2018年5月 6日 (日)

2018年ゴローの日

heart稲垣吾郎さまheart

本日5月6日はゴローの日
おめでとうございます

おめでとうって変かもしれないし関係ないからと苦笑されるのも分かっていますが(笑)・・・

昨年の今日は2017年5月6日、100年に1度の「1756」の日でした。
でも解散して5ヶ月目、先の事は分からないまま「家庭画報」での吾郎さんの言葉を胸にきっと吾郎さんは一人でどこかの事務所に入りお芝居を続けていくんだろうな・・・と思っていました。
まさか、こんなに賑やかな忙しい毎日がやってくるとは!

吾郎さま・・としか呼びようがないような素敵なブログには毎回癒やされ、時には大切な事を気付かせてもらい今やブログがあるのが当たり前の毎日になっています。
まだ半年なのに。

「新しい地図」の活動として、地上波には出られずともAbemaTVの72時間テレビが大きな話題となり、4月からは月に1度の「72 新しい窓」も始まりました。
今日は第2回目の放送です。

3人の活動が認められCQ MEN OF THE YEAR 2017を受賞、3人が表紙になったGQ JAPANは重版になるという素晴らしい売れ行きとなりました。

日本財団パラリンピックサポートセンター(略称:パラサポ)のスペシャルサポーターに就任、3月4日(日)に開催する「パラ駅伝 in TOKYO 2018」にスペシャルサポーターとして応援参加。この時発表された「雨あがりのステップ」は売上金額の全てが寄付され、日本財団パラリンピックサポートセンターを通じて、パラスポーツの支援に当てられます。

映画「クソ野郎と美しき世界」が2週間の限定上映、テレビなどでの宣伝が出来ないため3人は各地の映画館を周り舞台挨拶など盛り上げ目標を遙かに上回る結果を出す事に成功。

慎吾くんと共にサントリー新オールフリーのCMも決まり、個人では最先端収納サービス”くらしスッキリおサめ隊”隊長に就任しました。

そして吾郎さんとしては、主演映画「半世界」の撮影も終わり来年の公開を待つばかり。1ヶ月山奥で映画に没頭できたのも今まででは出来なかった貴重な体験だったのではないでしょうか。
映画に関しての記事もたくさんあがってきました。
clipぴあ映画生活→稲垣吾郎と長谷川博己の共演作!「半世界」
clip女性自身→稲垣吾郎6年ぶり映画主演!自分磨きの日々がもたらした変化
clipシネマトゥデイ→稲垣吾郎、山の男姿!長谷川博己と共演「半世界」より

雑誌への露出は素晴らしくどれもグラビア&インタビューのクオリティの高い事!
そしてGLOWでの連載も決まりました。

先日送られてきた「72時間ホンネテレビ」72曲ホンネライブ終了後の3人を見ていたら、どれだけの決意で独立し「新しい地図」での活動を始めたのかが伝わってきました。
その後の活動に対しても地上波テレビWSではほとんど扱わないというあからさまな状況の中、映画の上映館を確保するために水面下でも動いたなどと伝えられています。
大変ではあっても映画の成功の喜びはひとしおだったでしょう。

幸いゴロウ・デラックスは「良質な番組で~」という事で存続しており(油断はできませんね、応援はしっかり)毎週素晴らしいゲストを迎え素敵なトークを展開、ますます良質で凄い!番組になっています。
ananシネマナビも続いていて、こちらは役者としてのエッセイ的風味も感じながら映画を観る参考にさせていただき楽しんでいます。

そして相変わらず吾郎さんは美しくてキュートでお茶目で真摯で紳士。
幸せな56の日をありがとうございます。
夕方5時からは「72新しい別の窓」で生ゴローさま。
感想はまた後日♡

pencil昨年の56の日のブログ→2017年5月6日

| | コメント (2)

2018年3月27日 (火)

GORO in 福岡!3月25日

日曜日の午前、突然「吾郎さんが福岡に!?」というツイートが飛び交い、何事かと思ったら、福岡の情報番組に生出演。
tvサンデーウォッチ
・三好ジェームスさんのInstagram→2年間担当させてもらったサンデーウォッチ!今日で卒業でした!
・くみっきーさんのInstagram→
ごろくみっきーぶりの稲垣吾郎さんと

tv今日感テレビ
・HARUさんのInstagram→今日感テレビ日曜版が600回目を迎えました!

美しいオーラを放ちながらも、にこやかに番組に馴染んでいる様は素晴らしいです。
生放送の限られた時間内でも「前のりして福岡に。昨日の夜は美味しい新鮮な魚介類など、ラーメンも食べた」と福岡を楽しんでいることを伝える。
この日が番組最後になる方には「お疲れ様」と一言かけるところも優しい気遣い。
福岡アジアコレクションの話が出た時には「行こうかなheart01との言葉も。
リップサービスだよねと思ってごめんなさい。
午後、突然吾郎さんから「出演してもいいのかな、教えて世界!」のツイートが来ました。
これは「シークレットゲスト」だけどファンにこっそり知らせてくださったのでしょうか。

clubFACo福岡アジアコレクションに登場!
九州で最大のファッションイベントFACoは今年で10回目。
10回目の記念イベントのテーマは、『REBORN』
   *福岡アジアコレクション→公式
クリスチャン・ディオールの服に身を包みランウェイを歩く吾郎。
・・・長年夢見てきたことがようやく実現。
こちらの様子はLINE LIVEでリアルタイムで見る事ができました。便利な世の中!
美しいしスタイル抜群、今まで重ねてきた知性とか経験が服を素敵に着こなしていて、かっこいい、素敵、超綺麗・・・
 *modelpress→稲垣吾郎「雨あがりのステップ」バックにシークレット登場
   *music.jpニュース→シークレットゲスト・稲垣吾郎の登場で大歓声!

首都圏のテレビでは宣伝できないので地方局で映画「クソ野郎と美しき世界」を宣伝、ブログによると「クソ野郎と美しき世界」上映館にも足を運びご挨拶したという。
   *稲垣吾郎のオフィシャルブログ→3月26日福岡の愉快な仲間たち。

chairTOHOシネマズ天神・ソラリア館

chairT・ジョイ博多

両館では吾郎サイン入りポスターを展示。
TOHOシネマズ天神さんは「TOHOシネマズ天神イチ推し」と書いてポスター展示してくださっているそうですし、T・ジョイ博多さんの歓迎振りと集合写真はとても微笑ましくて嬉しくなります。

SNSって世界と繋がっているようでいて案外自分の興味のある世界にこもりがちだから、この映画の事を知らない人も多いと思う。
俳優さん、アイドルさんたちは各局の番組にゲストで出まくり映画の宣伝をするのが普通ですが、それを考えるとやはり首都圏のテレビ局から閉め出されているというのは厳しい現実なんだと思います。

吾郎さんのブログ〆の言葉「次は何処の都市に行くのだろうか。」
ローカル局の情報番組・・・ドキドキしますね。

clipTechinsight→【エンタがビタミン】稲垣吾郎『クソ野郎と美しき世界』で3人の共演に「不思議な感じがした」!

| | コメント (0)

2018年3月 3日 (土)

雑誌祭り 2月

bookSPUR4月号
自由に生きる女性へのメッセージ Miss Dior それは愛の香り
稲垣吾郎が語る、愛。
”気付けばそこにある、あたたかな愛”の物語

淡いピンク色の紙面に、いつものようなやさしい言葉、シンプルな文章で綴られた1頁。
文字だけだけど美しい吾郎がたっぷりと感じられ、改めて大切な愛にも気付かせてくれました。
このようにお題が決められたものについて語る吾郎も素敵。エッセイ書いて欲しい。

book月間TVガイド
5600字インタビューで迫る彼の「超」近況
白い壁の向こうからひょっこり顔を出したような吾郎、休日に自宅を突然訪問しましたなテイの設定が嬉しい。
AbemaTVでの番組の事、ブログを書くようになって思う事、最近の日常、「クソ野郎と美しき世界」撮影のこと(ピアノの練習をしてるって!)など。
ソファで本を読んでいる写真、エスパドリーユから伸びる細い足首ごちそうさま。

bookTVnavi
The Bastard and the Beatiful World
撮影中の二つの映画について。
「クソ野郎と美しき世界」の方は「美しい指」という描写があるらしい・・・監督、超あて書きですね!
「半世界」は阪本順治監督の書き下ろしで、文学的で小説を読んでいるよう・・だそう。
新オールフリーCM対決について、「白いオーバーオールなんてもう着ない(笑)」って。
「ゴロウ・デラックス」は「僕にとって欠かせない番組、これからも続けていきたいですね」と。
こちらは黒のタートルネックに黒パンツ、黒のロングジャケット・・・最後のページの全身写真、スタイルが良すぎて二次元の世界です。

bookGLOW4月号
綴じ込みBOOK 稲垣吾郎の「大人男子ライフ」
吾郎が語る衣食住のこだわり~というかこだわりはあまり無いという素敵な話。
朝食での素敵な吾郎、休日のデート、そして寝室!の吾郎のグラビア。
吾郎が語るこだわりとグラビアの構成で素敵な大人男子の生活が垣間見れたかのような編集。とっても素敵です。
カーキのコートをラフに着た感じ、とっても男性的で素敵なんだけど、金髪の美人女優さんが男物のコートを羽織った時の感じも思い出したりして、稲垣吾郎って不思議な存在感と空気感を持った人だなぁと今更のように。
[大人の貴女に贈るGORO'sカルチャーリスト]
*Music 末永「Intermezzo」 Baths「Cerulesn」
*Film 「アデライン、100年目の恋」「フランス組曲」
*Book 水村美苗「本格小説」 宮本輝「錦繍」
*Art Spot ベルナール・ビュフェ美術館 マリー・ローランサン美術館

GLOWアカウントさんは、25年前のCUTiEの記事とインスタで並べて見せてくださいました。
   *GLOW Instagram
#GLOWにGORO なんていうタグも作って盛り上げてくださり嬉しいです。

bookPen3月15日号
「春夏ファッション特大号 新しい紳士たち。」
カッコいい男のファッションには、センスや信念、そして品格が感じられるもの。最新号のPenでは、いま、ボーダーを超え新しい時代を切り開いている男たちに「新しい紳士」像を見出し追究しました。失敗を恐れない生き方やオリジナリティあふれるファッションは、インスピレーションの塊と言えます。特集冒頭では、ますます注目される俳優 稲垣吾郎さんに、エフォートレスなスタイルを着こなしてもらいました。普段はダークトーンが多いという彼が語る、ニュージェンツな装いとは?
・・・という事で、表紙&特集にエルメスを纏って登場。

普段あまり見慣れないファッションで新鮮。
男っぽい色気を遠慮なく醸し出していて最高。
きっぱりと強い意志を正面から出し、大人女子向けのGLOWとは違う吾郎が見られて嬉しい。
撮影は長山一樹さん。ananの「大人の男」の時と同じ。
長山さんが撮る吾郎の色っぽいこと!
是非是非、写真集を撮って欲しいです。

pen長年の夢が叶ってようやくハイブランドのファッションページに。
ファンからしたら、吾郎は少しも変わっておらず今までのまま男らしく優しく誠実で潔く真面目、大らかと繊細が同居し美しく可愛い・・・・・キリがないのでこの辺で・・・のですが、ようやくそれが少しずつ認められてきたという事でしょうか。
遅すぎるとも思いますが、吾郎はまだまだこれから。
今が一番美しくて最高なのですから。
これからの活躍が楽しみです。

| | コメント (0)

2018年2月26日 (月)

「クソ野郎と美しき世界」メインビジュアル解禁

新しい地図のポスターが解禁となり、サイトもできました。Photo
映画館にはチラシも置かれ始めました。

「クソ野郎と美しき世界」→公式サイト

ポスターの吾郎は、会見の時とはまた違うジャケットを着ています。
こちらもまた豪華で美しい。
ポーズが舞台「No.9」のベートーヴェンを思い出させられる・・と思ったら後ろの楽譜は、ベートーヴェンソナタ「熱情」なんですね。

こうなると、次は早く本格的な予告映像を観たくなります。

とっても嬉しい記事なので貼っておきます
clipウレぴあ総研→”誰も知らない稲垣吾郎”が覚醒する!『クソ野郎と美しき世界』を現場&コメントから読み解く vol.1

| | コメント (0)

2018年2月20日 (火)

「クソ野郎と美しき世界」囲み取材

4月公開の映画「クソ野郎と美しき世界」、episode1「ピアニストを撃つな!」がクランクインして囲み取材が行われました。

恋する天才ピアニストという役の吾郎、シックな黒ずくめの服かと思ってたら、何と・・・何でしょう、派手でかっこいい舞台衣装のような服装!
共演の浅野忠信さん、満島真之介さんも同様派手な衣装に更に独特なヘアスタイル。
浅野さんは眉毛ないですし(色を抜いたのか剃ってしまわれたのか)、満島さんなんて頭下半分髪の毛を剃って残りは黄緑に染めてしまって。
衣装は、auの人気CM「三太郎シリーズ」や『るろうに剣心』そして『十三人の刺客』などのスタイリスト・澤田石和寛さんが手がけたそうです。
高身長の並びが美しいですし、この奇抜な衣装に負けないキャスト陣のオーラも素晴らしい!
馬場ふみかさんは露出の多い衣装で魅力たっぷり。
何より嬉しいのは、園子温監督はじめとして皆さんがとても楽しそうなこと!
そして素敵な作品を作り上げる意気込みの素晴らしいこと!
できあがるのが今から楽しみでなりません。

事務所を独立し忖度だの何だの言われている中で、この新しい試みに賛同して参加してくださる方と一緒に作品を作り上げる事は、吾郎にとって本当に嬉しいのではないでしょうか。

[会見記事まとめ]
clip新しい地図→「クソ野郎と美しき世界」現場レポート第3弾公開!

clip映画ナタリー→稲垣吾郎が園子温監督とのタッグを夢みたい、浅野忠信「僕マッドドッグなので」
 *映画ナタリー→画像一覧

clipORICON NEWS→稲垣吾郎「草彅には負けない」とリップサービス、香取とは”友好関係”

clipシネマトゥデイ→稲垣吾郎「クソ野郎と美しき世界」今までの自分超える挑戦

 *シネマトゥデイ→フォトギャラリー

clipシネマカフェ→稲垣吾郎、きわどいシャワーシーンに挑戦?園組、強烈なビジュアルで集結

clipぴあ映画生活→『クソ野郎と美しき世界』稲垣吾郎X園子温監督作はラブファンタジーに!

clipNewsWalker→稲垣吾郎「草彅剛には負けない!」園子温組が太田光組に茶目っ気たっぷり宣戦布告 

clipMANTANWEB→稲垣吾郎:草彅には負けねぇぞ!」香取とは友好関係?元SMAPの映画「クソ野郎と美しき世界」現場リポート

clipザテレビジョン→稲垣吾郎「クソ野郎ー」クランクイン、草なぎ&太田光に宣戦布告!? 

book『映画クソ野郎と美しき世界オフィシャルブック』3月20日発売決定!
TJMOOK→映画クソ野郎と美しき世界オフィシャルブック

| | コメント (0)

2018年2月14日 (水)

新オールフリーCM対決!投票開始

beerサントリー新オールフリーのCM対決が始まりました。

投票はこちらから→サントリー公式ページ

Img_main_pc

pencil締め切りは16日(金)16時59分!

吾郎が監督した作品にするか、またはカワイイ吾郎をとるか・・・
慎吾くんもまた良いお仕事をしているので~
悩みすぎて分からなくなっています・・・困ったheart04

| | コメント (0)

2018年2月13日 (火)

新オールフリーCM対決 2月12日

beerサントリー公式または新しい地図公式から~
新オールフリーのCMを吾郎と慎吾で作るところを生配信。
#新オールフリーCM対決 を付けて私たちは応援。

movie[新オールフリーは想像以上の美味しさ]監督:吾郎
真っ白なキャンバスに慎吾の感性を生かして自由に絵を描き”言葉を超えた旨さ”を表現。

メガホンを叩きながら「みんな俺に付いて来いよ!」と大声で宣言する吾郎・・・もう監督コント始まってるじゃないですかっ!

普段は構想もなしに直に自由に絵を描くそうですが、絵の具を混ぜたりいろいろ準備をしている風にするよう、いろいろなシーン、表情を慎吾に要求する吾郎監督。
カメラさんにもいろいろ要求。
「慎吾ちゃんの横顔がチャームポイント」「自然な表情が慎吾ちゃんの魅力」

movie[新オールフリーは新しすぎて気持ちいい]監督:慎吾
新しい事に挑戦してもらって気持ちいい達成感を表現
白いパンツに白いシャツ、濃紺のカーディガン「お父さんの日曜日」
景気づけに軽く踊ってから、超難関コースを1パットでカップインさせる。
第1回目はボール1個くらい近くをかすめ、3回目くらいまでは「ホントに入らないと困るから」な感じの慎吾監督。TAKE5で見事にカップイン。
かなりの難関コースなのに、吾郎凄すぎる。
さすがの慎吾もしばしの間つっこみができない・・・「ダンス別バージョン撮ります(笑)」で、ダンス踊らされて更にTAKE7でも決めてしまう吾郎。本物!

・・・以上、二つはお互い得意なもの対決、次の二つは苦手なもの対決(笑)。

movie[新オールフリーはますます飛躍する]監督:吾郎
慎吾、スーパージャンプに挑戦
フレンドパーク風に壁にへばりついて、文字を完成させる。
壁に書いてある文字に並べないといけないので高さの調節が難しい。
というか運動嫌いな慎吾は高く飛ぶのも大変そう。かと言って生放送中に練習するのは渋る。自分で飛んでみせる吾郎監督・・・たちまち素直になる慎吾。何か良いものを見せてもらった気分。
TAKE5では高さはいけたけどちょっと字が曲がってしまう、そのうち慎吾が「股が痛い!」と叫ぶ。2人でプレビューを見て調整、TAKE6でついに成功。
「ちょっと身体の中心が心配ですけれども」吾郎監督、生配信を考慮した上品な言葉使いが素晴らしい。
出来上がりの図はシンプルだけど美しい。
汗だくの慎吾に吾郎が一言「君の汗を久々に見た」

movie[ノンアルに新しい時代がやってくる]
風船を割りまくって新しい吾郎を見せよう!
白いシャツに白のオーバーオールの吾郎。
小さなものから180センチくらいのものまで100個以上の風船・・・これを割る。
慎吾のジャンプに引き続き、吾郎の苦手分野=風船を割る。
何故か涙を流しながら風船を割る吾郎。「ぎゃっ!」という叫び声付き。
最後の背の高さほどの巨大風船に何気に中に誰かがいるような匂わせをする慎吾に釣られ、中身が気になり出す吾郎がすごく面白かった。こういうの慎吾は上手ですよね。
これは反対側から慎吾が棒でつついて割ってくれたけど、衝撃はすごいものなのでは?
涙を流して身体を張っての奮闘でした。

chairchair最後、編集したプレビューを見ながら確認作業。
最初の慎吾を撮ったCM、もう少しカットを少なくして慎吾ちゃんの顔を長く見られるようにしたら~という吾朗監督の言葉に無反応な周囲の空気に「良い編集したのに何言ってるんだみたいな空気・・・私が監督ですよ!って、喋りまくりの吾郎が面白い。

カップインしてテンション高い自分を見て、テンションが高すぎるのではないかと心配する吾郎に、実はその時の顔が嫌なんでしょ?と詰め寄る慎吾。叫び終わった顔を静止画に。
吾郎の感想「へこい・・・」慎吾「へこいって久々に聞いた(笑)。確かに髭を生やした人のテンションじゃないよね」
スーパージャンプで最後少しずつ足の位置を調整する慎吾を見て「自由奔放に見えて、実は几帳面な君の性格がよく出てる」と吾郎監督。
風船を割る自分を見て「お嫁に行けない」と呟く吾郎。

chickツイッターの反応を読み上げる2人。
ツイ:「もう!この人達って何でここまでしてくれるの?」
慎吾:「いやぁ頑張らないといけない時期なんですよ。」(スタッフさんたち大笑い)
吾郎:「間違い無いね。」

私たちも実況を頑張って、「新オールフリーCM対決」が、Twitterの日本のトレンド1位、世界トレンド6位にランクインしました。

penとにかく面白かったです。
吾郎と慎吾の2人で司会進行・監督・演者・コント!をやりきりました。
90分が10分長引いて100分、「着替え中」はかえってこちらも一休みになりました。それくらいおもしろの連続でした。
そして相変わらず吾郎の集中力、凄いです!あの信じられないセットで7回のうち2回も入れてしまえるなんて。生配信なのでその凄さはごまかしようがないです。
今までの生放送の経験を生かしたのでしょうか、4月から始まるabemaTVもきっと面白いものを作り上げていくのではないでしょうか。

稲垣吾郎vs香取慎吾 サントリー 新オールフリーCM対決
・・・こちらで、まだ動画を見られます。何回見ても面白い!

clipサントリー新オールフリーの発売にあたっての興味深い記事がありました。
こんなにも大きなリニューアルに際しての”メッセンジャー”にオファーされた事は嬉しいです。
SankeiBiz→【21世紀を拓く知の創造者たち】サントリービール[オールフリー]大幅刷新

| | コメント (0)

2018年2月 9日 (金)

BLOG of the year 2017最優秀賞!

bellBLOG of the year 2017最優秀賞受賞おめでとうございます!

受賞理由が嬉しいです。
「舞台の観劇や美術鑑賞などアートや芸術に造詣が深いプライベートな一面や感性が垣間見え、美しい文章と写真は従来のファン以外からも支持を集め、昨年のアメブロで最も高い読者数の伸び率を記録した」

Amebaニュース→稲垣吾郎&アレク川崎夫妻、アメブロ年間最優秀賞を受賞

稲垣吾郎のオフィシャルブログ→新しい我が家の住人
受賞を受け手のブログ、タイトルが素敵。
新しいペットでも飼い始めたかと思ったら藤田社長とのツーショット(笑)、そして新しい住人は金のabemaくんでした。
”その時心に芽生えたほやほやの気持ちや言葉”という一節が可愛くて♡
ファンに伝えたい~という心が伝わってくる吾郎のブログ、一つ一つがストーリーのようで、ネットテレビでのその後を教えてくれたりするその気持ちも本当に嬉しい。
それにしても「僕は写真撮られるのが嫌い」とか言ってた吾郎さまの自撮りの上手さときたらもう!お教室開けます!いや、そんな必要ないですし、教えるものなくても生徒は押しかけますけれども(笑)。

吾郎の家に似合う白い花を選ぶスタッフも素敵、それを嬉しくて”満面の笑み”で離さず抱えて帰る吾郎も素敵、そしてお花に合わせていつもと違うバカラの花瓶に美しく生ける吾郎も素敵。ああ、何て美しい世界。

crown稲垣吾郎さんインタビュー~BLOG of the year2017 最優秀賞

・・・短髪でお髭の吾郎さんが素敵カワイイheartしかもお話の内容も嬉しい。
   *たくさん再生しましょう!

| | コメント (2)

2018年1月17日 (水)

PRESIDENT WOMAN いま読み直したい感動の名著

1月号特集~いま読み直したい感動の名著

稲垣吾郎 当たり前の幸せに気付かせてくれる本
bookジャン=ドミニク・ボービー「潜水服は蝶の夢を見るPhoto
シネマナビで映画は紹介されていたので直ぐに観に行きとても良かったのですが、映像の無い分原作本は辛くなるのではないかと思って読みませんでした。
その後、日本では出版されていなくて今は古書しか残っていないようです。

とても良かった!
「ELLE」の編集長をしていたジャン=ドミニクは働き盛りの43歳の時に脳出血で倒れ、左目の瞬きでしか自分の意思を伝えられなくなった。瞬きの回数でアルファベットを示すという方法によって言語療法士と一字一字綴って書かれた自伝「潜水服は蝶の夢を見る」。
ジャン=ドミニクは時代の最先端に居てダンディで美味しいもの美しいものを愛し生きる事を楽しんでいた人生の絶頂期とも言える頃、突然の脳出血で倒れ身体的自由を全て奪われるロックトイン・シンドロームに陥った。
著書の中で、自分の状態について嘆いているけれどそれを俯瞰的に見て皮肉ってみたり、驚く程冷静に周囲を見渡し少しの変化に希望を持ち、前向きに生きていた事に驚き勇気を貰う。

ロックトイン・シンドロームと言われる全身麻痺によって自分の内側に閉じ込められ身体は重い鉄の塊に閉じ込められたよう・・・それを潜水服と呼び、そんな中でも心は自由に空想の世界を飛び回る蝶になる。
ちょうど風邪から喉を痛めて声が全く出ない状態になってしまった私は、(カラダは元気だったのですが)ベッドの上でこの本を読みながら、映像の無い分、読んでいる私も筆者と一緒に蝶になって過去の思い出や妄想の世界を飛ぶ事ができました。

彼は空想の中で過去の思い出からこれから行ってみたい土地までを旅し、大好きな食べ物をいつも美味しく料理し味わう・・もう旅する事も味わう事も叶わないのに。
フランス人特有の皮肉やユーモアも交えつつ美しい世界がありました。
彼の瞬きを言葉に綴った言語療法士のクロードがELLEのインタビューに答えて言った言葉が印象的でした。
「ジャン=ドミニックには、魂のエレガンスとでも言うべきものが、あったと思うのです。私は彼が不平を言ったのを、一度として聞いたことがありません。人はどれほど勇敢になれるのか、また同時に繊細になれるのかと知りました」

吾郎のブログ「マリー・ローランサン」の中に綴られた文章を思い出しました。

時代さえも彼女の自由を奪うことは出来なかった。

愛と美を貫いた美しい人生。

bookリシャール・コラス「波 蒼佑、17歳のあの日からの物語Photo_2
シャネル日本法人社長でもあるリシャール・コラス氏が、東日本大震災でボランティアとして被災地を訪問するうちにマスコミの報道とは違う現実を伝えたくて、たくさんの取材を元に書いた小説。
祖国フランスの読者に向けて2012年3月に「田んぼの中の海」として出版され、後に日本語に翻訳された。
その時、吾郎が帯を頼まれた(以前に一度雑誌で対談をしている)ので当時直ぐに読んでいます。
[吾郎の帯の文章]
人間の尊厳とはなにかを
震災を通して考えさせてくれる一冊だ  稲垣吾郎


読んでいて、その書かなければいけないという熱意が痛い程に伝わってきました。
気仙沼を舞台に、2011年3月11日高校生蒼佑の身に起こった事と、彼に会った事のない東京の叔父24歳の瑛太が被災地を訪れて感じた事としての二人の視点で書かれています。

3月10日の穏やかな家族の話から始まるこの物語、平和だった生活に訪れた世にも恐ろしい出来事が、残酷だが伝えておかなければいけない事として高校生が感じた率直な思いを通じて描かれている。
津波の恐ろしさだけでなく、命について、避けられない運命について、生き方について、家族についてなど、いろいろ考えさせられる1冊でした。

陸前高田の海の美しさを表す一節が好きです。

尚、この本の印税は「認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)」に寄付され、東北地方の子どもたちの未来のためにあてられたそうです。(以上、一部当時のブログから引用)

二人のフランス人の書いた本。
魂のエレガンス、人間の尊厳・・・
吾郎が大切にするものが伝わってきたように思いました。

| | コメント (0)

2018年1月11日 (木)

youtube、たくさん再生しましょう!

appleyoutubeの再生回数も応援になります。どんどん再生しましょう!

movie新オールフリーCM対決「新しい挑戦」

movie稲垣吾郎さんインタビュー~BLOG of the year2017 最優秀賞

movieゴロウ・デラックス次週予告

movie稲垣吾郎さんのサマリーポケット初体験動画

movieサントリーオールフリー「生きてるっ」篇 15秒

movieサントリーオールフリー「生きてるっ」篇 30秒

movie稲垣吾郎 新たなスタートの決意|GQ MEN OF THE YEAR 2017

| | コメント (0)

より以前の記事一覧