« 2019年 ことしもどうぞよろしくお願いいたします | トップページ | 東京BTH »

2019年1月 6日 (日)

編集長 稲垣吾郎 1月2日

1月2日目次

【GORO's Search】皆さんから届いたメッセージを紹介~ハワイアンズのキャンペーンキャラクター就任・ゴロウ・デラックスで紹介されたルーベンス展・片桐仁さんの個展「ギリ展」
*お雑煮
*海外に1年住むなら?
*This is what you came for / Calvin Harris
*しあわせまだかい/楠瀬誠志郎・・・羽場裕一さんのお話
*
#SINGING/新しい地図 join ミュージック

明けましておめでとうございます、稲垣吾郎です。
僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているのでしょうか。
それでは編集会議を始めよう!
. 
【GORO's Column】 

コラムメールをご紹介します。広島市のよっこんさんです。
吾郎さんのイメージするお雑煮はどんなものですか?私の実家は広島県山間部ですが、ブリが入ります。同じ県内でも海側は牡蠣が入ります。良ければご実家のお雑煮の具を教えてください。
うん、でも何でもありですよね、確かにね。お雑煮って、その土地によってそれぞれだと思うんですけれども広島県だけでもこんな違うんですね。山間部だとブリ、海側は牡蠣か。
ふ~~ん・・・お雑煮に牡蠣っていいですね。
うちはまぁ東京だったんでね、そんなに凄い・・何か人に話すような事でもないくらい普通のお雑煮でしたけどね。味噌ではなかったですね。醤油ベースですよね。
関西の方とか味噌が多いんでしたっけ?まぁまぁそこも土地とか家によっても違うんでしょうかね。まぁお餅が入っていればお雑煮になりますよね。お正月にお餅が入っている汁物はお雑煮としていいんじゃないかなと思う。ホントにこれは洋風にしてもいいしね。何でもありですよね。
牡蠣いいですね・・・贅沢にね・・って事はお餅と牡蠣を一緒に食べるって事ですよね。
お雑煮、僕は最近食べてないですね、確かに。お節料理はね、頂いたりとかってあるけど、お雑煮って作らないといけないじゃないですか(笑)。確かにここ何年もお雑煮って・・・お餅を食べたり汁物を作ったりっていう事はあっても、お雑煮をしたって記憶の中にないですね。
いいかもしれないですね。家の実家ではいまだに作ってるのかな、お醤油のお雑煮を。
以上、ゴローズコラムでした。
.
This is what you came for / Calvin Harris
.
【GORO's Search】
今週のゴローズサーチでは皆さんから届いたメッセージをご紹介します。
東京都のみはるさん。
吾郎編集長、アロハ!ハワイアンズのキャンペーンキャラクター就任おめでとうございます。オールフリーのCMに続いてリゾートゴローですね。実は先日初めてハワイアンズに行ってきたところなんです。職場の仲間達と仕事の終わりに向かい閉園間際で貸し切り状態の夜プールを満喫したり翌朝は早起きをしてバイキングでお腹を満たしてから吾郎さんは乗れないスライダーを何本も滑って、日頃の疲れを発散させてたっぷり遊んできました。キャンペーン中は送迎バスやホテルのお部屋でも吾郎さんを堪能できるそうなので、ドキドキとワクワクで胸が一杯になってしまいそうですが、また行けたらいいと思います。
そうなんですね、ハワイアンズのイメージキャラクターにしていただきましてアロハな写真が結構出たと思うので皆さん見て頂けたと思うんですが・・・
そうなんですよね、映画「半世界」のちょっとポップアップスペースのようなものを作って頂いたりとかっていう事で本当にありがたいんですけれども。
いや、ここがね、僕も実はハワイアンズ初めて行ったんですけれども、ほんとハワイなんだよね。何かもう、ハワイなんですよ、とかく(笑)。部屋の中もそうですし、何か香りまでハワイなんですよね、施設の中の。やっぱりハワイにあるものを使ってるからかな。食べ物であったりね、香りであったり。何かねホントにハワイに行った気分にさせてくれるハワイアンズだったんですけれども。
フラダンスのお姉様方と一緒に写真も撮らせていただいて楽しかったんですけどね。
僕とハワイってあんまり結びつかないってもしかしたら思われてる方もいたと思うので・・・まぁ好きですけどね、ハワイ。何かあのうホントに元気いっぱいね、ハワイの明るい太陽の下でアロハ!なんていう僕ってあんまりイメージにない方の方が・・パブリックイメージでは結構多いのかもしれないですけど、まぁでも好きですからね、ハワイは。やっぱり海も山もありますし、僕にぴったりじゃないのかなと(笑)思うんですけど。
何かもしかしたら似合ってないって思われたらどうしようかと・・内心思っていたんですけどね。全く違う自分がそこでまた生まれればいいかなと思いますし。ちょっと照れがあったっていうだけなんですけどね。
ほんとにあの素敵なリゾート施設で、いいなぁと思いましたね。あと施設の周りの自然もすごく綺麗でしたね。僕が行った時ちょうど紅葉が綺麗だったんけれども、また行きたいなと思いますし。
部屋でも僕を堪能できるってどういう事なのかっていう・・・皆さんもリゾート吾郎気分に浸っていただきたいなと思うんですけれども。
 *ロマンチックハワイアンズ公式サイト
・・・『半世界』ギャラリーではスペシャル映像上映、映画撮影時の貴重な衣装や小道具などの展示やフォトスポットなど、映画の魅力を体感できるようになっているそうです。
炭にちなんだお土産「竹炭あられ」「スペシャル炭癒アイマスク」などもあり楽しみです。
 
.
続いて兵庫県のひろこさんです。
ゴロウ・デラックスでルーベンス展にいらっしゃってましたね。吾郎さんの「No.9」で上京した折に私も観に行ったので同じ場所にいると嬉しかったです。ルーベンス、凄かったですよね。吾郎さんの舞台のおかげで美術展にも行く機会ができてラッキーでした。いつか吾郎さんの美術展の音声ガイドをしてもらうのが夢です。
そうですね、音声ガイド、全然・・お話いただければやりますけどね。
そうなんですよ、ルーベンス展ねぇ。貸し切りでしたからね、番組の収録なのでホントに贅沢な時間だったんですけれども。
いやぁでも勉強になりますね。ああやって番組で行くと。
ただ何となく美術鑑賞するっていうのもいいですけれども、それに対して造詣の深い方にお話を伺いながら美術鑑賞するっていうのはこの上ない贅沢だと思いますけどね。
まだ行ってない方はホントお薦めです。素晴らしかったです。
まだ行ってない方にはホントお薦めです。素晴らしかったです。

続いて、静岡県のキウイさん。
片桐仁さんの個展ギリ展に行ってきました。吾郎編集長にプレゼントしたスマホケースを見て、どんな作品が展示されているのか気になっていたところ、近くで開催されているのを片桐さんのツイートで知り家族で行ってきました。ギリ展には片桐仁さんワールドがいっぱいでした。こんなものからあんなものまで形を変えてしまったり、初期の携帯ケースや3DSのケースまであったりダジャレから作品が出来たり、見ててとても楽しかったです。見終わった後、私も子供達も大満足のギリ展でした。
う~~ん・・・そうか静岡の近くでもやられてるって確かに片桐さんが・・おっしゃってた気がしますね。行かれたんですね。
僕まだ見れてないんですよね。

片桐さんにプレゼントしていただいた携帯ケースもそうですけど、片桐さんがね普段使用している携帯ケースなんかも・・そういったものはいつも見ているんですけど、実際に個展には行った事僕まだないんでね。。

以上、ゴローズサーチでした。
.
【Goro's Break Time】

埼玉県ゆみこさんからのリクエストメールです。
楠瀬誠志郎さんの「しあわせまだかい」をリクエストします。この曲は「No.9」で吾郎編集長と共演されていた羽場裕一さんが出演されていたドラマ「ぽっかぽか」の主題歌でした。当時私はこのドラマが大好きでそれがきっかけで羽場裕一さんも大好きになりました。なので今回「No.9」で編集長との共演はとても嬉しかったです。
そうなんですね、羽場さんは今回で何回目なのかな。舞台で一番多く共演されている方なんですよね。実は多いんですよ。
初めてやったのが「月晶島綺譚」っていう・・これも中島かずきさんだったんですけれども、僕が25歳くらいの時ですから。あとはラッパ屋の鈴木さんのね、初めてやった時の「謎の下宿人」もそうですし、新国立でやった別役実さん原作の「象」という芝居もね羽場さんに出演していただいてっていう・・多いんですよ、何か節目節目で共演してるっていうね。
しかも僕にとって非常に一つの出会いであったりとか節目みたいな・・そういった時の作品でご一緒させていただく事が多いんですよ。

でも変わらないですね、ホントに。何かいつでも羽場さんの空気で、凄く気さくな方ですし・・・「ゴロちゃん!」って言ってくれるんですけどね、昔っから(笑)。何かね爽やかなんですよ、羽場さんってね、ずぅ~っと昔から変わらず。
お芝居に対してもね凄く真面目ですし・・今回も「No.9」の再演でね、父親役ですからね。二役なんですけど、羽場さんは。そうなんですよ・・何も変わってないです、全然。基本的には変わらないですね羽場さんもね。
元々舞台出身の方なのでね、舞台での動き方とか身のこなしとか軽快ですよね。凄く、若々しいですし。ねぇ、ドラマでも共演してるし。ここまで共演してる方って意外といないんじゃないかなっていうくらい。多いんですよね、さり気なく共演してるというかね。
これからもね、ずぅっと一緒に・・ね。

という事でこのゆみこさんのリクエスト聴いてみましょう。
.
しあわせまだかい/楠瀬誠志郎
.
羽場裕一さん、舞台でも何回も共演されているんですね。
調べてみたらドラマでは「恋の片道切符(1997年)」「ヨイショの男第4話(2002年)」「ブルドクター第8話(2011年)」「金田一耕助シリーズ犬神家の一族~誰も知らない金田一耕助(2004)」に出演されています。
これからも、いろいろな作品で共演できたら良いですね。
「No.9-不滅の旋律-」での、羽場さん演じるルイスの父ヨハン、怖くてとても好きです。
また医者のラビックとルイスの会話が突然、ヨハンとルイスに変わる所とか、毎回観ていて鳥肌が立ちます。二人ともそのままなのにがらりと人が変わって~
/
【Goro's Essay】
埼玉県のノワールさんです。
私は現在、台湾に1年、交換留学に来ている大学生です。旅行では過去に何度か訪れた事のある場所でしたが、いざ住んでみると全ての事がまた新しく感じていろいろ戸惑ったり、それを楽しんだりしています。特に驚いたのがスーパーで売られている乳製品が日本の2~3倍の値段をしている事です。台湾ではあちこちにティースタンドがあり牛乳を使うミルクティーが安く売られているので意外でした。旅行の際、スーパーに行く事がほとんどなかったので全く知りませんでした。吾郎さんは1年だけ海外に住むとしたらどこの都市がいいですか?
えっ?台湾・・・物価が・・スーパーで売られている乳製品が日本の2~3倍っていうのが、ちょっと手出しにくいですよね。でもティースタンドは安いって、不思議。不思議だねぇ、何だろう。スーパーで売られているものって海外のもの、日本のものとかが多いっていう事なのかなぁ。なんでしょうね、ティースタンドでは安くってって。ま、これは少し困っちゃいますよね、留学している学生の立場だとね。
まぁでも僕は台湾って行った事がないんですよね。みんないいっておっしゃいますよね。

(スタッフさんからの助言→)そうそう番組でも台湾取り上げてるんだよね。よく周りの人みんな台湾に行ってて僕だけ行ってないみたいな・・どっちかって言うと、台湾は。
ねぇ、香港とか中国とか・・・他の周りの都市結構行ってるんですけど、台湾にはまだ行った事がないんで。
1年だけ海外に住むんだったら・・・う~ん、どうなんだろうなぁ、1年ですものね。本来ヨーロッパとかね、パリとか好きですから言いたいところですけどパリも大変ですよね住むのは・・・っておっしゃいますものね。日本の生活とか日本の利便性を知ってる方が海外行くと「やはり日本が一番、住むんだったら」って風におっしゃる方が多いので、1年だったらなどうなんだろうな。意外と田舎とかね・・どうなんでしょう1年、飽きちゃうのかな僕なんかの場合は。都市の方がいいのかな。考えた事もないですけれども。
以上、ゴローズエッセイでした。
.
【GORO's Music Library】
今週はね、やっぱり新曲ですね。 #SINGING!
そっか、まだこれはラジオではかけてないと思うんですけれども、草彅くんと香取くんと僕の3人が、新しい地図join musicとして歌う新曲「#SINGING」なんですけれども・・ね、これビックリなんですよ、何と作詞作曲が15歳の現役中学生、トラックメーカーSASUKEさんっていう・・凄いよね~凄く無いですか!?歌って踊って楽曲製作もするホントにマルチな才能の持ち主の方で・・・
実際に僕ら3人とも会いまして、Amazonミュージックさんのコマーシャルもやらせてもらっているんですけどもね、その撮影の時も来てくださって一緒に写真撮ったりもしたんですけど。
ほんとにまだ見た目は・・ほんとにねお子さんですよ、普通に。15歳ですからね。
いやぁでもね、凄く気に入りました、この曲も。
何かいいですね、確かに僕らがず~っと歌ってきたような曲調、やっぱり90年代後半から2000年くらいにかけてこういったポップスって結構歌ってきたなぁっていう感じがするんですけれども、その中にも新進気鋭の才能がそこに加わって、15歳の。うん何かその・・ちょっとした過去と未来が融合されたような曲で、やっぱり今の子が作るんだとこうなっていくんだなと・・・でも何かポップスとして普遍的なもの、何か僕らが歌うにはピッタリな世界というか、そういったものもちゃんと残しつつ、やっぱりこの子のおかげで新しいものになってるというのかな、その辺がね凄く・・聴いている方も多分同じように感じてくださった方も多いと思うんでね。
聴きやすいし、何かその中に新しさを感じてもらえるんじゃないかなという・・いや~素敵な曲になったので、これから皆さんにも聴いていただくんですけどね・・・
結構歌は難しいですね。ラップのようなね、結構早口で歌ったりする部分もある・・レコ-ディングなんかちょっと大変だった事もあったんですけど。
それでは1曲お聴き下さい、新しい地図 join musicで#SINGING♪

#SINGING/新しい地図 join ミュージック

「やっぱり新曲」でSUZUNARI♪かと思ったら甘かった(笑)・・・
吾郎さんは自分の新曲ばかりかける人ではなかったわ。

今年も1年どうぞよろしくお願いいたします。

皆さんからのメッセージをお待ちしております。
Goro'sColumnへは身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください。
興味のある話題を特集するGoro'sSearch、リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしております。
リクエストは、Goro'sBreakTimeお便りはGoro'sEssay
そしてGORO's Music Libraryでは僕の音楽ライブラリーから今の気分に相応しい曲を選曲します。
メールアドレスは、goro@joqr.net 葉書の方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。

お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。

それでは、また来週!バイバ~イ~♪

とても楽しげな吾郎さんの声にこちらも癒やされました。
1年前、「ななにー」の1曲しか持ち歌がなかったのに、今では新曲が被るほどに。

編集後記、メールの宛先などは、こちらから⇛編集長 稲垣吾郎

デイリーラジオランキング~ついラン調べ
2019年1月2日→7位編集長稲垣吾郎   

|

« 2019年 ことしもどうぞよろしくお願いいたします | トップページ | 東京BTH »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

吾郎さんの明るい声を聞くと、元気をもらえます。今年も舞台に映画、俳優として忙しい日々を過ごされるのでしょうね。そしてラジオでの様々な報告がリスナーにとっては宝物です。リアルタイムで聞いても聞き逃していることが多々あります。そんな時、サイトーさんのレポには助けられ、お世話になってきました。大変でしょうが本年もレポをよろしくお願い申し上げます。

投稿: あや | 2019年1月 9日 (水) 09時13分

あやさま
コメントありがとうございます。
吾郎さんのラジオは、少し早口で滑舌良く明瞭で中身がとっても濃いですね。30分の中にいろいろなものがたっぷり詰まっていて,満足感が凄いです!
リスナーと距離の近さが感じられるので、これからもずっと続いて欲しいです。
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: サイトー | 2019年1月 9日 (水) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019年 ことしもどうぞよろしくお願いいたします | トップページ | 東京BTH »