の話とかしなくていいですか?」
この言葉で場の空気が和らぐ。
外山さんも慣れたもので「大丈夫です(笑)長くなりそうなので」と軽くかわす。

*九九式双発軽爆撃機06074
元々は4~5人乗れるものだが、何カ所か付いている機銃を外して前面に槍状の起爆管を取り付け改造。機体に収まりきれない800キロ爆弾は剥き出しのまま、体当たりに特化した死の戦闘機となった。

実は、戦闘機で突っ込むよりも上から爆弾を落とす方がずっと効果的だった。コンクリートの上に生卵を落とす程度の効果しかなかったそうです。

隊長の岩本大尉はこの理不尽な命令に従わず現場で爆弾を落とせるように更に改造した。

鴻上さんによる佐々木さんインタビューより
日露戦争で闘って生還したお父様の「死ぬと思うな」という言葉がいつも傍にあった。

当時、特攻を成功させるために第1回にはベテランのパイロットが選ばれた。
佐々木さんは21歳だったが腕は確かだった。
闘って命を落とすのは仕方がないが、「突っ込んで死ね」という命令には従えなかった。

1回目の出撃→戦死扱いで「軍神」とされた。
陸軍1回目の特攻なので海軍に対抗して大成功という事にされ、新聞紙上にも発表された。
更に上官に「次こそ体当たりして死んで欲しい」と言われた。
2回目の出撃の時、故郷では佐々木さんのお葬式が行われていた。
こうして、生還→上官からの「次は死んでこい」が繰り返され、9回目の生還の後終戦を迎えた。

*佐々木さんが生還できた理由
飛行機への純粋な想い
飛行機で飛ぶ事が大好きだったし、大好きな飛行機を壊したくない

鴻上さんの言葉が今にも通じる気がして深く胸に刻まれました。
「ブラックな組織に対して、これだけ戦った人がいたかと思うだけで勇気が湧く。
そしてその一番の原動力が”空を飛ぶ事が好き”という単純な思い、これがブラックな組織と戦う武器になりえた」

とても重い内容でしたが、語り継がれなければならない戦争の話。
特攻隊で突っ込むよりも爆弾を落とした方が効果的~というのは初めて知りました。
軍隊をブラックな企業に例えた話は今の世の中にも言える事。周りに合わせる事を自分の意思で拒否する勇気についても考えさせられました。

次は演劇のお話もお聞きしたいです。06073
山田くんのはんこが、佐々木さんと鴻上さんの笑顔というとても素敵な作品で、ゴロウ・デラックスらしい締めでした。

今回で300回を迎えましたが、これから400回、500回と続いていって欲しい番組です。

appleゴロウ・デラックス次週の予告映像→youtuboo
今年3月 児童文学のノーベル賞と言われる国際アンデルセン賞 作家賞を受賞した、童話作家 角野栄子さんが登場!! 課題図書は「魔女の宅急便」

・・・何度も見て再生回数を増やしましょう。「高く評価」のクリックも忘れずに♪

clipゴロウ・デラックスへの   
ご意見・ご感想そして次週予告はこちら
番組存続へのお願いは
〒107-8066 東京都港区赤坂5-3-6   TBS『制作・編成』御中

clip視聴者センターで受けたものは社内に回り、偉いさん達も見るそうなので、番組宛て・編成宛ての他に、視聴者サービス部宛のメッセージも大切だそうです。
TBS視聴者サービス部宛メッセージフォーム

tv民放公式テレビポータル TVer
お問合せ項目に「リクエスト」があるので、こちらから「ゴロウ・デラックス」のリクエストもお願いします⇛
民放公式テレビポータル TVerお問合せ
TBS FREE by TBSオンデマンド (下のお問合せから)

search今週のBook Bang テレビ・ラジオで取り上げられた本
「次こそ死んでこい」理不尽な命令により9回出撃した特攻兵はなぜ生還を果たせたのか[ゴロウ・デラックス]

Yahoo!ニュース記事
「次こそ死んでこい」理不尽な命令により9回出撃した特攻兵はなぜ生還を果たせたのか[ゴロウ・デラックス]

・・・yahoo!記事へのコメントは、どれだけ関心が持たれているかの指標になるとの事なので、是非一言でも良いのでコメントをお願いします。切手もハガキも必要なく応援できますので

|

« 祝:再演「No.9-不滅の旋律」 | トップページ | simple style-オヒルノオト 6月12日 »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

ゴロウ・デラックス放送300回…とても感慨深い思いで一杯で視聴しました。
戦争のテーマの重い内容かと思いましたが…さすがゴロデラ!
そこは分かりやすくプラモデルで説明をして下さったり、佐々木さんの貴重なインタビューの音源を流してくれたりしてくれたので内容がすんなりと入ってきてとても分かりやすかったです。色々と考えさせてくれました。今のこの時に語り続ける事が大切だと感じました。
毎週ゲストの方課題図書がバラエティ豊かで違った目で観れるゴロウ・デラックス。とても良い番組だといつも思います。
これからも末永く続いてほしい番組です。
改めて…ゴロウ・デラックス放送300回おめでとうございます!

投稿: ももここ | 2018年6月13日 (水) 00時23分

appleももここさま
コメントありがとうございます。
300回、本当に嬉しいです。
今回は重いテーマでしたが、佐々木さんの「飛行機を愛している」感じが爽やかに残りました。
こうでなければいけない~と頭から思ってしまう前に、何が大切なのかを自分で考えなければいけないと今に通ずる話にも考えさせられました。
これからもずっと続いていってほしい番組ですね。
ゴロウ・デラックスは本だけでなく興味や思考がいろいろ広がる素敵な番組です。
地方でも不定期的でも少しずつ放送されているようで嬉しいです。

投稿: サイトー | 2018年6月14日 (木) 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祝:再演「No.9-不滅の旋律」 | トップページ | simple style-オヒルノオト 6月12日 »