2019年5月14日 (火)

編集長 稲垣吾郎 5月1日

5月1日目次

*舞台「LIFE LIFE LIFE~人生の3つのヴァージョン」のお話
*編集長と機内誌
♠【Goro's Break Time特集】
*好きだ/Little Glee Monster
*I'm Yours/Jason Mraz
*
Something for Your M.I.N.D/Superorganism

僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているのでしょうか。
それでは編集会議を始めよう!

.
【GORO's Column】 

コラムメールをご紹介します。ラジオネーム
しらっちゃけたやぎさん。
📩
舞台「LIFE LIFE LIFE~人生の3つのヴァージョン」初日舞台観劇させていただきました。前回の「ヴァージニアウルフなんかこわくない?」に続いて四方を客席に囲まれたステージ、演者4人の息遣いまで存分に感じることのできる素晴らしい舞台でした。個人的には吾郎さんの眼鏡姿にキュンキュンしっぱなしでした。4人ともワインを飲むシーンがたくさんありますが、皆さんはトイレは大丈夫なのかしらなどと変な心配をしてしまいました
うん、ありがとうございます。
初日に来てくださったんですね。
毎日劇場に来てくださってホントにありがとうございます、皆様も。
大勢の連名とかでもお花をいただいたりとか、あとは観劇された方にもいろいろなお手紙とかプレゼントとかもいろいろいただいて。
初日来られたんですね、しらっちゃけたやぎさんは。初日の良さってありますよね。ホットですよね、初日特有の盛り上がりを見せることができたなと思って。思い出に残ってますけれども。
やっぱりライブなのでね、毎回毎回同じものにはならないんで。
でもなんか、ここが今回良かったな~今回ちょっとここが心残りだけど前よりもここがもっとよくなったなとか、ほんとに毎日毎日いろんな発見があって、お客様を一緒に作っていくような芝居なのでね、特にやっぱり本当に・・このメッセージにもある通り、客席に四方に囲まれているってね、ホントに不思議ですよ、やっぱり。ヴァージニアウルフの時もね・・一度経験はしてるんですけれども・・でもそこまで周りを感じられなかったのかもしれない、13年前は。
まぁやっぱり13年前の時よりも自分に・・まぁ俳優として求められるものも多くなったのかなと思ったり、あとちょっとセリフも多かったりとか・・まぁ休む間も僕はないのでね、3幕とも。なんかそういう違いは感じてますね。13年前よりは確実にカロリーは消費してるかな~という感じではあるんですけれども。
不思議ですよね、四方を囲まれるっていうのは・・・ホント難しいなって思うんですけど、なかなかないですからね四方を囲まれるっていうの・・演技経験もね。これは後ろ姿で伝わっているかなぁとか、自分の全身にセンサーを張り巡らせる感じかな。でもそれは四方でなくても舞台っていうのは全身を見られるものですから、そうではあるんですけどね。・・・ただまぁ今回は特に特殊なので・・基本的にはワンシチュエーションで一夜の話なので、僕の住む家のリビングルームでの4人での会話劇なので、その最中にずっとワインを飲んでいるっていう設定なのでね、あとお菓子も食べながら。
まぁ結構そうですね・・・僕はやっぱり飲むよりも喋る方が大変な役なので、そこまで飲んで食べてないんじゃないのかな。多分大竹しのぶさんや段田さんの方がすごい飲んでると思いますよ。大竹さんは酔っぱらってくるっていう設定もあるからすごい飲んでるみたいですよ。お手洗いの事は知らないですけど。
どっちかって言うと僕は飲むというよりは最後にチーズを食べる・・・(笑)そうそうそう、あれが結構食べてるいるんだよね。チーズって言っても・・ま、チーズキューブだからちっちゃめのチーズなんですけど・・・1センチ四方くらいのね。でも意外と美味しいんですよ、あのチーズ。
実際にワインを飲んでたらそのチーズも美味しく感じるんでしょうけど。もちろんあれは本物のアルコールではないのでね。
白ワインに関しては非常に白ワインに発色・・色が近い飲み物があるんです。赤ワインって結構再現が難しいんです。ドラマとか映画でも皆さん感じません?赤ワインのシーンとか見てて。ワインの色じゃないんじゃない?ぶどうジュースの色じゃない?って。僕すごく気になるんですけどね。ワインもまたいろんなブドウがあるから一概には言えないんですけど。でもやっぱりワインの色してないのが多いんだよね。僕からすると。
白ワインはね、分からない。白いから(笑)いや、真っ白ではないですけど。
そうだなぁ、この番組を聴いてる人だけになんかちょっとしたネタばらしを一つしようかな。番組っぽいね、その方が。
あの~僕がレコードを・・音楽をかけようとして、レコードLP版を棚から取り出して・・そのレコードが何かって当てて欲しいですね、多分S席の方とか分かるよね。おう!ここでこのレコードなんだ!なんかすごい縁を感じてしまったんですけど。
ベートーヴェンなんだよね。シンフォニー5番、ジャジャジャジャ~ンですよ。「運命」・・たまたま。棚の中から、どのレコードをとるかによって変わってきちゃうんですけど、でもだいたいセッティングってあるじゃないですか、最初の。で、こう取ってぱっと出して表になるのが、ちょうどベートーヴェンの率が多い・・・
だから何だ?って特にオチのない話ではあるんですけど、なんか不思議ですよね。
でもさ、あの状況でレコードかけようって言って、ベートーヴェンの「運命」をかけようとするかなぁ~って(笑)いう。適当に何枚か取ったっていう設定だからあれなんですけど。なんかジャズとか、ちょっとハッピーな感じかなって思ったんですけど。
まぁでもベートーヴェンシンフォニー5番、好きですから僕も。交響曲第5番も。
はい・・ということでホントに毎日劇場に足を運んでくださった皆様、ホントにどうもありがとうございました。

舞台の話だといつも止まらなくなるくらい楽しそうに話しているのが、これまた嬉しいです。
確かに「ヴァージニアウルフなんかこわくない?」に比べて吾郎さんの出番は格段に増えています。舞台の感想の記事にも書きましたが、演目が変更になったことは舞台の神様のおかげなのではないかと思うくらい、こちらの作品になって良かった!
もちろん「ヴァージニアウルフ~」も当時としては面白かったのですが、吾郎さんのお芝居を観るには今では物足りなくなりそう。
この四方を囲まれた舞台で「全身にセンサーを張り巡らす感じ」という表現がすごいなと思いました。
そして白ワイン・・・確かにすごく白ワインっぽくて、やたら白ワインを飲みたくなる舞台でもありました。
映像作品でつかわれる赤ワインについては、まったく同感です。あの赤ワインの透明感のある複雑な色合いはなかなかほかのもので代替できるものではないと思います。

ラジオを聴いている人にネタ晴らしって嬉しいです。
あのレコードを手にするところは特に印象的なシーン、しかもなぜ??という疑問が生じるシーンなので、もしかしたら「運命」にも関係あるのかしら~なんて勘ぐってしまったりもできる本当に語りがいのある舞台でした。

【Goro's Break Time】
今週は皆さんからのリクエスト、ゴローズブレイクタイム特集です。静岡県のキウイさんからのリクエストメールです。
📩
4月から高校生になる息子が春休みに友達だけで春フェスに行くために東京に行きました。東京にほぼ行ったことがない息子、迷路のような路線図と東京駅の雑多な雰囲気に大丈夫かと親として心配でした。帰りは最終の新幹線に間に合うかどうかだったので東京駅までの行き方のメモを渡しておいたのですが、そのメモを友達と穴が開くほど確認し合ったそうです。友達だけの初東京初フェスは卒業旅行の最高の思い出になったようです。リクエストは息子が春フェスで聴いたリトルグリーモンスターの「好きだ」です。
はい。お母さんとしては心配だったんでしょうね。
そうだよね、東京・・に初めて行った時の電車って絶対わかんないよね。これは慣れるしかないよね。僕でもわかんないもんな。
しかも東京駅か、東京駅って言うとまた・・要するに地下鉄に乗るときは大手町とか繋がってくるから。大手町ってすごいよね。歩いてると一個先の駅に着いちゃったりするよね。(笑)確かにすごく複雑ですよね。東京駅もそうですけど。ここは大変だわ。
そうだったんですね。でもよかったね、いい思い出になってよかったなと思いますし。きっと忘れられない思い出になったんでしょうね。

🎧好きだ/Little Glee Monster

続いてみぞれさんからのリクエスト曲
📩
Jason Mraz で。あまり吾郎さんらしくない気がしたのですが、私は大好きで、聞くとなぜかハワイに行きたくなります。
!?Jason Mrazってなんだったっけ、聞けばわかるか。結構有名(笑)・・
でもね、吾郎さんっぽくないって言っても意外と吾郎さん好きな曲多いですよ。
そうだよ!なんかクラシックとかジャズとかよく番組でかけてるから、ロックやヒップホップとかも聴くしかけることもありますし。

🎧I'm Yours/Jason Mraz

続いて三重県たけちゃんからのリクエストメールです。
📩
以前CMで聴いたことがありその時は気に留めていなかった曲をつい最近、とある理由で耳にしたとき一気に興味がわいてきました。調べていくとロンドンを拠点とするバンドでなんとヴォーカルは日本人。もしかしたら編集長も知ってるかもしれないので一度聞いてください。
いや・・わかんない。スーパーオーガニズム
へぇ~面白いですね、ロンドンを拠点にしてヴォーカルは日本人なんだ。聞けばわかるかな、コマーシャルで・・好きな曲だったらダウンロードしようかな。

🎧
Something for Your M.I.N.D /Superorganism

【Goro's Essay】
大阪の
ちゃこたんさん。
📩
私は機内誌を読むのが好きです。出張などで東京に行くときはANAに乗ることが多いのですが、機内誌「翼の王国」のお弁当の時間がお気に入りです。町工場にお勤めの人や漁師さん、職人さんなど普通の人の普段のお弁当を扱ったコラムで、何てことない日常の話から、その人となりや人生を垣間見れて面白いです。映画「半世界」ではお弁当が印象的でした。今回、お弁当の時間を読みながら紘さんのお弁当が紹介されたらどんなお話をするんだろう、取材の日にでんぶでおバカって書かれたら笑うかななど、想像の翼をはためかせていました。
なるほど。
機内誌ねぇ~読みますよ、僕も。
確かに自分で本を持ち込んで読むこともあるけど、基本的には・・特に国内線だとね、あまり寝ないかな、国内線だって1時間2時間だから・・そうですね。
・・・機内誌で発見することって多いよね。
あ、こんな場所に旅行してみたいな~と思ったり、やっぱり普段自分がアンテナを張り巡らしていることでない事をキャッチできるよね、機内誌って。こういう番組やっていてもそうですけど、なんか自分の趣味嗜好って偏っちゃうじゃないですか、機内誌好きですよね。
雑誌だって自分の好きなものが載ってそうな雑誌を読んでしまったり偏るじゃないですか。ただ機内誌ってさ、結構バラエティ豊かだし・・・なんかいろんな層の人間に老若男女にちゃんと受け入れてもらえるように作ってるよね。専門誌ではないというか。
だからやっぱり面白いよね、機内誌って。
結構面白いんだよね、こんな人がコラム書いているんだな~と思ったり・・・結構僕好きですよ。写真も美しいよね。
あと機内誌・・の後ろの方のページに載っている地図とか見るのも結構好きだし。まあそれはもう・・いつみても地図は変わらないんだけど・・つい見ちゃうよね。
あと僕なんかどっちかって言うと・・飛行機の機体とか好きだったりするから・・・機種の説明とか書いてない?機内誌の後ろの方のページに。ボーイング767って・・え!?20機しかないんだとかさ、ふふ(笑)。いろいろ全長とか全幅とか見ちゃうんだよね。
・・・そうそうそう。。結構面白いよね、機内誌ね。意外と僕も見てますよ。

ただ・・結構いろいろと地方に草彅くんや香取くんとかとも今年はいろいろ行きましたけど、沖縄にも行ったりファンミーティングでもいろんな地方都市にも行きましたけれども、あの二人が機内誌読んでいるところ見たことない。多分見ないんだと思う。
基本的に機内誌読むタレントを見たことがない、あんまり(笑)。タレントさんってあんまり・・共演者で同じ飛行機とか乗ることあるじゃないですか、機内誌・・寝てる方多いよね。やっぱり。忙しいからかな。
飛行機って意外と僕、外観ちゃったりとか機内誌読んじゃったりとか・・なんか本当の意味でリラックスできないのかな、もしかしたら。
ちょっと若干・・揺れたりすると怖いっていうのが僕の場合あったりするので。
はい。以上、ゴローズエッセイでした。

✒吾郎さんって本当に好奇心旺盛で活字好きな人なんだなと思います。
口で「本好き」っていくらでも言えるけど、こういうところに本当に活字が好きなんだな本も好きなんだろうなって思わせてくれる。
そして、ついつい飛行機の機体についてチェックするオタク心・・・
大好きです💓

*実は、突然PCの調子が悪くなって更新できないまま、タイムフリーで聴けなくなってしまいました。
もしかしたら途中なのかも💦
とりあえずPCは回復いたしましたが、すっかり遅くなってしまいました。
これからはため込まないようにしよう、少しずつほかのものにも保存しよう(消えた数々のファイル)・・・など相変わらずな反省(一応)をした出来事でした。

皆さんからのメッセージをお待ちしております。
Goro'sColumnへは身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください。興味のある話題を特集するGoro'sSearch、リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしております。
リクエストは、Goro's BreakTime、お便りはGoro'sEssay。そしてGORO's Music Libraryでは僕の音楽ライブラリーから今の気分に相応しい曲を選曲します。
メールのアドレスは、goro@joqr.net 葉書の方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。

お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。
それでは、また来週!バイバ~イ~♪
編集後記、メールの宛先などは、こちらから⇛編集長稲垣吾郎

デイリーラジオランキング~ついラン調べ
2019年5月1日→編集長 稲垣吾郎 第5位

 

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

編集長 稲垣吾郎 4月24日

4月24日目次

♠【GORO's Search】編集会議~ポテトフラワー・シェア型レストラン・うんこミュージアム
*世田谷区にあるウバメガシの大木
*コッポラが娘のために作った缶入りスパークリングワイン

*Polaroid/Jonas Blue , Liam Payne,Lennon Stella
*赤わいん/辛島美登里
*
California / Perry Brake

僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているのでしょうか。
それでは編集会議を始めよう!

.
【GORO's Column】 

コラムメールをご紹介します。横浜市のともちゃんさんです。S__11485235
📩
パラ駅伝 in Tokyo 2019 お疲れ様でした。雨あがりの晴天で、思い切り応援して熱くなった1日でした。 終了後、駒沢大学駅に向かって歩いていると、あの車の往来の激しい通りの脇に大きな木が生えていました。ふと看板を見ると[保護樹木 ウバメガシ 世田谷区]と書いてありました。ウバメガシ!と言えば、紘さんが備長炭を作っていた木ではないですか!意外な所で出会い、意外に大きな木でびっくりしました。
ほんとに!?東京にあるの!?
驚かせようと思ったんでしょ、僕のこと。驚きましたよ、ホントに。
これ写真でめちゃくちゃデカいですけど・・実際ここまでデカいものは伐採しないと思う、備長炭を作る時には。これは伐採しちゃいけないくらいデカいよね。でもホントにこれ、写真も何か住宅街なんですけどマンションの前に凄いデカい木ですよ、高さ15メーター以上あるんじゃないかな。や、これは凄いわ。ここで何で木が・・
そう、山の斜面に生えてるんですよね、日照の関係で。日が当たった方がいいみたいで。実際、ウバメガシ伐採のシーンでも結構急斜面で僕がチェーンソー持って、シェーンソーパンツを履いて映画の中ではね、そんなシーンもあったんですけど。
この東京の街中に生えてるっていうのが意外なんですけど。これは凄いですね、よく見つけましたね。

実は、これ私が出したメールです(笑)。
Photo_12あんまり読んでいただけないので、ちょっと気分を変えて母の名前で出してみました。
本当に大きなウバメガシで驚きました。
駒沢競技場から246に向かってバス通りの左側を歩いていけば、見落とす事はないと思います。
木があって後から道路やマンションが建ったのではないかと思うくらい大きな木でした。
それにしても・・あのウバメガシを伐採するシーン、かなりの急勾配で危険だったと思うのですが~吾郎さんは絶対に大変だったなどと言わないですよね。そういうところも大好きなところの一つです。

🎧Polaroid  /Jonas Blue , Liam Payne , Lennon Stella

【GORO's Search】
今週はですね、編集会議を行います。愛知県のカーチンさんです。
📩TVでポテトフラワーというものがあるのを知りました。十勝産のジャガイモでマッシュポテトを作りそれを使ってお花を作り食べられるアートとして広めている方がいます。ピンクや紫など着色料は一切使ってなく素材そのものの色で作り出されるそうです。眼でもとっても楽しめてお祝い事などに合いそうですね。
ふぅ~ん・・・あ、これは美味しそう。
美味しそうというか・・石けんを使って作ったフラワーアートとかあるじゃないですか、似てますよね何かちょっと。色とか風合いというか。ほわっともこっとしてて。ジャガイモの感じと石けんの感じが。
あ、でもカワイイですね。すごいですね、これ、着色料は一切使ってないって・・・何で?ピンクになるのね・・ジャガイモも。紫は分かるよね、紫芋とかあるもんね。ノーザンルビーにシャドウクイーン・・・ふぅ~ん・・これ何が凄いって着色料使用していないってとこが凄いね。
いやいや、でもポテト好きなんでね。マッシュポテト、みんな好きですよね。ポテトサラダとかね、まジャガイモみんな好きですよね、みんな。僕も好きですし。
マッシュポテトなんて言ったらマッシュポテト専用の機械を僕は買おうとした事があるくらい。あのマッシュポテト普通にお鍋で作れるんですけれども、ジャガイモその機械に入れるだけでマッシュポテトが出てくる~そういう機械もあって、結構ドイツとか行くとご家庭で使ってたりするおうちもあるみたいで、さすがにマッシュポテトたくさん食べるお国柄・・でもこの機械いいなぁと思って。
前、番組で使ってた訳ですけどね。値段もまぁまぁ高かったです、アイスクリームマシンみたいな感じ、普通の家庭にあるもんではない。もう手軽に購入できそうな値段で売ってそうですけどね、どうなんでしょう。調理器具も最近多いですからね、いろいろと。
マッシュポテト、食べたくなってきましたねただまぁ、この花は作れないけどね。
でもこれマシュポテトでも固めに作んないと花の形、ちょっとどう?マッシュポテトはほわほわでとろっと柔らかい方が美味しいからね。どんなお味なんでしょうか。
   *KANON~十勝ポテトフラワー

さあ、続いては、大阪市のエリンギさんです。
📩世界中の美味しいものが食べられる日本、イタリアより美味しいパスタや中国より美味しい中華が食べられると言っても過言ではないような気がします。そんなグルメが集まる日本の銀座に初めてのシェア型レストランがオープンしました。リダイン銀座というこちらのレストランは、6人のシェフがそれぞれ作る料理を一つのテーブルで食べる事ができます。店内に6つのキッチンがあり6つの専門店のそれぞれの味を一度に楽しめるんです。腕の良いシェフでもお店を出すのは凄くお金がかかるので夢を諦める方も多いそうです。そこではキッチン設備やホールスタッフなど複数のシェフと共有する事によって月額5万円と初期費用20万円で銀座にお店を出せてしまうという夢のようなレストランでもあります。また来店した客の投票によって人気の高いシェフを決め、人気投稿の順位によってはシェフが入れ替わる仕組みが導入されています。一定期間ランキング上位を続けたシェフは卒業となり独立支援を受ける事もできるそうです。
なるほど、面白い!うん、これは面白い、行こう!
これねぇ、やっぱり夢ですよね。みんなそういう気分になるんですよ。
ただあの・・人と同じものを頼むっていう・・分かち合う喜びもあるから、まぁカップルで行ってあなたはフレンチ、私は中華みたいな・・そこも寂しい気がするんだけど。飲み物とかはいいけどね。食べ物は何か共有したいなっていう。恋人でなくてもね、友だちでも。
でも何か夢ありますよね。ちょこっとずついろんなもの食べたいよね。すっごく分かる。これは分かる。ちょっとね専門店のフルコースになるとtoo muchになってきちゃう場合もありますからね。まぁやっぱり中華って言ってコースって言っていろんな種類があったりしてもやっぱり油がごま油だったりね、だいたい似通ってくるじゃないですか。そこの中でもいろいろ駆使して考えてどんどんどんどん料理が作られて進化してるとは思うんですけど、やっぱりこれは大胆が発想ですよね。
面白いな、多分6種類全部ヒトサラずつは無理だよね。大勢で来た時とか楽しいかもしれない。
新橋とかのガード下にあるさ、前番組で行ったけど、みんな系列が一緒でここはお刺身が多いお魚専門のお店で、横は焼き鳥が多いとか・・そっちから持って来てくれるとか、ガード下はあるよね。まぁ、行ってないですけど僕も。あれも面白いなと思ったけどね。
贅沢だよね、確かに。楽しいね、みんなでワイワイ、大人数とかだと楽しいかもしれないですよね。なるほど。
あとシステムが非常に面白いです。ランキング形式でシェフの方をね、ホントにこのくらいの初期費用でお店出すって夢ありますし、この企画プロデュースした人面白いですね。
でも何か確かにお店出すのっていうのはなかなか大変な事だし。そのシェフも独立しやすくなりますよね。そこでそういう評判が生まれれば。
ちょっと・・・すごく興味あります、僕。
まぁでも後味とかあるからなぁ・・・料理って。やっぱりさぁ(笑)前菜にイタリアンの前菜食べた後にメインで・・中華のメインが来たりするとちょっと口の中、混乱しそうな気もするけどね。まぁでも面白いっていうのは面白いし、誰もやってない事だし、そこを何か上手~くさぁ例えばフレンチだのイタリアンだの和食だのっていうのに移り変わって行く時違和感なく移り変わっていって食事を楽しめるといいね。余韻とか後味が邪魔しないような感じで。
まぁ、ちょっとここは行ってみたいですね、銀座にあるんだ。はい、ありがとうございます。
   *リダインギンザ


続いて東京都世田谷区のみかりんごさんです。
📩突然ですが、うんこミュージアムをご存じでしょうか?エレガントな編集長に何度もこの単語を使わせるのは気が引けるんですが入場時にマイうんこメーカーなる便器に座って排泄されたカラフルなマイうんこを棒に刺して館内を歩くという奇想天外な遊び心が満載のようです。まさに映画「クソ野郎と美しき世界」の「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」とそっくりな感じです。吾郎さんが行かれることはないと思いますが、クソ野郎シリーズ第2弾のインスパイアーになるのではないでしょうか?
なるほど!お好きにやってください。ふふ(笑)
うんこミュージアムって・・・これ、どうなんでしょうね。何をもって喜ぶんでしょうね。
・・でも人気あるんだね。これ僕テレビで見ましたよ。
へえ~~~この世に誕生した瞬間に流されて消えてゆく~そんな儚い運命を持つうんこが2019年かつてないエンターテインメントとして生まれ変わります。みんなマキグソなんですね。あれ!?あ、そうか慎吾ちゃんと歌喰いの時のうんちも(笑)巻いてましたっけ。
ねぇ今日何回うんこって僕に言わせるんでしょうね(スタッフさん笑い)
いやいやいや・・・これは・・お子さん!?お子さんと行くのかな。大人にも人気ある...?へぇ~なるほど。
まぁ僕は行かないので、どなたか興味ある方は行ってきてください。報告はしなくていいのでね。
以上、ゴローズサーチでした。

【Goro's Break Time】
千葉県ちょびさんからのリクエストメールです。
📩辛島美登里さんの赤わいんンをリクエストします。エクラのインタビューを読みました。今が幸せと思うことが大事、変わらない生き方という言葉をワインの話を読んでいたら「赤わいん」の歌詞が心に浮かびました。
ああ「赤わいん」という曲が、しかもひらがななんですね。赤以外はね、ワインが。
何かエクラさんの雑誌のインタビューは結構・・・反響があって良かったなぁと思いますけれども。
どんな曲なんだろう、ひらがなの「わいん」という感じの曲なのかな、ちょっと聴いてみましょう。

🎧赤わいん/辛島美登里

【Goro's Essay】
川崎市のやよいさんです。
📩(ワイン大好き)泡大好きな私の目を惹いたのがこれです。巨匠フランシス・フォード・コッポラが、愛娘である映画監督、ソフィア・コッポラの結婚を祝して手掛けたスパークリングワイン。「大きくなったら、君の為にワインを造ろう!」と言う約束を十数年後、彼女が結婚するときの記念に造られたワインだそうです。このエピソードだけでもかっこよくて痺れましたが...187mlという小ぶりな缶に入ったスパークリングワイン、パッケージも可愛いです。シャンパンはあの栓を開ける時の興奮も楽しみの一つですが、例えばお花見やちょっとした遠出に持って行くとき、どうしてもスパークリングワインのボトルって重すぎるんです。缶だったら冷やすのも楽だし、デザインも華やかなので、これは良いなと思いました。
なるほど・・泡が好きなやよいさん。僕も好きですけどね。確かにまぁ・・・シャンパン・・ボトルはね、ワインもそうなんですけどね。まぁボトルが無くなってしまうのは寂しいなぁと思いますけれども・・まぁでも企画としては面白いなと思いますし。
これでも知らなかったですね。もちろんコッポラのワインって有名ですから、カリフォルニアワインの中でも。結構シャルドネを使った白ワインとかでも好きなものもありますけれども。
うう~ん、素敵ですね、娘に作ったワインっていうのも。そうなんだ。結構これどこでも手に入りやすいのかな?
はいはいはい・・・へぇ~もちろん、これ泡と行ってもシャンパーニュではないですからね。
結局コッポラさんが作ってるワインですからカリフォルニアでやってるワインなので、スパークリングワインという言い方だと思うんですけれども、シャンパーニュのように泡も強すぎず値段もお手頃と書いてありますね。飲みやすいんでしょうね、多分女性の方もね。
確かにシャンパンってちょっと引っかかる時もありますからね、喉にも。
確かにね急激に・・ワインとかシャンパンを冷やすのって時間がかかりますからね。缶だったら直ぐ冷えるしいいかもしれない。なるほど。
僕、シャンパンだったら意外と187というと小ぶりですけれどもピッコロサイズのボトルのシャンパンとかも、ちょっと贅沢な感じとかしますけれどもね、好きですけどね。結構冷蔵庫に並べたりするとちょっと気分がいいなと思う。
よくピッコロサイズのシャンパンって・・何かよく(笑)セレブのパーティーとかで、あそこにストロー突っ込んでセレブリティが飲んでるイメージないですか?ちっちゃいシャンパン。そうそうそう。
プレゼントとかにも喜ばれますよね、ピッコロサイズって。可愛らしいですし。そっか。それに代わる感じで、この缶というのもカワイイかもそれないですね。以上、ゴローズエッセイでした。
   *フランシス・コッポラ ソフィア缶スパークリング

これは普通にメールで出して、久しぶりに読んでもらえました!
ちょっとしたピクニック的なものでシャンパンって飲みたくなりますよね、昼から(笑)。
そういう時、持って行くのにボトルって重い・・特にスパークリングの瓶はしっかりしているから重い・・これだったらストローで飲めばグラスも要らないし、直ぐ冷えるしちょっといいなって思ってお便り出しました。
セレブがピッコロサイズのシャンパンをストローで飲むって知らなかったです、さすが吾郎さんです。

【GORO's Music Library】
今日はですね、スマホの中に入っている・・これスマホの中に入ったっていう表現が近いかな。元々CDでずっと持ってて・・・ほんとこれ随分昔ですよね。僕が20代かな・・・ペリー・ブレイクっていう・・まぁオルタナティブ系なバンドのアルバムなんですけど、その中にカリフォルニアっていうアルバムがありまして、これずっと好きでねよく聴いてたんですけど・・CDってもう整理しないとさ、で、今全部これの中に入っちゃうじゃないですか。僕なんかも音楽は配信サービスでやらせてもらってますし。
何かもうCDは・・まぁ、いろいろ思い出ありますけど、とっても思い入れがあって気に入ってるもの以外は結構処分するようにしてるんですけれども。でもやっぱりこのアルバムは捨てられないな~と思ってたんですね。でもやっぱり今スマホの中に入れてしまったらこっちから聴く事の方が結局多いっていう(笑)。
CDももちろん再生しますけどね、家にいる時にはCDプレーヤーもありますし、僕らの場合にはお仕事で音の資料とか頂く時にやっぱりそのままCDをディスクごといただくことが多いのでね、音の場合もね、映像だけでなくて。CDプレーヤーって必要なんですね、家の中で。
そんな中で僕が好きだったアルバムなんですけれども。いいですよ、結構雰囲気ありますし。結構深夜に聴く事が多いですね。
それでは聴いてください。

🎧California / Perry Brake

✒もしかして、赤わいん(ワイン)→缶入りスパークリング(コッポラのCaliforniaワイン)→California!?だなんて勝手にこじつけて喜んでいます。
ワインに関するお便り、たくさん出したけどようやく読んでもらえました♪

皆さんからのメッセージをお待ちしております。
Goro'sColumnへは身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください。興味のある話題を特集するGoro'sSearch、リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしております。
リクエストは、Goro's BreakTime、お便りはGoro'sEssay。そしてGORO's Music Libraryでは僕の音楽ライブラリーから今の気分に相応しい曲を選曲します。
メールのアドレスは、goro@joqr.net 葉書の方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。

お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。
それでは、また来週!バイバ~イ~♪
編集後記、メールの宛先などは、こちらから⇛編集長稲垣吾郎

デイリーラジオランキング~ついラン調べ
2019年4月24日→編集長 稲垣吾郎 第5位

 

| | コメント (0)

2019年4月22日 (月)

編集長 稲垣吾郎 4月17日

4月17日目次

♠【GORO's Search】高知県にある建物の無い美術館~砂浜美術館についてリサーチ!
*美術館のチケットは...?
*お札になるなら...?

*Remind me to forget / Kygo Miguel
*平成終わるってよ/SASUKE

僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているのでしょうか。
それでは編集会議を始めよう!

.
【GORO's Column】 

コラムメールをご紹介します。広島県の
よっこんさんです。
📩
吾郎さんは美術館などに行かれると思いますがチケットはどうされてますか?直ぐに処分されますか?私は今まで捨てていたのですが、とっておきたい気持ちもあります。
ほう!なるほど。チケットは・・まぁとっとかないかな。やっぱりもうキリがないのでね。基本的にはとっとかないですチケットは。
ホントに自分が好きな個展であったり、そういったものだったらとっとくっていうの全然・・とっとくって言ってもチケット全然嵩張らないですしね、薄いから。いいんじゃないのかな~とも思いますし。
そうですね、舞台のパンフレットとかは意外ととっておきますね。
後はそうだなぁ、本とかね・・なかなか捨てられないですね、だから僕も。気持ちは分かります、すごく。
別にチケットはいいんじゃないでしょうかね。別にかさばるものではないので。

🎧Remind me to forget / Kygo Miguel

【GORO's Search】
高知県にはですね、建物が無い美術館があるそうです。
美術館巡りが趣味の一つとも言えるワタクシ編集長としましてはですね、いったいどんな美術館なのかリサーチしてみたいと思いまして~という事で今回のゴローズサーチはですね、高知県の砂浜美術館のデザイン室で働く西村優美さんにお話を伺います。
吾郎:もしもし~はじめまして稲垣吾郎です。
西村:はじめまして、西村です。
よろしくお願いします。(おねがいします)さぁ、建物の無い砂浜美術館っていうのはどういったものなんですか?
私たちの街には美術館がありません。美しい砂浜が美術館です~というのがコンセプトの美術館でして、長さ4キロメートル続く砂浜があるんですけど、ここを頭の中で美術館にして”建物のない考え方の美術館”ということなんです。
えっっ!?作品をそこに展示してるという訳ではないんですか?
作品はですね・・・例えば砂浜に小鳥の足跡がちょんちょんちょんちょん...って残っている時があるんですけど、そういうのも作品ですし、あと風とか波とかがですねスナに模様をつけるというか・・そういうのが残っている時もあるんですけど、そんな模様とかも作品ですし、貝殻はもちろん瓶とか面白いものが流れ着くこともあるんですけど、そういう漂流物も作品です。
面白いですね、てっきりもう・・・建物ではなくて砂浜をスペースにしたいろんな個展が開かれるのかと思ったんですけど。
あ~そうですね。企画展としてそういう事をする時もあるんですけども、私たちが普段常設展示と呼んでいるものについては、今ちょっとご紹介したような本当に自然のその時にその方が出会っていただくものが全て作品という風に考えています。
へぇぇ~面白いですね。でもこれって別に・・だからどこでもできる訳ですよね。(そうですね)山でも海でも。
そうですそうです、だから考え方の美術館なので壁も天井もないですし、私たちはここの4キロの砂浜を中心に美術館と捉えているんですけれども、場合によっては日本全国、世界中美術館という風に捉えて、作品見つけをしてみても面白いかもしれません。
これはチケットとかあるんですか?
いえ、年中無休で無料です。(無料なんですね)そうですね、企画展をしてる時は協力金という形で活動に対してご協力いただく事があるんですけど、美術館としては普段通りの常設展は無料です。
面白いですね。でも確かにこういう自然の産物に叶うものはないというかね、美しさでやっぱり・・
そうですね、やっぱりホントにこう・・日々変わるものなので飽きることがないっていうのが、私もここに勤めている実感です。
日本は海に囲まれてる訳ですし、みんなそれぞれがイメージする海っていうのがあると思うんですけど、この高知県のここの海はやっぱり美しいんでしょうね。自信がないと。
そうですね。高知県の中でも空港から2時間くらい西へ行ったホントに小さな田舎町にあるんですけど、ホントにもう砂浜4キロメートルが借り切り状態みたいな人がいない時もありますし、ホントに広い美しい自然の力をすごく感じるような空間ではありますね。ホントに自分のペースでいろいろ見つけたりとかっていう時にはホントに自分の世界に入り込めるというか・・・そんな場所です。
ねぇ、何かイベントもやられるという事で、今これから2019年5月2日から・・
そうなんです。Tシャツアート展と言いまして、全国の方から応募していただいたデザインをTシャツにプリントして、それを砂浜にズラッとまさに洗濯物のように展示をするんですけれども、砂浜美術館の発想自体このアート展がきっかけになってまして・・・普段はさっきお伝えしたような自然のものを作品として楽しむんですけれども、やっぱり一つこういう仕組みがある事で、あ~ここは美術館なんだな~という事を改めて皆さんに知っていただくようなアート展です。
なるほどね。あとはホントにこのね、地球の事を考える~じゃないですけど、自然環境であったりとかそういう事をまた見つめられる場所でもありますものね。
そうですね、水平線を眺めながら世界との繋がりを感じてみたり、この水平線の向こうにはクジラも生きているんだなっていう事を感じたり・・・
そうですね、何か海に行くと海に行った時にしか考えられない思考って出てきますよね人間って。
そうですかね、そうかもしれませんね。
何か不思議とありますよね。
Tシャツアート展に来られるお客様も最初はTシャツめがけて観に来られるんですけど、ずうっとずうっとTシャツを追っていくと知らない間に波打ち際まで出ていて目の前には海しか広がってないんですけど、そこからずうっと海を眺めているっていうような方、やっぱり凄くたくさんおられますね。
そうですね、不思議ですね。やっぱり山の中で山の大自然を感じるのと、海の自然を感じるのとではやっぱりちょっと気分が違うんですよね、不思議とね。
そうですね~爽快感だったり風を感じるとか・・・
音とかありますものね。これでも何かいろいろと展示会やってらっしゃるけど、いろいろなパフォーマンスとか何だろうな・・お芝居じゃないけれど・・ダンスとか、何かちょっとそういう芸術的なものとか、そういうの合いそうですけどね。バックに。このTシャツアート展みたいな感じでバックを海にしてキャンバスに見立てて・・ステージというかね。
確かに。美術館なので使い方は自由というか、美術館というよりスタジオと呼んでしまってもいいのかもしれないですけども。
海でライブやるっていうのはよくあるパターンだけど、何かもうちょっと違う催し物・・何かちょっとバレエとか・・分かんないけど(笑)面白そうじゃないですか?
確かにそうですね(笑)今ちょっと新しい感性とアイディアを編集長から頂いてるような感じがしますけど。
何かさぁ・・いろんなアートあるじゃないですか、パフォーマンスの中でもダンスとか・・・何かちょっとこういう所で見てみたいですね。
演じてもみたいですか?
いや、自分って事は今考えなかったけど。何かコンテンポラリーダンスみたいなものとか何か合いそうじゃないですか。
そうですね、時間によっても・・照明は太陽なのでいろんな当たり方があったりとか色合いになったり・・
ホントに演劇でもいいし何かいろいろやっても面白そうだな、海でって思いましたけれどもね。海で言うとライブっていうイメージしかないじゃないですか。夏に。
確かにもう少し風景だとか音とかも使うような・・
そうそうそう!ちょっとすごくそれは興味ありますけどね。
ありがとうございます(笑)。新しいアイディアを頂きまして。
ね、何か美術館の枠を・・とらわれずにできますね、逆に。こういった世界でやってるんでしたらね。
はい、ホントにそうなんです。壁も天井もないですし、カテゴリーと言った枠組みもなくてもいいかなという考えの美術館なので。
やっぱり自然が美術品って思えるって僕もホントにいい発想だなと思いましたし、別に造形物だけが美術品ではないですから、だからそういった感性みたいなものが逆に若い世代っていうかお子さんたちとかにね、伝えていければいいなと思いますよね環境のためにも。
そうですね。地元では小学生に砂浜美術館のお話とかも結構させていただく機会がありまして。そしたら子供たちはここの事を美術館と呼んでくれて、この活動始めて30年になるんですけど。。
30年凄いですね。
そうなんです(笑)ちょうど平成終わりますけど平成元年がスタートでして(89年から・・)そうなんです。
これからも続けてほしいですね。
そうですね~是非リサーチをしに来てください。
はい。今日はありがとうございました。失礼いたします。
ありがとうございました。はい。
本日はNPO砂浜美術館デザイン室の西村優美さんにお話を伺いました。ありがとうございました。
   *砂浜美術館

今週はゴローズサーチで砂浜美術館だから、コラムでは美術館のチケットの話だったのでしょうか。
チケットの要らない美術館でもあるわけですね。
砂浜美術館として自然物の展示だけでなく、コンテンポラリーダンスも合うのではないか~という言葉が出てくる吾郎さんの興味の広さに驚きます。この忙しい日々の中でもいろいろとアンテナを巡らせているのでしょうか。
神秘的な夜明けの海辺に、月が照らす砂浜に佇む吾郎さんも、とっっっっっっっっっっても(イネス風に)芸術的なのではないでしょうか。是非、youtubeなどにupして永遠にリピートさせてください。

【Goro's Break Time】
千葉県ラジオネームいろはさんからのリクエストメールです。
📩
#SINGINGを作詞作曲してくださったSASUKEさんの新曲「平成終わるってよ」をリクエストします。彼の才能が溢れていて素晴らしい楽曲です。何度もリピートしたくなるノリの良いメロディー、ダンスもSASUKEくんが考えたそうです。コーラスには弟さんやお母様も参加してるそうです。吾郎さんも是非聴いてみてください。
あ、そうなんですね。そうか、SASUKEくんの曲っていうのはyoutubeとかでね、彼がパフォーマンスしてるのは見てるし、後は僕たちに楽曲提供してくださった#SINBGINGはもちろんの事、ただ他の曲は知らなかったのでね。
新曲があるんですね。
ね、ホントに才能溢れて、あの年でって凄いですよね。僕らの世代では考えられないですよね。時代も変わったんだな~という気もしますし。
若い才能、どんどんこれからも増えてくるんでしょうし、そういう方々の力を借りて僕らもやっていかなきゃなと思いますし、ねぇホントにいいコラボレーションになったなと思いますし、ね。
次に会ったらスゲェ身長とか伸びてて「あの時のSASUKEくん!?」みたいな感じになってるかもしれないお年頃ですものね。

🎧
平成終わるってよ/SASUKE

【Goro's Essay】
岡山県のみちこさんです。
📩
以前林修先生が番組に出演された時に、お札になりたいという話で盛り上がっていたのを思い出しました。その時に、夏目漱石は喪服、能登部稲造は結婚式の時の格好をした写真が使われているのもを知りました。そして林先生曰くお髭があるのも使いやすいとおっしゃいました。お髭も似合う吾郎さんがお札になるなら、どんな格好で映った写真を使いますか?
林先生・・・そういう話ありましたっけ。お札になりたいっていうのは考えた事もないよね。普通の人は。さすがですね、林先生。
まぁ自分がお札になるって思ってなかったよね、渋沢栄一さんも津田梅子さんも北里柴三郎さんも。ねぇ!まさかだよねぇ!みんなそうか。でももうこの渋沢さんの顔見たら1万円ってなるんでしょうね。今は福沢諭吉先生か。やっぱりイメージ強いもんねぇ。
福沢諭吉先生の前は聖徳太子?ふふ(笑)凄いね!やっぱ一万円って凄いんだね!聖徳太子だよ
(声裏返ってます)!福沢諭吉さんだよ!
そうか・・でも変わりますからね。
でもさ、北里柴三郎さんはさ、やっぱお札向きな顔してません?福耳だし。凄いよね、でもまさかだよね。お札になるってね。普通は考えないもんね。でもやっぱりさぁ、今現在ご存命で活躍されてる方で、もしかしたら僕らも会った事あるかもしれないような方でも今後お札になる可能性あるって事だものね。だって自分が会ったことない人じゃん、お札になる人って。当たり前だけど。ま、会った事ある人もいらっしゃるかもしれませんけれど。
五千円いいね、何か。(笑)分かる?何となく(笑)。凄い何か・・・五千円札って僕好きなんですよね。何か。ごろうだから?そういう訳じゃないんだけど(笑)・・あ、でも5って数字なのかもしれないなぁ。何か千円札を5枚にして五千円っていうよりさ、一万円のハーフが五千円って感じしない?勝手なイメージ(笑)?何か、そのハーフ感が好きなんですね、僕は。伝わりにくいかもしれないけど(笑)。まぁ、吾郎の5なのかな。
自分だったら五千円がいいかな。一万円ってちょっと大役じゃない?良くも悪くも(笑)。千円だとね、余りにも使われすぎて・・お札の劣化が早いのってやっぱり千円なんですか?僕全然分かんない。財布の中の札を見てみるとさ、・・・変わんないか。なかなかピン札ってないけど、どうなんでしょうね。
格好はね、そうだな・・・ああ、でもやっぱりね顔がメインになってくるのでね、バストアップじゃないですか・・・バストアップというか(笑)だからやっぱりネクタイというか蝶ネクタイというか何か首元はこうきっちりとエレガントにフォーマルに行きたいですよね。蝶ネクタイかなんかでね。タキシード着て。ヒゲ生やしててね。
今後またどうなっていくのかなぁ、でも楽しみですね、何か。やっぱ生まれ変わって・・何か気分もいいしね。楽しみですけれども。
以上、ゴローズエッセイでした。

五千円を一万円のハーフのイメージ~ハーフ感って表す吾郎さん♪
そしてお札になる時もエレガントにフォーマルにに拘る吾郎さんが好き💕

皆さんからのメッセージをお待ちしております。
Goro'sColumnへは身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください。興味のある話題を特集するGoro'sSearch、リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしております。
リクエストは、Goro's BreakTime、お便りはGoro'sEssay。そしてGORO's Music Libraryでは僕の音楽ライブラリーから今の気分に相応しい曲を選曲いたします。
メールのアドレスは、goro@joqr.net 葉書の方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。

お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。
それでは、また来週!バイバ~イ~♪
編集後記、メールの宛先などは、こちらから⇛編集長稲垣吾郎

デイリーラジオランキング~ついラン調べ
2019年4月17日→編集長稲垣吾郎 9位




 

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

編集長 稲垣吾郎 4月10日

4月10日目次

♠【GORO's Search】感想メールのご紹介~ハンモック美容室広報さんより・南三陸ワインプロジェクトで作られたワイン・霞ヶ浦サイクルーズのお誘い
*なくし物のおはなし
*「海獣の子供」声優のおしごと

*Scars to Your Beautiful
*彼方の光/Libera
*Song in Stone/Iron & Wine

僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているのでしょうか。
それでは編集会議を始めよう!

.
【GORO's Column】 

コラムメールをご紹介します。東京都世田谷区ななみさん。
📩
吾郎さんは持って来た覚えはないのに持って来てしまったものとかありますか?先日会社に行き何気なくコートのポケットに手を入れたら、入れた記憶の無い毛抜きが入っていてロッカーの前で思わず「何で!?」と叫んでしまいました。確かに昨夜に使いましたがコートに入れた記憶は全くなく何でコートに入っていたのかも疑問です。いまだにいつどうやって持って行ったのか思い出せません。以前お財布が冷蔵庫の中から出てきた吾郎さんならもしかしてこういう経験もあるのではないかと思わず聞いてみたくなりました。
なるほど!これはもう凄く気持ち分かりますね。
以前冷蔵庫からお財布が出てきたのはね、前話したんですけど、鍵も出てきた事ありました。何で鍵か?っていう。
最近モノ無くしたらまず冷蔵庫見るようにしてますね。(笑)ホントに。鍵も冷たいって感じですよね冷蔵庫の中で。
いやぁ、よく気持ち分かりますよ。僕なんかよく楽屋のスリッパのまま帰っちゃうとか言ってね、よくみんなにからかわれたりもしましたしね。
あとは何だろうな・・・間違って持って来ちゃって盗みと勘違いされたらどうしよう~みたいな事もありますよね。
あの~多分これ話してなかったと思うんだけど、パスポートを紛失した事があって・・もう時効というか随分前の話だからもういいかなと思うんですけど、海外に仕事で行く前にパスポートをね、会社に一回渡してくださいって言われて・・・チケットを取る手配とかのため。
パスポートを戸棚の中から探して取りだそうとしたらどこにも見当たらなくて、もう部屋中何処探しても見当たらなくて全く思い当たる節が無くて・・でももう結構ギリギリなんですよ。結局再発行してギリギリ間に合ったんです。もうギリギリですけど。ちょっっと・・ちょっと何か力を使ったかもしれないんですけど(笑)。いやでもホントぎりぎり間に合って海外に行く事が出来たんで、もう1日でも遅れたら結局その仕事キャンセルになっちゃった事が実はあって・・・もちろんそれはグループの時であって大変な問題になっちゃったんじゃないかなと思って、一人の仕事じゃないし、もちろん一人の仕事もダメですけど。あん時はヒヤヒヤしたなぁ。
結局、どこから出てきたかというとズボンのポケットに入ってたんです。もう普段絶対履かないような。
だいたい海外から帰ってきたらパスポート入れる場所があるんですよ。決まってますよね皆さんも、もちろん大切なものですから。何で・・?しかも前回海外に行った時に履いてたズボンではないんですよ。何でそこに入れたのかが。
ズボンのお尻のポケットに・・それでハンガーにかかってたんで。
発見したのはそれから2年くらい経ってからなんですよ。だって・・そのズボン3年くらい履いてなかったって事なんだよね。滅多に履かないズボンのポケットに何で入れてたのかな。
ホントにあれだけは僕の七不思議なんで・・・七不思議というかおっちょこちょいなだけなんですけど。
以上、ゴローズコラムでした。

私の事なんて書いても面白くないから詳しくは書かないけど、ものを探す事に一生のうちのどれだけの時間を費やしているんだろう・・・としばしば思う私にとっては、とっっっっっっっっても(イネス風)よく分かるお話でした(笑)。


🎧
Scars to Your Beautiful /Alessia Cara

【GORO's Search】
今週はゴローズサーチの感想メールをご紹介します。
羽石さん。
📩
こんにちは。ハンモック美容室の広報をしている者です。ハンモック美容室の事を取り上げてくださっている放送をリアルタイムでお聞きしました。吾郎さんありがとうございます。ただハンモックってどうなの!?実際。揺れてしまうんじゃないの?と、まだまだ吾郎さんは半信半疑のご様子でした
(吾郎さん、ちょっと照れ笑いしながら読んでる)そこで!よろしければ是非ハンモック美容室に遊びにいらっしゃいませんか?実は全てのハンモックは美容室用に特注して作っており、揺れも抑えた設計になっております。体がハンモックに包まれるのでスヤスヤ眠る方も多いんですよ。
それは大変失礼いたしました。羽石さん。
(スタッフさん笑い)
聞いてくれたんですね。体がボンレスハムになっちゃうよだとか結構言ってましたけれども。
まぁ確かにあんまり経験が僕・・ハンモック・・ないのにね、そんな事言ってしまってね、申し訳なかったんですけれども。
なるほどね~うん、なぁいろいろ考えられたハンモックがあるんでしょうね。そうかそうかそうか・・・
どこでやってるんでしたっけ!?東京?
(スタッフさん、高円寺)
高円寺・・・まぁ行くかどうか分かんないですけど(笑)何となく中野・・・杉並区か、高円寺は。あの辺通ったら思い出してみようかな。
高円寺ね、高円寺、昔よく・・結構行きましたけどね。古着屋さんがあったりライブハウスがあったりと、若い時は・・高円寺よく行った街だったんですけど、最近はね行かないよね。高円寺の辺って。
ま、僕は学校が中野だったんでね、若い時はちょこちょこ行ってたんですけど。
なるほど、ハンモック美容室・・・聞いててくれて本当に嬉しいですね。これも今聞いてらっしゃるのかなと思うと何かねちょっと言葉を選んでしまうんですけれども(笑)。
まぁでもね、羽石さん、これアレですよ、リスナーの方でね行かれる方いらっしゃると思うので、その報告もリスナーの方から聞けるのではないかと思っておりますので楽しみにしています。

続いてラジオネームエフタさんです。
📩先日の南三陸ワインプロジェクトの正司さんとの電話インタビューを興味深く拝聴しました。吾郎さん達が出演されたなまいきTVで仙台でのワイン造りの話が出ていましたが、まさか編集長稲垣吾郎に繋がっていくとは。早速南三陸ワインプロジェクトのサイトに飛んでみました。素敵な男性3人で頑張っておられる事を知りました。いつの日か南三陸のブドウで作ったワインが完成したら新しい地図の3人が現地に行かれて試飲パーティーをしていただけたら嬉しいなと思ってしまいました。毎年さり気なく東北を取り上げてくださる事を感謝しています。
はい、ありがとうございます。
これ、本当に興味深いんですよね、僕も。
あの後スタジオでいただいたワインも家でも飲んだんですけどね、ホントに料理にも合いましたし。海鮮というかシーフードにもすごく会いましたし、これからの季節すごくいいなと思いましたし。
いやぁ、もう楽しみにしています。僕より先にリスナーの方が多分先に行きそうですけどね(笑)。
また何かそんな感想とかあれば・・ちょっと報告とかあれば楽しみにしています。
   *南三陸ワインプロジェクト初の商品化『DELAWARE SPARKLING 2017』『DELAWARE 2018』発売

続いて・・ゆかりさんです。
📩
1年前、自転車を乗せて霞ヶ浦を横断するサイクルーズの話題を取り上げていただいたHMBアウトドアクラブ副会長の古川ゆかりと申します。おかげさまで今年もサイクルーズの運行が決定しました。つくば霞ヶ浦リンリンロードはこれからとってもいいシーズンを迎えます。車で来る人が無料で駐車できるりんりんポート土浦も土浦港横にオープンします。レンタルサイクルもロードバイクからイーバイクまで最新モデルが揃ってます。今年こそフラッと遊びにおいでください。
う~ん、古川さん、聞いてくださったんですね。もう1年なんですね~
そうかぁ、この1年間忙しかったんでねぇ・・・なかなかあそこまで僕行けなかったんですけど、今の季節気持ちいいでしょうね。サイクリングコースね、地図を見ながらお話したのを覚えてますけど。面白いですね、自分の自転車をバイクを持って行く事が出来るんですものね。
これも僕よりも先にやっぱりリスナーの方が先に行かれるのかな。かなりアクティブな方だったら是非・・ねぇ!
まぁ自分のペースでサイクリングすれば、ね!別に女性の方でもね、多く参加される方もいらっしゃると思いますし。こちらもちょっと楽しみにしています。いつか僕も行きたいなと思っております。
以上、ゴローズサーチでした。

忙しい編集長のため、全国に散らばる記者・編集部員が活躍する時ですね!

【Goro's Break Time】
あかりんさんからのリクエストメールです。
📩
リベラの「彼方の光」をリクエストします。この曲は以前ウェディング関連の仕事をしていた時に、結婚式で聖歌隊が歌う曲の中で一番好きでした。私は結婚に対してはとても醒めていて、きっと結婚式が幸せのピークでその後は大変なんだろうなという位に思っていて(吾郎さん笑い)実際結婚した事もなく結婚願望もありませんでした。そんな私の気持ちが「半世界」を観て一変しました。紘さんと初乃さん夫妻が見せてくれたあの世界、私も結婚したいと思いました。
という事で・・・あ、そうなんですね。
でもウェディングの仕事されてて結婚に醒めてたって不思議ですね(笑)。何だろうなぁ・・・そうなんですね。
でもやっぱり「すごく幸せのピーク」って見えるというか・・一番幸せそうな夫婦の顔を毎日観ているお仕事してたんですものね。
・・そうか、それで結婚願望なくなるっていうのも・・そうかそうか。でも嬉しいですね、映画観てそういう価値観が変わられたというのは。やっぱり映画を・・作品をやるのは意味があるというか。
まぁでもそんな事ないと思いますよ、結婚・・・その時はピークで・・でもそういうピーク感というのが続くのは大変かもしれないけど、違う意味で・・やっぱり長く連れ添ってくると生まれてくるものもあるんじゃないかなという。僕も結婚した事がないので何とも言えないんですけど。
そうか、あかりんさんは価値観が少し変わられたという事なんですね。
僕もそうですね、ああいう映画でそういう世界を疑似体験すると、自分もそういう人生あるのかなと思ったり・・まぁよく言ってますけれども、独身での今の幸せというか自分の人生の自分自身の楽しみ方というのはある程度想像つく事ではあるのでね、ずっと一人なのでね。
ただ結婚して子供が居て~みたいなそういったものはまだ未知の世界だし、自分が知らない幸福感があるのかなと思うと、もちろん興味は僕もありますけどね。
それでは聞いてください。

🎧彼方の光/Libera

【Goro's Essay】
兵庫県のえみさん。
📩
映画「海獣の子供」に吾郎さんが主人公の父親役に声優として出演されるというニュース、大変嬉しいです。映画「半世界」でいつもより男っぽい口調で話す吾郎さんの声を聞いて、やはり吾郎さんはナチュラルに声がいい、声優のお仕事もしてみて欲しいなと思っていた所でした。作品についてのお話や収録時のエピソードなどがありましたら聞かせてください。
そうなんですよね、大変ありがたいお話というか、僕元々ナレーションであったりとか声優のお仕事は好きなお仕事であるのでね、吹き込んでいく作業というか結構好きですね、僕は。声だけで伝えるっていうのは・・それはそれで演じるという事なので、声という方法だけで演じるというのは凄く難しいっちゃ難しいんですよね。そこがまた面白さでもあるんですけど。
これ、とても素敵な映画です。6月公開という事なんですけどね。主人公を芦田愛菜ちゃんが演じられて、まぁこれナレーションというか声優の収録だったので現場は一人で行ったんで共演者の方にはまだお会いできていないんですけれども。
奥さんは蒼井優さんが演じられたりとかするんですけどね。
とにかく映画は素晴らしいです。脚本は素晴らしかったですしとにかく映像が本当に美しい。
なんだろうな、今のアニメーションって。何か昔ながらの温かみのある古き良き絵も大切であり、そして実写かな写真かなと思わせるような絵もあったりとか、その辺のミックスが上手いですよね、それが日本のアニメーションなのかなと思って。
たとえば背景とか限りなく実写に近いじゃないですか。人物とかはホッとできる昔ながらの絵じゃないですか。何かそういう・・ものによって描き方が全然違っててそこがホントに素晴らしいなって、日本のアニメーションの素晴らしさなのかなって・・改めて感じましたけれども。
「海獣の子供」って原作もので、もちろん原作もね読まれた方もいらっしゃると思うんですけれども。
ホント単純明快なエンターテインメントという作品だけでもなくて大人が見てもちょっと考えさせるような深遠さというか奥深さというものもあって・・これは多分皆さまにも楽しんでいただけるんじゃないのかなと思いますんで。
僕もちょっとお父さんの感じでやって・・・半世界とはまたちょっと違うんですけれども。
ちょっと父親役の絵がキャラクターが、何となく映像も・・・少し僕に似てるかもしれないというかね、何かそこを意識して描いてくださったというお話も聞いたので、ちょっとその辺も注目して観ていただければと思っておりますので。
6月公開です、皆さん楽しみにしててください。
   *「海獣の子供」予告

吾郎さんの美貌を拝めない・・・という問題はありますが、吾郎さんの声大好きですし、ナレーションや声優のお仕事大好きです。
映画「北極のナヌー」のナレーションは素晴らしかったし、「ワンピース」の声優ぶりも凄かったです。あの時は確か、本職の声優さんたちと一緒にアテレコしたんですよね。
「海獣の子供」予告映像に出てくるお父さん役の声も素敵ですし、今日解禁になったクリムトのメッセージ映像の中にある音声ガイドの声もうっとり。23日から始まるクリムト展も楽しみすぎます。
   *【クリムト展】スペシャルサポーター稲垣吾郎さんからメッセージ

【GORO's Music Library】
今週はですね、最近よく聴いているアーティストで、Iron & Wine ヒゲのおじさんでフォークですね。
フォークロックなんですけど何か温かみがあって。皆さんも絶対に気に入っていただけると思うので。
何かいいですよ、こういうのも。何か朝にぴったりですし夜に聴いてもいいですしね、一日中どんな時間帯でも何か僕はよく聴いていうので、皆さんにもお勧めしたくて・・・という感じでございます。

🎧Song in Stone/Iron & Wine

皆さんからのメッセージをお待ちしております。
Goro'sColumnへは身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください。興味のある話題を特集するGoro'sSearch、リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしております。
リクエストは、Goro's BreakTime、お便りはGoro'sEssay。そしてGORO's Music Libraryでは僕の音楽ライブラリーから今の気分に相応しい曲を選曲します。
メールのアドレスは、goro@joqr.net 葉書の方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。

お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。
それでは、また来週!バイバ~イ~♪
編集後記、メールの宛先などは、こちらから⇛編集長稲垣吾郎

🎀4月15日~21日は文化放送スペシャルウィークです。
いつもより更にお便りや実況がんばりましょう♪

デイリーラジオランキング~ついラン調べ
2019年4月10日→編集長稲垣吾郎 5位

 

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

編集長 稲垣吾郎 4月3日

3月27日目次

♠【GORO's Search】東京スリバチ学会会長皆川さんに東京の隠れた魅力についてお話を伺う
*役作りの増量について
*ファンミーティングお見送り・マネキンぽいって!?

*Happy Now/ Zedd Elley Duhe
*Africa/Toto
*#singing/新しい地図joinミュージック

僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているのでしょうか。
それでは編集会議を始めよう!

.
【GORO's Column】 

コラムメールをご紹介します。ラジオネームさいたまのゆうりさんです。
📩
先日、映画「グリーンブック」を観ました。とても楽しく後味が良い映画でしたが、ヴィゴ・モーテンセンさんのボディラインに仰天しました。そこで吾郎さんに質問です。素晴らしい脚本でお役を頂いたとして、たっぷり太って欲しいと言われて太りますか?それともその役は諦めますか?
ああ...なるほどね。役作りで...お断りしますね。はははは(笑)
いや、分からないです。どんだけ自分が魅力的に感じるお話というか脚本と作品なのかにもよるんだろうけども。
でも今アレじゃないですか?特殊メイクとかも...ね。ホントに太った体重100キロ以上の役だったらきっと特殊メイクでやったりとかもしますよね。実際、アメリカでも。
微妙なアレですよね。10キロ20キロくらいみたいな感じですよね。太るとしてもね。
いやぁ...どうだろう、ねぇ。
役者の鈴木亮平さんとかね、よく増減ありますけどね。実際に去年「ばるぼら」を撮影する時とかは確か今より3キロ4キロくらいは細かったと思うんですよね。役によって多少そういうのはあるけど。
僕はどっちかっていうと今より少し痩せてもいいなという役の方が今まで多かったのかな。何か太る必要のある役が意外と少なかったんだよね。
ちょっとびっくりしましたね、この質問には。ははは(笑)あるかもしれませんね、もしかしたらね(笑)。

ヴィゴさまも最初は断ったそうじゃないですか。
とっても面白いお便りでしたけど、吾郎さんが20キロも増量する意味がちょっと分からないし、今回の「グリーンブック」のヴィゴ・モーテンセンもマハーシャラ・アリも素晴らしかったのでかえって「増量」など忘れて観る事ができたような気がします。
私は個人的に「増量・減量=頑張った役者魂」みたいな取り上げ方が好きでないだけかもしれないですけど。

🎧Good Look for You/Gavin Turek

【GORO's Search】
さて本日のゴローズサーチはですね、大阪府まいこさんからのお便りでですね
📩散歩好きな吾郎編集長の東京窪地ツアーをサーチしてください。
窪地・・・って、へっこんでいる土地の事ですよね。

ま、その窪地はですね、ビルが建ち並ぶ都会的なイメージとは違ったもう一つの東京が発見できるそうなんですね。
という事で東京の窪地についてご案内していただくのはですね、東京スリバチ学会会長の皆川典久 さんです。

吾郎:もしもし!はじめまして、稲垣吾郎です。
皆川:皆川です。始めまして~よろしくお願いします。
よろしくお願いします!え!何ですか・・東京スリバチ学会って(笑)
えっ!?ご存じないですか?(笑)東京にはですね、実はたくさんのすり鉢状窪地があるんですよ。(はいはいはい)どこか気がついたところありますかねえ。
確かに坂は多いですよね。(そうなんですね)港区なんて坂だらけですしね。
そうなんです、港区坂だらけなんですけれども、降りたらまた登るような~ですね、谷越えの坂って結構あってですね、それは東京が凸凹しているからで、たくさんの谷とか窪地があるんです。その窪地の底ではですね、元々水が湧いていました。今でも湧いているところがあります。
あ。そうなんですか!?
パワースポットなんですね。(パワースポットなんですか!?)はい、例えば広尾の有栖川公園、六本木ヒルズの中にある毛利庭園、それから新宿御苑、髙田馬場にあるおとめ山公園、これらは全部すり鉢状の場所で、その谷底で元々水が湧いていた、あるいは今でも湧いているところもあるんですけれども。こういう地形が多いんですね。
結構狭い範囲なんですか?
でも割と広い範囲の所もあって、今紹介したような公園だけじゃなくて、坂降りると下町風景が広がっているのって経験した事ないですかね。
何となく分かります。
例えば、これ山の手の下町なんですけど、麻布十番商店街とか原宿のキャットストリートとか、あとはですね目黒銀座・・中目黒ですね、それから駒込銀座とか、あと谷中ですね。典型的なのが。
僕は渋谷に住んでいるんですが、やっぱりイメージは旧山手通り代官山・・青葉台から中目黒に降りていく・・(高台ですね)あそこは結構降りていきますよね。
坂が多いの分かりますよね。
分かります分かります。あの公園あるじゃないですか。西郷山公園から中目黒の方を夕方見下ろすの好きですけどね。散歩してて。
あそこがまさに目黒川が作った谷間なんですよ。(なるほど!)で、反対側が渋谷川が作った谷間なんですね。ですから渋谷の方にも降りてきますよね。(ああ~なるほどね!)で、渋谷がですね、実は渋谷の駅がある辺りがすり鉢の底なんですね。典型的なすり鉢の地形、大きなすり鉢ですね、渋谷の街は。
駅の辺はやっぱり標高というか・・すり鉢の下、谷なんですね。・・だから渋谷ですもんね。
ええ、そうなんですね。元々あそこで二つの川が合流してたんですね。渋谷川と宇田川っていう川で。(はいはいはいはい・・)聞いた事ありますかね、宇田川って。
宇田川町の宇田川ですね。川が途中で止められちゃってますもんね。(そうなんですね)東京水路を行くっていう・・本があって、番組で四谷くらいまで行きましたけどね。川で、東京湾から。(あ、そうですか!)本当はそれの先がずっと続いているんですね。
そうなんです。その川の水源がまさにすり鉢状になっていて、元々水がわき出ていたんですよ。
あっ、そういう事なんだ。(そういう事なんですね)これ、ちょっとTVでやりたかった、皆川さんと一緒に。
(笑)地形図とかご覧頂きたいくらいなんですけど。
TVでやりたかったな、番組。1日ロケして。
そうなんですよね。では渋谷川の水源がどこにあるか想像した事あります?
えぇ~!そこまでは・・・でも結構恵比寿のさぁ!明治通り沿いまで川来てるじゃないですか、あれ渋谷川に繋がるんですよね。
あれ、渋谷川です。で、下流側に行くと麻布十番の所だと古川って名前が変わっています。
はいはいはい!古川橋の古川。
はい、古川橋の古川。その先が金杉橋ですね。ただそれを反対に上流側に辿ると渋谷からどこまで辿れるか分かりますか?
いや、全然分からない!止まってるはずない、湧き出てる所あるんですものね。
それを上流に辿っていくと、原宿のキャットストリートを抜けて千駄ヶ谷、谷が付きますよね、千駄ヶ谷を抜けて新宿御苑の中の池を越えて新宿駅の南口に天龍寺っていうお寺があるんですけど、そこまでさかのぼれるんですね。(あっ、そうなんですか)そこから元々は水がわき出て渋谷を通って恵比寿を通って・・
そうか、山から来てる水じゃないですもんね!
そうなんです、みんな大地で湧き出てるんですね。
そうか、山の上流からのイメージがあったけど、大地から湧き出てるんだ。
それが全部すり鉢状の窪地から湧き出てるんですね。(知らなかった・・・)行ってみたくなるでしょ!?
行ってみたくなります(笑)!そうですね。
そういう場所がたくさんあって。ですから先ほど紹介した有栖川公園とかおとめ山公園とかみんな水が湧き出てですね、それぞれが神田川に注居ていたり・・・多分吾郎編集長の渋谷もですね、小さな川がたくさん渋谷川と宇田川に注いでいました。元々は。たとえば神泉の駅ってありますね。あそこもすり鉢状になってますね。
ああ、坂がある!
そう、下っていきますよね。
坂になってますよね、神泉。泉かぁ、なるほど。
ああいう窪地がたくさんあって・・・ですから渋谷の街って駅から必ず坂を登っていくじゃないですか。
うん、全部、道玄坂であったり・・
登っていきますね。川が大地を分断しているんで、丘を分断しているんで、渋谷の周りには山の付く地名が多いですよね。神山町・・南平台町とか代官山町とかね、(おもしろい!)そうなんですよ。っていう事を意識しだすと、実は東京の知られざる一面が見えてきます。
あっ、すっごい面白い!(笑)どうしよう!
是非、ご案内したいですよね。
これ、ちょっと番組やりましょう!いつか。
そうですね、ええ歩いてみるとホント百聞は一見にしかずです。東京の面白さが理解できると思います。
そうですね・・・そんな事考えないで・・ああ、でもさ、富ヶ谷の交差点辺りも結構坂ありますよね。
そうなんですね、富ヶ谷ってまさに谷が付くじゃないですか。
谷がありますよね。富ヶ谷からちょっと代々木上原に行く途中も坂とか多いですものね。
多いですね、あの辺もまさに坂だらけ。代々木九十九谷・・99の谷と書いて九十九谷と呼ばれるくらいですものね。起伏が激しいですね。
地名が・・そうやって地名を見てなかった・・考えてなかったですね。いや、面白いな・・そうやって・・
気がつくとですね、いろんな所のくぼみが気になってしょうがなくなってきますよ。
気になって!もう・・気になって・・今から、しょうがないもん!(笑)
どうですか?パワースポット巡りスリバチ巡り・・
是非!皆川さんお話も上手なので。(いやいや・・)楽しく一緒にお散歩できそうなので。
そうですね、是非。
これ番組聴いてる方もかなり興味持たれてる方多いと思いますよ。何かお薦めコース・・
お薦めはですね、四谷歩かれた事あります?
四谷あんまりないイメージ・・昔、文化放送があったんで。
その名の通り、四つの谷があって、その四つの谷の他に更に・・荒木町ってご存じですかね。
あ、新宿か・・な?
はい、新宿区の荒木町、四谷荒木町とも言いますけれども、そこがまさに四方向丘で囲まれた典型的なすり鉢、すり鉢状の場所。ちゃんと池も残ってます、そこには。
写真があるんですけれども。
今でも弁財天が祀られた池がちゃんと残っていて、ここも元々大名屋敷になっていたんですね。
なるほどね~その窪地に屋敷があったという訳ではなくて・・?
窪地を見下ろすようなところに屋敷があって、窪地に庭園があったんですね。大名庭園があって。
はいはい。松濤も元々そうなんですよね。
そうなんです、鍋島松濤公園もそうですね。
元々は大名屋敷が。なるほど~勉強になりますホントに。楽しすぎて話をまだしていたいんですけど、またこの続きは番組かなんかでも・・非常に興味があるので。(ご案内したいです)次お会いする前までにはこのお薦めお散歩コース、僕行ってきますので。約束しますので。
是非、ちょっと歩いてみてください。
ありがとうございました。楽しいお話。(こちらこそです)はい、では失礼いたします。
失礼いたします。
本日は東京スリバチ鉢学会会長皆川典久さんに東京のスリバチ状になった地形の魅力を伺いました。ありがとうございました。
以上、ゴローズサーチでした。
*東京スリバチ学会に聞く、まちの面白さはスリバチにあり  

お散歩大好きなので、今回は特に面白かった!皆川さん、とってもお話がお上手・・と思ったらタモリさんの番組にも出ていらっしゃるのですね。私、タモリさんの東京坂道の本は持っていますよ!何か嬉しいです。
これはもう、是非行きたくなりました。
そして、番組実現して欲しいです。

【Goro's Break Time】
ななみさんからのリクエストメール
📩
リクエスト曲はTotoのAfricaです。番組ではパリやタイなど吾郎さんの旅行話が聞けて嬉しかったです。吾郎さんはアフリカはどんな感じなんだろうと思いリクエストしました。
あ、なるほど!そう、僕はアフリカは行った事はないです。行きたいです。
アフリカ大陸を見た事はあります。
イタリアのシチリア島に行った時に、そう大陸が見えてるんですよね。そう海の先に・・何かアフリカ大陸を見て感激した覚えがありますけど。
ねぇ・・・いつか行ってみたいですよね。仕事で(笑)。
プライベートだと結構ねぇ・・・仕事だったら全部お膳立てしてくれそうな。いいところをね、上手~く、こう・・短期間で味わう事が出来るので。いつか行ってみたいです。

この正直者!好き💓吾郎さんとアフリカはとっても似合うと思う。
以前、番組で南米に行った時も何かすごく似合ってました。映画とかでもいいなぁ。

🎧Africa/Toto

【Goro's Essay】
山形県あやかさんからのメールです。
📩仙台のファンミーティングに参加させていただきました。ロトもだちCM撮影や借り物競走など、とても楽しかったです。最終日のお見送り吾郎さんでした。緊張して話せないと思っていたので東北に来てくれてありがとう~と紙に書いたところ、吾郎さんが目を通してくれたような気がしました。3月11日に仙台に来てくれた本当にありがとうございました。いつも寄り添ってくれる3人に感謝です。
こちらこそありがとうございます。うん?
PS.405Tシャツ着ててごめんね
・・・って(笑)別に謝ることではないですよ。慎吾Tシャツですね。ロトもだちの。
ねぇ、お見送り僕で申し訳ないなぁ~なんて、そういうTシャツ着てる方が通ると思ったりするんですが、それでもね笑顔で手を振ってくれたりするので・・ふふ(笑)。
でもアレですよね、結構お見送りの話、Twitterなんかでファンの皆さまのお話をこう・・聴く事が出来てるんですけれども、3回連続つよぽんだった!とかね、3回連続吾郎さんだったとかさ、そういう方結構多いんですね。不思議な縁ですよね、そういうのもね。
何か均等にそれぞれの3人の場所で通る事が出来ればいいな~なんて思いながらも・・僕らも考えていたんですけれども。
そうなんですよね、だから何か他の2人がどんな感じでお見送りしてたのかが全然分からないんですけれども。
僕がお見送りしてる姿は何かやたらマネキンみたいだった(笑)とかっていう(笑)結構そういう声を聴いたんですけど(笑)どういう意味かなぁって言う。。何かマネキンっぽいですか?僕。表情が動かないって事ですかね。そういうこともないんですけれどもね。そんな体全体を使って表現するようなタイプでもないので。
まぁでもいろいろとファンミーティング、お見送りもそうですけれども、やっぱりリアルにね感想とか聞けて楽しかったですね。

✒マネキンっぽいって...お人形みたいに美しいって事ですよ💕💕
自分のでないTシャツ着てる人観ると申し訳なくなる・・・って優しいんだから。

📩#singing/新しい地図joinミュージック

さぁいよいよですね、今週末4月6日から舞台LIFE LIFE LIFE ~人生3つのヴァージョンが渋谷のbunkamuraで始まります。チケットお持ちの方は楽しみにしててください。

✒いよいよ初日ですね!千穐楽まで無事に完走しますよう、お体に気をつけて・・・

皆さんからのメッセージをお待ちしております。
Goro'sColumnへは身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください。興味のある話題を特集するGoro'sSearch、リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしております。
リクエストは、Goro's BreakTime、お便りはGoro'sEssay。そしてGORO's Music Libraryでは僕の音楽ライブラリーから今の気分に相応しい曲を選曲します。
メールのアドレスは、goro@joqr.net 葉書の方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。

お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。
それでは、また来週!バイバ~イ~♪
編集後記、メールの宛先などは、こちらから⇛編集長稲垣吾郎

デイリーラジオランキング~ついラン調べ
2019年4月27日→編集長稲垣吾郎 5位

 

| | コメント (0)

2019年3月30日 (土)

編集長 稲垣吾郎 3月27日

3月27日目次

♠【GORO's Search】お便り紹介~編集長の最近のゴルフ事情・酒造見てある記・ワカサギ釣り体験♪
*「ななにー」1周年おめでとうございます
*男性が車をバックさせる時の仕草について

*Happy Now/ Zedd Elley Duhe
*Go East/ミュージカル「日本の歴史」より
*Breaking into Heaven/ The Stone Roses

僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているのでしょうか。
それでは編集会議を始めましょう!

.
【GORO's Column】 

コラムメールをご紹介します。愛知県のなおこさん。
📩
「ななにー 7.2 新しい別の窓」が4月で1年です。おめでとうございます。最初は7.2時間の生放送は長くないかなと思っていましたが、ゲストを迎えてのトークにライブ、生放送ならではのハプニングや緩い時間もハラハラしたりまったりしたりとても楽しいです。新しい地図ができてからたくさんの1年おめでとうを言えるのがホントに嬉しいです。
ありがとうございます。
そうかぁ早いですね、もう1年かぁ。
ね、毎月毎月この番組を通して皆さんにお会いできるのが非常に僕も楽しくて、月の楽しみでもあるんですけれども。
やっぱりやっているとあっという間ですね。通常のというか地上波でやってきたような、例えば2~3時間の生放送でのあの位の集中力と詰まった感じでやると、多分7.2はきついかなと思うんですけど、まぁなおこさんおっしゃる通りにちょっと緩い時間があったりとかっていうそういった部分もあるのでね、あっという間に7.2時間は終わってしますし、そういう抜ける部分もあるので観てる方もすごくそういうところもまた一つリラックスできるポイントなのかな~とも思いますけれどもね。
最近はねスタジオが多くなったり、スタジオからスタートする企画もあったりとか、必ずしもこのコーナーが定着してるってものはないのでね、何かそこが今後の未来を感じさせてくれる番組だなと思いますし、やっぱり何か皆さんのリクエストに応じて番組としても作っていける・・・そういったものだと思うんですよね。
あと、7.2時間もあるっていうのはホントに何でもできますからね。だから新しい別の窓に相応しい新しい番組になってますよね。

🎧Happy Now/ Zedd Elley Duhe

【GORO's Search】
今週は皆さんから寄せられたお便りを紹介します。フリーバードさん。
📩
先日沖縄のゴルフ場で吾郎さんも共演されたあの青木功プロとお会いしました。ラウンド前の練習グリーンで初対面の一般ゴルファーにも拘わらず親しくお話し握手もしていただきツーショット写真まで撮らせていただきました。しかもラウンドは青木プロのパーティーの前で緊張しましたが引き締まった気分で思わぬ良いショットも打ててとても嬉しい思い出となりました。吾郎さんが最後にラウンドしたのはいつですか?
うん・・これ、フリーバードさん、これ・・あれじゃないですか?青木功プロに結構馴れ馴れしく行ったんじゃないですか?
これ・・一般ゴルファーにも拘わらず親しくお話していただき・・って、結構来られたら親しくするんじゃないですかね。ツーショット写真まで撮らせてくださいましたって(笑)。大丈夫ですか?結構ぐいぐい攻めたんじゃないですか?
まぁでも青木プロはちゃんとそれに応えてくれそうですよね。
確かに凄く親しみやすい空気を醸し出して下さる方ですよね。試合中なんかでもそういうイメージありますよね。何か若い頃から結構、青木プロってラウンド中でもギャラリーの皆さんとお話したりとかって・・言いますよね。何か今だとね、レジェンドのツアーの方で青木功プロがラウンドしながらギャラリーの皆さまを湧かせたりとかね、声かけたりとかね、そういうのは僕もゴルフファンとして中継観たりするんですけど、ねぇ!そうか。グイグイ行ったんですね、フリーバードさんは。そうか・・・
僕自身は最近はゴルフは全くしてないですね。
多分2018年なんかは一度もラウンドしてないんじゃないかな。練習はたまに行ったりしてますけれども。まぁお休みの日もあまり無かったので。プライベートでゴルフって感じにならなかったんですけれども。
ですからもう・・多分最後にラウンドしたのは2017年のいつか・・ですね、多分。
だからまた・・と言っても舞台始まりますし、忙しくはなるんですけれども。
まぁ何かゴルフって僕は焦らずやっていきたいなって思うので、生涯出来るスポーツだし何かあまり急ぐことはないのかなって。
もちろん早く上達したいっていうのはアマチュアゴルファーみんな・・プロもそうでしょうけど、ゴルフっていうのは終わりなき旅なので誰でも上達したいって思いはありますけれども、あんまり焦ってもしょうがないのかなって。
これからまた時間がある時にできればいいかなと思いますしね。

続いて神奈川県のひーちゃんさんです。
📩
初めてお便りします。冬は日本酒の新酒が出るシーズンです。先日吾郎さんも映画「半世界」の撮影でお馴染みになった近鉄電車の主催する「酒造見てある記」というのに参加してきましたが、私が参加したのは奈良の長龍酒造のコース。駅で地図を貰い古墳などを見ながら6キロ歩き、ゴールの酒造で最初に貰った地図を見せると甘酒や日本酒の試飲の振る舞いがいただけます。
ふぅ~~ん・・・面白そうですね。
これ、6キロ歩き・・・って結構歩くよね。これ、歩いて歩いて古墳を見ながら6キロ歩き、歩いて歩いて最後に到着した場所に日本酒を飲むのかな、乾杯みたいな感じで。楽しいですね~
ちなみに参加費も参加予約も不要みたいですよ。
皆さん、もしこれから「半世界」のロケ地とか観に行かれたりとか、まぁね、あの映画を観てあの地域に行ってみたいな~という方なんか、もしかしたら楽しいかもしれないですね。
   *近鉄主催冬のハイキング「酒造見てある記」

続いて、ラジオネームふうべえさんです。
📩
先日北海道でワカサギ釣りをしました。以前より一度は体験してみたいと思っていたのですが、氷の張った湖に足を踏み入れるだけでも、とても感動しました。2時間で75匹釣れました。全く釣れない時もあるみたいなので運が良かったです。吾郎さんはワカサギ釣り体験はありますか?
無いです。
これねぇ、やっぱやってみたいよ。一度は。
ワカサギ、ワカサギ釣りって、あのまあるい穴を掘って・・でしょ?氷上に。
いわゆる映像でしか観たことないよね。
2時間で75匹って・・こんなに釣れるの!?
釣れない時もあるっておっしゃっているんで。
釣りは・・ほとんど経験が無いんで釣りのことは何も言えないんですけれども・・こんな釣れるんですね。
ワカサギだからてんぷらにして食べたりするんでしょうかね。
でもねぇ、冷たいお水の中で泳いでいるワカサギはきっと締まって美味しいんでしょうね。
東京近郊じゃないか。張らないもんね、あそこまで厚い氷がね。。
いやぁ是非体験してみたい事ではありますね。なるほどね・・・機会があれば。
以上、ゴローズサーチでした。

【Goro's Break Time】
なな17歳さんからのリクエストメールです。
📩
慎吾ちゃんのミュージカル「日本の歴史」のサウンドトラックの中の「Go East」をリクエストします。サウンドトラックを聴いていると見ていた時の情景が蘇ってきます。多忙の為観に行けなかった吾郎編集長にも是非聴いてもらいたいと思います。
まぁ、多忙だけではないんですよね。多忙ではあったんですけどね。観に行ける時間が無かったというと嘘になります。
ま、この辺の謎はちょっとまだ解明できてないんですね。
17歳ナナさんは僕に嫌味を言うんですかね。ははは(笑)
(スタッフさんも笑い)面白いですね。
ブログではドライブしてたって草彅さんが香取さんに突っ込まれてましたけれども。ドライブもね、多忙の一つですよ。プライベートを豊かにするためのね。
なるほど・・・全くどんな曲か分からないのでね、聴いてみたいと思います。

🎧
Go East/ミュージカル「日本の歴史」より 

いいですね、CDが出て。
吾郎さんのミュージカルも是非CD出して欲しいですよね。ダメならBlu-rayで(笑)。
だって、佐山さんの素敵な曲の数々・・・舞台を観に来られなかった方にも聞いて欲しいです。
もう、いろいろ制限しなくてもいいでしょ!ねぇ。

【Goro's Essay】
ラジオネームゆびうさん。
📩
私は男性が車の運転でバックする時に片手を助手席に回してバックするのが好きではなく、むしろされるとイラチになるんです。映画の最初に紘さんが助手席に手を回してバックしているのを見てやられました。これか、世の中の女性がきゅんとくるのが初めて分かりました。私もですが、あれ女性でやってる人いないですよね。何で男性がやるのか不思議です。
いや~~~これ、どうなんだろう。女性はやるんじゃないですか?僕、映画の中でやってました?やってたか。
結局捕まる所がないからでしょ?片手が。バランスを取ってること?左手と一緒に。ハンドルは右手だもん、
だから右ハンドルだとしたら右手でハンドルを持って助手席の左のところのヘッドの所を持ってやるって事でしょ?
・・バランス取ってるんじゃないですか?他に捕まるとこないじゃない。やっぱり左手でバランスを取ってどっか掴んでおかないと右手のハンドル操作がちょっと危うくなるんじゃない?片手だけだと。もしかしたら。カラダが持ってかれちゃうというか。
そんな事を分析してもしょうがないんですけど。
何で片手を助手席に回すのかって言う、そこを検証するコーナーではないですからね。これが女性がきゅんとするか否かという事ですよね。
どうだろうね、別に・・確かにきゅんとするポイントではない気がするけど・・よく言いますよね、聞きます。
むしろゆびうさんはこれをされるとイラチになるっていうのが非常に面白いところではあったんですけれども。
何でイラチになるんですか?別にイラチになる必要はないところだと・・自分が助手席に乗ってて自分の座席を触られると自分のバランスが崩れちゃうのかな。何でしょうね。多分ゆびうさんも好きな人が横でやってたら多分きゅんとしますよ。多分ねぇ、日頃イラッとする人にやられたんじゃないですか?どんな状況でイラチになったのか非常に気になりますけど。ちょっとそれを分かって計算してかっこつけてやってる男性は嫌なのかな。どうなんでしょうね。
ただ体のバランスを取る、バックしやすく・・・なんでしょうね。でも無意識でやっちゃう事だから。
僕が映画のシーンでやったって事も多分無意識でちゃったって事なんでしょうね。なるほど・・・うん・・
でもね僕左ハンドルの時やらないかもしれない。今思ったんだけど。
何か結構左ハンドルを・・ずっと乗ってきたんで最近右ハンドルなんですけれど。右ハンドル歴って非常に短いんですよ。
免許取ったのが二十歳くらいの時で多分18年くらい左ハンドルだったので、まだそういった意味では5年・・5~6年なんですね。まだ右ハンドルの車っていうのはホントに経験が少ないんですね、僕の中では。歴史で考えると。
未だに左ハンドルの方が運転しやすいなと思うこともあって。さすがに何年も右ハンドルなんで慣れてきてはいるんですけれども。
あと今、完全に右ハンドルの方が車多いんですね。外車も右ハンドルが多く・・ベンツなんかもほとんど左ハンドル探す方が難しい位ですから。
僕は最近ずっとイギリスの車が多いので、イギリスって右ハンドルなので・・そうなんですよね、だからここ何年も右ハンドルなんで、ようやく慣れてきたって感じですよね。
だから多分左ハンドルの時は右手を助手席に置くって事はしてなかったような。
ま、どっちでもいいっちゃどっちでもいいですけど(笑)。何か右ハンドルになってちょっと慣れないからバランス取るために左手の利き腕を使って助手席に乗っけてるのかなって今、勝手に思ったんですけど。
あと女性でやっている人がいるかどうかは非常に気になるよね。
いやぁ・・でも一人で乗ってる時はやるんじゃないですか?
あと一人で乗ってる時はやるけど、人が助手席に乗ってる時はあまりやらないかもしれない、僕も。頭動くじゃない助手席の人の。・・・何か上手く言えないんですけど。
なるほど。いろいろありますけれども。
以上、ゴローズエッセイでした。

私、これは阪本監督の指示かと思いました。
紘が助手席のところに手をやるかどうかではなく、「振り向く」ことを指示したのかと。
監督のある映画のラストのシーン、主演俳優が振り向くんですよ。
だから、監督のこだわりかと思ってました。

【GORO's Music Library】
今週は・・さっきちょっと車の話を・・車の話が脱線しまくってましたけど。
僕が初めて免許を取ったのが二十歳か21くらいの時だったんですけど、その時によく聴いてた懐かしいアルバムがあるなぁって、ふとさっき思い出したんですけどね。
もちろん左ハンドルの車だったんですけど。この当時ストーンローゼスが結構好きでね、The Stone Roses・・今の僕から想像つかないような、今の僕が聞いてそうな皆さんがイメージされるようなバンドではないと思うんですけど、でもよく話してますけどデヴィッドボウイとか基本的にそういったものも好きだったので。当時すごく流行ってたんですね。中でもこのSecond Comingっていうアルバムが1994年にリリースされているんですけれども、このアルバムをよく免許取り立てで車を購入したての自分の外車でよくかけてたなぁと、ちょっと懐かしくなったので。
ちょっと皆さんにも聞いていただきたいと思います。

🎧Breaking into Heaven/ The Stone Roses

若い頃のアンニュイな超美形吾郎が浮かびました。
ストーンローゼスをかけながら,免許取り立てでガンガン飛ばしていたのでしょうか。
こちらからは思いつかないような話題や曲を出してくれる吾郎さん、とってもラジオにも向いていると思う。
今週も楽しかった・・・あっという間の30分でした。

さぁ、もうエンディングですね。
皆さんからのメッセージをお待ちしております。
Goro'sColumnへは身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください。興味のある話題を特集するGoro'sSearch、リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしております。
リクエストは、Goro'sBreakTime、お便りはGoro'sEssay。そしてGORO's Music Libraryでは僕の音楽ライブラリーから今の気分に相応しい曲を選曲します。
メールのアドレスは、goro@joqr.net 葉書の方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。

お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。
それでは、また来週!バイバ~イ~♪
編集後記、メールの宛先などは、こちらから⇛編集長稲垣吾郎

デイリーラジオランキング~ついラン調べ
2019年3月27日→7位 編集長稲垣吾郎  

| | コメント (0)

2019年3月28日 (木)

編集長稲垣吾郎 3月20日

3月20日目次

♠【GORO's Search】南三陸ワインプロジェクトについてお話を伺いながらワイン試飲実況!
*週刊女性新連載「ロストマンロンリーハート」
*ファンミーティングについて

*By Your Side/Sad
*雨あがりのステップ/新しい地図

僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているのでしょうか。
それでは編集会議を始めよう!

.
【GORO's Column】 

コラムメールをご紹介します。ラジオネームはるかそらさん。
📩
週刊女性で連載が始まったロストマンロンリーハート、早速読みました。小説を読むときはいつも登場人物を頭の中で想像しながら読むのですが、今回の作品は主演稲垣吾郎という事で新感覚で読む事ができました。小説の実写化はよくありますが連載中に主人公が本物の役者さんをイメージする事ができるというこのスタイルはとても面白いですね。実写化の場合みんなの持つ作品のイメージがそれぞれ違うので発表される配役に賛否があったりしますが、この形はみんなの統一イメージで最初から読む事が出来るので共感性が高まるような気がしました。そして今までに観たことのない稲垣吾郎を観る事が出来て更に楽しめました。ちょっと大人なストーリー、これからの展開を楽しみにしています。
ありがとうございます。
そうなんですよね、週刊女性さんで連載が始まりました。そう・・新しい読書体験ですよね。これってなかなか・・そう、はるかそらさんがおっしゃる通り、僕もだいたい小説読むときっていうのは自分なりに主人公のイメージ像を頭の中に描きながら読むんですけど、もう最初っから「僕」って断定してる訳ですから。
しかも何か僕をイメージして飯田譲治さんが書いてくださっているという事なので、で、いずれ最終的に実写化できたらいいなという話を皆さんとしているので、皆さんのね・・この小説読んで本当に楽しいなと思ってくださった方のそういう希望があれば実写化も夢ではないのではないかと思いますけれども。
役柄がちょっと・・・ダメな人間で面白いんですよね。
ホントにちょっと今後楽しみですね。どう発展していくのか。連載自体まだまだ続くと思うし・・そしてまぁ、夢は実写化という事で今後を楽しみにしててください。

「ロストマンロンリーハート」面白いですよね。
今の彼らを普通に扱ってくれる雑誌はありがたいです。
毎週買ってちゃんとファイルしてます、少しずつ貯まっていくのが楽しい♪
第1話は何か女性週刊誌の連載ってこんなのなの!?って思いましたが,違った。どんどんミステリー風味が強くなって毎回展開が予想つきません。タカオは一体どうなるのか。
吾郎さんをモデルにしているだけに結構気になります。
どこかでドラマにしてくれたらいいなぁ。

🎧By Your Side/Sade

【GORO's Search】
今月11日で東日本大震災から8年となりました。
新しい地図としても3月11日に被災地の仙台でファンミーティングをやることができて、とても意味のあるファンミーティングになったんじゃないかなと思います。来て下さったみなさま、本当にどうもありがとうございました。
さて、今回は被災地の話題をとりあげます。
南三陸町は津波で大きな被害を受けた町なんですけど、町の中心部では土を盛って土地の高さを上げる嵩上げが進み、新たに出来たさんさん商店街では季節の海の幸を盛り込んだ海鮮丼「キラキラ丼」が名物となりました。
そしてこの南三陸町でですね、海の幸に合うワインを作ろうとしてる方がいらっしゃいます。
今回はですね、このワインプロジェクトについてゴローズサーチしたいと思います。
お話を伺うのは南三陸ワイナリーの正司 勇太さんです。

吾郎:もしもし!はじめまして、稲垣吾郎と申します。
正司:はじめまして、南三陸ワイナリー株式会社の正司勇太です。よろしくお願いいたします。
はい、よろしくお願いいたします。正司さんは元々南三陸のご出身なんですか?
生まれは元々千葉県なんですけどほとんど東京で過ごしました。その後ワインに関わる仕事をしたいなと思って、その時自分で作ったワインが飲める生活が出来たら最高だろうな~という単純な思いからワイン造りの道に進みました。
いやぁ・・・羨ましいですし凄い素晴らしいと思います、僕も。ワインが好きなので。(ありがとうございます)じゃぁ実際にワインが好きでワインを作るお仕事に・・決めた訳ですね。今は、どちらで・・どちらのワイナリーで?
まずは石川県の方でブドウの栽培について勉強した後に山梨県のワイナリーで働いていたんですけど、その時たまたま南三陸ワインプロジェクトの事を知りまして応募させていただいて、現在は地域興し協力隊員として南三陸町でワイン造りの活動をしています。
なるほど~そうなんですね。僕も先日ちょうど・・それこそ3月11日に仙台の方でファンイベントをやらせていただいたんですけれども、その時集まってくださった地元の記者の方々がそれを教えてくれたんですよ。
あっ、ほんとですか!?
うん、「稲垣さんワイン好きですよね、宮城でもあるんですよ、たくさん~」というお話を伺ってて、す~ごく僕も興味があったので。何か日本のワインというと山梨とか長野県とかそういったイメージがあるんですけれども。あるんですね、結構。
そうですね、元々東北地方ですと山形とか有名だったんですけど、宮城県はワイナリーの空白地帯で、震災前に1軒あったんですけど震災の際に無くなってしまって、その後秋保ワイナリーさんが震災後第一号のワイナリーになったんですけど。
秋保ワイナリーさんなんですね。
はい、仙台の秋保地区なんですけど。その後、年々毎年一つずつワイナリーが増えているのが今の宮城県のワイナリーです。
そうかそうか、何か僕、詳しいワイン造りの事までは分からないんですけど、日本どこでも出来るんですよね。
はい、北は北海道から南は宮崎の方までワイナリーはあるんですけど、やっぱり地域毎に差が出ているところが面白いところで、北の方ですとやっぱり酸がしっかりしていて冷涼な特徴があったり、宮崎の方ですと比較的温暖な地域なのでオーストラリアに近いようなちょっとトロピカルな(果実味豊かなというか)コクのあるワインができたりしてとか、面白いなと思うんですけど。
へぇ~そうですね、確かに温かいところのワインってありますものね。特徴が。チリもそうだし。カリフォルニアもそうだし。地域によって一番差を出せますね、日本列島長いですから。
はい。その差がいろいろ出るのが飲んでて面白いなと思います。
なるほどね。ブドウもそれぞれ・・・多いですものね、日本のブドウって。
そうですね、ホントに国内で改良された品種からヨーロッパのフランスで作られているような品種までいろいろあるので選択肢が非常にあるのが面白いところですね。
では、ですね、正司さんが去年作ったワインが出来たそうなので、それが2月にね南三陸町のイベントでワインの試飲会が行われて、その時の感想をこの番組を聴いてる方にも聴いていただきたいと思いますので。
 「合いますね・・・牡蠣とワイン初めてなんですよ。美味しいです。」
 「結構辛口なんで合うと思います。。」
はい!と言った感想、嬉しいですね。
そうですね、初めてイベントに来たいろんな方に飲んでいただいたのでこういった意見を言っていただけるという事が作った側としてはホントに嬉しいですね。今後も頑張っていかなきゃなと思いますね。
ね、僕らなんか牡蠣とワインって絶対に当たり前に合うってまず王道の組みあわせだと思っちゃうんだけど、やっぱりワインとか飲まれてない方も多いですからね、嬉しいですね。こういった意見っていうのもね。やっぱりまだチーズとかっていうイメージあるんですね。
やっぱりワインとチーズっていうイメージが多いのかなって思いますね。それ以上にワインと牡蠣って組みあわせって美味しい組みあわせなので。
で、しかも三陸が牡蠣が本当に美味しいところですからね。僕らも先日仙台に行った時にいろんな海産物をいただいたんですけど、やっぱり美味しいですよね。貝類がホントに美味しくて、何か東京でもちょこっと美味しいお店に行ったらお刺身とか美味しいもの食べれるけど、貝類ってやっぱり鮮度とか重要じゃないですか。貝が凄く美味しいなって、もちろん牡蠣もなんですけど。だから絶対に白ワインいいですよ。合う合う!赤もいいけれど。
やっぱりこれからの季節は白ワインになっていくのかなと。
そうですね、これからの季節なんか特に白の方がホントに多くなってきますけれども。
さあ、それの正司さん作られたワイン、今、スタジオにあるんですよ。デラウェアが。僕が試飲させていただきますね。ちょっと待ってくださいね。デラウェアって、あのデラウェアを使ったって事ですか?
はい、食用ブドウでもあるあのデラウェアです。スーパーでみかける事もあると思うんですけど。
デラウェアって元々ワインにするものなんですか?
元々は食用ブドウでワイン用ブドウではないので本来は向いていないんですけれども。日本ではとにかくデラウェアが多く栽培されていて(そうなんだ。ワインオープナーをきゅるきゅる回す音・・・)手に入りやすいというのが一番の理由ですね。日本でもワインブームがあってワイン用ブドウの取り合いが激しくてシャルドネとかメルローみたいなものがなかなか手に入りにくいというという感じで(ポンっとコルクが抜ける音)今回はデラウェアを購入させていただいて・・
そうかそうか、シャルドネまだ栽培が少ない・・追いつかないんですね。
そうですね、まだ植えて3年目なのでようやく今年ですね、収穫できるようになったのは。(ワインをコクコク注ぐ音)
今、注ぎましたよ。じゃぁ、デラウェアのワインをちょっと試飲させていただきます。・・・あっ、美味しいです!ホントに。
ありがとうございます。
あっ、うんうんうん!いいですね。すっきりしてますし、でも甘さも最後に・・酸味と甘さのバランスが凄くいい。なるほどね。確かに青リンゴのような香りとか・・・少しソーヴィニヨンブランみたいな香りもありますし・・すごくいいです。あの・・思ったよりって言っちゃ失礼ですけど、ここまで日本のワインも進化してるんだな~って感じがします。
今年のデラウェアなんですけど、まずブドウの質が凄い良かったというのも大きかったですね。全国的に当たり年と言われるようなデラウェアに関して2018年は・・年だったので、すごい完熟したいいブドウが買うことができたので、それがそのままワインの味わいに出てるなって感じです。
何かやっぱりワインの甘さって・・甘みの中の話だと、僕は思うんだけど、ジュースのような甘さがあっちゃいけないなと思うんですね。でも確かに最初にインパクトとしてくるものは甘さなんですけど、でも甘さがちゃんと直ぐに切れて辛さもしっかりありますし。何か甘い余韻だけがジュース飲んだ後のように残らないのが凄くいいなと思って。
そうですね、そのワイン、実は辛口に仕上げていて、なのに甘く感じるというのはワインの香りですね、香りの部分に甘さを感じているのと若干ほんの少しの残糖があるので甘く感じられてると思うんですけど、ジュースと違って砂糖とかを入れてないのでそういう点でちょっと違う”キレイな甘さ”があると思いますね。
あ、いいですね、キレイな甘さっていう表現が非常に・・・なるほどね。面白いな。あと何かきも~ち微発泡?
そうですね、白なので少し泡があった方が口当たりがいいと思ったので微発泡になるようにしてみました、今回。
えっ!?それってそうやって作れるんですか?微発泡に。
できますね、今回ちょっといろいろやろうと思った一つが発泡でした。
いいですね、すご~く香りも上品で。これワイン苦手な方とかでも結構イケると思います。
そうですね、ワイン苦手な方も、(すごくイケる!)もちろん飲み慣れてる方にも結構満足していただけるようなワインになったなと思ってます。
苦手な方は逆に最初の甘さのジュースっぽさが飲みやすさに繋がって・・・すごく好きです、僕は。(ありがとうございます)これってシャンパンは作れない?デラウェアで。何かこれスパークリングワインにも向いてる気がします、デラウェアって。
そうですね、ホントはスパークリングも作ろうかなと思ったんですけれども、あまりにも今回のワインが良かったんで、ちょっとスパークリングにするにはもったいないなって事で全部白ワインにしました。
あと、何か・・これは僕の感想だけど、ロゼっぽさもありますよね。味の中に。
そうですね、ボディというかいわゆる苦みとか酸味とかの他にも旨味成分今回特にあるワインになったので・・ちょっと赤にも負けないようなボディのあるワインに仕上がったので、今回そう感じられる・・・
ちゃんとタフですよね。酸味も多すぎないし。やぁ面白い・・こうやってワインって作られていくんですね。
なので最初デラウェアのワインだったので牡蠣のパワフルさに負けるんじゃないかなという心配はあったんですけれども何とかボディのあるワインができたので、これだったら牡蠣料理に合わせていただいても大丈夫だなと感じましたね。
いや、香りいいですね、ホントに(この何気なく素が出ちゃった感じの低音イケボが素敵)。いや、何かすごく嬉しくなりました。
ありがとうございます。
これは何かヨーロッパとかアメリカの何かっぽいというよりもホントにオリジナルで唯一無二の存在だなって感じました、今飲んでみて。
そうですね、やっぱりワインはその土地で作られたブドウで作ったワインはその地元の食材と自然と合っていくものなので、そういう点でこれから日本の食事だったり和食をPRしていく時に日本で作ったワインっていうのは合っていると思います。
ですね、いやいやいや、ちょっと楽しみですね、今後。これからまたいろいろやろうと思ってるんですか?シャルドネであったりとか、いろんな商品開発、他にも。
はい、そうですね、今は20アールほどの畑に700本ほどのシャルドネを植えてるんですけれども、(あ、植えてるんだ・・)それは2019年で3年目になるので、もしかしたら収穫できるかなと思っています。ただまだそれくらいではとてもとても量は採れないので将来的には2ヘクタール位まで畑は拡充をしたいなと思っていて、シャルドネの他にもスペインのアルバリーニョだとか、赤だったらメルロー、ピノノワールだとかそういった品種にも挑戦していきたいと思ってます。
いやいややって欲しいですね、ピノノワール、メルローも。今後・・そうか目標としてはやっぱり南三陸産のブドウですか?
そうですね、南三陸町産100%のブドウでワインを作るのが当面の目標になります。
あとお店なんかもいいんじゃないんですか?レストランとかね。
そうですね、今、僕は地域興し協力隊という制度を使っているんですけれども、僕はワインプロジェクトの方なんですけれども、それ以外にレストランのプロジェクトがあったりしますので一緒に連携をして南三陸町の海沿いにワイナリーがあってレストランがあって、ワインと海の食材を楽しめる場所ができたらなと思ってますし、将来的にはチーズとかパンがあっても面白いんじゃないかなと。
なるほど~頼もしい、期待してます。(ありがとうございます)僕らもまた・・こないだ仙台に行ったんですけどね、南三陸の方には行けてないので・・(はい、是非)またちょっと遊びにいきたいなと思っていますので、今後も頑張ってください。期待していますので。
ありがとうございます。
正司さん、ありがとうございます。

南三陸ワイナリーの正司勇太さんにお話を伺いました。
気になった方はですね、南三陸ワインプロジェクトで検索してみてください。
   *南三陸ワインプロジェクト
   *稲垣吾郎も納得した南三陸町のワインプロジェクトとは?
   *南三陸さんさん商店街

編集長稲垣吾郎では毎年3月2週は東日本大震災に関連する話題を取り上げる。募金がどうのではなく気付かせてくれるだけで、行動に出る人は出るのだから。吾郎さんのこういう姿勢が好きです。
今回はワインプロジェクト。
とっても正直な吾郎さんの感想を聞きながら、あらとっても美味しそう一度は飲んでみたいってなりました。
全部海の水がさらっていってしまった後、そこでブドウを植えワインを作り、今後はパン屋チーズも・・・ってとっても未来があって素敵なお話。吾郎さんの番組だなぁと思います。
正司さん、ありがとうございました。面白かったです。
今度、デラウァア探して飲んでみたいと思いました。

【Goro's Essay】
ラジオネームしらっちゃけたヤギさん。
📩
初ファンミーティング、私も東京愛知仙台と参加させていただきました。キラキラしたステージで歌い踊る姿を再び見る事が出来て毎回涙でした。私事ですが愛知から仙台にかけてお見送りが4回連続で吾郎さん、クリムト展のパンフでアピールすると毎回視線を頂き感激。こんなにも私たちNAKAMAを幸せにしてくれる3人に感謝です。
ありがとうございます。参加してくださった皆さん、ホントにありがとうございました。
先ほどもお話しましたけれども、あのタイミングで仙台に行けたのも凄く良かったなと思いますし、こういった形で皆さんに会いに行けて本当に良かったなと思いますし、何よりも楽しかったですよね。ホントに。弾けすぎ。もう僕ったら弾けすぎ。もうホントに・・・楽しくなっちゃって。
このしらっちゃけたヤギさんは凄いですね。その・・ブロックに分かれて3人で分かれてお見送りしているのでこの確率は凄いですね。
なるほど。確かにクリムト展のパンフでアピール・・アピールって言うか(笑)クリムト展のパンフレットを持って「クリムト展行くよ~」と声を掛けてくださった方々は大勢いたのでね、それがしらっちゃけたヤギさんかどうかははっきりわかんないですけど(笑)。
でもちゃんと一人一人皆さんの気持ちというのがそこで受け取る事が出来ましたし、楽しかったですよね。
まぁでもこのしらっちゃけたヤギさんっていうラジオネームは確実に覚えましたので・・ちょっとまたアピールしてください。
以上、ゴローズエッセイでした。

【GORO's Music Library】
僕の音楽ライブラリーから今の気分に相応しい曲をお届けするミュージックライブラリー・・・ですが今日はこの曲をお送りしましょう。
仙台のファンミーティングでも披露したこの曲です。雨あがりのステップ。

🎧雨あがりのステップ/新しい地図 join ミュージック

今週末ですね、3月24日日曜日に駒沢オリンピック公園陸上競技場で、パラ駅伝 in TOKYO 2019が行われます。
そして何と!草彅さんはランナーとして参加します!凄いですね、ランナー草彅が見れるんですね。つよっちゃま。ね、どのくらい走るんだろう。
ま、僕は応援してます。(笑)温かく見守ります、草彅さんのことを。
去年もね、もちろん参加させていただいて・・それこそ「雨あがりのステップ」をちょうどそこで初披露した時の事なんですけど、あの時も雨あがりの青空が凄くキレイでまさにぴったり嵌まってたんですけどね。僕らの曲とも。
今年もね天気に恵まれるといいですね。チケットお持ちの方は一緒に応援を楽しみましょう。

皆さんからのメッセージをお待ちしております。
Goro'sColumnへは身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください。興味のある話題を特集するGoro'sSearch、リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしています。
リクエストは、Goro'sBreakTime、お便りはGoro'sEssay。そしてGORO's Music Libraryでは僕の音楽ライブラリーから今の気分に相応しい曲を選曲します。
メールのアドレスは、goro@joqr.net 葉書の方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。

お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。
それでは、また来週!バイバ~イ~♪
編集後記、メールの宛先などは、こちらから⇛編集長 稲垣吾郎

デイリーラジオランキング~ついラン調べ
2019年3月20日→8位 編集長稲垣吾郎   

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

編集長 稲垣吾郎 3月13日

3月13日目次

【GORO's Search】編集会議・・・ジュリエットクラブ・ランドセルは海を越えて・ハンモック美容室
*男性のメイクについて
*「半世界」みかんの食べ方で性格を表す

*Close To Me/Ellie Goulding
*
Alone/Marshmello
*それが大事/大事マンブラザーズ

僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているのでしょうか。
それでは編集会議を始めよう!

. 
【GORO's Column】 

コラムメールをご紹介します。京都府のたむみさんです。
最近男性向けの化粧品が充実しているそうで、ファンデーションやリップ、コンシーラーなどメイクが当たり前と考える男性が若い人を中心に多くなってきているようです。近い将来女性も男性もメイクが当たり前の時代が来るかもしれません。今までお仕事でいろいろなメイクをしてきた吾郎さんですが美意識の高い吾郎さんはプライベートでお化粧する事にも既にあまり抵抗はないのじゃないでしょうか?
・・・と言う・・(笑)プライベートではさすがに僕らはお化粧する事っていうのは無い・・・ないですねぇ。プライベートにもよるけどね。ちょっとお仕事みたいなプライベートとかだったら多少はあるかもしれませんけども。お仕事みたいなプライベートって何でしょうっていう話ですよね。たとえば、ホントに大きな結婚式とかで、お客さんもいっぱいいらして、ステージでお喋りして写真撮影をしてとかっていうね・・・そういうことはあるかもしれないけど・・・でも最近はしないかな。髪の毛とかね、ちょっとキレイにしたりとか仕事以外でも髪の毛セットしたりとか、それはもちろんね皆さんもあると思うんですけど、僕もありますけど。
ラジオはね・・・うん、でもラジオとかって「半世界」のあの番宣活動をしてラジオ出てる時に・・最近必ず写真を撮りたがりますよね。で、結構Twitterってちゃんとたくさん拡散するじゃないですか。だから何かこんな格好してていいのかなって思う事とかたまにあるけれど、その為にわざわざメイクして何だ・・っていうのも・・なぁって思ったり、結構その辺の境界線が難しくなってきてますよね、最近ね。
もちろん僕も写真・・記念撮影したいなとは思いますし、まぁね、まぁ確かにそういう事ありますよね。だからどうやって・・僕らの仕事はいつ何時撮影を求められるか分からないからちゃんとしてなきゃいけないと思うんですけど・・・でもまぁそうですね、メイクに関しては・・男なんでね、やっぱりメイクをしてるようにメイクをしないので・・分かるかな、どこか女性と違ってさりげなくうっすらファンデーションを塗ったり人によってはちょっと眉毛の欠けた部分をちょっと足すとかね、ま、そのくらいですよね。ちょっとコンシーラーでクマのある人はクマを隠したりとか、ちょっと唇にリップ塗ったりとか・・僕も実際問題そんなもんなので、メイクって言っても1~2分で終わりますけれども。ほとんど・・・
あと作品にもよりますよね。たとえばこの映画「半世界」なんて、今ここにパンフレットあるんですけれども、こういう時はほとんどお化粧はしないに等しいですからね。役柄的につるっつるしててもおかしな役だったというのもありますし、やっぱりメイクしてるって分かったら絶対に設定的におかしいのでね、男性なので。
ただ逆にしないと映画・・スクリーンに映った時に、やっぱりしてた方がより・・逆に生身の肌に見えるという場合もあるんですよね。あと色のトーンを他の俳優さんと合わせたいとか。だから絶対にメイクしない事がリアルとかナチュラルとかは限らないですね。
だからここにパンフレットがあって、僕が・・高村紘さんが備長炭を持ちながらポスターにもなっている白いニットキャップを被っている姿も鼻がテッカテカに光ってますけれども、これもナチュラルに見せる・・あえて、こう光らせたりとか、あえて汚く見せるためにメイクするとかね・・その方が分かりやすいか、そういう事もあるんですね。
だから男性の方もこれから・・あえて汚くする事はないと思うんですけど、身だしなみの一つとしてお化粧するって、全然僕はいいことだと思うんですけどね。
ただ、やっぱりメイクしてるって分からない方がいいかな(笑)とは思いますけどね。
ナチュラルでありながらキレイに見えるって、やっぱり一番理想ではありますよね。

吾郎さんは本当にキレイなので・・・何もいらないですよね。
私は眉毛を弄っている俳優さんが苦手で・・結構どんな時でも作った眉毛しているとそれだけで退散しちゃいます。
吾郎さんの眉毛が天然で本当に美しくて~たまに繋がるのがご愛敬で、それすら気付かない時もあるくらい実はナルシストではないんですよね。
ただ美しいというだけでナルシスト呼ばわり(笑)。
すみません、眉毛だけでしつこいですね。
ナチュラルでありながらキレイって、これ吾郎さんの事じゃないですか。
たまにある写真週刊誌の写真がいつも超絶美しいって・・・それはメイク無し構え無しの時ですものね。止まらなくなりそう・・・ごめんなさい。

Close To Me/Ellie Goulding

【GORO's Search】
さぁ今週は編集会議です。全国のリスナー記者から届いたネタをご紹介します。
福岡市のれいなじょうさん。
編集長はジュリエットクラブの事をご存じでしょうか。ロミオとジュリエットの舞台となったイタリアベローナにあるジュリエットクラブには恋愛に悩む世界中の女性から届く年間1万通以上の手紙に、ジュリエットの秘書であるボランティアスタッフが返事をくれるというもの。以前「ジュリエットからの手紙」という映画にもなった長年続いている活動で、クラブから貰った返事に感激し自分もジュリエットの秘書になった方もいらっしゃるそうです。イタリア語だけでなく英語やドイツ語、日本語でもOKです。
へぇ~~知らなかった。
これ、女性専門なんですか?限定なんですか?世界中の女性から届くっていうから・・・ね。
まぁまぁまぁ・・ロミオじゃなくてジュリエットだからね。
お悩み相談室みたいなところでしょ?
・・・それが「ジュリエットからの手紙」という映画にもなったの?
これでもさ、恋愛の悩みに答えるって・・すっごく難しいじゃないですか。とは言え結局最後は自分で最後決めるじゃん(笑)!
恋愛の悩みってそうじゃない、まぁ何でもそうだけどさぁ・・もちろん悩みってそうだよね、悩み相談ってもちろん人の意見も求めるけれども最後に決めるのは自分だし、逆に最後に決めるの自分じゃなきゃいけないと思うし。
そうか・・だからいろんな道を拓いてくれるというか・・いろんな意見を下さるんですね。
このれいなじょうさんも送ったんでしょうかね。
これでもホントに何年とかかかるとね・・・世界中からだったら・・どういう風なシステムになってるのか分からないけれども。
でもネットじゃないんだね、やっぱり。手紙なんだね、これ。

一通一通ちゃんと返事をくださいます。
へぇぇぇ~僕もやろうかな、吾郎クラブでも。この番組で。吾郎の秘書で。吾郎の秘書っておかしいか。
ねぇ!すごいですね。この活動は。
でも確かに映画の題材になりそうな・・ね、これだけ聞いても映画のストーリーが浮かびますもんね。その手紙が届く事から始まるような映画ですよね、きっとね。
へ~え、面白いなぁ、こんなのあるんですね。

東京都のいろはさん。高校生の方です。
小学校を卒業すると使い道がなくなってしまうランドセル。私は物質が不足しているアフガニスタンの子ども達に使って貰おうと「ランドセルは海を越えて」というキャンペーンに賛同し寄付しました。私のランドセルは鮮やかな赤、横にかわいいお花のチャームが付いていて、とても気に入って買った思い入れのあるものです。遠くアフガニスタンの地で誰かの背中に背負われて毎日学校に通ってるのかなと想像するだけで楽しいです。
ほうう!なるほど!この方、高校生で・・そっか使わなくなって10年・・10年は経ってないか、5年以上経った・・5年くらいか、使わなくなって何年か経ったランドセルを寄付したんですね。高校生なのに文章がしっかりしていますね。「小学校を卒業すると使い道がなくなってしまうランドセル・・」ここから始まる感じとか、凄くないですか?
なるほどね・・・寄付と言ったらこないだファンミーティングで、それこそ最後のお見送りをさせてもらってる時に、こう・・髪の毛を指指して「今、伸ばしてるの!」って「ヘアドネーションのために伸ばしてるんです」って言ってくださる方がいましたけどね。
これ、ランドセルの寄付というのがあるんですね。
確かに・・嬉しいよね、また誰かの背中に背負ってもらえて。
しかもね昔のランドセルってぺっちゃんこになっちゃった記憶あるけど、今のランドセルって6年くらい使ってもキレイでしょ?何か昔のランドセルよりキレイでしょ?って、たまに思うけど。子どもとかの通学途中とかを見たりすると。
これ、僕の時代はランドセルは革とビニール・・合皮というかビニール、両方あったんですけど、僕はビニールだったんですよ。逆に持った、6年間使っててだんだんぺっちゃんこになってくるじゃないですか、鞄って。ランドセルも。ほとんどね、小学1年生の時・・・小学1年生かよ~みたいなランドセルでね(笑)やっぱり本革とかの方が・・何だろう潰れていきやすいよね。そう重いですよね。昔のランドセルって重かったし結構革だったし、みんな。結構潰れてった記憶があるんだよね。最後は10センチくらいになってたような記憶・・最初は30センチくらいあるのに。そんな印象だったけど、中学校高校と学生鞄もそうですよね。
だから多分今の鞄、ランドセルって軽くも丈夫にもなってるから、多分6年くらいだったら十分使えるんじゃないかなと思うから、これいいよね。このキャンペーンって言うのは。
   
ランドセルは海を越えて

ビニール・ビニールって(笑)。
吾郎さんのはクラリーノという素材のランドセルだったんでしょうか。
軽くて丈夫・型崩れしない・・・確かに細い吾郎少年には革のランドセルより少しでも軽い合皮のランドセルを持たせたかったかもしれないですね。

ゴローズサーチで扱ってからヘアドネーションやりました!という声もTwitterなどで見かけるようになりましたし、そういう報告は吾郎さん嬉しかったと思います。

続きを読む "編集長 稲垣吾郎 3月13日"

| | コメント (0)

2019年3月13日 (水)

編集長 稲垣吾郎 3月6日

3月6日目次

【GORO's Search】~サ活!サウナ女子ノススメ
*雪のスパリゾートハワイアンズ
*カドカワホラー大賞受賞作「黒いピラミッド」

*Only You/Cheat Codes, Little Mix  
*In My Blood/Shawn Mendes

僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているのでしょうか。
それでは編集会議を始めよう!

. 
【GORO's Column】 

コラムメールをご紹介します。東京のりんこさん。
「半世界」の試写会を観にスパリゾートハワイアンズに行きました。特急で駆けつけた吾郎さんの花柄スーツが良かったです。写真撮影の時間もありがとうございました。日帰りのつもりでしたが、中止になったいわきサンシャインマラソンのためラン友が同じ場所に泊まる事を当日知り、急遽私も泊まる事にしました。夜の雪の中の露天風呂の風情はハンパなかったです。吾郎さんは日帰りだったと思いますが、次の日の朝は何と晴れているのに雪が降っていました。こんな珍しい体験をしたのも吾郎さんのおかげです。ありがとうございました。
なるほど。映画の試写会をね、福島県のスパリゾートハワイアンズさんでやらせていただきまして。
そうなんですよね、ちょうどその日は雪が・・関東地方は雪の予報だったので、福島県なんかは結構降っていましたし、東京も雪なんじゃないかなという予報だったので、ちょっと電車で行ったんです。車だとね、万が一があったらマズいなという事なので・・・まぁ、でも電車でも東京から2時間ちょっとかかったんですけど、まぁでもすごくアクセスのいい場所だなと思いましたし、雪のハワイアンズというのも、それはそれで風情があって。
外は寒いんですけどね、ハワイアンズのリゾート内は気温的には空調管理で温度も28度に設定されてるみたいなんで、凄く温かかったですし。
僕も一泊くらいしたかったんですけどね、その頃ちょうど映画のキャンペーンで忙しかったのでこの日は日帰りだったんですけれども。
いつも何かハワイアンズさんとお仕事させていただいて、このハワイアンズに行く時には、楽屋にハンバーガーの差し入れをしてくださって、それがもういわゆるハワイで食べるようなわりかし厚みのあるハンバーガーで、あとフレンチフライポテトとかそういったものが楽屋に置いてあって、何かそういう香りとか全てハワイっぽいなと・・・何か美味しかったなと。
ねぇ、もうちょっと時間あったらいろいろとリゾート体験をしたかったんですけどね。
結構泊まった方もいらっしゃったんですね。

レストランも豊富ですし、後はいわゆる・・プールだとか流れるプールとか、ウォータースライダーみたいのとか、そういうのもあるので、そういうのがお好きな方はいいなぁと思いますし、フラダンスとかもショーとして楽しめるので、フラダンス体験みたいなのもあるみたいなので、是非是非お薦めいたします。
.
先日、スパリゾートハワイアンズに一泊で行って来ました。
プールに入らなくても充分楽しめました。
半世界スペシャルギャラリーに入り浸りメイキング映像を繰り返し見てパネルや炭で遊び、フラダンスなどのショーも素晴らしかったです。
そしてビュッフェ形式のお食事がすごくちゃんとしてて、美味しかったのも嬉しかった。
平日なのにたくさんの人で賑わっていました。
   *いつもの風景(もうひとつのブログ)→Romantic Hawaiians(3/14)
.
Only You/Cheat Codes ft. Little Mix
. 
【GORO's Search】
若い女性の間でサ活が流行ってきてるそうです。サ活というのはサウナに通う事だそうです。サウナ女子ですね。
今週のゴローズサーチはですね、女性向けのサウナ道に迫ります。
お話を伺うのはサウナの達人、サウナーこと
塩谷歩波さんです。
.
吾郎:はじめまして~もしもし!よろしくお願いします、稲垣吾郎です。
塩谷:よろしくお願いします、塩谷です。
ねぇ、塩谷さんは肩書きとしては高円寺の小杉湯さんの番頭さんをやられながらイラストレーター?
はいそうです。その通りです。
凄いなぁ・・これねぇ、先月の・・2月の21日に銭湯図解という本が出たばかりなんですよね。(はい、そうです、その通りです)今手元にあるんですけど、これ、面白い!
ありがとうございます。
細かく地図描かれているの僕好きなんですよ。妹尾河童さんとかね、昔からこういう・・ありますよね、こういう・・細か~く描かれた旅行記とか。
は~い、よくファンの方からも妹尾河童さんに似てますねって言われるんですけれども、私も細かいものを描くのがホントに好きで(笑)。
凄い~妹尾河童さんが好きだったとかそういうのではなくて、元々なんですね。
妹尾河童さんは実は知らなくて・・(あ、そうなんだ)細かいものを描くのが好きだったんですよ。
僕はね、インドの旅行記か何かを読んだ時に凄い面白いなと思って・・また僕が細かいのを描くのが苦手なので(笑)特にああいう妹尾さんみたいなのは尊敬しちゃうんですね、勿論塩谷さんもそうなんですけど。(光栄です)・・いや、すっごいなぁこれ。読むと面白いね、これ銭湯・・ここまで細かく!凄い、銭湯が好きでイラスト・・図解を出して、それから番頭さんになったんでしたっけ。
実は私、元々建築学科を出て設計事務所で働いていたんですよ。それでちょっと体調壊しちゃって休職してた時に銭湯にドはまりをして・・銭湯が好きすぎて、ちょっと表現したくなってこういう絵を描いたらネットで人気が出て、今働いている小杉湯の若旦那が就職しないかと声を掛けてくださったんです。
ホントに番頭やってるんですか?
やってます!
すっごい・・じゃ、これ小杉湯にお風呂入りに行ったら裸見られちゃいますね。
いやいやいや、そんなことないです(笑)
番頭さんは違うんでしたっけ。
今ですね、私が座っている番台ってフロント形式になっていまして、昔ながらの形とはちょっと違うんですよ。
ああ~~何かいわゆるイメージする番台ではないんですね。
そうですね、お客様が男湯で着替えてるところに入る事はちょっと少ないですね。
これ、だってイラストの中でも圧倒的に女湯が多いですね。
それは私が女だからです。
そうですよね、やっぱり自分で目で見てイラストにしてる訳ですもんね。
そうですね、でも男湯も描いてる時がありまして、それは実は全部の銭湯図解は営業時間前にその銭湯さんの中に入らせていただいて(あ、そうなんだ・・)全部調査をしてるんです。
描いてある・・メジャーで測ってるって。3mメジャーを持ち歩いてるって。
そうです、そうです。
コンベックス。
はい、あ、コンベックスです、そうです。
すんごいね・・僕はイメージで描かれているのか、それとも設計図貰っているのか・・
いえいえいえ、全部測っています。
いや、面白い!これ凄いな。行ってみたくなりますね、これいろいろね。
ありがとうございます。
なるほどね。ちょっとサウナのお話も聞いていきたいんですけど。

続きを読む "編集長 稲垣吾郎 3月6日"

| | コメント (0)

2019年3月 8日 (金)

編集長 稲垣吾郎 2月27日

2月27日目次

【GORO's Search】ゴロ活!~クリムト展スペシャルサポーター・サントリーオールフリー新CM
*あけぼの子どもの森公園
*Only You/Cheat Codes, Little Mix  
*時には昔の話を/加藤登紀子
*
思い出がいっぱい/H2O

僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているのでしょうか。
それでは編集会議を始めよう!

. 
【GORO's Column】 

コラムメールをご紹介します。ラジオネームピカさんです。
あけぼの子どもの森公園なんですが、20年前にこの公園の新規オープンプロジェクトが、大学を卒業したての私の人生初仕事でした。建物内の展示物を作るためにムーミンについていろいろ調べたりフィンランド政府観光局に資料を借りに行ったり何もかも初めてで右往左往したものの楽しいお仕事でした。番組の編集部員のおかげで今では人がたくさん集う場所になっている事が分かりとても嬉しかったです。紹介してくださってありがとうございました。
あ、凄いですね、これ。トーベ・ヤンソンのあけぼの子どもの森公園ね。
そっかそっかぁ、そこを紹介してくださったのはこないだのオンエアでもあったんですけど、ピカさんはそこのオープンの時のプロジェクトをやられていた訳ですからね。
凄いなぁ。
いやいやいやいや、皆さん同士がね、こう繋がっていったりするの凄い嬉しいなぁって・・・弁組やっている甲斐がありますし。
でもねこれオープンプロジェクトが大学卒業したての初仕事だったから絶対わすれないんだろうね~

嬉しいですね、場所がまた時を経て成長していくっていうのが、何かこういうプロジェクトの楽しさでもあるのかなぁ、またしばらく時間が経ってからね、こういう・・何か再会というか縁があったりするの楽しいですからね。
素敵なお仕事ですね、公園の新規オープンプロジェクト、今何されているんでしょうかね。ピカさんね。
   
*トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園
.
Only You/Cheat Codes, Little Mix
.
【GORO's Search】
今週のゴローズサーチはゴロ活。
僕の芸能生活に関するメールをご紹介します。
埼玉県のみやこのかぎしっぽさんです。
クリムト展、ウィーンと日本1900のスペシャルサポーター就任おめでとうございます。まさしくベートーヴェンが繋いでくれたご縁です。吾郎さんの声の音声ガイドを楽しみにしています。クリムトと聞くと、昔クリムトという喫茶店に通ってました。その近くにはエリミー・フローゲというケーキ屋さんがあります。聞いた話ではクリムトの彼女の名前がエリミー・フローゲ。二つのお店のオーナーさんが、そこから店名にしたそうです。素敵な話だな~と思って覚えていました。でも彼女の正式名称はエミリーリエ・フローゲというそうです。
うん、なるほど。
クリムトという喫茶店なんですね。クリムトがお好きなオーナーだったんでしょうね。
そうなんですね、今回スペシャル・サポーターとしてやらせていただくんですけれども。
3ヶ月くらいのね、長きにわたってやるのでホント皆さんお時間のある時に観に行っていただきたいなと思いますし、僕もクリムトと言えばね、ベートーヴェンもそうなんですよ、確かに繋いでくれた縁だなと思います。
実際にウィーンに行った時にもねクリムトのいろいろな絵画も見学してきたので・・まさかね、それで自分が音声ガイドというかスペシャルサポーターやると思ってもみなかったんですけど。これも縁ですよね、ほんとに。
何か凄い・・30メートルくらいの大きな作品も展示されるそうなので、皆さん楽しみにしててください。
/
続いて、滋賀県のあずきママさんです。
サントリーオールフリーの新CM、待ちに待っていたので凄く良かったです。袴姿に長い髪がとても素敵で見惚れてしまいました。高い場所での撮影だったと思うのですが、大丈夫でしたか?
そうなんですよね。新CM・・・まさかの時代劇風で。かっこいいですよね。
あの~すごく楽しかったですよ。なかなか普段ああいう格好する事もないのでね。
凄い新鮮ですよね。
撮影自体は京都と広島でやったんですけど、ちょうどホントにNo.9の舞台が終わったホントに次の日か何かだったんですね。確か久留米でお芝居が終わって・・九州のね、その次の日にそのまま京都に行って・・また広島に戻って・・帰って来たんです。
お寺内の撮影を京都でやらせていただいて・・お殿様編ですよね、加山雄三さんが出演される。もう一つの岩山に登っているシーンね、あのこれ・・高い所で大丈夫でしたかって、このあずきママさんもおっしゃってますけれども、これが広島県の呉の辺りだったんですけど。
凄い景色のいいところで~まぁ確かに高い場所ではあったんですけど、僕でも意外と平気な場所・・感じだったというか。そうですね、凄い安全面にはスタッフの方もすごく気を遣ってくださったので。
凄い気持ち良かったですね。絶景で。でもあの場所には普通の観光客とか登っちゃいけないのかなぁ。ちょっと仕掛けがあって登ってった感じだったので。結構大変な撮影だったと思うんです。スタッフの方が何日も前から準備されてたと思うんですけど、ホントに映画の撮影のような感じで。大きなクレーンもあって。
そうですね、京都・広島と行って2日間で強行スケジュールで行ってきたんですけれども。
袴に・・・いいですね、あの長い髪も。地毛のように見えて一応カツラではあるんですけれども。
何か、あのシリーズもう少し他にも観たいなと思いますよね。
.
あの体力はもちろん知力・精神力との闘いでもあるかのような「No.9-不滅の旋律-」千穐楽を終えてからの翌日京都でのCM撮影・・・
しかもそれを一言も言わずに。
吾郎さんのプロ根性には頭が下がります。素敵。
素晴らしい出来映えのCMが出来てますよね。

続きを読む "編集長 稲垣吾郎 2月27日"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧