« 「半世界」第31回東京国際映画祭コンペティション部門決定 | トップページ | ゴロウ・デラックス 9月20日(#315) »

2018年9月23日 (日)

編集長 稲垣吾郎 9月19日

9月19日目次

clip【GORO's Search】防災ガールにこれからの防災についてお話を伺う
*9月22日「新しい地図」1周年おめでとうございます!
*吾郎さんの低音ボイス素敵です♡
*
Don't Let Go/Don Diablo
*
Every Breath You Take(見つめていたい)/Police
*
Sunshine/Shanti

僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているのでしょうか。
それでは編集会議を始めましょう!

   .
【GORO's Column】 

コラムメールをご紹介します。愛知県のなおこさんです。
loveletter
9月22日「新しい地図」の1周年おめでとうございます。1年前、朝起きて情報を知り、これは本当なのか実は偽物なのじゃないかと半分パニックになりながら直ぐにNAKAMAになった事を今でも覚えています。吾郎さん剛くん慎吾くんスタッフさん達が広げた真っ白な地図に72時間テレビやSNS、舞台、映画、ななにー、パライベントなどたくさんのカラフルな絵がどんどん描きこまれていき、付いていくのに必死になりながらこうして応援できる事が幸せです。
ありがとうございます。
そうか、9月22日だったんですね。初めて新聞で・・出たのがね。そっかそっか・・その時にちょうどネットも・・広まっていったんですね。
そうか9月22日、あっという間ですね。
いやいやいや・・これはもう、新しい地図に拘わった人々というよりも皆さんを含めて、NAKAMAの皆さんも含めてあっという間の1年だったんじゃないかなと・・う~ん、思いますけど。いかがですか?
僕は・・ホントにアッという間でしたね。1年か・・・
毎年毎年ね、1年はあっという間になってきてるっていう、これは年齢的な事もあったりとかいろいろあるとは思うんですけれども、まぁでもね、特にこの1年間というのはホントに皆さんにとっても僕らにとっても忘れられない1年になったんじゃないかなと思いますし、まだまだホントにこれからですけどね。

2年目が始まったので皆さんもね笑顔になってきたなって思うんですけれども、マイペースにね、自分たちのペースで世界を広げていく事ができたらなと思っていますので皆さん楽しみにしててください。

pen本当にあっという間の1年。
特に吾郎さんなんて今年の2月「半世界」の撮影に入ってからはお休みの日があったのかどうか・・・
充実した幸せな1年でした。心からありがとうと言いたいです。
1周年については、また別に書く事にします。

musicDon't Let Go/Don Diablo
.
【GORO's Search】
今回はですね、最近自然災害がホントに多い日本なんですけど、今年はですね特に西日本を中心として7月の豪雨であったり台風21号そして北海道震度7の地震であったり、度重なる自然災害で胸が痛みますし皆さんもホント心安まらないんじゃないかと思ってるんですけどね。そんな中でですね、今日のゴローズサーチは”自分の命は自分で守る”防災についてですね改めて考えてみたいと思います。お話を伺うのはですね、一般社団法人防災ガール代表理事の田中美咲さんです。

吾郎:もしもし!
田中:よろしくお願いします。
よろしくお願いします。稲垣吾郎と申します。
はい、田中美咲です。
はい、こちら防災ガールというネーミングに驚いたんですけれども・・これはどういった活動をされているんですか?
全国にいる20代から30代の特に女性が中心としているんですが、防災の普及啓発を若者向けにしている団体です。
すごい100名以上が所属されているんですね。あ、でも性別関係ないですね、ガールって言っても。
そうですね、一番最初は女性が被害を受けやすいだとか災害弱者と言われていたので女性を対象にしよう女性を中心にした団体でと思っていたんですが、やればやるほど性別も関係ない年齢も関係ないなという事から少しずつ範囲が広がって、メンバーの中に男性もいますし、いろんなセクシャリティーの方がいます。
これ100名の方がこの防災ガールというのに所属されてて、皆さんお仕事とかは別にされてる方いらっしゃるんですか?学生さんとか。
メンバーの半分以上は大学生で半分が社会人で・・それこそ主婦の方もいらっしゃいますし、1名高校生もいます。
あ、そうなんですか。防災意識というのは人それぞれですものね。基準というのが分からなくて・・どのくらいの意識を持ってて、どのくらいの事をしてる事が日本人として必要なのか、どの位持っていたらいいのか、正直僕もイマイチピンときてないですね。多少は防災グッズとか何かあった時に背中に背負って行くような防災グッズを常備したりとか、後は例えば住んでいる地域だったらどこに逃げたらいいのか、どこに集まったらいいのか・・何となくそういう事は把握してるんですけど、やっぱりその位ですよね。
そうですよね・・でもそれくらいやられているのはホントに凄い方で、ほんとに被災された方でも防災対策はやらない方もいらっしゃるので。
まぁそうですよね、ホントにまさか災害が起きるとは思わない場所での災害が多かったですものね、このところ、今年は特に。
ホントそうですね。東京以外全て何かしらの被害があるという状況に今年はなってしまったんです・・・
そもそも田中さんがこの防災という活動をするきっかけとなったものはおありなんですか?
あの大学卒業の年に東日本大震災があったんです。なので、新入社員としてサイバーエージェントというITの会社に入社したんですけど、会社を辞めて福島県に引っ越して復興支援をやり始めて、あれよあれよと防災ガールを立ち上げる事になりました。
凄い決断ですよね。・・・そうなんですか。
被災された方と毎日お話したので同じ事は繰り返したくないという思いが募っていきましたね。
それで立ち上げたんですね、防災ガールを。
はい、そうなんです。
でもこれ、ネーミングいいですね(笑)!これ、やっぱり何だろう?ってなりますものね。何とかガール、何々女子とかね。この番組でもよく扱っているんですけど

これ、もうちょっと具体的に活動内容を知りたいんですけども。
最近などでは非常食の開発などもしていて、無添加調理に凄い拘りのある石井食品さんという会社さんと一緒に、それこそ・・災害時にアレルギーのある方、添加物が苦手な方がいらっしゃるのに、パンとかおにぎりばかりが来てしまうというのが課題として上げられていて・・なので普段から食べているもので災害でも食べられるという・・非常食を開発しました。開発までしたんですね。共同開発で。(はい!)
後は・・・?ミサンガもあるんですか?
そうなんです、ありがとうございます。非常時に12通りくらい使えるパラコードミサンガという、パラシュートなどにも使われているヒモを使ったミサンガを開発しました。
これ、凄いですね。写真で見ているんですけど12通り。たとえば物干しに使ったりとか・・細かい事を言うと歯磨きのデンタルフロスに使ったりとか、笛も付いてるとか・・ね。
はい、あとファイアースターターが付いているので火をおこす事ができます。
凄い凄い・・ルパン三世がベルトの中にしのばしてるヤツですね。((笑)・・・)これ、凄いですね!これ欲しい。
わ~ありがとうございます。
これって・・・何?防災グッズの中ではメジャーなものなんですか?それとも、これ防災ガールさん達の、かなりオリジナリティ溢れるものなんですか?
そうなんです、防災グッズとして私たちが作ったのが初めてで、昔から海外とかでは釣りをする人とかサバイバル好きな・・(サバイバルとかアウトドアね・・)良く使ってます。
そうか、でもこれ防災グッズとして適してるんじゃないかと。
はい、ホントに災害時は時に一つの要素しかないものを持つのはすごく嵩張ってしまうので、一つのもので多種多様な使い方が出来るものがやはり使いやすくなりますね。
僕・・いわゆる東急ハンズさんとかロフトとかで売っている銀色のリュックサックを備えているんですけど・・・でも何か災害の時によく、特に地震災害の時に聴くのが意外と靴・・やっぱり登山靴みたいなものとかがれきの上とかガラスが割れた上とか歩かなければいけなかったりするから靴はしっかりしたものを備えておいた方がいいって言うから、リュックの中に大きな登山靴入れてますけどね。(おお~~凄い)どうなんですか?靴って・・まぁ災害にもよると思うんだけど、女性だとオフィスにちょっと、普段は会社行くのにヒールとかパンプスみたいなの履いてたとしても例えばオフィスに歩きやすい靴を置いておくとかという事なんでしょうかね。
そうですね、あのぺたんこのパンプスとかが1足あるだけでいいと思います。
そうだね・・男の人の短靴みたいなのだったらまだいいけど、女性はねホントにがれきの上とか歩かなけりゃいけない時にヒールとか無理ですもんね。(無理ですね・・)これは男性より女性の方が気をつけた方がいいポイントですよね。
はい、あと女性はそれこそ生理とかもあるので、(そうかそうかそうか)生理用品を持っておくとか。
男性と女性も違うね。(そうですね~)そうか・・何かでもこれ、とりあえず具体的にはどういったものを家に常備しとけばいいんですか?今もうホントに何も分からない人間にアドバイスするとしたら僕みたいに東京で一人で暮らしてて。
難しい所で、災害の種類とか季節とか家族構成にもよってきてしまうんですけどね。(そうか・・)ご家族とか乳幼児、赤ちゃんがいる家庭とかはそれこそおむつが必要だとか・・(そうかそうか・・)からだを拭けるウェットティッシュとか必要なんですけど。
そっかそっかそっか・・やっぱり人それぞれですよね。
そうですね、水とか体を拭くものとかはどんな方にも必要なので持っておくとすごくいいと思います。
お水、食料・・ね、あとこのミサンガほんといいですよね、そういった意味では。よくさぁ笛が必要だって言うじゃないですか。がれきの中に閉じ込められたりとかした時に。ホイッスルみたいなのって必ず入ってますよね、防災グッズの中に。
そうですね、あった方がいいと思います。
そうか・・ちょっともう一回・・僕は個人的にはちょっと見直してみます、自分の持ってる防災グッズを。
是非、お願いします。
そうですね。そうか、そうやって一人一人に意識を高めるために提案してるんですね。
はい、そうです。今までの防災対策だと私たちが楽しみながらやった事はないので、楽しくないと続けられないな~という所もあって。
楽しく防災対策するって具体的にどういう風に・・?
そうですね、これまでは先輩方だったり地域のおじちゃん達に「非難訓練やりなさい」とか「こんなに怖い事が起きるんだよ」と、ちょっと恐怖心をそそるというか怖い思いをさせて対策させる事が多かったのですが、これからはこうやって対策する事によってこんないい事があるよとか、こんな楽しい人生があるよ・・人生があるってちょっと言い過ぎかもしれませんですけど、ポジティブに対策をしたくなるように仕掛ける事が大事かなと思っています。
今の時代に合ってるかもしれないですね。何かやっぱり意識変わってきますものね、今話してるだけでも。
はい、ありがとうございます。
今後どうしていったらいいんでしょうかね。この災害大国である我々日本のみんなの意識というか。
防災対策をしろというと難しい事でもありますし、毎日の生活が忙しくて災害以外にも虐めだったりとかホントにいろんな課題がある中で、防災だけしろというのは難しいと思っているので、日々毎日大切な人と暮らす事とか生きていこうという思い自体が防災だと思うので。
なるほど・・・でも、もっともっと広めていきたいですよね。所属というよりも意識を持った人が増えて欲しいですよね。
そうですね、私たちだけだと防災が全国に広まらないですし、防災が当たり前の世の中を作れないので。それこそ企業の方とか行政の方とか皆さんと一緒に防災を広めていったり、防災をするのが当たり前の世の中にしていきたいなと思います。
おきて当たり前と思ってた方がいいという事ですね。(はい)ちょっと意識を変えて考え直していきたいなと。頑張ってください、これからも。
はい、頑張ります。
本日、ありがとうございました。
はい、ありがとうございました。
失礼いたします。(はい、失礼いたします)
本日は一般社団法人防災ガール代表理事の田中美咲さんにお話を伺いました。ありがとうございました。以上、ゴローズサーチでした。
   
*mugendai→「生き抜く力を強くする!防災ガールがつくり出す、防災の新たなスタンダード
      ・・・防災ガールについての
田中美咲さんへのインタビュー記事です。

   *防災ミサンガ→多機能防災ギア#beORANGE

pen災害の恐ろしさとか人生の先輩の経験談も大切だとは思うのですが~
防災について改めて考え、銀色のリュックの中身を点検しなくては~と気付かせてくれて有り難かったです。
ミサンガ、欲しいheart02

【Goro's Break Time】
神奈川県みぞれさんからのリクエストメールです。
loveletter
だんだん涼しくなってくると人肌恋しくなってきます。そんな秋の夜長に相応しい曲をリクエストします。ポリス、「見つめていたい」。中学生の頃、スティングの声が好きでよく聴いていました。恋する気持ちを思い出させてくれる名曲です。
懐かしいですね、名曲ですよね。

musicEvery Breath You Take(見つめていたい)/Police

【Goro's Essay】
ラジオネーム吾郎さんの低音ボイス最高さんです。

loveletter9月2日放送のAbemaTV「7,2新しい別の窓」氣志團さんとのオープニングライブにゲスの極み乙女さんとのスペシャルライブに曲盛りだくさんでSpecialなライブでした。吾郎さんの低音ボイスが特に良かったです。吾郎さんには是非このまま夏のミュージカルで鍛えた歌声をキープし続けて毎月ななにーライブで素敵な歌を届けていただきたいので、ボイストレーニングに励んでいただきたいです。
(笑)そうですね、ありがとうございます。
結構皆さん低音ボイスの話をされるんですけどね、今回はね男性が僕一人という事もあったし、よりそういう男性の歌パートの低い所がちょっと際だって~というか、目立って皆さんの耳に入ってきたのかな・・という。
別に僕の歌唱力は何も変わってません。
(笑)はい、多分別に上手くも下手にもなってないんじゃないかなっていう・・・僕の・・じゃ低音ボイスではなくて高音ボイスでもちゃんと褒められるように、はい・・・期待しててください。以上、ゴローズエッセイでした。

penいやいやいやいや・・・吾郎さんすっごく歌上達してたと思いますが!
だからずっとボイストレーニング続けて更に高音ボイスも。
どんなミュージカルでも出来ちゃいます。楽しみにしていますheart04

【GORO's Music Library】
どうしましょうか・・まだ考えてないんですけど。
あのぅ僕この番組では多分かけた事がないと思うんですけど、もしかしたら雑誌とか他で皆さんにお勧めしてた・・何回もお薦めしてたかもしれない(笑)。同じ事何度も言っちゃうってね、40代くらいになるとよくあるパターン。
ジャズボーカリストのシャンティさん。ホントに凄い好きでね。実は一度もお会いした事ないんですよ。共演もした事ないんですけど。彼女の歌声が凄く好きで。よくネットとかで見ると、小さなライブハウスとかで・・・やってるんですよね。何かお忍びで・・行ってみようかなってよく思ってるんですけどね。彼女の歌を生で聞いてみたいと、ずぅ~っと思ってるんですよね。
そのシャンティーさんの中で、僕このアルバムが凄い好きで2012年に出たロータスフラワーっていう黄色いアルバムなんですけども・・・もうね、春にぴったりの曲があって。今、春じゃないんですけど。
サンシャインという2曲目の曲が凄くお薦めなので。ポカポカと気持ちのいい日などにはぴったりの曲なんじゃないかなと思うので、皆さんも聴いてください。
シャンティでサンシャイン♪

musicSunshine/Shanti

さぁ、エンディングなんですけども、北海道の方からメッセージを頂いているので皆さんにご紹介したいと思います。
北海道のねぶりさん。
loveletter
北海道胆振東部地震のメッセージありがとうございました。北海道胆振から離れた地域に住んでいるので、1日だけの停電と断水で済みました。その時の情報源はラジオで、ラジオのありがたみを改めて感じました。
ああ~ありがたいですね。続いて、Twitterですね、なほさん。

chick
夜中に地震でたたき起こされたよ。停電というのは不安になりました。コンビニ、スーパーの品、すっからかん。食料とカセットボンベがなくなったら避難所に行く事も考えました。まだ節電中。今もパンと牛乳買えたらラッキー。吾郎さんが全部代弁してくれてる。
ねぇ、この時から状況が変わってるといいんですけどねぇ。
続いて札幌市ですね。麦チョコさん。

loveletter
お見舞いの言葉ありがとうございます。吾郎さんのオリジナルな言葉に胸がジーンときました。ラジオは吾郎さんとリスナーのコミュニケーションが取れる時間、至福の時間をありがとうございます。
ああ、良かったですね。こんな事でもお役に立てるんだったら、ラジオやってて良かったなぁと思いますし、何か凄く距離が近く感じますよね。僕もホントにいつもたわいも無い事を喋っているんですけれども、少しでも力になれるとするならば光栄な事と思っております。

pen被災地へのメッセージ、そしてそれに対するリスナーからのお便りを紹介・・・
このやり取りが最高に心温まります。素敵なラジオ番組。
吾郎さん、スタッフさんの優しさが伝わってきます。
ずっと続きますように。

皆さんからのメッセージをお待ちしております。
Goro'sColumn
には身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください。

興味のある話題を特集する
Goro'sSearch、リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしております。

リクエスト
は、Goro'sBreakTimeお便りはGoro'sEssay
そしてGORO's Music Libraryでは僕の音楽ライブラリーから今の気分に相応しい曲を選曲いたします。

メールアドレスは、
goro@joqr.net 葉書の方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。

お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。

それでは、また来週!バイバ~イ♪

clip編集後記、メールの宛先などは、こちらから⇛編集長 稲垣吾郎

clipデイリーラジオランキング~ついラン調べ
2018年9月19日→4位編集長稲垣吾郎   

|

« 「半世界」第31回東京国際映画祭コンペティション部門決定 | トップページ | ゴロウ・デラックス 9月20日(#315) »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

今回も感心しました。楽しくリラックスして聞ける内容と、社会性を持った事案を取り上げるタイミングの素晴らしさ!吾郎さんとスタッフがこの番組を単なる人気タレントのトーク番組として位置づけていないことに感銘しましたね。災害は、他人事ではない。明日は我が身と感じつつ、丁寧なトークに耳を傾けていました。以前取り上げた保育園のこともそうですが、広い分野で(音楽も含めて)様々な事が吸収できる秀逸な内容に感謝です。

投稿: あや | 2018年9月24日 (月) 10時56分

shoeあやさま
コメントありがとうございます。
今回のタイミング、素晴らしかったですね。
お見舞いのメッセージも吾郎さんらしい言葉での心のこもったものでしたし、こうして誰にも分かりやすく防災を広めるというのは素晴らしい取り組みだと思いました。
>単なる人気タレントのトーク番組として位置づけていないことに感銘しました
・・・確かにその通りですね。
スタッフさんも優秀ですし、吾郎さんが拘わった番組がちょっと普通とは違うものになるのは、やはり吾郎さんの仕事への取り組み方などに関係するのでしょうか、これからも楽しみです。

投稿: サイトー | 2018年9月24日 (月) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「半世界」第31回東京国際映画祭コンペティション部門決定 | トップページ | ゴロウ・デラックス 9月20日(#315) »