« 阿川佐和子のこの人に会いたい・・・他TV出演 | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 8月15日 »

2018年8月12日 (日)

ゴロウ・デラックス 8月9日(#309)

今週のゲストは159回直木賞受賞島本理生さん。

2001年 17歳「シルエット」で群像新人文学賞優秀作受賞
2005年 「ナラタージュ」66万部を売り上げる大ヒット&映画化
過去には直木賞2回芥川賞4回ノミネート

吾郎さんと島本さんは西加奈子さんのお花見で2回会っている。
お花見は昼頃から始まっていて吾郎さんが参加するのは後半、従ってお酒がたくさん入った状態の島本さんしか見た事がないとか(笑)。
島本さん曰く、泥酔してるところに現れるので酔った勢いで「わぁ~稲垣吾郎だ、稲垣吾郎だ」と騒ぎ、「40代男性の恋愛について」突然質問したとのこと。
逆に覚えている事に驚く吾郎さん。
「(お花見の時に会った島本さんは)作家さんじゃないんだよね、全然(笑)」

吾郎さん自身も今年はお花見の後、映画の舞台挨拶があって~
「お酒飲んで舞台挨拶しましたけど。何か?」(笑)・・・確かにちょっとふわふわしてました。

受賞したら部屋がお花でいっぱいになりますよ、と言われていたけれど、いざ届き始めると8割がお酒だったと。
島本「恋愛小説書いている女性の作家の家に、ビール瓶24本が届くのはいかがなものかな、と」Photo

book今週の課題図書「ファーストラヴ
主人公の臨床心理士が父親を殺した女子大生の”殺人の動機”を探っていくミステリー。
多くの登場人物が異なった心の傷をかかえている。

*朗読:臨床心理士を外山さん、女子大生の環菜を吾郎さんが朗読
この配役がとても良かった。
外山さんは少年の声もとても似合うけど冷静な臨床心理士も凄く似合う。そして吾郎さんが読む傷ついた女子大生・そして環菜の母親(娘に関心が無い)の台詞もとても良かった。

島本さんは10代の頃から臨床心理学に関心があり心理学関係の本をよく読んでいて、いつか心理分析のような形で人の心を探っていく小説を書きたかったそうです。

*テーマにしたもの=家族
7年前に子供を持ったことにより親の視点も分かってきて、親子関係の難しさに気付いた。
日本特有の「家族のことは家族で解決する」というのは実はとても危ういのではないか。

島本さん自身もご両親が芸術活動で日本を離れ、10代の頃から一人暮らしに近いような時も多かった。
一人の時間が多かったので自然に本を読んだり書き物をしたり・・・
内にこもって一人でいたからこそ作家になれたと思っていたのだが、それを打ち砕いたのは~
朝井リョウさんの登場だったそうです。
「ダンス部とかに入ってても凄い素敵な小説が書けるんじゃん!」

島本さんの夫は作家の佐藤友哉さん。出会いの場は何と作家合コン。
吾郎「え。ちょっと待って。作家合コンは呼ばれてない!あ。作家じゃないか(笑)」
セルフツッコミの吾郎さん、最高か。

10数年前一度だけ、合コンした事のない作家さんたちが集まった。
曖昧な感じで結婚し、一度離婚したが
自分を一番理解してくれる人だと気づき再婚。
吾郎さんの「整理しなおしたんですね」という言葉が最高でした。

お花見で2回ほど会っているという事で、いつもより少し親しい感じの30分。
ゴロウ・デラックスでMCをつとめる吾郎さんが作家さんたちとプライベートでも親しくなってそれが続いているというのは凄い事だし、お話の合間に出てくる作家さんの多くはゴロウ・デラックスで拝見しているので、何となくこちらも作家さんをたくさん知っている感じになるところも、ゴロウ・デラックス凄い!と思ってしまいます。

今週も楽しかったです。
島本理生さんに関しては、まずご自身のお人柄に興味を持ち作品を読んでみたくなった~というゴロウ・デラックスよくあるコースでした。

appleゴロウ・デラックス次週の予告映像→youtuboo  
昆虫界のキラーコンテンツ イモムシ・ケムシの魅力を紹介!!
・・何度も見て再生回数を増やしましょう。「高く評価」のクリックも忘れずに♪

clipゴロウ・デラックスへの   
ご意見・ご感想そして次週予告はこちら
番組存続へのお願いは
〒107-8066 東京都港区赤坂5-3-6   TBS『制作・編成』御中

clip視聴者センターで受けたものは社内に回り、偉いさん達も見るそうなので、番組宛て・編成宛ての他に、視聴者サービス部宛のメッセージも大切だそうです。
TBS視聴者サービス部宛メッセージフォーム

search今週のBook Bang テレビ・ラジオで取り上げられた本
「家族の問題は家族で解決」でよいのか?島本理生『ファーストラヴ』で訴えたかったこと[ゴロウ・デラックス]

Yahoo!ニュース記事
「家族の問題は家族で解決」でよいのか?島本理生『ファーストラヴ』で訴えたかったこと[ゴロウ・デラックス]

・・・yahoo!記事へのコメントは、どれだけ関心が持たれているかの指標になるとの事なので、是非一言でも良いのでコメントをお願いします。切手もハガキも必要なく応援できますので

 

|

« 阿川佐和子のこの人に会いたい・・・他TV出演 | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 8月15日 »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

吾郎さんと外山さんの朗読を聞いて題名「ファーストラヴ」の印象とはあまりにも違うので逆に興味を持ち、読んでみたくなりました。家族関係の危うさを力説された島本さんでしたが、3人のお喋りは作家さん達のお花見会から合コンの話まで多岐に亘り、内容の濃い30分でした。こういう時の吾郎さんのMCとしてのリードの仕方が上手いですね。ゲストに思う存分語らせて、さりげなく話を誘導しながら盛り上げる!ゲストがその術中に嵌るのを見るのも楽しみの一つです。

投稿: あや | 2018年8月13日 (月) 11時21分

appleあやさま
コメントありがとうございます。
「ファーストラヴ」と言うと初恋の甘く切ないお話なのかな・・・って、私も思っていました。
臨床心理士から見た犯罪・・・これは面白そうですね。
そして吾郎さんとお花見。
これは素晴らしい事ですよね。
そういえば文春での対談で、作家さん達を引き合わせた話もしていて、これは凄いと思いました。
だから「作家さん合コン」に呼ばれなかったと言ってしまう吾郎さんが面白くて!
いつも気がつくと楽しそうにお話しているゲストの方たちを見て、素敵な番組だなと思っています。
吾郎さんと外山さん、そしてAD山田くん、スタッフさん・・・素敵なチームワークですね。

投稿: サイトー | 2018年8月14日 (火) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 阿川佐和子のこの人に会いたい・・・他TV出演 | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 8月15日 »