2017年11月27日 (月)

文芸カルチャーの伝道師

「ゴロウ・デラックス」を通じての本との関わり、映画の紹介そしてブログ開始・・・文芸とも深く関わるようになった事を評価されるようになり、GQ MAN OF THE YEAR受賞の一つの理由ともなっているようです。

吾郎のブログが素晴らしいです。 稲垣吾郎のオフィシャルブログ
始めたのは72時間ホンネテレビの時だったので次々にupする写真という感じでしたが、番組が終わってからはいかにも吾郎らしいブログになりました。

まずはトップ画像が素敵です。
ものすごく自然体の吾郎さん。
白い服を着て穏やかな表情の優しい目をした吾郎そのもののブログな気がします。
シンプルで美しい言葉、素敵な写真の数々、その配置も美しい。
タイトルも文章の構成も素晴らしく、時には物語のようにも。
人への思いやり、ユーモアやウィットも忘れずに。
しっかり読者の事を考えつつ、その距離をいい感じに保っている。

白い花が高価過ぎないところも嬉しいです。
冷蔵庫にあったサーモンとさっきの残り野菜で作ったお料理と、それに合うワインの解説とか、何と気が利いているんでしょう。
もちろん、ヒロくん(またー?)も大好きです。
読者に、どんな記事を書いたらよいか聞く時はTwitterと連動せずにブログでだけ。
そういうTwitterとの使い分けもしっかりとされている。
また、お仕事が始まったらその舞台裏などもTwitterやブログで見せてくれるのでしょうか。

解散~退所~72時間ホンネテレビでちょっと興味持って見た方などにも吾郎の良さがじわじわと浸透してきて、ものすごく嬉しいです。

▽とても素敵な記事なので、貼っておきます。

shadowReal Sound→稲垣吾郎、”文芸カルチャー伝道師”としての歩みが高評価 ブロガーとしても発揮される表現力

| | コメント (2)

2017年10月23日 (月)

屋形船で東京水路を行く

bell吾郎さんがアメーバブログを始めるので、以前登録してあったアメブロも一応体裁を整えました。
貧乏性なのでアメーバブログをそのままにしておくのももったいなくなってしまい、日々の出来事のようなものはアメブロ、吾郎さん関係のレポはこちらにと分けることにしました。
変わらずに、こちらが中心になりますが、吾郎さんに少し関係がある記事の場合は、こちらにもリンクを貼っていきたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

clover屋形船で東京水路を行く~10月21日



| | コメント (2)