2018年6月13日 (水)

simple style-オヒルノオト 6月12日

お昼ノートのコーナーにゲスト出演。
パーソナリティは華恵さん。
美人でハキハキした気持ちの良い方でした。(美人というのは公式サイトの写真です)
ー8月舞台の紹介
[吾郎]でもタイトル難しいですね。読む時さ、長いから間違えそうになりますね。
FREE TIME,SHOW TIMEがパッと出てこないというか(笑)。君の輝く夜にだけでいいような(笑)。

「恋と音楽」というシリーズと同じスタッフで新しいショーを作りたいなという事になって、ちょうど2年経ちましたし、今回タイトルを変えて。少しテイストも変わるんですけれども。

[華恵]2年ぶり、おんなじ周期っていう感じもありますね。
そうなんですけどね、偶然なんですけどね。他にも舞台をやったりとか映画とかドラマの仕事をしたりするので、この舞台は2年に1回でやらせていただいているんですけれども。
ー今回はどんな舞台になりそうですか?
ミュージシャンはピアニストの佐山雅弘さん、作・演出はまた鈴木聡さんなんですけれども、何かかなりプレイボーイな感じですね。役柄が。女性3人と僕男性1人で・・囲まれるそういう芝居で。安寿ミラさん、北村岳子さん、中島亜里砂さん。
ー1人だけ男性・・
はい。・・を取り巻く女性たち。あんまり男性から反感を買わないように女性3人を侍らしたいなと。ストーリーは何か・・ちょっとロードムービーみたいな感じで。一つの場所に見知らぬ男女4人が集まって、そこでいろいろ恋が芽生えたりとかストーリーが展開していくんですよ。
まだ全然台本が・・実は出来てなくて。
ー台本はこれから、でもメンバーはいろいろミュージシャンを含め皆さん出てて、この時期ってどういう心境なんですか?
早く台本書けよ(笑)・・まぁ鈴木さん、だいたい遅いんですよ、いつも。余裕な感じにして・・遅いんですよ。焦ってないんですよ、顔が(笑)。凄い愉快なおじさまで。
ーそれも演出なんでしょうかね(笑)
う~ん、そうですね。もしかしたらみんなに「早く書いてよ~」と言われるのが好きなのかもしれないです。すごい・・とにかく茶目っ気たっぷりな愉快なおじさまで、僕もホントに大好きで、もうねこの「恋と音楽」の前から何本も舞台をご一緒させていただいて、こんな事言えちゃうくらい気心の知れた方で・・楽しみですね。

ー主演という事で座長として心がけることはあるんですか?でも楽しむ事ですよね、やっぱり。ホントに楽しいから・・楽しめるんですけど。でも舞台って毎日毎日同じ事をやるんですけど、あんまりそれが飽きないようになれ合いをしないようにというか、ルーティーン化しちゃダメだ、常に新鮮で・・観る人はやっぱり初めてなので、でもそういう初めて観る人の力によって、またリセットして戻されるっていうのもあるんですよ。
お客さんと一緒に作っていくものなので。すごい楽しみですけれども、その新鮮さを失いようにやっていきたいなという事と・・・あと、僕は結構・・声がそんな強くないので、自分は結構気にしちゃってて、周りは「全然大丈夫だよ!」って言うんですけど、舞台役者として若い時から鍛え上げてきた喉ではないので。
ー歌うのとはまた違うんですか?舞台の喉というのは。
そうですね~歌はずっとコンサートとかやってきてるのに。声枯れなかったって・・何でしょう、口パクだったんでしょうか(笑)。

ー(笑)そんな!まさか。
でもやっぱり台詞をずっと主役で喋ると・・僕喋る量が多い役が多いので・・喉の方だけちゃんとケアして、吸入器持ち歩いて結構神経質にやってますけどね。

ー何か、喉のケアの差し入れがたくさん届きそうですね。
生姜飴だらけになりますね(笑)。

ー今回もそうなるでしょうか。
そうですね、でもその辺のケアもさすがに自分でも分かってきたし、あと「恋と音楽」の時もそうだったんですけど、共演者がそのプロフェッショナルな方ですから、「恋と音楽」の時は元宝塚の真飛聖さんとか、今回もね元・・そうですよ!宝塚だらけですよ、安寿ミラさん、中島さん、北村さんは元四季。皆さんもうプロフェッショナルですから。だから皆さんに教えてもらったりとか発声練習とか教えてもらったりとか。

ーどういう事、たとえばするんですか?
ピアノが舞台に置いてあるから、ソレ使って何か「ラララララ~ラララララ~」とか。みんなに助けられながらやったりとか。あと舞台だから臨機応変にいろいろ変えられるというか、バンドも生なので、その日のコンディションで俳優に合わせたり・・ちょっと今日こうしてくれとか・・・
ーアレンジあるんですか?

ああ、全然ありますよ!ジャズのバンド編成なんで。ジャズマンって・・だってフリーじゃないですか。それがジャズのいいところなんで。だからその時によって・・こっちが大変な時もあるんですけれども。凄いですよ、ピアノとかも全く違うフレーズ弾いてきたり。

ーへぇ~それ何回か観に行って違いを楽しんだり・・・
ありますよ!今まで自分が音楽でやってきた事と全く違うので、それもすごく楽しいですし、観てる方も多分リピーターの方も楽しめると思うし。
「恋と音楽」の時は芝居が始まる前にバンド演奏の時間があって、ちょっと客入れの時間に。
ーそれ知ってると知ってないじゃ違いますよね。早めに行って楽しめる・・・
ああ、そうそうそう。30分・・15分から20分くらい・・それも結構いい加減なんですけど。今回もあると思いますよ。そういうのも楽しめる、ジャズとか音楽とか好きな方も。いろんな楽しみ方が出来るなと。

続きを読む "simple style-オヒルノオト 6月12日"

| | コメント (0)

2018年4月20日 (金)

大竹まことのゴールデンラジオ!4月17日

大竹メインディッシュに5年半ぶりにゲスト出演。
   musicpodcast→4/17稲垣吾郎

大竹:遠くから見てて思うんだけど、いろいろな意味で良かった面と悪かった面があるだろうけど、僕なんかが見たら、ああ~その方がいいんじゃないのかなみたいな事を前から思ってたけどね・・(笑)
吾郎:ありがとうございます。今も収録前にお話させていただいて。
大竹:ま、それはねファンの方はいろんな思いがあるだろうけど、気分的にはいかがですか?
吾郎:ホントに楽しくやらせてもらってますし、いろいろ思いはありますけども・・でもファンの方がホントに楽しいですか?とか大丈夫ですか?とかそういう心配をしてくださる声も届くんですけど・・もう、楽しいです。(笑い)どう捉えられるか分からないんですけど、すごく楽しく順調にやらせてもらって新しい地図というものを・・ファンサイトなんですけど、僕と草彅と香取の3人でやって、まあちょっと生放送のテレビがあったりとか72時間のインターネットテレビでやらせていただいた・・・
大竹:すごいねぇ、それだと繕う事はできないよね、それだけやってると。
吾郎:そうですね、二十何時間というのはあるけど72時間というのは凄いなと思って。
大竹:カメラって不思議で、20時間以上回ってるとカメラなくなっちゃう時あるからね。視界から
吾郎:そうですね、その時はほとんど意識していなかったから。でも楽しかったです。
ーー新しい別の窓の事などの説明ーー
吾郎:今までできなかった事がホントに多いので・・今回の映画もそうですし、それはホントに今楽しいですね。
大竹:私たちはこれからの吾郎さんの活躍に本当に期待しています(キッパリ)
大竹さんのこの言葉は本当に嬉しかったです。編集長稲垣吾郎の存続についても支持してくださってましたね。

[太田英明さん進行でいくつかの質問]
*SNSで発信できる事は楽しいですか?
吾郎:リアルタイムで応援してくださる方と繋がってコメントなどのやり取りが早いし、情報発信もできるし本当にリアルに僕らの気持ちが僕らの言葉で伝える事ができるっていうのが、今までなかった事で、それは喜んでくださっていると思うので助けられてます。

*ブログオブザイヤー2017でブロガーとして賞も受賞
大竹:え?そんな事してるの?ブロガーって(笑)・・
吾郎:(笑)ブロガーではないです(笑)・・ブログやる人間はブロガーになるのか、ブロガーです私は(笑)!
日々の生活とか趣味のことを自分の言葉で書いて投稿、面白いです凄く

去年の12月に風間杜夫さんの落語を見に行った件について大竹さんが取り上げる・・「どういう事!?」
急遽落語を見に行くことになった事、風間さんの舞台「広島に原爆を落とす日」を20年前にやらせていただいた時から風間さんにはよくしていただいている事をお話しすると、大竹さんの風間さん話が。
大竹さんと風間さんは竹馬の友、祐天寺のアパートでご飯にマヨネーズをかけて食べていた仲。そして吾郎の初出演映画「さらば愛しのやくざ」では大竹さんと共演。
君はあれだね、僕と風間が育てたようなもんだ(笑)。」
資料の冒頭に風間の事が書いてあったのを見て不思議な縁を感じた・・という大竹さん。
そして一昨日も風間さんと飲んでいたそうです。

music雨あがりのステップ iTunesストア、レコチョクで発売中、売り上げは全て寄付。
   *雨あがりのステップ→ダウンロードはこちら

吾郎:パラ駅伝の時初披露で久しぶりにお客さんの前で歌って・・ちょっと小さくなってました(笑)。パラリンピックももっとよく知っていただいて僕らも広めていきたいと思っています。

movie映画「クソ野郎と美しき世界」上映中。太田さんは映画をご覧になったようです
映画の説明中、バックには「あるピアニストのテーマ」が流れる。
園監督について「普通じゃない監督だよね」と盛り上がる大竹さんと吾郎。
吾郎:いつかは撮っていただきたいと思っていたので夢が叶った、縁を感じ、浅野忠信さん満島真之介さん馬場ふみかさんなど集まってくださって。
太田:華麗なるピアニストの役ですけど、迫力あるし暴力的だしエロいし重たくて迫力あるけど凄い疾走感ある、一気にスピードでわぁぁ~っと見せてくれる
吾郎:それぞれが個性豊かな監督で全く違う作風のものが最後は上手く3つのストーリーが上手く溶け合って良いエンディングを迎えてると思う
園監督と太田監督はカメラが無いのに打ち上げでまで小学生のケンカみたいに争っていたそうです。山内監督と児玉監督は紳士的なのに(笑)。
太田:日本にはないような映画

*客席で他の2人を見て~
吾郎:俳優として、改めて尊敬できる2人だと思った。

大竹:草彅くん、デビューした頃はホントに少年だったのに今はクセのある渋い顔になって
太田:(草彅くんのは)狂気と愛情が共存するような、そんな主人公
吾郎:草彅剛が爆発してますね。香取くんも今までないような静かな香取慎吾
太田:ご自身の絵も随分とりあげられて
大竹:聞いただけだけど、草彅くんの持っている沸々とした陰の力みたいなのがあの人あるじゃない、そういうのがパ~ンと出てたり、香取くんの静かな香取って・・一言聞いただけで香取くんは何か静かな所に行きたかったんじゃないかなって一瞬で思っちゃったけどね
吾郎:みんないろんな面を持っているんですが、香取くんの心の奥というか彼は画家でもあるので、テレビに出てる時の太陽のようなスマイルの香取慎吾とはまた違ったちょっと繊細な部分というか、そこが今回の映画エピソード2の中では見られると思いますし、いろいろ楽しんでいただけると思います。
大竹:また良かったらオムニバスでねシリーズでも出てきそうだよね。監督も含めて本当に面白そうな人たちばかり。
太田:本当にいろんなクリエイターの方が3人の為にワッと集まったという感じで凄い、見応えありますね。

編集長稲垣吾郎の紹介も。
同じ文化放送なので、実は大竹さんと吾郎はエレベーターで時々出会うそうです。

大竹さんも楽しそうに風間さんのお話をなさって、ただの番宣にはならない素敵な時間でした。大竹さん、そして太田さん、ありがとうございました。

music大竹まことゴールデンラジオ!過去出演回レポ
2012年8月1日

2013年12月11日

| | コメント (0)