« 編集長 稲垣吾郎 6月20日 | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 6月27日 »

2018年6月24日 (日)

ゴロウ・デラックス 6月21日(#302)

”あなたは自分の親のことをどこまで知っていますか?”

今夜のゲストは5回目の出演となるコラムニストジェーン・スーさん。
女性の生態や生き様を赤裸々に綴ってきたジェーン・スーさんでしたが、今回のテーマは「家族」

book今週の課題図書:「生きるとか死ぬとか父親とかPhoto
”今、父の人生を聞いておかなければ一生後悔する。絶縁寸前だった親子がもう一度向き合う~という家族の物語”

今回取材してみて初めて、親という事でジャッジせず多面的にお父様のことを見る事ができたそうです。

朗読:第1回→この男、肉親につき のファミレスでの件を朗読。
”なんかしてあげたい感じになっちゃう”お父様。
吾郎「男が一番持っていると人生得するもの・・・魅力、ですよね」
写真を見ると、ハンサム!これはモテる・・・

*ジェーン・スーさんが1年お父様の取材をして分かったこと
・派手な女性関係・・・途切れない女性関係、だが本妻は強し。
・個人事業主・・・お金の問題、度重なる借金~娘に悪びれもせずにお金を借りる。
名言誕生「現実は見栄を超える」
・一緒に仕事をしてみたかったと思わせる仕事ぶり「期待以上のスピードと正確さで成果を出し、先方の信用を勝ち取る」
「爪痕を残そう~というのではなく今日の現場がいつも以上にうまく回るための一つの歯車として機能するということを徹底」
吾郎「すごく上品ですね」

*外山さんのお母様はラジオのアナウンサーだった
ビックリする吾郎さんの「知らなかったあ、何年も一緒にやってるのに。外山さんも自分の事話さないものね。僕も聞かないし」に対して「ね!」と返す外山さんとのやり取りがとってもかわいくて素敵でした。
吾郎さんと外山さんの関係、品があっていいなぁ。

外山さんのお母様、最初の頃はラジオを聞いては電話をかけてきてはアドバイスをしていたそうです(笑)。

*吾郎さんとご両親との関係
友だちみたいな親戚みたいな感じ。
ジェーン「稲垣さんが大人になるのが誰よりも早かったから」
14歳でデビュー、実家から通ったりはしたけれどやはり違う世界。
お父様は「クールでシャイ、無口、ちょっとわがまま、マイペース」、若い頃の吾郎さんにそっくりだそうです。
今の吾郎さんはタレントになって形成された人格でもあるので、もし芸能界に入っていなかったら今の自分はもっとお父様に似ていたかも~と語る吾郎さん。
そんなクールなお父様が、吾郎さんが28歳の時、仕事を休んで実家で半年過ごした後に復帰する前日、「ああ・・明日から吾郎もいなくなるのか、淋しくなるなぁ」とボソッと言った一言が忘れられないそうです。半年間一緒にいて特にたくさん話したりしたわけでもないのに。

ジェーン・スーさん、思わず目頭が熱くなっての一言
「一緒にいて楽しかったって事ですものね」

古くからのファンなら知っている、あの騒ぎの後での謹慎。
日本中に無いこと無いこと書かれ放送され叩かれ本当に辛い時期だったと思うけど、吾郎さんのご家族が温かくて良かった。
14歳で違う世界に言ってしまった息子とあまり話すことができなくても内心嬉しくて楽しかったことが伝わってくる言葉。親子にとっても意味のある数ヶ月だったんですね。
ああ本当に良かった。

吾郎「今日はこれをご覧になってくださってる方も一緒になって両親のことを想う回になったんじゃないかなって」

同じ年代の3人が話す親のこと。
ジェーン・スーさんがTwitterで呟いていらっしゃいましたが、収録は2時間あったそう。どれだけいろいろなお話がされたのか・・・
そういえば、予告にあった「吾郎さんのご両親は高校の同級生」というのも本編では語られなかったですね。
ジェーン・スーさん、毒舌のようでいて思いやりのある優しさと素晴らしい頭の回転、会話力があり、だからいつも楽しいんだなと思いました。
いつもムダのない編集とさり気なく大切な事を教えてくれる品の良さ、ゴロウ・デラックスは本当に唯一無二の番組になりました。

appleゴロウ・デラックス次週の予告映像→youtuboo 
来週のゲストは、2018年本屋大賞辻村深月さんです。

・・・何度も見て再生回数を増やしましょう。「高く評価」のクリックも忘れずに♪

clipゴロウ・デラックスへの   
ご意見・ご感想そして次週予告はこちら
番組存続へのお願いは
〒107-8066 東京都港区赤坂5-3-6   TBS『制作・編成』御中

clip視聴者センターで受けたものは社内に回り、偉いさん達も見るそうなので、番組宛て・編成宛ての他に、視聴者サービス部宛のメッセージも大切だそうです。
TBS視聴者サービス部宛メッセージフォーム

tv民放公式テレビポータル TVer
お問合せ項目に「リクエスト」があるので、こちらから「ゴロウ・デラックス」のリクエストもお願いします⇛
民放公式テレビポータル TVerお問合せ
TBS FREE by TBSオンデマンド (下のお問合せから)

search今週のBook Bang テレビ・ラジオで取り上げられた本
稲垣吾郎 半年間の休業中に父からかけられた言葉を告白 [ゴロウ・デラックス]

Yahoo!ニュース記事
稲垣吾郎 半年間の休業中に父からかけられた言葉を告白 [ゴロウ・デラックス]

・・・yahoo!記事へのコメントは、どれだけ関心が持たれているかの指標になるとの事なので、是非一言でも良いのでコメントをお願いします。切手もハガキも必要なく応援できますので

|

« 編集長 稲垣吾郎 6月20日 | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 6月27日 »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

楽しみにしていたジェーン・スーさんゲスト。
今回のテーマ「家族」私も母と亡くなった父の事を想い出し色々な想いが溢れる回でした。
ジェーン・スーさんとお父様の関係、外山さんとお母様の関係、そして吾郎さんとお父様の関係。
吾郎さんが友達のような親戚のようなと表現されてましたが、我が家の男の子3人と夫もそんな感じかなぁと思いました。
海外赴任が多い夫と息子達はドライな関係…
吾郎さんも早くから自立しそして一人暮らしをしてきた中であの時に半年間ご家族と過ごされて、子供の頃のように吾郎さんがいる生活が、ジェーン・スーさんの言うとうりお父様は特別な会話が無くても楽しかったのでしょうね。
お父様の言った「明日から吾郎もいなくなるのかぁ、淋しくなるなぁ…」の言葉が愛情が凝縮されていて、吾郎さんにとって辛い時期だったからこそ、サイトーさんと同じように吾郎さんのご家族が愛情深く温かいご家族で良かったと思いました。
吾郎さんの優しさや芯の強さがご両親に愛情一杯に育てられた事がわかります。吾郎さんのご家族のエピソードが昔から素敵すぎるぐらい素敵。
ゴロウ・デラックスは大切な事を投げ掛け気づかせてくれる番組です。課題図書やゲスト方外山さんそして吾郎さんからの言葉で何か得る事ができ私にとっても宝物のような番組です。

投稿: ももここ | 2018年6月27日 (水) 02時24分

はじめまして。ツイッターで「危険な関係」の写真、ツイートを見ました。私はSNSをしていないので、こちらに書き込みさせてください。実は先週末辺りに危険な関係を見たので、藤原紀香さんがななにーのゲストってすごく嬉しくて!豊川悦司さんがすごく素敵で、とても良いドラマでした。身体が一回り小さいけど、吾郎さん似てる気がします。実は今まで吾郎さん出演のドラマ見たことなかったのですが、演技とても上手ですよね。その人で佇んでる。どの役も、吾郎さんのブログ風に、物語の登場人物として人生を歩んでいる。語彙力がなく上手く語れないんですが。
吾郎さんへの愛にあふれたブログですね。これからゆっくり読ませていただきます。ありがとうございます。&よろしくお願いします。

投稿: えみ | 2018年6月28日 (木) 21時47分

appleももここさま
コメントありがとうございます。
5回目のゲストのジェーン・スーさん、いつもはちょっと毒舌で面白くて笑いっぱなしの30分なのですが、今回はいろいろ考えさせられました・・・というか自然の親の顔が浮かび、同時に自分の子供との関係を考えたり。
ももここさんは3人の男の子さんがいらっしゃるのですね。
だいたい日本はお父さん忙しいし、親子の関係はドライなような気がします。でもアメリカドラマみたいにいちいちハグしたりしないけど、大切なところで繋がっていたらいいかなって思います。今回の話を聞いて、そう思いました。
ももここさんがおっしゃるように、ゴロウ・デラックスは大切なことをそれとなく伝えてくれる素敵な番組ですね。
画面には見えないスタッフさんの温かな気持ちまでもが伝わってきます。

appleえみさま
コメントありがとうございます、そしてはじめまして。
「危険な関係」初めてご覧になったんですね!
面白いドラマでしたよね。当時夢中になって毎週楽しみにしていました。
豊川悦司さん、素敵でした。石黒賢さん、篠原涼子さんも良かったです。
いろいろ忘れられないシーンがたくさんあります。
豊川さんが演じられたような役、吾郎さんにも演じて欲しいものがたくさんあります。また共演できたら良いですね。
吾郎さんの「演じてる」と感じさせない演技、私も大好きです。
自然にその役を生きている~というか。
えみさんのおっしゃる事、とてもよく分かります。
どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。

投稿: サイトー | 2018年6月28日 (木) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 編集長 稲垣吾郎 6月20日 | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 6月27日 »