2018年7月14日 (土)

今週のニュース

毎日のように次から次へとやってくる嬉しいニュース!
素敵なリンク先は保存しておきたいので、記事に。
   .
【7月9日】
パラスポーツ応援チャリティーソング「雨あがりのステップ」の売上金額全額寄付贈呈
国際パラリンピック委員会特別親善大使に就任
贈呈式の様子は
モデルプレスさんの写真はたくさんある上にコメントが嬉しい♪
   .
【7月12日】Photo
2017年度 第66回 朝日広告賞「広告主参加の部」グランプリは、CULENの30段広告。
贈呈式に登場した吾郎さんの挨拶(要約)
「昨年9月に朝日新聞に大きな広告が掲載されたのが新しいスタートとなりました。あの日の事は僕たちも応援してくださったNAKAMAの皆さまも一生忘れないと思います。まだスタートしたばかりですが、初心の気持ちを忘れずに、3人の心を一つにして感謝の気持ちを忘れずに、日本中に笑顔と感動とエンターテインメントを送り続ける事ができるよう僕ら3人頑張っていきたいと思います。」
*朝日新聞デジタル
7/12朝日広告賞グランプリ&読者賞受賞!稲垣吾郎が贈呈式に参加!  (動画有り)
”新しい地図のスタートにあたり、3人とそれを支える人の志とこれからの可能性を伝えた30段広告”
スペシャルコンテンツ
   .
【予定】
『稲垣吾郎”運命”に出会う。~ウィーン ベートーヴェンの旅~』
BS-TBSにて7月22日(日)朝10時から放送予定!
仕事でヨーロッパに行っていた~の謎が解けました。
楽しみです。

| | コメント (2)

2018年6月16日 (土)

7.2 新しい別の窓 第3回 6月3日

3回目の今月は更に面白くなっていて大満足。
carドライブ
3人だけのドライブ。こういうのが見たかったです。
助手席にこじんまりと座って、真面目に進行する吾郎さん。
座高が低くてお顔が小さいから座っちゃうとすごくこじんまりするんですよね。
立つとスラッと背が高いのに。
      .
rvcar縦列駐車
これは吾郎さんの面白さ可愛さMVP!
だって、これをみんなが真面目にムキになって速さを競っても面白くないでしょ。
しかもとにかくカワイイ、カワイイったら可愛い。
TIME UPになってからの素早い縦列駐車は素晴らしいのではないかしら。
咄嗟の言い訳も面白い♡左ハンドルなのよ!
      .
tulipブロガーゴロー
お花屋さんで花を選んでいる吾郎だけで大満足なのに
「女子会だね!女子会だね!」とはしゃいでいる吾郎さんを見て幸せでした。
渡辺美奈代さん、川守由利子さん、ありがとうございました。
   *川守由利子さんブログ→6月3日【AbemaTV】稲垣吾郎さん・渡辺美奈代さんのお花♪
      .
bottle三軒茶屋散策
三茶は個人的に家から近いし、なかなか楽しかったです。Img_6049
何と言ってもシャイな白井さん・・・
先日、三茶で他のお店を探しながら路地に入ったら見覚えのあるトナカイさんが(笑)・・・
      .
karaokeななにーライブ
コムアイさんと不思議な半球から出てきて並んだ吾郎さん、二人の肩には可愛いおさるさんが。吾郎さんの声がコムアイさんの曲に合っていて心地良かった。
今回は衣装も素敵でした。
コムアイさんが気楽に出した提案を見事形にしてくれたスタッフさん、素敵な世界ができあがっていました。
「雨あがりのステップ」を途中から参加して一緒に歌ってくれたコムアイさん、嬉しかったです。
NAKAMA de ART会場で歌う「72かのナニかの何?」もとっても良かった、こんな感じで毎回MV風に歌ってくれたら最高。
      .
chairななにー人狼
人狼が得意な方の参加により、熱く面白くなってきた人狼。
吾郎さんの冷静な判断、クールさが炸裂!
皆さん、吾郎さんの表情や一挙手一投足に目を光らせている感じ。
今回2回戦目では、視聴者にもそれぞれの役割は伏せられ誰が人狼なのかSNS投票もありゲームは白熱。
あまりにも怪しまれてしまった吾郎さんは途中で処刑されてしまいました。
やはり順番から言っても吾郎さんは次くらいに人狼なのではないかと疑われてしまったようです。次回からはその場でカードをひいて役割を決めて欲しいですね。
囚われの吾郎さんも美しかったですし、いやぁ・・・眼福コーナーでもありました。
      .
penAbemaTVのスタッフさんは、視聴者の意見をとても参考にしているように思います。
コムアイさんが気軽に出した提案から素晴らしい歌の世界観を作り出してきたり、番組をより良いものにしようとする意欲がとても伝わってきて嬉しいです。
楽しかった・素晴らしかったという感想と、改善して欲しい点などはしっかりと届けていくのも大切だと思います。
私はいつもこちらから感想や要望を送っています。
  *AbemaTV→お問合せ

| | コメント (0)

2018年5月14日 (月)

7.2 新しい別の窓 第2回 5月6日

【ロト&ナンバーズ新CMキャラクター発表会】
「56」「244」「405」の大きな文字が入っている白いパーカーで現れた3人。
名前を数字で表せるメンバーでもあったのですね。
番組上で「ロト」CM発表会でした。
CMメイキングとCMも流れました。
「ぼくたちロトもだち~♪」というメロディーとくねっとしたダンスがシンプルだけどちょっと奇妙で印象的。妙に頭から離れない。

ロトナンバーズ→公式サイト
youtube→宝くじ公式チャンネル

bellロトもだちクイックピックパックキャンペーン→こちら
クイックピックパックを買うと豪華賞品が当たるキャンペーン開催中!
600円または千円1パックにつき応募葉書1枚がついてきます。

【東京観光バスツアー】72563_2
2階建てのバスに乗って東京の街を行く。
56の日という事で、ゲストのモデルさんたちから花束を貰う吾郎さん。
そして吾郎さんへ質問をSNSで募集するというお楽しみ付き。
AbemaTVさん、ありがとうございます。
馴染みのある渋谷の街を「72」の大きな看板付けたバスが走っている様子はちょっと感動しました。
連休最後の渋谷、たくさんの人が集まって歓喜の声を上げるも、信号が変わるとちゃんと戻るところが日本なのでしょうか。

【お知らせ】
稲垣吾郎主演ミュージカル決定!
PARCO STAGE→FREE TIME,SHOW TIME 君の輝く夜に」

情報通のお友達も何も知らなかったこの舞台!
いや~~今度の体制は情報が漏れないところも素晴らしい。

【糞野郎と美しき指使い】
映画「クソ野郎と美しき世界」ピアニストゴロウのパロディ。
一言「ロト」も絡めて、3分の短く濃密なコント2本。
ただただ笑う!吾郎さんはとんでもなく美しいし、美脚も露わに転げ回ってくれるのだけど。
でも爆笑!

【大人の晩餐会】
片岡愛之助さんごひいきのレストランで静かな大人の晩餐会。
愛之助さんから吾郎さんへ深紅の56本の薔薇。
大人の男4人の会話はとても楽しかったです。
愛之助さん、ありがとうございました。

【ブロガーゴロー】
SNSで気になる方に会いに行く企画第2弾。
今回は吾郎さんが、北斗晶さんと一緒にお料理ブロガーのそっち~さんを訪問。
男の子二人を育てながら病院の栄養士をしているそっち~さんから時短料理を学ぶ。
そっち~さん、美人だし明るくてテキパキしてお話も楽しくて、とても良かったです。

restaurantそっち~さんのブログ→栄養士そっち~の簡単美味しい♡サイクル献立

【たけし軍団とホンネトーク】
騒動についてWSなどでいろいろいい加減な事をいわれたことなどホンネを聴かせてもらい、どれだけ無責任な言葉が世を飛び回っているのか改めて知らされました。
また、デマを流されたとしても公の場でそれを訂正する事は改めて他の誰かを傷つけてしまう事にもなりかねない・・・そういう事を言ってくれたのも嬉しかったです。
状況的には厳しいけれどそれを楽しめる軍団のメンバーだそうで、少し似たような状況の者たち同士の話は有意義だったようです。

【ななにーSPライブ】
ぼくのりりっくのぼうよみさんを迎えてSPライブ。
吾郎さんも一緒にsub/objective♪を、そしてしんつよ新曲をぼくりりさんと。
KISS is my life♪の時は、吾郎さんは客席に降りて観覧の人達と一緒にペンライトを振りながら。ニコニコ全開の笑顔で。
曲が終わったら、ぴょんぴょん飛び跳ねながら「みんな良かったよね!ぼくりりくんも凄く良かったよ!」と。
吾郎さんの笑顔は最高heart

【人狼ゲーム】
”世界観に静かに自然に溶け込む演技から怪演まで演技の幅はピカイチ”という吾郎登場の解説が嬉しかったわ♪

登場人物のそれぞれが「人狼」「騎士」「市民」であり誰が「人狼」が見抜くゲーム。
今日の出演者の多くも、そして私も初めてだったので、これからもっとルールや作戦が分かってきたらもっと面白そう。
そしてこの3人は面白くしてくれそう。
こういう対等なゲームが楽しいわ。
口数が少なかった吾郎さんが最後の段階で、 
「人狼、分かりました。僕は絶対意見を変えませんから。」
と言ったのがすごくかっこよかった、そしてクールビューティーsign03
セットも豪華でしたし、是非またやって欲しいです。

【7.2テーマソング”72かのナニかの何?”】
スタジオを移動しながら歌うのも何か懐かしい。
最後は歌で締めるのも嬉しい。

pen第2回目の今月は「56の日SP」という事ではあったけれども全体的に面白かったし楽しかった。
やはり大人なんですから・・・一方的に叩いたりするのではなくて良かった。
バスで東京の街を走る~というのも私は好きでした。
それにしてもお天気に恵まれている!前回もゆずとのライブなんて雨だったら・・と心配してしまいましたが(心配性)。
もちろんAbemaTVさんには感想メールを送りました。
ちゃんと読んで返信くださるところが、良い番組を作ろうというのが伝わってきて嬉しいです。
それにしても7時間通して吾郎さんが美しかったheart
次回は6月3日。

| | コメント (0)

2018年5月 1日 (火)

雑誌3月・4月

book「クソ野郎と美しき世界」オフィシャルブック(吾郎・剛・慎吾)
たくさんの情報と写真が詰まったお宝のような1冊。
吾郎ファンとしては読みたくない記事もありましたが、そのおかげで園子温監督には本当に感謝の気持ちが増大、児玉監督も大好きです(顔の好みも同じみたいですし)。
たくさんの写真を見ると、是非是非メイキングで未公開映像など見せてもらいたくなります。

bookFIGARO japon5月号(吾郎・剛・慎吾)
FIGAROとELLEは大好きな雑誌なので、ここに登場したのが嬉しい。
モノクロで3人が寄り添ってると、後ろに見える集合住宅がイタリア映画みたい。
少し光沢のある素材のカーキのたっぷりしたコートがちょっといつもの吾郎と違ってみえて嬉しい。
内容は映画「クソ野郎と美しき世界」について。

bookGQ JAPAN5月号(吾郎・剛・慎吾)
2018年春夏最新ルックのスペシャルシューティングに登場。
それぞれ、らしい服を着用。吾郎さんのコート・スーツ・ジャケットなと衣装と共にそれぞれの表情も最高。GQの衣装選びのセンスがすごく好き。

bookGLOW5月号(吾郎・剛・慎吾)
それぞれ少しずつ違うスーツとジャケット。
ふとした素の表情を捉えたような写真がとても好き。
映画の事、今の気持ちなどを語っています。

book25ans5月号(吾郎・剛・慎吾)
3人が表紙の別冊 find a NEW WAY ~新しい道のはじまり
独立してから何かスタイリストさんが自由に着せたいのを着せてくれる感じが嬉しい。上手く言い表せないけれど。スタイル抜群の吾郎さんにいろいろなものを着せて楽しんでる感じが伝わってきます。プラダもロエベも素敵。

book文藝春秋5月号(吾郎・剛・慎吾)
ホンネ座談会「僕たちの「新しい地図」を語ろう
「クソ野郎と美しき世界」の撮影裏話が面白い。
各監督の拘りなど・・・なるほど、だから仕上がりが~と納得(笑)。
他に、もちろん「新しい地図」となってからの活動についてなど、普通に淡々と話しているのがとても良かった。

bookHERS5月号(吾郎)
<気になる体・気になる女>
今が一番かっこいい。10代から見続けているトップアイドルを前に、私たちは色めきたつのではなく、その色気に静かに、じっくりと魅了されていく。
・・・この前書きのようなものが示すように、大人の魅力に溢れたインタビュー&写真でした。
50代女性をターゲットにした雑誌に相応しい内容のインタビューが素晴らしい。思慮深さと優しさと聡明さと色気と。
写真のシチュエーションなどもいちいちファンが嬉しいものばかり。

bookJUNON6月号(吾郎)
こちらは若者向けアイドル誌。
剛くんと慎吾くんだけだと思っていたら吾郎さんにも順番が(笑)。
<”好き”に理屈なんてない>
プライベートに細かく迫ったインタビュー。
”生きてる限りはぼーっとしていられない”
貪欲にアンテナを張り、好きなもの新しいものを求めていく。
大好きなゴルフとか人との付き合い方とかブログのことなど。
内容のボリュームや写真のクオリティはアイドル誌と軽くみてはいけません!

bell来月からGLOWで吾郎さんの連載が始まりますsign03
5月28日発売GLOW7月号より新連載スタート!
稲垣吾郎の「大人男子ライフ」

clipmadameFIGARO・jp→稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾、清々しくカッコいいクソ野郎たち!

clipGQ→稲垣吾郎「正解がわからないから楽しい」ー安住の地を離れ、道なき道の充実を語る

| | コメント (2)

2018年4月25日 (水)

「クソ野郎と美しき世界」第2弾決定

「クソ野郎と美しき世界」
2週間86館で観客動員数280021人おめでとうございます。

地方局WSでは、上映館確保のために水面下でメンバーも動いていたという情報もありました。まずは大手で抑えられてしまうので、映画の上映館確保というのも大変な事のようですね。
テレビでは一切宣伝は出来ず、映画雑誌などにも載らず・・・
SNSで宣伝していても、SNSというのは案外自分の好みの世界に限られてしまうので、突然テレビで流れてくるCMとか駅や電車の広告のように自然に目に入るものではありません。
上映開始から徐々に口コミで観客が増えていき、最終上映回には都心の映画館が満席に。
もちろん舞台挨拶に何度も足を運び写真取り放題の上、楽しいお喋りをしてくれた事にも感謝の気持ちでいっぱいです。
吾郎さん、14日間の上映期間に舞台挨拶20回ですって。
実はその前も吾郎さんは福岡で情報番組に生出演&宣伝、映画館を回ってご挨拶、サイン記念撮影などしてましたね。
素晴らしい結果が出て本当に良かったです。
サイトで毎日観客動員数を発表するというのも凄かったですね。
絶対にガセの数字で嘘ニュースを作れないですもの!

独立して半年で作り上げた映画、とにかく今の時期に出した事は大きな意味を持っていると思いますし、素晴らしい4人の監督、素敵な共演者の方々、そして力を貸してくださった数多くの方々・団体・・・エンドロールを見ていると、いつも感謝の気持ちでいっぱいになりました。
ちょうど「72時間ホンネテレビ」のDVDが届き、放送終了後の未公開トークを見ました。まだまだ先の事は分からず不安や恐れの中、思いがけない多くの方の協力も得てようやく72時間ホンネテレビを成功させた・・・その思いが痛いくらいに伝わってきました。
これを映画が成功した今、観たことで改めて初心を思い出し、良かったと思いました。

正直なところオフィシャルブックでの吾郎さんの扱いについて述べたインタビューがずっと引っかかっていましたが、できあがってみたら園監督の「練り直し」のおかげで素敵なエピソードに仕上がっていました。
次回は初めからしっかりと作って欲しいと思うし、それは前もってお願いしなければ・・・と思います。
個人的な好みとしては、もう解散独立匂わせは要らないなぁ・・・いろいろな事を邪推したりせず多くの人が楽しめる映画を創って欲しいなぁと思います(あくまでも私の好みね)
今回の4監督の饗宴!みたいなオムニバスは面白いから、また見てみたいという気持ちはありますが・・・

公式ページからご挨拶→NAKAMAの皆さまへ

ダヴィンチニュース→観客動員数25万人突破稲垣&香取&草彅の家が「クソ野郎と美しき世界」の勝因とは

| | コメント (0)

2018年4月15日 (日)

クソ野郎と美しき世界

最初に見終わった時の感想、
オリジナル脚本でこんな面白くて素敵な映画が観られたという喜び。
4人の監督による4つのエピソードからなるオムニバス映画、しかも別々に見える3つのストーリーが4番目のエピソードで繋がる。
それぞれが別の監督というのは今の日本の映画システムではなかなか難しいらしい(発売中文藝春秋の対談より)。
浅野忠信さんを主役に~と監督に頼んだそうですが、だから3つの物語が繋がったと観て分かりました。
色彩と音の溢れる疾走感あるep.1があったからこそ、物語が始まりep.4に続くという大切な章は園監督の世界に吾郎がいい具合に独特の存在感で居続ける。
すごく映画らしい、映画だからこその章だと思った。

ep.4で完結したのかと思いきや、エンディングで突然流れる「地球最後の歌」が素晴らしい。
新たに物語りがもう一つ。

映画の最初に「新しい地図」が立ち上がった時の映像が流れます。
その意図に賛同する仲間が「新しい地図」
そしてエンドロールに連なるたくさんの名前を見て、これだけの方達が3人の行動に賛同して参加してくださったんだと感動。

ネタバレ感想は「続きを読む」に隠します。

Main

続きを読む "クソ野郎と美しき世界"

| | コメント (0)

2018年4月10日 (火)

クソ野郎と美しき世界 舞台挨拶

今回はお友達に助けられて複数回の舞台挨拶に行く事ができました。
中途半端に遠いので毎日がちょっとした遠足、何故か慌てまくった3日間、おぼろげな記憶頼りです。
上映後の挨拶もあったので、ネタバレもあります。

drama4月6日宇都宮1回目・2回目
舞台挨拶のスタートは東北から~という事で最初の舞台挨拶は午前中に3人で盛岡。
その後、新幹線が遅れたそうで少し時間が過ぎてからの到着。
吾郎さんの肉声で始まった宇都宮1回目の舞台挨拶。
遅れて到着して直ぐに舞台に出され、マイクも渡されていなかったという(笑)・・・
良く通る吾郎さんの肉声、ラッキー。
Ep4最後の静止画は本当に静止して撮っている。慎吾くんは台の上に乗ってのポーズ、後でCGで消している。
ピアノは大好きなので、練習して弾けるようになりたい。
エンディング曲の歌詞を気をつけて聞いて。
昨日は慎吾くんと安比高原に宿泊。

LVで二子玉の舞台挨拶
3人と各監督も一緒にマスコミが入っての舞台挨拶。
ちゃんと各監督のお話を聞きたかったのに、太田さんが引っかき回して・・面白いつもりなのかもしれないけど少しも面白くなかった、残念でした。剛くんも大変。
そういうのは自分の仕事場でやって欲しい。
後ろで園監督と吾郎さんがなにやらいろいろお話している光景に救われました。
児玉監督がエンドロールの歌で2時間もの1本作りたいというお話、実現して欲しい。
最後またSNS用写真撮影!となって、控えめにしているシャイな園監督と小山監督をさり気なく引き寄せて気を配る吾郎さんが本当に素敵でした。

drama4月7日春日部1回目
珍しく黒に赤いプリントの入ったロックなTシャツにゆったりしたシルエットのパンツとカーディガン。
エゴサして写真をチェックしましたが、よく撮れていないのが多い、ちゃんと良い写真をあげるように~というお達しが(笑)。
舞台カーテンコールのドS吾郎さま再び。新しくファンになった方には驚きかも。
はじめ、吾郎さんと剛くんの役を逆に~という話もあったそうですが、最初はまずイメージに合ったものをという事になったそうです。
ピアノはもっと頑張りたかったけどベートーヴェンは無理だった。ep4のジャズ部分は結構自分で弾いている。
ep4はいろいろな解釈があり、現実ではない夢なのかもしれない・・・エンドロールで電話をかけている吾郎さんがふと自分の左手を見る仕草をするのですが、もしかしたら潰された手を見ているのかもしれない・・という解釈もできる。

4月7日板橋2回目
板橋という事もあって、ますますご機嫌でお喋りな吾郎さん。
撮影可なので、みんなが撮った写真が気になるテイで初日から攻めている吾郎さんですが、何と今回は最前列のファンの方のスマホで客席をバックに自撮りというサービスまで。
そのラッキーガールさんはTwitterに写真を上げてくださいましたが、吾郎さんの自撮りの上手さは師匠クラス!まあ元が良いし・・・
上映前の挨拶だったので、これからみんな観るんですよね!?僕は試写は小さなスクリーンだったので大きなスクリーンで見た事ないんだよね。観ていこうかな・・・なんて言い出すものですから、客席が「観て!」「観ようよ!」などと大盛り上がり。
結局「家に帰ってもやることたくさんあるんです」・・・という事で実現には至りませんでしたが。まあ、吾郎さんが居たら気になって映画どころではないですね。

drama4月8日池袋2回目
黒と白の太いボーダーのモヘアセーター。
他の会場からの情報ですが、これはピアノの鍵盤をイメージしたそうです。
経費節減で私服なんですって。でもそれがファンにとっては嬉しいんですよね。
印象的なシーンは文学少女とのデートシーン、熱帯植物園のようなところで本当に蝶が飛んでいるそう、私もあの蝶はCGだと思ってました。
そんな話をしていると浜松舞台挨拶の慎吾くんから電話。
離れた場所の舞台挨拶で電話中継とか斬新な。
(吾郎)僕も浜松行きたかったよ」「(慎吾)僕は浜松が良かった」「(吾郎)(優等生!)」などのやり取りが。
7日8日とMCを担当してくださったトムセン陽子さん。
とても素敵な方で吾郎さんとの息もぴったり。
今週の木曜日、トムセンさんのラジオに吾郎さん生出演です。
   *4月12日(木)InterFM897「HappyHour!」

4月12日(木)InterFM897「Happy Hour!」出演決定!

どの舞台挨拶もニコニコとお話し上手で、客席を沸かせてくれました。
そして必ず他の2人の話題も入れてみんなが楽しめるようにという気遣いが伝わってきました。
舞台の上の吾郎さんを観るのは恋と音楽FINAL以来でしたが、ファンにちょっぴりニヤニヤ毒舌なところと、相変わらず美しい姿とキラキラ輝く瞳~なぜあんなにキラキラするんでしょう~は変わらずで嬉しかったです。

写真をたくさん撮って宣伝して♥と言われましたが、結局遠い席だとスマホではなかなか綺麗な写真が撮れず、SMAP時代はいかに優秀な双眼鏡を探すことが課題だったのに、今度は高性能なデジカメも欲しくなりました。

吾郎さんのちゃんとした写真が撮れなかったので、スタンプ台のサイン画像だけ置いておきます。Img_5292

| | コメント (0)

2018年4月 5日 (木)

7,2 新しい別の窓 第1回 4月1日

【新しい別の窓#1】
 1オープニング~ゆず生ゲリラライブ
 2太鼓の達人・ゆず足湯ライブ
 3香取、気になるフォロワーに会いに行く
 4キャイ~ン天野とバス車内でSNSについて、トーク
 5ゲストとゲーム&#SNS花見
 6ライブ 「72」「雨あがりのステップ」「72かのナニかの何?」
 7ヒロミ&ユースケとホンネトーク
 8Youtuber草彅vs若手芸人
 9斉藤和義ライブ
 10江頭2:50が登場~エンディング

新しいレギュラー番組が”世界初のSNSバラエティー~スマホ片手に番組に参加しよう”という名目で始まりましたが、どうだったでしょうか。

[ゆず生ゲリラライブ~足湯ライブ]
*ゆず生ゲリラライブ
横浜大桟橋前、時折聞こえる汽笛、後ろには外国の豪華客船。
歌った曲は3曲。選曲の理由も話してくださいました。

夏色 絶対に一緒にやりたい。一回目は派手にやりたい
いつか 72の時に歌った曲なので一緒に歌いたいと思った
タッタ ゆずと3人のファンと一緒に踊ったりしたかった


踊るだけでなく歌詞も良いんですね
”たった一度きりの人生、何度でも幕は開けるよ、ヨーイドン!・・・”
きっとそういう意味もあって選んでくれたのかななんて思ってしまいました。
吾郎さん、声が良く出ていてゆずの曲に合っていました。

*横浜みなとみらい万葉倶楽部ゆずお薦めスポット)
ゲームコーナーで北川悠仁さんと吾郎が太鼓の達人対決
対決のつもりだったのが設定間違いで「相性のよいカップル判定」をしてしまったようで、ツイッターで勝敗予想を募ったのに
シンクロ率87%の「ベストカップル」という結果に(笑)。
   *北川悠仁さんのInstagram→4月1日

屋上で大観覧車などをバックに足湯に入って5人でのトーク。
ゆずのお二人が何故ゲストに来てくれたか・・・「新しい何かに挑む事が好き。72ホンネテレビの時はツアーで来られなかったので次に何かがあった時には行きたいと思った」そうで嬉しい言葉です。

・栄光の架け橋
新しい旅が始まる3人に歌のプレゼント~足湯に入ったままで生ライブ

ゆずのお二人には、第1回目の放送のオープニングにゲストに来て頂き本当にありがとうございました。歌は素晴らしかったし、さすが観客をのせたり煽ったりプロのお仕事で楽しいひとときでした。

[POP UP SHOP 紹介]
会見の後、深夜1時過ぎに収録したVTR。
これはまったりと楽しかったです。
1800円のコーヒーを飲み、虹色のベーグルを一人手でちぎりながら食べる吾郎さま。

[SNS花見 ゲストとゲーム]
パラリンピックメダリスト村岡桃佳さんが5つのメダルを下げて登場。
あんな大活躍された方ですが、とても可愛らしい方でした。
このコーナーでは平昌の様子、トレーニングの件などを質問する吾郎。
さすがゴロウ・デラックスで培ったものがある、落ち着いて的確に話を進めていくところが何気なくて素敵でした。

*ギリギリチャンピオン(順番にバランスボールに少しずつ空気を入れていってバランスボールを破裂させてしまった人の負け)
何周も回ってなかなか割れなかったボールが、吾郎さんがボールの前に立ってジャケットをちょっと直したところで何もしないのに爆発bomb
後ろの大きなバランスボールが壊れたのに後ろに倒れず持ちこたえる吾郎さんの体幹素晴らしい。それにしてもこういうゲームの時、吾郎が持っている運が凄いです。

[3人での生ライブ]
「72」「雨あがりのステップ」新曲「72かのナニかの何?」
久しぶりに踊ってる!!な新曲は「新しい別の窓」のテーマソング。

[ホンネでトーク]
ヒロミさんとユースケさんをゲストに迎えて視聴者の質問に答えていく形式。
バラエティ番組の最終回について~というお題で突然ユースケさんが
「ゴロウ・デラックス終わらないの?3人一緒にやめちゃえば」と。
別に揃える必要はないですし、番組に拘わっている人に対して冗談ではすまないと思える発言にビックリ。
すかさず「何で止めなくちゃいけないんですかっ!」
という吾郎さんの発言に救われました。
吾郎さんが話し出すとすぐ口を挟むし、何か炎上させたら面白いと思っているようなユースケさんに対して、ヒロミさんの気配りが嬉しかった。

本当に楽しめているか~という問いに対して、
吾郎さんは、生活のペースが変わったり戸惑ったこともあったがその分新しい事がやれたりして楽しんでいる。
そして剛くんは今舞台のお稽古に横浜まで東横線に乗って通っているそうで、それも新鮮で楽しいそうです。
何度も何度も吾郎の話が遮られたにも拘わらず、ドラマ「彼」の話もしてくださって、ヒロミさんありがとうございました。

[斉藤和義SPライブ]
剛くんが大好きな斉藤和義さんをお呼びして生ライブ。
これも剛くんのコーナーでしたね。
・歩いて帰ろう
・僕の見たビートルズはテレビの中

2曲目は剛くんと齋藤さん。ギターが好きになったきっかけを作ってくださった大杉漣さんの思い出を語る。
随分前から映画、ドラマ、舞台で共演していた吾郎さんですが、多くを語らず(剛と齋藤さんの歌を)漣さんが見守ってくださってたら嬉しいね」の言葉が印象的でした。

しんみり温かな思い出に浸っている所にユースケさん乱入。
斉藤和義さんにちゃんと挨拶する暇もなく前室に連れて行かれる。
そこにはみんなの予想通り江頭さんが。
吾郎の「お疲れ様」が気にくわないと頬を叩く、面白がって2回、3回と。
人の顔を叩き返す選択のない吾郎は「親にも叩かれたことないのに!」とガンダムネタで応える。
もう耳の辺りが赤い。
そして江頭さんに連れていかれたスタジオには600万円かけて作ったという傾斜を変えられる向かい合った滑り台のような大きな装置が。
その後「あっち向いてホイ」で何故か吾郎のこめかみの辺りをまた叩き、目に当たってビックリ。こうしてちょっとした騒ぎになったのですが、吾郎さんはもちろんプロ中のプロですから、直ぐにコンタクトを直して笑顔でエンディングを迎えました。

penオープニングがとっても良かった。
ゆずのお二人が明るくて温かくて・・・集まった500人のファンは新しい地図とゆずのファンが半々だったそう。
今回もお天気に恵まれて良かった。
汽笛が鳴る場所で門出のライブ、思い出深いものになりました。
今回は吾郎さんが中心となるコーナーがなかったので、次からは何か作って欲しいですね。

私はAbemaTVさんへメールで番組への要望とリクエストを送ってきました。
リクエストは、「仮面ライダーGを新しい別の窓で」「例えば宇多丸さんのように趣味の同じ方を呼んでオタクトーク」など。
メールの宛先はこちら→AbemaTVお問合せ
(ちゃんと読んでくださるようで返信が送られてきます)

tvこちらで視聴できます。
AbemaTV→7,2 新しい別の窓#1

いろいろ思った事はあるので「続きを読む」に隠します。
ネガティブな事ばかりになってしまいましたが個人的な意見なので書かせていただきました。ただ「続きを読む」って、スマホ画面では何の意味もないんですね。

続きを読む "7,2 新しい別の窓 第1回 4月1日"

| | コメント (18)

2018年3月27日 (火)

「クソ野郎と美しき世界」POP UP SHOP

帝国ホテルプラザ1Fにて3月20日~4月20日の期間限定オープン。
昨日行って来ました。
   *新しい地図→POP UP SHOP

Img_5029 Img_5017












ショップに入る時間帯は先着順になりますが、カフェの方は好きな時間帯を選べます。
カフェの奥のモニターに映像が映りますが、カフェの席は自分で決められないので(順に奥から案内される)近すぎたり斜めすぎたりで見えにくい席もあり、モニター映像を撮影するならショップのレジに並ぶ前とか並んでいる時の方が良いかも。
以上、混み具合にもよると思いますし、これから変わるかもしれませんが、昨日の時点での反省点です。
のんびりショップを楽しんでたらベーグルは11時入店でも売り切れて買えませんでした。

映像は、グッズ紹介とメイキング映像の組みあわせ、ショップ限定のダイジェスト映像の2種類。Pop1
吾郎さんのお薦めは、ポストカードセットと女子力アップするという(笑)ポーチ。
ポーチとハンカチはかわいいピンク。

映画の時に着用した服を間近に見る事ができるのも嬉しいです。
吾郎さんの豪華な衣装は近くで見ると更に美しい。貴族の衣装です。

Img_5004Img_5012

カフェのスペースの壁には、新しい地図最初の新聞広告にもあった各メンバーの書いた文字のオリジナルが飾ってあります。

Img_5048 Img_5043

ちゃんと図っくんがいます(^^)

地図カラーのブルーのコースターは会員証を見せると貰えます。

もう一枚は裏返しの4枚の中から自分で選びます。

ピンクが欲しいピンクが当たりますように~と念じて引きました。

最後にダイジェスト映像から美しい吾郎さんの背中を~heart04

Pop4_2

| | コメント (3)

2018年3月14日 (水)

月刊「創」4月号より

月刊「創」4月号に、新しい地図の立ち上げなどに拘わったディレクター権八成裕さんのインタビュー記事、72時間テレビについての記事があります→試し読み

クリエイターが語る「広告」という仕事
権八成裕「上機嫌でいこう」
立ち上げを宣言した朝日新聞・東京新聞の見開き全面広告から始まり、サイト開設の動画や72時間テレビ、映画「クソ野郎と美しき世界」などいろいろ拘わってきてくださった。
企画構成・チーフ作家として参加した72時間テレビのお話からはリアルタイムでの興奮が伝わり、楽しいという言葉が嬉しい。

新たな試みは大きな意味を持っていた
「新しい地図」とAbemaTVがメディア界に投げた波紋
谷口達彦編成制作本部制作局長が、3人が独立して直ぐに「AbemaTVでSNSを使ったリアリティーショーをやりたい」という企画を持ち込んだそう。
そこで実現したのが「72時間ホンネテレビ」、大きな成功を収めAbemaTVの認知度は劇的に高まり、当事者たちの予想を超えてメディア界にとって大きな意味を持っていたと言えるそうです。

pen今またこのような記事を読んで、一緒にいろいろな仕事を立ち上げ協力してくださった人達が楽しそうにお仕事を語るのがとても嬉しい。

事務所に残るメンバーが次々と仕事をしていく時、新しい仕事も受けず何も語らずにいた1年間。時折出る雑誌ではお芝居にかける情熱を語り、またはスポーツ紙や週刊誌の記者さんに「頑張りますってファンに伝えて」とだけ言っていた吾郎。
「自分たちだけでどう踏ん張っていこうかと迷っていたら、力になってくれる人が思った以上に多かった(今日発行のTOHOマガジンより)という慎吾の言葉にもあるように、彼らだからこそ一緒に仕事をしてくださったのだと思うし、いろいろな方が力を貸してくださって今があるんだなと思いました。

独立して半年、3人でサントリーのCMもゲット(剛くんは伊右衛門が決まっているらしい)、地上波テレビからは閉め出されても、abemaTVではレギュラー番組が始まる。
今になって改めて「72時間テレビ」ラストの吾郎の涙を思い出しました。

新しい地図の3人、そして事務所に残っている2人もみんなそれぞれ自分の選んだ道で思い切り良い仕事をして欲しいと思います。

| | コメント (0)