« ゴロウ・デラックス 8月16日(#310) | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 8月22日 »

2018年8月20日 (月)

ネタバレ!FREE TIME,SHOW TIME~君の輝く夜に

恒例完全なネタバレで大好きなシーンばかり叫びます!
.
Image_7e9c064
その前に。
京都タワーをバックに撮ったポスターの写真。
これは初日に何気なく帰り際に撮ったのですが、いつの間にか撮影スポットになっていて開演前、終演後共に行列が出来るようになってました。
.
初日からの3日間、15日16日と観てきました。

専門的知識とかありませんので、とりあえず吾郎さま大好き美しい可愛い大好きと吾郎さまについて語るだけですが...

パンフレットを頼りに記憶を辿るので、間違っているところもあるかもしれませんが、その時はごめんなさいm(._.)m
   .
ジョージ(森本譲治)      稲垣吾郎
ビビアン(日比野杏)      安寿ミラ
ライザ(高橋清子)       北村岳子(ライザミネリ大好き)
ニーナ(蜷川宏美)        中島亜梨沙

シーサイドダイナーズバンド 

 *それではここ(続きを読む)からネタバレです。
.
.
上手に昔ながらのブラインドがかかった窓と窓際のテーブル席、窓の外は駐車場・国道の向こうは海?奥にドア、正面はスクリーンとその奥にシーサイドダイナーズバンド、手前に小さな丸いテーブルと椅子、下手奥に2階(ホテル)に続く階段、手前はカウンターキッチン。
   ・・・写真がたくさんあるので舞台のセットや衣装の様子が分かります。

   *コンフェティ→8/4「FREE TIME,SHOW TIME~君の輝く夜に」いよいよ開幕!
   ・・・あらすじに沿って写真もたくさん!  
 .
 
night第1幕
♪オープニング
安寿さん、吾郎さん、中島さん、北村さんの順に出てきて歌う。
最初のフレーズがもうネタバレ(絶対に気付かないけど)だし”誰もが旅の途中”っていう言葉が見終わって見ると深い。
   .
♪ダイナー
ライザがライザミネリ風に、黒いハットを持って椅子を使って歌い踊る。
北村さん素晴らしい!
   .
お客のいない海辺のダイナーに最初にやってきたジョージ。
ブラインドの隙間から窓の外ばかり気にする訳ありげなイイ男。
アイスティーを注文、何気にストローの紙袋を細い指で弄んでから結んでるのが気になる(笑)。吾郎さん、普段もそうなのかな。
気になって仕方ないライザはジョージから”別れた恋人と10年後の今日、この店で会おうという約束をしていた”事を巧みに聞き出す。
   .
♪10years
窓際のベンチに座ったまま歌い始めるジョージ。
恋人と別れて別の道を歩いた10年をしっとり歌い上げる。
甘い甘い吾郎さんの声がいつまでも残ります。
   .
そんな所に蝉捕りから帰ってくるニーナ、謎めいた美人のニーナについてあれこれ妄想を巡らすジョージとライザ。
   .
♪ニーナの噂
これはとっても可愛い曲、難しそうだけど。
最初のジョージとライザの掛け合いが好き、そのうちニーナも加わって3人で歌うのもGOOD!
終わり方がまた可愛い。お人形の動きが止まるみたい。
   .
ホテルもあるダイナー、ニーナが泊まってると知り「泊まりま~す!」と手を上げるジョージ。
ここも可愛いポイントの一つ。
鍵を持ってジョージが部屋に上がっていくと、次に店にやってきたのはこれも訳ありそうなビビアン。
テーブルの上の飲みかけのグラスに目を留め、直ぐにライザと打ち解け「女同士、どうせ話す事になるわよ!」とジョージの秘密を聞き出す。そして急に「私も泊まるわ。こういうモーテルに泊まってみたかったの」と言うビビアン。
・・・この辺のビビアンの行動も、物語の伏線。
   .
♪人生は風のように
「私も自分のこと、さっさと話すわ」と自分の今までの出会いや別れをビビアンがしっとりそして朗々と歌い上げる。安寿さま、さすがの貫禄です。声量も歌の上手さもオーラも。
思わずライザが「凄い存在感!宝塚だったらトップスターね」と(笑)。
   .
釣りに出かけたニーナが釣りたてのアジを貰って帰ってくる。
「僕が捌くよ、昔レストランでバイトしてた事がある」とドヤ顔のジョージ。
カウンターの中に入りエプロンをしてアジフライを作る。
   .
♪素晴らしきアジフライ
カウンター式キッチンの中で、ジョージはアジやペッパーミルなどをマイク代わりにして「サクサク!」と合いの手を入れたりして参加。4人で歌うこの曲もまた可愛くて大好き。アジフライが食べたくなる歌。
素晴らしい曲なのに、歌詞がちょっとおかしくて笑えるのもミュージカルならではの贅沢なのかしら。
   .
外は日が落ち始めたのに恋人は来ない・・・夕陽に照らされるアンニュイ吾郎さんが美しくてため息が出ます。
.
♪フォーライフ
冒頭の曲と一緒で、ビビアンの歌う最初の部分、2回目に聞くと「ああ、そういう意味・・」と分かる。鈴木さん、参りました!
.
待っても恋人は来ない、「飲んじゃおうか!」「飲もう飲もう」という事に。
.
~シーサイドダイナーズバンドによるジャズの演奏~ 
   ・この間にテーブルの位置を変えたり衣装替えしたり
.
dramaSHOW TIME (パンフレットに記載がないので、覚えている限りの主に吾郎さんの部分)
燕尾服の四人が登場!
   .
New York, New York
燕尾服の4人が並んで歌って踊る・・・最高に豪華。
そしてサビの所を歌うジョージが声量たっぷりで素晴らしい、吾郎さんのこんな歌い方は初めてのような気がします「夢破れ・・・・」
   .
♪Mack The Knife
女好きなチャラい男風に、気になる女についてジョージが歌う。
とろけそうな甘い声で「心が溶ける・・・」、悪い顔して「今夜はどうにかしてるぜ♪」
ここでクイと横顔で決めてみせるところもニクい!
歌だけでなくお顔の表情も秀逸。二次元の世界っぽいというか。
   .
安寿さんのソロの時は他の3人はテーブルで談笑したりするパーティー風な芝居をしたり・・・燕尾服を着て長い脚を組んで座るジョージの横顔が美しすぎて全部額縁に入れて飾りたい。襟の立った白いシャツと白い蝶ネクタイがものすごく似合って、ここは双眼鏡ガン見タイム。
   .
♪Alone Again(Naturally)
上着を脱いでタイを取りシャツの上のボタンを外しベスト姿になって登場、絶望に身を投げたくなりただ神に祈る男の心情を歌うジョージが素敵過ぎて・・・
後ろ向きに立って歌う所など、もう神様!鈴木聡様!!ってなります。
あのくりんくりんの巻き毛の後ろ頭、広い肩からウエストにかけてぐっとひきしまって小さいお尻と長くて真っ直ぐな脚が二等辺三角形を作っている。これまた二次元のような完璧さ。
一体どこを見たらよいのか、目がオロオロするタイムでもあります。
カウンターの前の椅子に腰掛けたり、憂いを帯びた表情は「これぞ稲垣吾郎!」ってなります。更に日を追う毎に胸元の開き具合が素敵になり(稲垣吾郎比)~時には綺麗な胸板が拝めたような気分になるらしい・・・(私はまだそこまでは見ていない)
また、日本語訳の歌詞がとっても美しく、一言一言を大切に大切に歌う吾郎さんの表現力が素晴らしい。声がとても素敵な事は言うまでも無く。
   .
♪Yesterday Once More~CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU~恋と音楽のテーマ
再び上着着用、4人で。アンニュイから明るく!
そして何と「恋と音楽」のテーマソングを。
   .
誰でも知っているスタンダードナンバーを美しい日本語で情感込めて歌い上げる素晴らしさ。訳詞も鈴木聡さん。CDにして欲しいけど著作権とか大変なんでしょうか。
再び、シーサイドダイナーズバンドの演奏。
   .
night第2幕
飲み過ぎた翌朝の気怠いひととき。
ストライプのシャツの裾を出してアンニュイな佇まいがたまらない!
   .
♪夜明け
ジョージとビビアン。
素晴らしく美しいメロディと歌詞なんだけど、ものすごく難しそう。
大好きな曲の一つ。
.
世界一不味い”日なたの泥水のようなコーヒー”を飲みながら、楽しかった昨日の夜を思い出しつつ、昨晩の王様ゲームでやらされた「叱られた子犬」のものまねを披露するジョージ。上手い!可愛いheart04鈴木さんんん。。。
   .
♪恋は謎めいて
お互いに淡く心が惹かれているらしいジョージとビビアンが歌う素敵な曲。
とうとうここでも来たか、歌詞に「(吾郎さんの)細い指」!
これもまた難しい曲、ソロが絡むようにそれから美しくハモったり・・・
   .
ビビアンが部屋に上がっていき一人取り残されたジョージ、海岸を散歩していたニーナが戻ってくる。
何故か泣き出して荒れるニーナ。どうも悪い男に引っかかっては騙され、たくさんの借金を抱えているらしい。私は悪い女と泣き出すニーナを優しく励ますジョージ。
   .
♪恋をしなけりゃもったいない
ジョージが「僕がもしも彼氏なら~♪」と、ニーナに寄り添って歌い励ます可愛い曲。手足の長い高身長の二人が歌って踊るのがとってもキュート。
こんなに美人なのに!と一生懸命元気づけるジョージはちゃらい男というより世界一優しい男。
   .
元気が出たニーナがありがとう!とジョージに抱きついている所に戻ってきたビビアン。
さっきまでせっかくいい雰囲気になっていたのに間が悪い!慌てて誤魔化すジョージだけど、もう遅い。
ビビアンは「あなたの写真なんて全部削除してやる。そんなあなたの姿を彼女に見せられないわ」と怒る。
そして”実はジョージの元恋人は私の大親友。親友の代わりに自分が来た”事を打ち上げる。
冒頭の歌でビビアンは”友だちから届いた手紙 綴られた夏の恋”と歌っているんですよね、店に入ってきた時、飲みかけのアイスティーの主も気にしているし・・・2回目に見た時、所々に張り巡らされた伏線に気付いて「ああ、鈴木聡さんにやられた!」って思いました。
現在の彼女の事をいろいろ訪ねるジョージ。
結婚して子供はいないけど、幸せな生活を送っているらしい。
そこでビビアンに自分の事を「実は店に来なかった」「一番高いポルシェでアルマーニのスーツを着て、可愛い奥さんと一緒に来た」などと嘘の報告をしてくれと頼んだりする・・・負けず嫌いの見栄っ張りがちょっと可愛い♡
二日酔いから立ち直ったライザも加わり、人生の先輩として男と女の話を聞かせる。
   .
♪夢にして僕を
別れた恋人を思いながら、恋を終わりにする、もう会わずにいようとジョージが切なく歌い上げる。
   .
♪ブレックファスト・グッバイ
ダイナーのテーマ曲、朝食の後に現実に戻っていく4人。
手紙ちょうダイナーと歌う。
  .
ついにジョージは、ビビアンに今のままの僕を伝えてと告げる。
ニーナは借金を返すべく頑張って働くと元気に出ていき、ライザの元にはケンカしていた恋人が戻ってくる。
また東京に戻ったら食事でも~と誘うジョージに、ビビアンは「会いましょう、10年後にこの店で~」と去って行く。ビビアンさま、さすがかっこいいっす!
   .
♪ラストダイナー
ジョージが一人で。冒頭のライザと同じようなフリで椅子に片脚を乗せたりして歌う。
”素敵な店ダイナー、誰か相手してちょうダイナー”
   .
pen感想の所に書き忘れてしまったので、曲について。
恋と音楽シリーズから続いている開幕前の超一流ミュージシャンによる生演奏で客席を温めてから自然に物語りが始まっていく感じがものすごくいいです。
そして曲もそれぞれがますます素晴らしい。
曲が出来る過程についてはパンフレットでの鼎談(鈴木聡・佐山雅弘・稲垣吾郎)でも語られていますし、佐山さんのブログにも書かれています。
   *君の輝く夜に響く曲たち
・・・ここで、歌いにくい音列を持つメロディも一度覚えてしまえば誰よりもきちんと歌える吾郎ちゃん~と佐山さんが書いていらっしゃいます。
   .
京都劇場は幅が広すぎないからか、どこの席もとても見やすい。
2階席は全体が見えるし、下手側だとカウンターの奥でアジフライ作っている所も見える。もちろん本物の魚ではないけれど手順を追った動きが楽しめます。
歌い上げる所など、上を向いたお顔が2階から見ると神々しい程に美しい。
いや、1階から見ても美しいのですが、普段見上げた顔を上から見る機会ってあまりないので・・・
すごく得をした気分になります。 
  .
この構成もすごく好き。
1幕と2幕の間のショータイム。
気の合う4人でお酒を飲んで、きっと恋について語り合ったんだろうな~という感じがあり、だから全く不自然ではないんです。
しかもキラッキラの燕尾服。
みんなスタイル良くて美しくて、生バンドの演奏は素晴らしいし歌も最高。
何て素敵な舞台なんでしょう。
是非、PARCO劇場でも上演して欲しいです。
.
cd全曲CDになったら嬉しいなぁ。
ショータイムの映像のDVD付きで・・・等と欲は果てしなく。
もちろんダメ元で何度でもお願いしますとも!
.
演じて歌う4人も生バンドの方たちも本当に楽しそうに演じている。
吾郎さんがインタビューで「大人が遊んでいるよう」と語っていましたが、そう見えるにはその前に緻密な準備段階を経て信頼関係を築いた上でのセッションなんですよね。
ものすごく完成された大人の舞台を見せてもらいました。
まだまだきっともっと変化していくに違いないです。
シリーズ化されるのが楽しみです。

|

« ゴロウ・デラックス 8月16日(#310) | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 8月22日 »

吾郎舞台 」カテゴリの記事

コメント

ネタバレ、ありがとうございます!パンフレットを横に置きながら一言も落とすまいと拝読させていただきました。目の前にワンシーン、ワンシーンが浮かんでくるような臨場感があり、楽しめました。吾郎さんはグループ時代から音をとるのが正確で速いと言われていました。自分に合ったキーで唄えるので本来の上手さが出てきたのでしょうね。

ショータイムは本当に観たかった・・・燕尾服は上背があって足の長い人でないと似合わないんですよね。吾郎さんの燕尾服姿はさぞかし素敵だったでしょうね。

ぜひ、シリーズ化して東京でも上演して欲しいです。観終わった後に暖かい、優しい気持ちになれる舞台。DVD化もお願いしたいと思いました。

投稿: あや | 2018年8月21日 (火) 21時17分

dramaあやさま
コメントありがとうございます。
パンフレットを見つつ思い出しながら書いたので、随分違っているところもあるかと思いますが・・・
シンプルなストーリーの中に印象的な台詞が散りばめられているので、書きやすいですし、あまりにもキャストの4人がまるで本人かのように自然に自由に楽しそうに演じていらっしゃるので、心にすっと入ってくるのでしょうね。
燕尾服は圧巻でした。
吾郎さんのスタイルの良さが生きますね!
しっかりした肩幅と真っ直ぐで長い脚。男らしい背中も素敵でしたし~
これは是非東京でも(PARCO劇場こけら落としで是非是非!)また他の地方でも公演してたくさんの方に観てもらいたいです。

投稿: サイトー | 2018年8月22日 (水) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴロウ・デラックス 8月16日(#310) | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 8月22日 »