2018年4月15日 (日)

クソ野郎と美しき世界

最初に見終わった時の感想、
オリジナル脚本でこんな面白くて素敵な映画が観られたという喜び。
4人の監督による4つのエピソードからなるオムニバス映画、しかも別々に見える3つのストーリーが4番目のエピソードで繋がる。
それぞれが別の監督というのは今の日本の映画システムではなかなか難しいらしい(発売中文藝春秋の対談より)。
浅野忠信さんを主役に~と監督に頼んだそうですが、だから3つの物語が繋がったと観て分かりました。
色彩と音の溢れる疾走感あるep.1があったからこそ、物語が始まりep.4に続くという大切な章は園監督の世界に吾郎がいい具合に独特の存在感で居続ける。
すごく映画らしい、映画だからこその章だと思った。

ep.4で完結したのかと思いきや、エンディングで突然流れる「地球最後の歌」が素晴らしい。
新たに物語りがもう一つ。

映画の最初に「新しい地図」が立ち上がった時の映像が流れます。
その意図に賛同する仲間が「新しい地図」
そしてエンドロールに連なるたくさんの名前を見て、これだけの方達が3人の行動に賛同して参加してくださったんだと感動。

ネタバレ感想は「続きを読む」に隠します。

Main

続きを読む "クソ野郎と美しき世界"

| | コメント (0)

2018年4月10日 (火)

クソ野郎と美しき世界 舞台挨拶

今回はお友達に助けられて複数回の舞台挨拶に行く事ができました。
中途半端に遠いので毎日がちょっとした遠足、何故か慌てまくった3日間、おぼろげな記憶頼りです。
上映後の挨拶もあったので、ネタバレもあります。

drama4月6日宇都宮1回目・2回目
舞台挨拶のスタートは東北から~という事で最初の舞台挨拶は午前中に3人で盛岡。
その後、新幹線が遅れたそうで少し時間が過ぎてからの到着。
吾郎さんの肉声で始まった宇都宮1回目の舞台挨拶。
遅れて到着して直ぐに舞台に出され、マイクも渡されていなかったという(笑)・・・
良く通る吾郎さんの肉声、ラッキー。
Ep4最後の静止画は本当に静止して撮っている。慎吾くんは台の上に乗ってのポーズ、後でCGで消している。
ピアノは大好きなので、練習して弾けるようになりたい。
エンディング曲の歌詞を気をつけて聞いて。
昨日は慎吾くんと安比高原に宿泊。

LVで二子玉の舞台挨拶
3人と各監督も一緒にマスコミが入っての舞台挨拶。
ちゃんと各監督のお話を聞きたかったのに、太田さんが引っかき回して・・面白いつもりなのかもしれないけど少しも面白くなかった、残念でした。剛くんも大変。
そういうのは自分の仕事場でやって欲しい。
後ろで園監督と吾郎さんがなにやらいろいろお話している光景に救われました。
児玉監督がエンドロールの歌で2時間もの1本作りたいというお話、実現して欲しい。
最後またSNS用写真撮影!となって、控えめにしているシャイな園監督と小山監督をさり気なく引き寄せて気を配る吾郎さんが本当に素敵でした。

drama4月7日春日部1回目
珍しく黒に赤いプリントの入ったロックなTシャツにゆったりしたシルエットのパンツとカーディガン。
エゴサして写真をチェックしましたが、よく撮れていないのが多い、ちゃんと良い写真をあげるように~というお達しが(笑)。
舞台カーテンコールのドS吾郎さま再び。新しくファンになった方には驚きかも。
はじめ、吾郎さんと剛くんの役を逆に~という話もあったそうですが、最初はまずイメージに合ったものをという事になったそうです。
ピアノはもっと頑張りたかったけどベートーヴェンは無理だった。ep4のジャズ部分は結構自分で弾いている。
ep4はいろいろな解釈があり、現実ではない夢なのかもしれない・・・エンドロールで電話をかけている吾郎さんがふと自分の左手を見る仕草をするのですが、もしかしたら潰された手を見ているのかもしれない・・という解釈もできる。

4月7日板橋2回目
板橋という事もあって、ますますご機嫌でお喋りな吾郎さん。
撮影可なので、みんなが撮った写真が気になるテイで初日から攻めている吾郎さんですが、何と今回は最前列のファンの方のスマホで客席をバックに自撮りというサービスまで。
そのラッキーガールさんはTwitterに写真を上げてくださいましたが、吾郎さんの自撮りの上手さは師匠クラス!まあ元が良いし・・・
上映前の挨拶だったので、これからみんな観るんですよね!?僕は試写は小さなスクリーンだったので大きなスクリーンで見た事ないんだよね。観ていこうかな・・・なんて言い出すものですから、客席が「観て!」「観ようよ!」などと大盛り上がり。
結局「家に帰ってもやることたくさんあるんです」・・・という事で実現には至りませんでしたが。まあ、吾郎さんが居たら気になって映画どころではないですね。

drama4月8日池袋2回目
黒と白の太いボーダーのモヘアセーター。
他の会場からの情報ですが、これはピアノの鍵盤をイメージしたそうです。
経費節減で私服なんですって。でもそれがファンにとっては嬉しいんですよね。
印象的なシーンは文学少女とのデートシーン、熱帯植物園のようなところで本当に蝶が飛んでいるそう、私もあの蝶はCGだと思ってました。
そんな話をしていると浜松舞台挨拶の慎吾くんから電話。
離れた場所の舞台挨拶で電話中継とか斬新な。
(吾郎)僕も浜松行きたかったよ」「(慎吾)僕は浜松が良かった」「(吾郎)(優等生!)」などのやり取りが。
7日8日とMCを担当してくださったトムセン陽子さん。
とても素敵な方で吾郎さんとの息もぴったり。
今週の木曜日、トムセンさんのラジオに吾郎さん生出演です。
   *4月12日(木)InterFM897「HappyHour!」

4月12日(木)InterFM897「Happy Hour!」出演決定!

どの舞台挨拶もニコニコとお話し上手で、客席を沸かせてくれました。
そして必ず他の2人の話題も入れてみんなが楽しめるようにという気遣いが伝わってきました。
舞台の上の吾郎さんを観るのは恋と音楽FINAL以来でしたが、ファンにちょっぴりニヤニヤ毒舌なところと、相変わらず美しい姿とキラキラ輝く瞳~なぜあんなにキラキラするんでしょう~は変わらずで嬉しかったです。

写真をたくさん撮って宣伝して♥と言われましたが、結局遠い席だとスマホではなかなか綺麗な写真が撮れず、SMAP時代はいかに優秀な双眼鏡を探すことが課題だったのに、今度は高性能なデジカメも欲しくなりました。

吾郎さんのちゃんとした写真が撮れなかったので、スタンプ台のサイン画像だけ置いておきます。Img_5292

| | コメント (0)

2018年4月 5日 (木)

7,2 新しい別の窓 第1回 4月1日

【新しい別の窓#1】
 1オープニング~ゆず生ゲリラライブ
 2太鼓の達人・ゆず足湯ライブ
 3香取、気になるフォロワーに会いに行く
 4キャイ~ン天野とバス車内でSNSについて、トーク
 5ゲストとゲーム&#SNS花見
 6ライブ 「72」「雨あがりのステップ」「72かのナニかの何?」
 7ヒロミ&ユースケとホンネトーク
 8Youtuber草彅vs若手芸人
 9斉藤和義ライブ
 10江頭2:50が登場~エンディング

新しいレギュラー番組が”世界初のSNSバラエティー~スマホ片手に番組に参加しよう”という名目で始まりましたが、どうだったでしょうか。

[ゆず生ゲリラライブ~足湯ライブ]
*ゆず生ゲリラライブ
横浜大桟橋前、時折聞こえる汽笛、後ろには外国の豪華客船。
歌った曲は3曲。選曲の理由も話してくださいました。

夏色 絶対に一緒にやりたい。一回目は派手にやりたい
いつか 72の時に歌った曲なので一緒に歌いたいと思った
タッタ ゆずと3人のファンと一緒に踊ったりしたかった


踊るだけでなく歌詞も良いんですね
”たった一度きりの人生、何度でも幕は開けるよ、ヨーイドン!・・・”
きっとそういう意味もあって選んでくれたのかななんて思ってしまいました。
吾郎さん、声が良く出ていてゆずの曲に合っていました。

*横浜みなとみらい万葉倶楽部ゆずお薦めスポット)
ゲームコーナーで北川悠仁さんと吾郎が太鼓の達人対決
対決のつもりだったのが設定間違いで「相性のよいカップル判定」をしてしまったようで、ツイッターで勝敗予想を募ったのに
シンクロ率87%の「ベストカップル」という結果に(笑)。
   *北川悠仁さんのInstagram→4月1日

屋上で大観覧車などをバックに足湯に入って5人でのトーク。
ゆずのお二人が何故ゲストに来てくれたか・・・「新しい何かに挑む事が好き。72ホンネテレビの時はツアーで来られなかったので次に何かがあった時には行きたいと思った」そうで嬉しい言葉です。

・栄光の架け橋
新しい旅が始まる3人に歌のプレゼント~足湯に入ったままで生ライブ

ゆずのお二人には、第1回目の放送のオープニングにゲストに来て頂き本当にありがとうございました。歌は素晴らしかったし、さすが観客をのせたり煽ったりプロのお仕事で楽しいひとときでした。

[POP UP SHOP 紹介]
会見の後、深夜1時過ぎに収録したVTR。
これはまったりと楽しかったです。
1800円のコーヒーを飲み、虹色のベーグルを一人手でちぎりながら食べる吾郎さま。

[SNS花見 ゲストとゲーム]
パラリンピックメダリスト村岡桃佳さんが5つのメダルを下げて登場。
あんな大活躍された方ですが、とても可愛らしい方でした。
このコーナーでは平昌の様子、トレーニングの件などを質問する吾郎。
さすがゴロウ・デラックスで培ったものがある、落ち着いて的確に話を進めていくところが何気なくて素敵でした。

*ギリギリチャンピオン(順番にバランスボールに少しずつ空気を入れていってバランスボールを破裂させてしまった人の負け)
何周も回ってなかなか割れなかったボールが、吾郎さんがボールの前に立ってジャケットをちょっと直したところで何もしないのに爆発bomb
後ろの大きなバランスボールが壊れたのに後ろに倒れず持ちこたえる吾郎さんの体幹素晴らしい。それにしてもこういうゲームの時、吾郎が持っている運が凄いです。

[3人での生ライブ]
「72」「雨あがりのステップ」新曲「72かのナニかの何?」
久しぶりに踊ってる!!な新曲は「新しい別の窓」のテーマソング。

[ホンネでトーク]
ヒロミさんとユースケさんをゲストに迎えて視聴者の質問に答えていく形式。
バラエティ番組の最終回について~というお題で突然ユースケさんが
「ゴロウ・デラックス終わらないの?3人一緒にやめちゃえば」と。
別に揃える必要はないですし、番組に拘わっている人に対して冗談ではすまないと思える発言にビックリ。
すかさず「何で止めなくちゃいけないんですかっ!」
という吾郎さんの発言に救われました。
吾郎さんが話し出すとすぐ口を挟むし、何か炎上させたら面白いと思っているようなユースケさんに対して、ヒロミさんの気配りが嬉しかった。

本当に楽しめているか~という問いに対して、
吾郎さんは、生活のペースが変わったり戸惑ったこともあったがその分新しい事がやれたりして楽しんでいる。
そして剛くんは今舞台のお稽古に横浜まで東横線に乗って通っているそうで、それも新鮮で楽しいそうです。
何度も何度も吾郎の話が遮られたにも拘わらず、ドラマ「彼」の話もしてくださって、ヒロミさんありがとうございました。

[斉藤和義SPライブ]
剛くんが大好きな斉藤和義さんをお呼びして生ライブ。
これも剛くんのコーナーでしたね。
・歩いて帰ろう
・僕の見たビートルズはテレビの中

2曲目は剛くんと齋藤さん。ギターが好きになったきっかけを作ってくださった大杉漣さんの思い出を語る。
随分前から映画、ドラマ、舞台で共演していた吾郎さんですが、多くを語らず(剛と齋藤さんの歌を)漣さんが見守ってくださってたら嬉しいね」の言葉が印象的でした。

しんみり温かな思い出に浸っている所にユースケさん乱入。
斉藤和義さんにちゃんと挨拶する暇もなく前室に連れて行かれる。
そこにはみんなの予想通り江頭さんが。
吾郎の「お疲れ様」が気にくわないと頬を叩く、面白がって2回、3回と。
人の顔を叩き返す選択のない吾郎は「親にも叩かれたことないのに!」とガンダムネタで応える。
もう耳の辺りが赤い。
そして江頭さんに連れていかれたスタジオには600万円かけて作ったという傾斜を変えられる向かい合った滑り台のような大きな装置が。
その後「あっち向いてホイ」で何故か吾郎のこめかみの辺りをまた叩き、目に当たってビックリ。こうしてちょっとした騒ぎになったのですが、吾郎さんはもちろんプロ中のプロですから、直ぐにコンタクトを直して笑顔でエンディングを迎えました。

penオープニングがとっても良かった。
ゆずのお二人が明るくて温かくて・・・集まった500人のファンは新しい地図とゆずのファンが半々だったそう。
今回もお天気に恵まれて良かった。
汽笛が鳴る場所で門出のライブ、思い出深いものになりました。
今回は吾郎さんが中心となるコーナーがなかったので、次からは何か作って欲しいですね。

私はAbemaTVさんへメールで番組への要望とリクエストを送ってきました。
リクエストは、「仮面ライダーGを新しい別の窓で」「例えば宇多丸さんのように趣味の同じ方を呼んでオタクトーク」など。
メールの宛先はこちら→AbemaTVお問合せ
(ちゃんと読んでくださるようで返信が送られてきます)

tvこちらで視聴できます。
AbemaTV→7,2 新しい別の窓#1

いろいろ思った事はあるので「続きを読む」に隠します。
ネガティブな事ばかりになってしまいましたが個人的な意見なので書かせていただきました。ただ「続きを読む」って、スマホ画面では何の意味もないんですね。

続きを読む "7,2 新しい別の窓 第1回 4月1日"

| | コメント (18)

2018年3月27日 (火)

「クソ野郎と美しき世界」POP UP SHOP

帝国ホテルプラザ1Fにて3月20日~4月20日の期間限定オープン。
昨日行って来ました。
   *新しい地図→POP UP SHOP

Img_5029 Img_5017












ショップに入る時間帯は先着順になりますが、カフェの方は好きな時間帯を選べます。
カフェの奥のモニターに映像が映りますが、カフェの席は自分で決められないので(順に奥から案内される)近すぎたり斜めすぎたりで見えにくい席もあり、モニター映像を撮影するならショップのレジに並ぶ前とか並んでいる時の方が良いかも。
以上、混み具合にもよると思いますし、これから変わるかもしれませんが、昨日の時点での反省点です。
のんびりショップを楽しんでたらベーグルは11時入店でも売り切れて買えませんでした。

映像は、グッズ紹介とメイキング映像の組みあわせ、ショップ限定のダイジェスト映像の2種類。Pop1
吾郎さんのお薦めは、ポストカードセットと女子力アップするという(笑)ポーチ。
ポーチとハンカチはかわいいピンク。

映画の時に着用した服を間近に見る事ができるのも嬉しいです。
吾郎さんの豪華な衣装は近くで見ると更に美しい。貴族の衣装です。

Img_5004Img_5012

カフェのスペースの壁には、新しい地図最初の新聞広告にもあった各メンバーの書いた文字のオリジナルが飾ってあります。

Img_5048 Img_5043

ちゃんと図っくんがいます(^^)

地図カラーのブルーのコースターは会員証を見せると貰えます。

もう一枚は裏返しの4枚の中から自分で選びます。

ピンクが欲しいピンクが当たりますように~と念じて引きました。

最後にダイジェスト映像から美しい吾郎さんの背中を~heart04

Pop4_2

| | コメント (3)

2018年3月14日 (水)

月刊「創」4月号より

月刊「創」4月号に、新しい地図の立ち上げなどに拘わったディレクター権八成裕さんのインタビュー記事、72時間テレビについての記事があります→試し読み

クリエイターが語る「広告」という仕事
権八成裕「上機嫌でいこう」
立ち上げを宣言した朝日新聞・東京新聞の見開き全面広告から始まり、サイト開設の動画や72時間テレビ、映画「クソ野郎と美しき世界」などいろいろ拘わってきてくださった。
企画構成・チーフ作家として参加した72時間テレビのお話からはリアルタイムでの興奮が伝わり、楽しいという言葉が嬉しい。

新たな試みは大きな意味を持っていた
「新しい地図」とAbemaTVがメディア界に投げた波紋
谷口達彦編成制作本部制作局長が、3人が独立して直ぐに「AbemaTVでSNSを使ったリアリティーショーをやりたい」という企画を持ち込んだそう。
そこで実現したのが「72時間ホンネテレビ」、大きな成功を収めAbemaTVの認知度は劇的に高まり、当事者たちの予想を超えてメディア界にとって大きな意味を持っていたと言えるそうです。

pen今またこのような記事を読んで、一緒にいろいろな仕事を立ち上げ協力してくださった人達が楽しそうにお仕事を語るのがとても嬉しい。

事務所に残るメンバーが次々と仕事をしていく時、新しい仕事も受けず何も語らずにいた1年間。時折出る雑誌ではお芝居にかける情熱を語り、またはスポーツ紙や週刊誌の記者さんに「頑張りますってファンに伝えて」とだけ言っていた吾郎。
「自分たちだけでどう踏ん張っていこうかと迷っていたら、力になってくれる人が思った以上に多かった(今日発行のTOHOマガジンより)という慎吾の言葉にもあるように、彼らだからこそ一緒に仕事をしてくださったのだと思うし、いろいろな方が力を貸してくださって今があるんだなと思いました。

独立して半年、3人でサントリーのCMもゲット(剛くんは伊右衛門が決まっているらしい)、地上波テレビからは閉め出されても、abemaTVではレギュラー番組が始まる。
今になって改めて「72時間テレビ」ラストの吾郎の涙を思い出しました。

新しい地図の3人、そして事務所に残っている2人もみんなそれぞれ自分の選んだ道で思い切り良い仕事をして欲しいと思います。

| | コメント (0)

2018年3月 5日 (月)

パラ駅伝2018 in TOKYO

パラ駅伝2018に行ってきました。S_7575448504086
冬型のお天気が崩れ不安定になりがちな3月なのに、まさにパラ駅伝日和な晴天!
空はまっ青、暑いくらいでした。

今までで入場者が一番多かったそう。
駅からオリンピック公園までは近いのですが、細い歩道を溢れそうな人、入るにも長蛇の列で壁画披露には間に合いませんでしたshock
*反省点:もっと時間の余裕を持っていくこと。

#パラ駅伝2018を付けて、SNSでどんどん宣伝してくださいとのお願いもあり、勿論写真はOK!

【パラ駅伝2018大会概要】→大会実施概要

伴走者を伴って走る視覚障がいランナーでスタートを切り、聴覚障がいランナーの時は吾郎たちスペシャルサポーターと一緒に手話での応援を学び皆で応援。
最後の区間は男性車いすランナー。
アンカーとなった千葉のしゅんぺいくんは片手だけで車いすを操作、向かい風と上り坂、車輪のトラブルなどがあったにもかかわらず最後まで頑張った。
会場一丸となって「しゅんぺいコール」
吾郎たちはメインスタンド前から反対側の入り口ゲートの外まで迎えに行きゴールまで一緒に半周。
S_7575444648931 S_7575459800565

画像は迎えにいく吾郎と剛。みんなでゴールまで一緒に。
逆光になるので不鮮明なのですが、自分で撮った写真を添付します。

表彰式ではメダル、トロフィー授与の役を。
吾郎はメダルをかけ握手をしてから、会場のみんなと一緒にぱふぱふと小さく拍手しながら下がるのが印象的でした。優しいんですよね。

午前中に「72」のリハーサルをしていたという情報があったので、「72」は歌うんだなと思っていましたが、まさかの新曲!
しかも税金を除いて全額パラサポに寄付とのこと。
「雨あがりのステップ」
爽やかでとても素敵な曲でした。
拘わった全ての方・企業のご好意で成り立った全額寄付という形。
この曲については→新しい地図

奇跡的とも言える素晴らしい晴天で、まさに「i enjoy!」が出来た一日だったのではないでしょうか。
選手の方達の頑張り(こんな言葉でしか表せないのが申し訳ないですが)、ボランティアの方達の熱い想いも十分に感じ、とても素敵な1日を過ごす事ができました。
この先もこの催しが続けられますように、できる応援はしていきたいと思いました。

*大会の様子→開催報告レポート

吾郎さんですが、結構な強風にまで好かれ髪の毛がたいへんなことに。
オールバックになったりバッサリとおちてきたり・・・お髭と相乗効果で色気ダダ漏れワイルドセクシーに。もう本当にビジュアルが最高で、こんな吾郎が映画を掛け持ちで2本撮っているなんてheart04
いろいろな所に落ちている画像を見るのが楽しみ、当たり前の事なのですがSNS解禁万歳!

今回もたくさんのネット記事が出ています。
画像が良い記事を中心に、動画もあるので下に挙げておきます。

【ネット記事】

clipAeradot.→「稲垣さん、草彅さん、カトウさん?」のハプニングも。「新しい地図」新曲披露

clipザテレビジョン→[囲み全文]稲垣、草彅、香取 新曲ライブ披露・・・

clipザテレビジョン→[パラ駅伝写真特集1]稲垣、草彅、香取レゴ壁画&応援パフォーマンス舞台裏

clipザテレビジョン→[パラ駅伝写真特集2]稲垣、草彅、香取「雨あがりのステップ」ライブ&囲み取材

clipmodelpress→(画像19/43) 稲垣、草彅、香取 久々の野外ライブで想い溢れる・・・

clipmodelpress→稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾、ライブで新曲お披露目

clipexciteMusic→稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾/フォトギャラリー全50点

clipORICONNEWS→稲垣&草彅&香取、久々の”青空ライブ”に感無量

clipTV LIFE→稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾「大勢の前で歌えて幸せ」

clipBARKS→稲垣、草彅、香取パラスポーツ応援チャリティー曲「雨あがりのステップ」を初披露

clipNewsWalker→[パラ駅伝写真特集1]稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾、レゴ壁画を応援パフォーマンス舞台裏

crown日本財団パラリンピックサポートセンター過去最高の1万7100人が盛り上げたパラ駅伝in TOKYO 2018 

movieORICONNEWS→稲垣&草彅&香取、パラ応援曲をチャリティー販売に『パラ駅伝で初披露』動画付き

movieJIJIPRESS→時事通信芸能動画ニュース 稲垣草彅香取がパラスポーツイベントに登場

movieシネマトゥデイ→稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾がパラスポーツを支援![パラ駅伝inTOKYO 2018]  

movieORICON→稲垣吾郎&草彅剛&香取新香、パラ駅伝に登場 香取作の壁画/レゴ番がお披露目

movie新しい地図→パラ駅伝2018ダイジェスト

movie文部科学省→パラ駅伝in TOKYO 2018 

clipmovieQetic[ART&CULTURE]→【潜入だヨ!】稲垣吾郎 草彅剛 香取慎吾(新しい地図)がパラスポーツ応援チャリティーソング”雨あがりのステップ”を発表!

clip日本財団パラリンピックサポートセンター→熱狂の観客席から詳細レポート!稲垣さん、草彅さん、香取さんが応援したパラ駅伝 in TOKYO 2018 (4/5)

 

| | コメント (2)

2018年2月26日 (月)

「クソ野郎と美しき世界」メインビジュアル解禁

新しい地図のポスターが解禁となり、サイトもできました。Photo
映画館にはチラシも置かれ始めました。

「クソ野郎と美しき世界」→公式サイト

ポスターの吾郎は、会見の時とはまた違うジャケットを着ています。
こちらもまた豪華で美しい。
ポーズが舞台「No.9」のベートーヴェンを思い出させられる・・と思ったら後ろの楽譜は、ベートーヴェンソナタ「熱情」なんですね。

こうなると、次は早く本格的な予告映像を観たくなります。

とっても嬉しい記事なので貼っておきます
clipウレぴあ総研→”誰も知らない稲垣吾郎”が覚醒する!『クソ野郎と美しき世界』を現場&コメントから読み解く vol.1

| | コメント (0)

2018年2月14日 (水)

新オールフリーCM対決!投票開始

beerサントリー新オールフリーのCM対決が始まりました。

投票はこちらから→サントリー公式ページ

Img_main_pc

pencil締め切りは16日(金)16時59分!

吾郎が監督した作品にするか、またはカワイイ吾郎をとるか・・・
慎吾くんもまた良いお仕事をしているので~
悩みすぎて分からなくなっています・・・困ったheart04

| | コメント (0)

2018年2月13日 (火)

新オールフリーCM対決 2月12日

beerサントリー公式または新しい地図公式から~
新オールフリーのCMを吾郎と慎吾で作るところを生配信。
#新オールフリーCM対決 を付けて私たちは応援。

movie[新オールフリーは想像以上の美味しさ]監督:吾郎
真っ白なキャンバスに慎吾の感性を生かして自由に絵を描き”言葉を超えた旨さ”を表現。

メガホンを叩きながら「みんな俺に付いて来いよ!」と大声で宣言する吾郎・・・もう監督コント始まってるじゃないですかっ!

普段は構想もなしに直に自由に絵を描くそうですが、絵の具を混ぜたりいろいろ準備をしている風にするよう、いろいろなシーン、表情を慎吾に要求する吾郎監督。
カメラさんにもいろいろ要求。
「慎吾ちゃんの横顔がチャームポイント」「自然な表情が慎吾ちゃんの魅力」

movie[新オールフリーは新しすぎて気持ちいい]監督:慎吾
新しい事に挑戦してもらって気持ちいい達成感を表現
白いパンツに白いシャツ、濃紺のカーディガン「お父さんの日曜日」
景気づけに軽く踊ってから、超難関コースを1パットでカップインさせる。
第1回目はボール1個くらい近くをかすめ、3回目くらいまでは「ホントに入らないと困るから」な感じの慎吾監督。TAKE5で見事にカップイン。
かなりの難関コースなのに、吾郎凄すぎる。
さすがの慎吾もしばしの間つっこみができない・・・「ダンス別バージョン撮ります(笑)」で、ダンス踊らされて更にTAKE7でも決めてしまう吾郎。本物!

・・・以上、二つはお互い得意なもの対決、次の二つは苦手なもの対決(笑)。

movie[新オールフリーはますます飛躍する]監督:吾郎
慎吾、スーパージャンプに挑戦
フレンドパーク風に壁にへばりついて、文字を完成させる。
壁に書いてある文字に並べないといけないので高さの調節が難しい。
というか運動嫌いな慎吾は高く飛ぶのも大変そう。かと言って生放送中に練習するのは渋る。自分で飛んでみせる吾郎監督・・・たちまち素直になる慎吾。何か良いものを見せてもらった気分。
TAKE5では高さはいけたけどちょっと字が曲がってしまう、そのうち慎吾が「股が痛い!」と叫ぶ。2人でプレビューを見て調整、TAKE6でついに成功。
「ちょっと身体の中心が心配ですけれども」吾郎監督、生配信を考慮した上品な言葉使いが素晴らしい。
出来上がりの図はシンプルだけど美しい。
汗だくの慎吾に吾郎が一言「君の汗を久々に見た」

movie[ノンアルに新しい時代がやってくる]
風船を割りまくって新しい吾郎を見せよう!
白いシャツに白のオーバーオールの吾郎。
小さなものから180センチくらいのものまで100個以上の風船・・・これを割る。
慎吾のジャンプに引き続き、吾郎の苦手分野=風船を割る。
何故か涙を流しながら風船を割る吾郎。「ぎゃっ!」という叫び声付き。
最後の背の高さほどの巨大風船に何気に中に誰かがいるような匂わせをする慎吾に釣られ、中身が気になり出す吾郎がすごく面白かった。こういうの慎吾は上手ですよね。
これは反対側から慎吾が棒でつついて割ってくれたけど、衝撃はすごいものなのでは?
涙を流して身体を張っての奮闘でした。

chairchair最後、編集したプレビューを見ながら確認作業。
最初の慎吾を撮ったCM、もう少しカットを少なくして慎吾ちゃんの顔を長く見られるようにしたら~という吾朗監督の言葉に無反応な周囲の空気に「良い編集したのに何言ってるんだみたいな空気・・・私が監督ですよ!って、喋りまくりの吾郎が面白い。

カップインしてテンション高い自分を見て、テンションが高すぎるのではないかと心配する吾郎に、実はその時の顔が嫌なんでしょ?と詰め寄る慎吾。叫び終わった顔を静止画に。
吾郎の感想「へこい・・・」慎吾「へこいって久々に聞いた(笑)。確かに髭を生やした人のテンションじゃないよね」
スーパージャンプで最後少しずつ足の位置を調整する慎吾を見て「自由奔放に見えて、実は几帳面な君の性格がよく出てる」と吾郎監督。
風船を割る自分を見て「お嫁に行けない」と呟く吾郎。

chickツイッターの反応を読み上げる2人。
ツイ:「もう!この人達って何でここまでしてくれるの?」
慎吾:「いやぁ頑張らないといけない時期なんですよ。」(スタッフさんたち大笑い)
吾郎:「間違い無いね。」

私たちも実況を頑張って、「新オールフリーCM対決」が、Twitterの日本のトレンド1位、世界トレンド6位にランクインしました。

penとにかく面白かったです。
吾郎と慎吾の2人で司会進行・監督・演者・コント!をやりきりました。
90分が10分長引いて100分、「着替え中」はかえってこちらも一休みになりました。それくらいおもしろの連続でした。
そして相変わらず吾郎の集中力、凄いです!あの信じられないセットで7回のうち2回も入れてしまえるなんて。生配信なのでその凄さはごまかしようがないです。
今までの生放送の経験を生かしたのでしょうか、4月から始まるabemaTVもきっと面白いものを作り上げていくのではないでしょうか。

稲垣吾郎vs香取慎吾 サントリー 新オールフリーCM対決
・・・こちらで、まだ動画を見られます。何回見ても面白い!

clipサントリー新オールフリーの発売にあたっての興味深い記事がありました。
こんなにも大きなリニューアルに際しての”メッセンジャー”にオファーされた事は嬉しいです。
SankeiBiz→【21世紀を拓く知の創造者たち】サントリービール[オールフリー]大幅刷新

| | コメント (0)

2018年2月 1日 (木)

72Hunもうちょっとテレビ

慎吾くんお誕生日企画「72Hunもうちょっとテレビ」がabemaTVで生放送。
1月31日になったと同時に「#慎吾おめでとう」

何と剛くんは韓国でお仕事のため欠席~という事で慎吾と吾郎二人で始める生放送。

まぁ、何と言っても吾郎のビジュアルの素晴らしいこと!
眼鏡無しのお髭が大好物なので、とっても嬉しい。
ananで宇多丸さんと映画対談をした時のグラビアの吾郎そのまんまって感じです。
(ananのグラビアそのままって凄くないですか!?)

慎吾くんのお誕生日を祝う企画なので、吾郎が進行役だそうですが(スタート40秒前まで打ち合わせをしていたそう・・)、剛くんとの電話の声が聞こえなかったり画像が出なかったりのちょっとしたハプニングにも慎吾くんの文句にもめげず、進行していた吾郎が大人でした。

電話の向こうからの剛くんの日本語で吾郎への第一声が
「ああ吾郎さん、その顔がダンディーだねぇ・・」

はい、ダンディーでキレイでつい内容よりも吾郎の顔に見とれてしまいました。剛くん、好みが一緒だわheart04

crown誕生日企画
*4、1メートル巨大ケーキをご用意
*慎吾の41歳を占う
*吾郎と剛からプレゼント
*男色ディーノさんからの・・・
*4分1秒で焼き肉41枚に挑戦
*剛くんから作詞作曲のバースデーソング

ただひたすら焼き肉を食べる慎吾の横で、音楽も何も無し、吾郎が時間と食べたお肉の枚数をカウントしながら、お肉を焼きながら「頑張れ頑張れ慎吾!食べて食べて♡よく噛むのよ!もう直ぐ誕生日!」と画面を賑やかに。
途中でお肉をつまんでみたり。
さすがの慎吾くんも20枚くらいしか食べられなかったみたい。

そしてスタジオから出て車の中で0時を迎える二人。

bell重大発表
*「72時間ホンネテレビ7,2時間にホンネでまとめちゃいました」DVD発売
   申し込みはこちら→新しい地図

*4月1日からレギュラー番組「新しい別の窓」がスタート!
毎月第1日曜日に午後5時から7,2時間の生放送

・・・車を降りたら、道には何故か雪が~
何と韓国のソウルでした!というオチ。
ビックリする剛くんが面白かったけど、私たちもまんまと騙されました。

「ご飯食べよう、みんなで!」で終わりました。

pen「新しい別の窓」
日本で初めてというレギュラーの7時間生放送が4月から毎月第一日曜日に始まります。
地上波のレギュラー番組が次々と終わり・・・彼らは独立する時に覚悟はしていたと思うんですね。厳しい状況が分かっているからこそ3人でファンサイトを立ち上げたのだと思います。やはりこの移り変わりが激しい世の中、常に話題になっているのは大切な事なのではないでしょうか。季節毎に新しい連続ドラマを見ても、映画館で見させられる予告編を見ても、この業界実力なんて関係なさそうですshock
ですから、私は「新しい別の窓」もどんどん応援していきます。
一体、どんな事が始まるのやら。
7時間もあれば何でもできますものね。バラエティにしてもドラマにしても、新しい作家さんを募集してそこから何かやるとか・・・素人ながらもいろいろ妄想したら楽しいです。
毎月生放送を重ねていったら、1年後とんでもないスキルを身につけているのではないでしょうか。
日曜日って舞台はだいだい昼間公演だけが多いですし・・・なんて事まで考えてしまいます(笑)。
後ろを向かず、新しい方向に向かう3人を応援していきたいと思います。

| | コメント (2)