2018年1月 3日 (水)

27Hunホンノちょっとテレビ&会見

tvホンノちょっとテレビ
新しい年が明けてすぐ、スマホ1台で自撮りの27分だけのテレビ。
金屏風の前に、凜々しく和装の3人が。

全て自分たちで撮って進行、27分の間にいくつかの○○初め。
・SNS初め みんなでツイッターで新年のごあいさつ。
・書き初め 吾郎「出会い」 剛「旨味」 慎吾「笑」
・電話初め 31日優勝した森くんに電話。
・新情報初め この放送が終わった直後から72時間ホンネテレビ、完全ノーカット再放送!
・歌初め
・キス初め 男色ディーノさんが乱入。剛くんが餌食に。

東京タワーが見える所で、3人で「72」を生歌でお届け。
エンドトークで、今月31日慎吾くん誕生日に生放送をおねだり。
太っ腹(スマートでいらっしゃいますが)藤田社長は快くOK!
楽しみがまた増えました。

search番組の詳しい内容はこちらに。
RealSound→稲垣、草彅、香取が今年もアップする楽しい時間、森且行も登場「ホンノちょっとテレビ」を見て

pencil番組前に囲み取材があり、その時の全文はこちら
HUFFPOST→稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾が2018年の抱負を語る「僕らはまだ功績を残せていない」

今の状況、2018年こそ頑張っていかないと~という固い決意が感じられる中にも、3人らしく楽しく和やかな会見だったことが伝わってきました。
HUFFPOSTさんは以前も全文でインタビューの載せてくださり、有り難いです。

| | コメント (2)

2017年12月22日 (金)

おじゃMAP!!スペシャルGoro's Party 12月20日

wine慎吾もっと僕を知ってくれSPsign03

car愛車MINI COOPER S(と同じ車種のレンタル車)で登場の吾郎
朝、お台場を出発して吾郎の運転で川崎のコストコへパーティーのための買い出し。
車の中に二人きりで喋るのはなかなか面白い。
ゴルフの話は直ぐに飽きた慎吾が吾郎のブログを褒める。
「ブログがいいのよ、吾郎ちゃんの。あれが良かったよ、また。黒田さんとの・・・」
「ブログで僕の知らない吾郎ちゃんが垣間見れてる」

慎吾くんは、舞台「VENUS IN FUR」「No.9-不滅の旋律」などものすごく感動すると(笑)素直に褒めてくれますね。ちゃんと好みが一貫してます。

dollarコストコで会員登録をした後、買い物
会員登録では、とりあえず写真が嫌とか鏡貸してなど笑いを取る。
ワイン売り場から肉・鮮魚売り場などと周りながら買い物。
最後にお腹が空いた慎吾に付き合ってホットドッグ・クラムチャウダーなど。
「マック行きたい。あ、グラコロ始まる」という慎吾の言葉に??となる吾郎。
「アニメ?」「グリーンコロッケみたいな?」「グランドコロッケ?」
「日本に桜が咲くように、季節のものだよ!」と言われ、「上海蟹みたいな・・」で締める吾郎、ここは何回見ても面白い。

φ(.. )メモ:会話の中で分かった吾郎のいろいろ情報
吾郎の車ミニクーパーとレンジローバー
テレビは60インチ
ワインセラー2台にワインが200本。
最近、時々甲府に行ってワイン造り農家に下見に行ったりしている。
朝の散歩のきっかけはセリフを憶えるため。

wine稲垣吾郎が2017年中に会いたいゲストを招いてのパーティー
落ち着いた少人数のパーティーにしたいという吾郎の希望により、日本家屋でのパーティー 場所はこちら→昭和の家|縁側カフェ
お料理はコストコで買った材料をヒロくん監修の元作られたもの。

*真飛聖さん・北村岳子さん[舞台「恋と音楽」ポスター]
・・・一番よく食事に行く友だち。お店は吾郎が予約、帰りは電車で一緒に帰る。

*田山涼成さん[舞台「No.9」のポスターと映像]
・・・舞台「No.9-不滅の旋律-」でお世話になった。LINEに入ってもらいたいのでスマホデビュー。

*島崎和歌子さん[ドラマ「学校へ行こう」(フジ)の映像]
・・・1991年ドラマ「学校へ行こう」で共演。その時借りたCDを返したい。

*高橋由美子さん[ドラマ最高の恋人(テレ朝)の映像]
・・・高校の同級生。同窓会に呼んでもらいたいので連絡先を渡す。

*光浦靖子さん[ゴロウ・デラックス(TBS)の映像・舞台「広島に原爆を落とす日」パンフレット]
・・・プレゼントにお返しをしたい。ひろげんの時のエピソード。

*村上知子さん[ドラマ「ブス恋」スマスマ特別編(フジ)の映像]
・・・出産祝いを渡したい。

*リサ・ステッグマイヤーさん
・・・20年前深夜情報番組WINで共演、その時貰った誕生日プレゼントにお返しをしたい。

*岩下尚史さん[5時に夢中(TOKYO MX)の映像]
・・・久しぶりの生放送「5時に夢中」でお世話になった。

*谷川清美さん[舞台「謎の下宿人」「ぼっちゃま」のポスター]
・・・2回舞台で共演して以来、失礼していた事を謝りたい。

*神野三鈴さん[舞台「象」のポスター]
・・・舞台「象」の時にいただいたプレゼントのお返しをしたい。

*鳳蘭さん
・・・今、一番会いたい人
鳳蘭さん、本当に楽しい方で、ご自分で「伝説(失敗談)」を面白おかしく語ってくださいました。こんなに楽しい方だったんですね!「何か元気になります」と吾郎。

神野三鈴さん、バラエティ番組に出演するのは初めてだそうですが、さすがお話が面白くて・・・新国立劇場の楽屋は携帯の電波が届かなくて吾郎の一声でアンテナが立ったが、それでも上手く届かず大杉漣さんは楽屋のドアを開けっ放しにしてなくてはならなかったそうです(笑)。
吾郎:「何で大杉漣さんの楽屋いつも開いてるのかなって。通気性の良い方が好きな俳優さんなのかと思った(笑)」

【稲垣吾郎イメージ調査】
ナルシストっぽい・家でいつも鏡を見てそう・シルクのパジャマ・バスローブ・一人カラオケしてそう・味噌汁にトリュフ・・・

「イメージ戦略は完璧だね」と話す慎吾と吾郎。(吾郎は随分マイナスだったと思いますが)
カラオケの話題で、打ち上げなどで自分たちの曲を歌うことになった時の「あるある(いつも自分のパートしか歌わないので、一人で歌うと戸惑う)」で、二人だけで盛り上がる慎吾と吾郎。
どれも作られたイメージばかりでしたが、お風呂上がりに全裸の自分を鏡で見るか?というザキヤマさんの質問には、真面目に「仕事柄、自分の裸を知ることはプロポーションの維持に大切」と答える。これぞ、プロフェッショナル!(ナルシストとは違う)
神野さんの質問「自分のどこが好き?」には、手を褒められるとドキッとすると返答。
上手いなぁと思いました。

【二人きりのトーク】12203
先日藤田社長とのお疲れ会で慎吾が「初めてワインって美味しいと思った」と気に入ったワインに近いものを選んできた吾郎。
話しながら自然に抜栓するのがかっこよかった!ものすごく素敵でした。
2017年・・・いろいろあったね。一生忘れられない2017年になった。少しは成長できたかな。
ノンストップでずっとやってきたから、知らないうちに人を傷つけたりありがたみを分かっていなかったりしてたかもしれない~という事に思い当たった。

今後については・・・”やり直して一つのことを磨いていくのが好き”なので舞台が大好き。ドラマも映画もやりたい、お芝居好き。
自分のお芝居どうなの?と聞かれて即答で「ダメっ!」自分では「好きだけど下手!」と言い切る吾郎。
上手くやろうと思ってできるものではない、天才にはなれないので頑張るしかない。
いつも吾郎は謙遜過ぎると思うのですが、最高のものをたくさん見ている厳しい審美眼からすると本当にそう思っているんだろうなと思います。
だからこそ、たゆまぬ努力と進歩なんですね。
新しい作品毎に新たな一面を見せてくれる吾郎を追い続けることができるのは幸せです。
     *この時のワインはこちらかな→ルイ・トラペ シャンベルタン・グランクリュ

慎吾くんが、打ち上げでSMAPの曲を歌う羽目になった時の事とか、何万人の前で踊る気持ち良さ、他のメンバーとの関係など名前こそ出さなくてもSMAPの事を話せるようになったのは、新しいスタートをきって気持ちの整理がついたのかなと嬉しく思いました。
がむしゃらに走り続け人生の半ばで新たな道をいくことになっても、今までの歴史を無かったことにはできない。
吾郎は比較的、普通に話してきたとは思いますが、こうして二人の中で話せるようになってよかったと思いました。

おじゃMAP!!とっても素敵な2時間でした。
舞台で大活躍されている女優さん達がバラエティ番組に出ていらしたり、そういえば各局の映像まで流れるという贅沢。
誰かをことさら持ち上げて褒め称えるわけでなく、人を傷つけて笑いをとったりするようなノリがなく、楽しい贅沢な善意に満ちた番組だったと思います。
ありがとうございました。

pencil「気持ちは言葉で言わなければ伝わらない」と吾郎も言ってました。
番組への感想は是非、こちらへ→おじゃmap番組メッセージ

crownデイリーテレビ番組ツイート数ランキング
2017年12月20日付け→おじゃマップ!(ダントツ)1位

crown視聴熱ランキング
12月20日→バラエティ おじゃマップ1位・人物にも二人ともランクイン

searchRealSound→稲垣吾郎、知れば知るほど愛らしい人間性、ミステリアスの裏に隠されていた”ホンネ”を探る

テレビ・ウォッチャー→「おじゃMAP!!SP」稲垣吾郎出演で、女性全世代から超満足度獲得

| | コメント (2)

2017年12月20日 (水)

編集長稲垣吾郎スペシャル 12月17日 後半

*全部収まりきれず前半・後半で分けました。

【GORO's Search】
さあ、ゴローズサーチのパート2ですね。
それでですね、面白いお便りがきまして、以前ゴローズサーチでですね、入間の航空自衛隊の方とお話をさせていただいたんですけれども、安田さんからですね、わざわざお手紙をくださいまして、(直筆の・・・)生放送で時間ないんですが、読ませていただいても大丈夫ですか?
loveletter
稲垣吾郎さま。私は航空自衛隊入間基地の安田と言います。先日はラジオ電話での飛行機トーク、楽しい時間を過ごさせていただきありがとうございました。忙しくて入間航空祭に来られない吾郎さんに少しでも雰囲気を味わっていただきたくてパンフレットを送らせていただきます。受け取っていただければ幸いです。また、飛行機トークを出来る日を楽しみにしています。
わざわざ律儀に安田さんが手紙くださって、パンフレット、入間のね航空祭の・・安田さんのサイン付きで!(これは直筆サインですよね)僕が書くのではなくて!安田さんからサインをいただいたっていう!いやいや、嬉しいですよ!僕がサインくださいって言ったんだよ!
わざわざね、律儀に凄い真面目な方で、元々ああいうF15とか戦闘機のパイロットだった方で、今でも航空自衛隊にいられる方なんですけれども、話が盛り上がっちゃってね。30分くらい喋っちゃった。(30分番組なのに(笑))30分番組なのに。30分喋ってノーカットで放送して欲しかったんですけど、キレイに編集されちゃって(笑)。まぁちょっとお礼を言いたかったんで、安田さん。ありがとうございます・・遊びに行きますからね!ホントに航空ショーに。
たくさんね、他にもゴローズサーチのコーナーではいろいろなテーマを扱ってきたようですけれども、何か気になったり思い出に残っている事などありますか?
最近だったら三重のれんままさんの灯台女子とかね、(灯台女子)灯台僕も行ってみたいな~とか。
れんままさんからメールいただいてまして
loveletter
興味深く聞かせていただきました。まゆうさんほどではありませんが私も灯台大好きです。日本の灯台は地元三重にある安乗埼灯台、大王崎灯台くらいしか見に行った事がなく、日本にも素敵な灯台がたくさんある事を知って嬉しかったです。赤毛のアンの舞台となったカナダのプリンスエドワード島はご存じでしょうか。灯台と言えば、海に囲まれたこの島の灯台です。
すごく素敵な灯台みたいですね。
いや、キレイなんですよ、灯台って。気に掛けたことはないんだけど結構どこにでもあるし、やっぱり夜とか見に行くと凄いロマンティックなので、ここもヒロくんと行っちゃお!
はい、という事で何でもヒロくんオチという事で、すみません、以上、ゴローズサーチでした。

musicLast Christmas/Wham!

ツイッターまだまだ盛り上がっています。我々もね曲中にチェックしていますけど。
今、僕は曲中に草彅剛に(ツイートの返事)返しました。
(笑)凄い技を!
chick
(吾郎)リアタイありがとう、くるちゃんによろしくね
凄い普通のコメントを返しておきました。
(笑)チェックしといてください。ゆずすむさんからですね、阿智村の星空の話ですね。

chickやさぐれて荒んだ心、綺麗なお星様見て洗い流したい。
情緒のあるお便りいただいていますけど。引き続きツイッターでもメールでもお待ちしています。

【GORO's Search】
スタジオが美味しそうな匂いに包まれているんですけれども。
ゴローズサーチでお馴染みのフードコーディネーターの三島葉子さんにお越し頂きました。

(要約)
今までは電話だったのでスタジオでは初めて。
今日は鶏の胸肉料理。
高齢化や健康志向の高まりから、タンパク質が多く脂肪が少ない鶏胸肉に今注目が集まっている。サラダの具材としても人気。

【美味しい鶏胸肉レシピ】 レシピは公式サイトに→12月18日
1)柔らかい鶏胸肉の唐揚げ
  鶏胸肉がパサつく原因として油分が少ないので、下ごしらえで健康的なごま油を少しタレの中に混ぜて肉に揉み込むのがコツ。
 

2)ふんわり胸肉のピカタ
  レモンクリームソースとしっかり肉叩きでお肉を薄く叩く事がコツ。
 

3)鶏胸肉塩釜焼き
  バジルのソースを塗り込んだ胸肉を塩釜で焼く。  

お味も高級レストランの味だそうで、生放送ラジオ塩釜!と興奮する吾郎でした。

三島葉子さん、ありがとうございました。
三島葉子さんのInstagramはこちら→mishima_yoko

続きを読む "編集長稲垣吾郎スペシャル 12月17日 後半"

| | コメント (4)

2017年12月 5日 (火)

婦人画報・日経エンタテインメント

book婦人画報 2018年 1月号Photo
誰かのアイドルであり続けたい
 稲垣吾郎

辛酸なめ子さんが”みんなのアイドル”にとうとうインタビュー!というテイでいろいろ質問してくださっている感じで、ちょっとこそばゆいみたいな久しぶりの気持ちを味わいました。
婦人画報でのインタビューとして、フレッシュな感じで読む事ができました。
ホンネテレビの企画で「もしもの結婚式」をやったら結構本気にする人がいて「SNSは冗談が通じるようで通じないというのを学びました」という言葉が印象的でした。
高野さんの事も「友だちなんでね。恋人ではないんで」とあっさりきっぱり説明するのも良かったです。
大復活を遂げた稲垣さんは、アイドルというより国民的ヒーローと言ってもよさそうです。困難なとき、辛い時、稲垣さんを思い浮かべれば2018年はポジティブに過ごせることでしょう。
と締めてくださいました。
でも吾郎の眼鏡コレクションの一部の写真とか、直筆のメッセージとっても嬉しかったです。

book日経エンタテインメント! 2018年 01 月号Photo_2
*2017ヒット総まくり(オールジャンルのエンターテインメントソフトを対象にセールス、新規性、社会影響度などに基づきヒットの度合いを評価したもの)(14p~)
東の横綱「坂道シリーズ」に対して西の横綱は「AbemaTV」でした。
AbemaTVは、ホンネテレビなど、尖った番組で視聴者大幅アップ。

72時間ホンネテレビ、始まる前は72時間生放送大変だな・・とは思いましたが、終わってみて様々なネット記事を読み、どれだけ無謀な冒険であったのかという事が分かって改めて驚いています。何と5日前でも内容はほとんど固まっていなかったそうな。
そんな事を踏まえてインタビューを読むと、どんな思いで72時間の番組を作ってきたのか~という事も改めて考えたりしました。

知らなかった世界 稲垣吾郎 (84p~)
今までSNSには疎かったが、番組でTwitterを通じて画面の向こうの人達をイメージしながらの進行がとても刺激的だった。
72時間生放送で素を出さざるを得なくなってそれをファンの人達が面白がってくれたのを感じ、今までの「結果だけを出せば良い、舞台裏を見せる必要などない」という考えが少し変わってきたそうです。

初めて行ったオートレース場でその爆音に驚き、宿舎ではストイックな生活に感じ入った。華やかな世界とは無縁のような少し古い感じのあの部屋を、とても良い”気”が流れていて神聖な場所に感じたという吾郎、本質がちゃんと見えている人なんだなと思いました。
「映像ではなかなか伝えづらい部分で、すごく濃密な体験を、僕たちはしていたんです」
そこで、剛くんや慎吾くんと自分との関係を改めて考え直したり。
「なんか、どうも草彅くんと香取くんは、僕のように距離感を多の地帯人ではなさそうなんですよ(笑)。72時間通して分かったんです、それが。だからこれからは僕が歩み寄っていくべきなのかも。」
72時間の最初の日、ホンネトークの時に吾郎ちゃんがあまり構ってくれない~みたいな事で香取くんが絡んできた(笑)のに対して、「何で君はそんなに受け身なの?」と言っていたけれど、72時間でその考え方が変わったのかなぁと思いました。

そして、何よりも番組に参加してくださったゲストの方々、スタッフの方々への感謝の思い。
「(スタッフに対して)もし自分が逆の立場だったら、海の物とも山のものともつかない番組に協力しようと思えるかどうか・・・誰だってけがしたくないですもん。(ゲストの方に)皆さん、何か下心があって出演してくださったわけでもなく、ただ僕らを応援するというピュアな気持ちが、あの最後の映像に詰まっていました。嬉しかったし、幸せでした。」

「あらゆるものは消滅と再生の繰り返しだから、転機はいっぱいあった方がいい。転機があるということは生きている証拠(ビートたけしさんより)」
今回、立ち止まった事でじっくり考え、みんなで話し合って、いろんな気持ちになって結果としての今がある。
ファンの皆も、それぞれにSMAPとの歴史、思い出がある。「これじゃヤだ」って思っている人がいることも、重々承知の上で・・・こう締めくくっています。
「皆さんに喜んでもらえるものをこれからも創造していきます。
2018年はファンの皆さんもきっと忙しくなると思いますよ。
なので、今後ともよろしくお願いします。」

「舞台裏は見せなくていい、できあがった作品をお見せするのが我々の仕事」と常々言っていたのは長年のファンならよく知っています。
でも今回のSNSを使いながらの72時間で「素」を見せる事の意味を感じるようになり・・・
そしてあの素敵なブログだと思うと、感無量です。
今までラジオやインタビューで話してきたものを少しずつ少しずつ写真で見せてくれています。プライベートを垣間見せてくれる事によって、ますます遠い人に思えてくるのは吾郎ならではですね(笑)。
芯は決してぶれず頑固なようでいて、気がつけば自ら変わってもいく柔軟性も吾郎の素晴らしいところだと思う。
「年に1回は舞台をやっていきたい」と宣言し、ライブやドラマがあっても機会があれば舞台に立っていた吾郎、劇場にはいつもファンからの手紙やプレゼントのためのBOXが置かれ、ファンの気持ちを直に手紙で受け取り客席から感じ取ってきた吾郎ならではのファンへの思い。それは愛想良く振る舞うのではなく、恥ずかしそうに時には毒舌も交え、でも気がついてみるといつもファンの事を思ってくれているのが伝わってくる・・・吾郎ってそんな人だと思います。
今回の出来事で、更に感じるところがたくさんありました。
何て、素敵な人なんでしょうか!
それであの美貌ですshineshineshine
そういえば何かある毎に、ファンでいて良かった幸せだと毎回思わせてもらっています。
最後になりましたが、写真もすっごくいいですheart
内面の美しさが透明感や思慮深い表情に表れています。
あのガラス細工のように儚そうな美少年がこんなに素敵な頼もしい美しい大人の男になったとは。

   *日経電子版→稲垣吾郎 72時間ホンネテレビで見せた「涙のワケ」

*テレビ証券(140p)
「ホンネテレビ」の成功に見る地上波とネットテレビの共存
・・・ホンネテレビの主な視聴者は、普段テレビを見ていない層だったのではないか~という観点で書かれていて面白く読みました。

pencil両誌ともアンケートハガキがついていますので、是非感想を書いて出しましょう!

| | コメント (2)

2017年11月27日 (月)

文芸カルチャーの伝道師

「ゴロウ・デラックス」を通じての本との関わり、映画の紹介そしてブログ開始・・・文芸とも深く関わるようになった事を評価されるようになり、GQ MAN OF THE YEAR受賞の一つの理由ともなっているようです。

吾郎のブログが素晴らしいです。 稲垣吾郎のオフィシャルブログ
始めたのは72時間ホンネテレビの時だったので次々にupする写真という感じでしたが、番組が終わってからはいかにも吾郎らしいブログになりました。

まずはトップ画像が素敵です。
ものすごく自然体の吾郎さん。
白い服を着て穏やかな表情の優しい目をした吾郎そのもののブログな気がします。
シンプルで美しい言葉、素敵な写真の数々、その配置も美しい。
タイトルも文章の構成も素晴らしく、時には物語のようにも。
人への思いやり、ユーモアやウィットも忘れずに。
しっかり読者の事を考えつつ、その距離をいい感じに保っている。

白い花が高価過ぎないところも嬉しいです。
冷蔵庫にあったサーモンとさっきの残り野菜で作ったお料理と、それに合うワインの解説とか、何と気が利いているんでしょう。
もちろん、ヒロくん(またー?)も大好きです。
読者に、どんな記事を書いたらよいか聞く時はTwitterと連動せずにブログでだけ。
そういうTwitterとの使い分けもしっかりとされている。
また、お仕事が始まったらその舞台裏などもTwitterやブログで見せてくれるのでしょうか。

解散~退所~72時間ホンネテレビでちょっと興味持って見た方などにも吾郎の良さがじわじわと浸透してきて、ものすごく嬉しいです。

▽とても素敵な記事なので、貼っておきます。

shadowReal Sound→稲垣吾郎、”文芸カルチャー伝道師”としての歩みが高評価 ブロガーとしても発揮される表現力

| | コメント (2)

GQ MEN OF THE YEAR 2017

crownGQ MEN OF THE YEAR 2017 インスピレーション賞受賞おめでとうございますsign03
今年最も輝いた男に与えられるMEN OF THE YEAR、インスピレーション賞とは”人々を最も勇気づけた男たち”に対して与えられる賞。

表彰式は22日アメリカンクラブで行われ、9人の受賞者が出席。
GQ編集長の鈴木正文氏からトロフィーを授与され、
この模様はTwitter、youtubeなどで中継され配信されました。
また、GQのHPには受賞者がグラビアのための撮影風景の動画もupされ、ネット解禁の喜びを改めて実感しました。
      movie GQ:稲垣吾郎新たなスタートの決意

メイキング動画Gq_2によると外での撮影は雨の日だったそうで、雨と風に乱れた髪の毛が男っぽくてセクシー、表情もいつもと違う吾郎が見られて大満足でした。
打って変わってこの花のスーツを着ての写真は貴族そのものでした。

[22日19時半より生中継]

表彰式では、表紙の衣装を身につけたメンバーたち。
吾郎の花の刺繍入りのスーツ、ブラウスなど全てGUCCI。
これが当たり前のように似合って着こなしてしまうって・・・
吾郎さま凄い。
トップバッターで登場した吾郎。
圧倒的な存在感と華で素敵でした。

「この度はこのような素晴らしい名誉ある賞を頂きまして本当に有り難く思っております。どうもありがとうございます。
2017年、自分にとっても新たな人生のスタートをきらせていただきました。
そしてその際に多くのスタッフの皆さんや応援してくださるファンの皆さまの大きな愛というか、温かいものを感じてホントに感謝の気持ちでいっぱいです。
今のこういった気持ちを忘れずに皆さんと共に新たな夢を描いていく事ができたらなと思っております。
今日はありがとうございました。」
(吾郎挨拶全文)

bookGQ1月・2月合併号
まずは表紙が凄い!
センターで不敵に微笑む吾郎。3人ともいい顔してます。

[鈴木編集長のEDITOR'S LETTER ]
”狂ったピアノが言う。逃げろ、と。”がすごくいいです。
「3人は3人でありつづけるために、逃げた」
そして「いつまでも逃げないで縛り続けられたままでいると、負けていることすら分からなくなるかもしれない。」と。
3人に対してのエールが伝わってきて嬉しい。

[9人の受賞者たち(見開きショット)]
吾郎はこちらでもトップバッター。
美しい建物など何もない、草と灌木の生い茂る道ばたに立つ吾郎、それだけで物語性があり映画のワンシーンのよう。
さり気なく入っている1行の紹介文、吾郎のページには小野正嗣さんの言葉
「他者の作品に対して深い敬意を持って接する事ができる稲垣さんの謙虚さに感銘を受けた」
が書かれていました。これは嬉しかった。

[スペシャルインタビュー稲垣吾郎]
自分の道は自分で切り拓いていく~終わりがあり、別れがあり、でもリスタートがある

人生の半分の時点で再スタートをきる事ができたことは前向きにとらえたい。
スタッフやメンバーと話し合ったけれど最終的な決断は自分。
揺れ動く部分はあっても、絶対に捨ててはいけないものがある・・・この人とやりたいとか、このスタッフと一生やっていきたいとか。
他の2人のメンバーについては、友情・信頼・愛・家族・・いろいろな気持ちがあるけれど、尊敬できる緊張感もある良い関係。
このような良い仲間を得られたのも、会社と社長のジャニーさんあってのものだから生んでくれた事への感謝の気持ちはずっと変わらない。
これからの生き方を考えての選択だった。
決断して発表するまでの間、心の支えになった言葉は、アインシュタインの
「人生は自転車のようなもので、漕がないと倒れてしまう」
走り続けてきたけれど、今は一度自転車を止めてチューンナップしなければいけない時期かもしれない。
やりたいことはたくさんあるけれど、基本的にはお芝居が好きなので俳優業にはこだわりを持ってやっていきたい。
書く事は好きなので、まずはブログから始めた。

ここで鈴木編集長からGQへの寄稿のお願いも。
そして最後のこの質問も良いですね~
「デートはしていますか?」
「デートはしています。そこは昔と変わらぬスタンスで、独身なんで(笑)」

吾郎は鈴木編集長の大ファンだそうで、お話も合った様子。
何となくインタビューの話の深さなどから、そういう関係がうかがえました。
トロフィー授与の時の笑顔も。

今の状況で5人での活動は難しいと思い、辛い決断ではありますが「解散」という形を取らせていただくことになりました(2016年8月14日)
自分で決めたことですし、その現実というものは受け止めてもらわないといけないなと思います
(2017年8月18日)

吾郎はいつも大切な時にきちんと言葉にして大事な事をシンプルに伝えてきました。
今回も受賞の喜びと共に新たなスタートにむけての決意を語ったと思います。
ジャニーさんに向けての感謝の言葉もSMAPという名前も当たり前に出せる吾郎が好きです。
これからも更に応援していく喜びをかみしめました。

GQ Japan 沖浦氏のInstagramにとても嬉しい言葉が。
追伸も気になります。
 ・・・okiura_gqjapan

pencil(12/20 追記)GQ JAPANより
*インタビュー 稲垣吾郎の目に映るこれから~自分の道は自分できり拓いていく。

*2017年、もっとも輝いた男たちが集結!授賞式officialフォトレポート

| | コメント (3)

2017年11月23日 (木)

東京新聞  東京エンタメ堂書店

20日東京新聞の[文化娯楽]ページ、東京エンタメ堂書店
「ゴロウ・デラックス」稲垣吾郎さんの読書 

真ん中には本を抱えて斜めからのカメラ目線の眼鏡吾郎さんが。
もうそのまま准教授のような風情。
丸く囲った写真は肖像画のよう。

読書の楽しみな、お薦めの本などを語っています。
午前中に読むのが好き。場所はリビング・ベランダ・公園など。
本屋さんの独特な雰囲気も好き。

記事はこちらからも読めます。
東京新聞TOKYO WEB→ゴロウ・デラックス司会稲垣吾郎さんの読書(11月20日の紙面から)

東京新聞のTwitterアカウントさんがいろいろ呟いてくださいました。

chick 東京新聞文化部@tokyobunkabu            

11月19日
・(  東京新聞文化部さんが新しい地図をリツイートしました)
これを受けて、出版社、作家さんたちもTwitterやFacebookで触れてくださいました。
chick文春文庫@bunshunbunko
本日11月20日の東京新聞で #稲垣吾郎さんが  #文春文庫 #桜庭一樹さんの「#ほんとうの花を見せにきた」を取り上げて下さいました。「冷ややかな暗さが心地よい」吾郎さんらしい読みですね! 文庫ではないですが#宮下奈都 さん「#羊と鋼の森」も上げて下さっています!#ゴロウ・デラックス(宮下奈都さんが文春文庫をリツイートしました)
この記事、家宝にします……稲垣吾郎さんものすごく素敵でした……一生大事に自慢し続けます……

chick桜庭一樹@sakurabakazuki

| | コメント (2)

2017年11月22日 (水)

72時間ホンネテレビに関する記事まとめ

今回の72時間TV、別に地上波への挑戦ではなく活動する場を求めての結果だとも思うのですが、この新しい動きに様々な記事が出ました。
*一番安全で整理されているこの場にwまとめました。
*もっといろいろありましたが、一部賛同できない事が書かれている記事は省きました

HUFFPOST「新しい窓を開けて飛び出した気持ちです」AbemaTVの「72時間ホンネテレビ」を終えて、いま彼らは何を思うのか。

note→72時間ホンネテレビーテレビとネットを変えた伝説的番組

BAUS 角田陽一郎の「2017年、的」→#4”テレビが変わる新しいきっかけ”

アゴラ-言論プラットフォーム→森くんまでAbemaに登場!ジャニーズはテレ朝に報復するか?

Real Sound→稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾による”革命の3日間”『72時間ホンネテレビ』を振り返る

IRONNA毎日テーマを議論する→元SMAP3人のホンネに国民的アイドルの真髄を見た

Real Sound→稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾、SNSで続く”嬉しい発見”3人の新たな一面を探る

moviedmenu映画→元SMAP、稲垣、草彅、香取・・・これが転換点?新しい地図が誘うテレビの未来

ASCII→「ホンネテレビ」番組責任者・谷口達彦局長インタビュー「稲垣・草彅・香取3人の裏で流れた涙」

RealSound→稲垣、草彅、香取が示した〈芸能〉の振る舞い、『72時間ホンネテレビ』鮮烈さの背景を読む

News Walker→全文掲載「72時間超楽しかった」稲垣、草彅、香取が涙と感謝のコメント

毎日新聞→ニッポンへの発言 キーワード72時間ホンネテレビの革命=中森明夫

《追加11月30日以降》
ORICON NEWS→『72時間ホンネテレビ』番組責任者に聞く「マスメディアが生まれる50年に一度の機会」その理由とは

MarkeZine→「72時間ホンネテレビ」の価値は"視聴数”だけじゃない、絶大だったソーシャルメディア上での話題量

SponichiAnnex→テレ東社長が「72時間ホンネテレビ」は「いい学習のモデル」もやるとなると「相当な重荷 難しい」

WomanOnline→元SMAP3人の「ホンネテレビ」真の価値を振り返る

OTEKOMACHI→視聴習慣を変えた!?元SMAP「72時間ホンネテレビ」の持つ意味

SankeiBiz→”ネット後発組”元SMAP3人の快進撃『72時間ホンネテレビ』で分かった生き残れる芸能人

E-TARENTBANK→香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎の第2章にネットの視線が集中!?「ニュース登場回数等何キング」発表

livedoorNEWS→「スポンサーが殺到」元SMAP3人が出演した「72時間ホンネテレビ」の人気ぶり

ブログ あれとか、これとか、物語とか→のときスマホの向こうに見ていたものは-『72時間ホンネテレビ』

ブログ BACKYARD→バズは「72時間」だけじゃない!元SMAP3人の「新しい地図」デジタルプロモーションを振り返る

wrenchAbemaTV のエンジニアの方の日記
CyberAgent|DeveroperBlog→ホンネテレビの負荷対策プロマネのホンネ

ribbon 

ザテレビジョン→72時間ホンネテレビまとめ

ザテレビジョン→稲垣吾郎x草彅剛x香取慎吾が語る”72時間テレビ”涙の真相

| | コメント (0)

2017年10月29日 (日)

7,2分ホンネテレビ

pc放送直前 7,2分でSNSを学ぼうSP
・・・10月、都内某所、SNS初心者の3人が72時間ホンネテレビ出演に向けて、超初心者用のSNS講座を受けるAb

ホンネテレビ予告動画で使われている真っ白な部屋で、2人の講師の方について本格的にお勉強。

[SNS講座]
Twitter、youtube、Instagram Amebaブログそれぞれについて
男女年齢の比率の差
話題になる写真のポイント・・・素の表情、ギャップ、共感
良い事例・NGな例
注意点・・・位置情報
誹謗中傷

100のポジティブな事を言われても、一つのネガティブな事は残る(吾郎)。
でも「イイネ」と思ってくれるファンの言葉を信じてここまでやってきたので、その思いでやれば大丈夫(慎吾)

・・・という素敵な言葉を残して、とても楽しい講座は終わりました。

吾郎は熱心にテキストを読みながらその都度講師の方に確かめるという熱心な生徒になっていました。
この3人だと何かほんわりのんびりしていて、ますます72時間TVが楽しみになりました。

clover吾郎のブログ開始も楽しみです→稲垣吾郎オフィシャルブログ
読者・アメンバーになって毎日「ペタ」をして足跡残しましょう!
(PCだったら吾郎アイコン、スマホだったら「プロフィール」をクリック、「あいさつペタする」から入ります)

shadowAbemaTIMES
稲垣・草彅・香取が72時間テレビ前にSNS講習。わずか7分12秒の事前特番が約18万視聴

| | コメント (2)

2017年10月25日 (水)

5時に夢中 10月24日

午後1時、ラインで発信された「本日、TOKYO MXテレビ『5時に夢中』に稲垣吾郎がゲストコメンテーターで緊急生出演することが決定いたしました」というお知らせ。

映画を観ようと出かけていた私も急遽予定変更で帰宅。

tv5時に夢中
火曜日は岩下尚史さんがレギュラーなのでこの日になったのでしょうか。
番組最初から、ちゃんと岩下さんの隣に座っている!
私の大好きな眼鏡無しお髭あり。

[テロップ]
ゲストコメンテーター タレント 稲垣吾郎
1973年生まれ 歌手・俳優など幅広く活躍 映画・文学などへの造詣も深い
草彅剛・香取慎吾とともにファンサイト「新しい地図」を立ち上げ新たな活動を開始


ふかわさんも上田まりえさんももちろん岩下さんも笑顔で大歓迎。
「ここ、地図にのってました?」と尋ねるふかわさんに
「家から近いですし・・・新しい地図にここ載せておいていいですか?後でピン打っておきます」とすかさず”新しい地図”にちなんだ回答をする吾郎。

pencil本日の生投票・・・番組中、投票・メッセージ受付開始
「あなたは稲垣吾郎さんの出演に驚きましたか?」

【夕刊ベスト8】~気になる記事から
*31歳未婚女性 男友達の結婚を機に思い悩む
(吾郎)寂しくて毎晩泣いている、更にそこに三島由紀夫「午後の曳航」が加わるという吾郎ファンお馴染みの展開。
そして、寂しく感じる時は、6人用の大きなテーブルの端で一人寂しく食べる朝ご飯。
ちなみにこの日の朝食は、イギリスパンを焼いて卵やレタスなどを乗せたもの。だそうです!
岩下さん「アタシ今度マスカット持ってくわよ」

*高齢者賃貸難民
(吾郎)物件を探す時、気をつけること→「出入り口が複数あること」

*「クソ野郎と美しき世界」映画制作発表
(吾郎)今ちょうど「新しき地図」のメンバー・スタッフと打ち合わせをしながら作っている最中。具体的には決まっていない事が多い。
映画なので劇場公開を目指して話し合いを重ねている。
初めての事なので、皆さんの期待に応えられるようなものを作っていきたいと思っている。
出し惜しみしている訳ではなく、分かり次第お知らせしていきたいと思います。

脚本などもまだ決まっていないと知った岩下さん「アタシ、作家なんですけどねぇ。でも(今回は)女優で出たいの・・・(笑)」
「岩下さんは美しき世界”の方にぴったりなので、僕とそちらの方に~」
と応える吾郎。
岩下さんからみた俳優としての吾郎
「舞台にも、井上ひさしの舞台やらお出になったけれども、魅力があるもん、だって。それで歳を増す毎に、どうです!この色気が。デカダンな感じも出てきて。
ね、孤独だろうけど、ずっと独身でいて欲しいです。どんどん不幸せになって欲しいな。俳優としてね、じゃないといい持ち味出ないもん・・・」

*小池代表解任論
ここで、吾郎パパと小池さんの交友関係がちょこっと話題に。あくまでプライベートで。

*赤ちょうちん一等地
吾郎のワイン好きから始まって最近は料理に合わせたお酒も~という話題から、何と赤ちょうちんも行った事があるそうで!
「芝居をしてる時とか・・・」
そういえば、舞台「No.9-不滅の旋律-」の時は、共演者の方たちと赤坂で飲んでそのまま一緒に千代田線に乗った話もしていましたっけ。
吾郎のそういう自由さが好き。

telephoneゴローの奥さまテレフォン相談室
*旦那と韓流イケメン俳優とのギャップ(40歳主婦)
(吾郎)「夢の世界を楽しんでください」
「現実とのギャップがあるから夢の世界が楽しめるし、僕らもどちらかというと夢の世界を売る方なので、旦那様が僕らと同じ顔だったら、僕らも商売あがったりなんで。たまにディズニーランドに行くから楽しいんですよ。毎日夢の国にいたらダメですから。韓流ドラマだけでなく僕らもよろしくお願いします。」

*再び2階の寝室で旦那と一緒に寝るには(56歳主婦)
別々に寝るようになったきっかけなどを丁寧に聞きつつきわどい話になりそうになっても巧みに言葉を変えながら、子供の立場にもなってアドバイスをする吾郎。
(吾郎)「まずはリハーサル」
旅行などに出かけてリハーサルを。

2本の電話相談が終わって「これで大丈夫ですか?」と心配する吾郎に、
ふかわさん「全国の奥さまに響いていると思います!」
はい、響きました♪

【夕刊ベスト8】
*初体験の達成感
初体験という事で~
SNS解禁について。
担当は何となく話し合った結果、絵を描いたり写真を撮ったりするのが好きな香取くんがInstagram、ギターや踊りが好きな草彅くんはyoutube、じゃぁ吾郎さんはブログね・・・と決まった。
ふかわさん「消去法!?(笑)」
「本を扱う番組をやらせていただいたり活字に触れる事も多いので・・・」と美しい返し。
ブログをやっているふかわさんに教えを請うたら
「ブログでも写真を載せられますので、稲垣さんがレンズ越しに見た世界とか・・」と素敵なアドバイスが。
吾郎さま、是非sign01

abemaTV「72時間テレビ」について
常に3人が出ているようにしたい、楽しい番組にしようと今打ち合わせ中。

*女性向けAV
女性向きAVはドラマ仕立てになっていて感情を大切にするそう。
男性バージョンAVを見た事ありますかの質問に
(吾郎)「見た事、もちろんありますよ。(喜ぶスタジオに)ダメですか?これ見出しになっちゃいますか?」ラストAVについては、言葉を濁して済ませる紳士な吾郎。

pencil今日の生投票最終結果
[はい] 62612pt  [いいえ] 3084pt
普段の投票数とは桁が違ったそうで、喜びに沸くスタジオでした。

何通か読まれたメッセージの中で印象的なものをひとつ~
「今、都内の家電量販店のテレビ売り場にいますが、全部のテレビでMXが流されてたくさんの人が集まっています」

(吾郎)「ホントに楽しかったです。やっぱりいいですね、こうやってテレビ出るのは。久々だったので緊張しましたけれども。生放送中にいろいろメッセージいただいた事もホントに嬉しく思っております。ありがとうございました。
(奥さま・・は?)奥さま・・・(笑)またやりたいですね。僕の名前、電話に書いてあったので。」

レギュラーの方々が口々に「本当に今日は良かった、吾郎に夢中でした」と言ってくださって、最後は吾郎のお手振りで終わりました。

最初から最後までずっと温かく楽しい1時間でした。
お髭の吾郎はお肌がすべすべで白く輝いていました。
柔らかな笑顔と優しく紳士的な対応、ユーモアがあり当意即妙なコメントの数々・・・
そして華がある。
もちろんキャストの方々の温かいサポートも嬉しかったです。

放送後のTwitterには続々とネット記事が溢れ出し、嬉しい悲鳴が。
昨晩放送終了後の吾郎ヲタ的お仕事では、Yahoo!の記事にはコメントを入れ、出てくる記事RTし続けていた感じです。
Twitterなどで拾った一般の方の呟きも好意的なものばかり。
話すのが上手なこと、お髭吾郎さんの色っぽいこと等々、吾郎に対する新しい発見も嬉しかったと同時に”とても楽しそうで生き生きしていた”という感想が多かったです。
やはり、ファンではない人にとってもこの1年10ヶ月の違和感というのは感じられていたんだなと思いました。

更に放送翌日の今日のWS(TBS、フジ)では、このTOKYO MXテレビに出演した吾郎についての話題が。
放送終了後、テレビ局を出てくる吾郎の映像が何度も流れました。
つめかけたファンと共に各TV局の記者たちも出待ちしていたのかと思うと、キー局には出られないのにこうしてWSで話題にするという皮肉(嬉しかったですけど)。
出待ちの映像を見ると、つめかけた大勢のファンの中には熱心にスマホを向けている男性の姿も多かったというのも嬉しかったです。
ファンに手を振り、車に乗り込む時にはつめかけた報道陣の方を振り向き「ありがとうございます。頑張りますんで、よろしくお願いします」と頭を下げて挨拶をしていました。
今日の「5時に夢中」では、吾郎出演のニュースを【夕刊スト8】で報じ、テレビ局内の方々の見学も多かったそうで「非難訓練(笑)?」などとも言われていました。
反響の大きさが凄かった。

今回、本当にたくさんのネット記事が次々と出てきて、それぞれ写真が載っているのも嬉しいです。
出演者の方々のブログなどにも写真が載って・・・本当は当たり前の事なのですがね。

clipふかわりょうさんのブログ→life is music 10月25日吾郎に夢中

  上田まりえさんのブログ→ど直球 10月24日 現実

吾郎を真ん中にした5人の写真も嬉しいです。

嬉しいばかりですが、感想も忘れずに!5時に夢中(下のお問合せから感想を送りました)

【追記】
search今週のBook Bang テレビ・ラジオで取り上げられた本
稲垣吾郎が「沁みる」と漏らした三島由紀夫の傑作中編「午後の曳航」とは

・・・いつもゴロウ・デラックスを取り上げてくださるBook Bangさんが、今回は「午後の曳航」にかけて「5時に夢中」も取り上げてくださいました。

【ツイらん調べ】
デイリーTVランキング
2017年10月24日付け→1位「5時に夢中」

デイリー芸能人ランキング
2017年10月24日付け→1位「稲垣吾郎

tv28日(𡈽)王様のブランチ
エンタメニュースランキング 1位「5時に夢中」
新作映画などを抜かして1位とは素晴らしい!

| | コメント (2)